2013年06月12日

週刊少年ジャンプ2013年28号 感想<後編>

 ほいでは後半戦いきますよー。

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・斉木楠雄のΨ難
・【読切】逃がし屋
・ハイキュー
・ワールドトリガー
・スケダン
・ブリーチ

 の 6 本でお送りいたします。



斉木楠雄のΨ難

 まさかの斉木楠雄ハーレム化計画発動か(笑)。
 今回はこれで誤魔化せましたけど、次はどうやら沖縄の修学旅行編みたいですしねー。
 そこでどうなるか。
 まずもって女子達はお互いが敵であると正しく認識し、戦争勃発となってしまうのではないでしょうかね。
 というか、それを期待いたします。

 つーか、夢原さんホント久しぶりですねー。
 その存在をすっかり忘れておりましたわ。



【読切】 逃がし屋

 岡本喜道先生による、ハードボイルド魔法アクション。
 やー、女暗殺者が実は本当は裏切ってなかったり、最後の逆転の一手もしっかりキマってたりで、意外な展開がなかなか読ませる面白い一作でした。
 敵陣のど真ん中に飛び込んで優雅にソファに座っておきながら、次の場面では依頼人ともどもサラリと抜け出せてたりと、ちょいと荒削りな描写もなきにしもあらずではあるんですが、まぁおおむねよくまとまってたかなと。
 テンプレートな王道展開ではなく、しっかりとお話をつくって読ませて楽しませたいという意欲が伝わってきました。

 しかし残念ながら、このキメ台詞「煙にまかれときな」は、みごとなまでにスモーキーBBと被っちゃいましたねー。
 もちろんこれは、スモーキーBBが連載スタートする以前に作られた作品でしょうから、タイミングが悪かったとしか言いようがないですね。
 そのぶんワリを食ったということもあったと思うのですが、この逃がし屋のキャラクターが若干薄かったように感じたのは気になりました。



ハイキュー!!

 いやー、ガッチガチの緊張感!
 山口くんのデビュー戦、ものすっごい空気が伝わってきますわ。
 線を一歩またいだこっち側の、まったく違う気温。
 味方の熱気と、敵のビリビリ来るような圧迫感。
 これは萎縮するなと言うほうがドダイ無理な話ですねー。

 しかし、そんなメチャクチャな緊張で舞い上がった山口くんですが、いざサーブとなった瞬間からの集中は見事なものでした。
 結果こそ残念なことになってしまいましたが、でもこれは緊張で手元が狂ったとか、萎縮して力が足りなかったとか、そういうことじゃないんでしょうね。
 ジャンプフローターのモーションは、まるで流れるように綺麗にキマッていましたもの。
 これこそが山口くんの、全身全霊がこもった全力のサーブだったのでしょう。
 だから、この残念な結果は、そのまま受け入れるしかないんだなぁと。
 悔しいけれど、これが今の実力。
 ジャンプフローターを武器にするには、まだまだ練習が足りないということなのですね。

 そんな失意の山口くんですが、いやー、さすが主将!

「次 決めろよ」

「――ハイ!!!」


 うっがー、こぉれは涙腺直撃だわー。
 この一言が、どれだけ励みになり、奮い立たせてくれるものであるか。
 それは前のスガさんのエピソードでも描かれていましたっけね。
 なるほど、スガさんのところから重ねることで、こんなにも強烈な感動が生まれているんですな。
 それにしても澤村主将、カッコイイ!
 そして今週もっとも大きな声で叫ぶように応える山口くんも、最高にカッコイイ!

 この瞬間、烏野のなかにビシリと一本鋼鉄が走り抜けました。
 目の色が変わるってのは、まさにこのことですね。
 「次」戦うために。
 山口くんだけじゃない、誰もが「次」、線のこっち側で戦うために。
 いやー、烏野メンバーと一緒になって、こっちまで奮い立ってきちゃいましたわ。
 点差こそつきましたが、あの悪い空気はみごとにブッ飛んだようです。
 さぁ、ここからが最終局面。
 全力を尽くしてブチ当たっていって欲しいですね!
 そして山口くん、次の試合こそ、ジャンプフローター決めなくっちゃだ!



ワールドトリガー

 やー、やっぱり迅さん頼りになるわー。
 林藤支部長の「やり方はおまえに任せる」を受けて出動する迅さんが、やたらとかっこよくってシビレまくりです。
 どういう風に事態をまとめてくれるのかはわかりませんが、この迅さんに任せておけば間違いはないという、不思議な安心感がありますわ。

 実際、こうユーマと迅さんが実力拮抗しているかも?なんて話をされちゃうと、じゃあ戦ったらどうなっちゃうんだろうと期待はしちゃいますからねー。
 これで戦わなかったらガッカリしちゃうかもしれません(笑)。
 真剣勝負とまではいかなくとも、互いの実力のほどが伝わってくるようなハイレベルな勝負が見たいものです。

 ところでユーマ、「つまんないウソつくね」のキメゼリフ、そんな使い方もあるんですねー。
 これまでは威圧感バリバリの使い方ですが、意外と応用範囲の広いキメゼリフなのかも?

 そして今週は、オサムのマネをしている千佳ちゃんがやたらと可愛かった。
 キラーン♪
 逆への字の口がとってもキュートです。



SKET DANCE

 これはいいなー。面白そうだなー。
 こんなアトラクション、実際あったらかなり楽しそうじゃないですか。
 美術は気合入りまくりで雰囲気がよく出てますし、それぞれのキャラクターも面白い。
 お題は簡単なものばかりで参加者は気楽にトライできますし、そのくせたぶん達成感は結構あるんじゃないでしょうかね。
 理事長の指摘どおり、出演者だけじゃなく参加者も得意分野や個性を引き出されますし、よくよく考えられてると思いますよー。
 ボッスンもヒメコも、クラスのみんなも一所懸命やったんだなーと。
 まさにこれまでの集大成だぞと感じ入りました。

 しかし理事長、ここでも契約違反をやりますか(笑)。
 最初からそもそも勝負を成立させる気すらなかったんですねー。
 だいたい、この学校の方針を突然変えてしまおうというのだってヒドイ契約違反だと思いますよ。
 入学する際、生徒や父母たちと、学校の方針については契約があるはずですものね。
 それを許可なく唐突に 180 度変えてしまおうっていうんですから、大きな問題になること請け合いです。
 そのうえこの勝負まで契約違反だったと、堂々と言ってのけるわけですから。
 この理事長、たいした面の皮ですよ。
 自分がけっこう大変な詐欺行為を働いちゃっているってこと、自覚してないんじゃないですかね(笑)。



感想後記

 といったところで今週はここまで。
 今週はやっぱりワンピが読める幸せよ!という号でした。
 しかし、岸本先生のあとがきで書いてありましたが、やっぱり尾田先生、病室に原稿持ち込んでやってらしたんですね!
 岸本先生は感動しましたって書いてますけど、これはお医者さん怒ってもいいんじゃないでしょうかねぇ(笑)。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。