2013年05月13日

週刊少年ジャンプ2013年24号 【神海英雄先生 新連載『SOUL CATCHER(S)』開演!<出張番外編『キングダム』>掲載号】 感想<前編>

 さてさて、またまたジャンプに連載改変期がやってまいりました。
 口火を切りましたのは、あの異彩を放つ超サッカー漫画『LIGHT WING』神海先生!
 これは期待せざるを得ないッ!





 前半の感想は、

・【新連載】ソウルキャッチャーズ
・ワンピ
・ナルト
・トリコ
・暗殺教室
・ハイキュー

 の 6 本でお送りいたします。



【新連載巻頭カラー】 SOUL CATCHER(S)

 帰ってきました神海先生!
 あのトンデモサッカー漫画『LIGHT WING』でぼくらのドギモを抜いてくれた神海英雄先生が、今度は音楽モノをひっさげて、ジャンプ本誌に返り咲きでございます。
 しかもただの音楽モノではない!(笑)
 内容はほぼ以前のジャンプNEXT!に掲載された読切ママイキで、人の心をヴィジョンとして「観る」ことができる主人公・神峰(かみね)くんが指揮をし、音楽で人の心を文字通りムンズと掴む事ができる刻阪(ときさか)くんがサックス奏者を担当。
 特殊能力バリバリの、かなりファンタジックな作品になるようです。

 いやー、やっぱり神海作品、しょっぱなからテンションが高いですねー。
 第一話から叫び、叫ばれ、叫びあい、暑苦しいテンションがたまりません(笑)。
 厨二心をくすぐる設定の数々といい、このテンションはどこかナルシスティックなブサイクさと見られてもよさそうなんですが、神海作品の空気はそういう臭さを感じさせない良さがあります。
 人の心が分かるから孤独とか、言ってしまえば斉木楠雄をシリアスにやってしまっているわけですが、それが厨二気取りの臭さ、痛々しさとは感じられないんですね。
 そういうものをブッ飛ばす独特の勢いというか空気感というか、これは神海先生独自の財産なのではないでしょうかねー。
 この特殊空間が面白くてたまりません(笑)。

 さぁて、次回からは特殊能力を持った仲間たちが次々と出てきそうですねー。
 いったいどんな超人たちが出てくるのか、今から楽しみです。
 あと、前作のこともありますから、各能力にはぜひ名前がついて欲しいところですね。

 イヴァン雷帝(エゴイスティックエンペラー)とか

 沈まぬ太陽(アンブロークン)とか!

 決闘(チェンジ・ザ・ワールド)とか!!

 いやー、LIGHT WING の時は惚れ惚れしたものです(笑)。
 今回そういうのがあるかどうかはまだわかりませんが、とりあえず期待しています。



ONE PIECE

 別エントリーにて。
 明日アップ予定。



NARUTO-ナルト-

 リンの死の真相が判明しましたねー。
 きっとどうにもならない事情があったんだろうなーと思っていたら、なるほどそういうワケでしたか。
 人間兵器にされたリンが、カカシの手を使って自害したわけだったんですね。
 うーん、ヘヴィだ。
 リンとしてもヘヴィだし、カカシとしても実にヘヴィだ。

 ここで、ちょっと気になったんですが、もし女の子がそういう状況になったとき、やっぱり好きな人の手にかかって死にたいものなんですかね?
 そういうところ、少し考えさせられてしました。

 男としては、自分の手で好きな人を殺すだなんて一生モノのトラウマだと思うんですが、しかし敵の手にかかって死んだとか、あるいは目の前で自害されたとか、なんにしてもトラウマには変わりませんしね。
 それを考えたら、自分の手で死なれるのが一番ダメージが小さいんでしょうか。
 うーん、よくわかりません。

 女の子サイドとしてはどうなんでしょうね。
 敵の手にかかって死ぬよりも、好きな人の手で死ぬほうがなんだか純潔を守れるというか、美しいいまま死ねるというか、なんとなくですがそういうイメージはあります。
 あるいは、好きな人に殺されるのだったら迷わず逝けるというような、信頼みたいなものもあるかもしれませんね。
 うーん、どういう心理なのでしょう。
 なんとなくわかるようで、もちろん私は女の子ではないのでいまひとつ掴めないような…。
 そういう女の子側のロマンというか、ひとつの愛の形? または乙女の一途さ、あるいは突き通す意地、みたいなものがあるんですかねー。

 ともあれ、この究極の状況に追い込まれたリンにしろカカシにしろ、極限の苦悩の果てに到達したひとつの結末だったわけですよね。
 カカシは身が張り裂けんばかりの衝撃を受けたはずです。

 そんな哀しいリンとカカシの現実から眼を背けちゃったのが、つまりはオビトだったわけだと、そう思うんですよ。
 リンがどうの、カカシがどうのと言うけど、じゃあお前さんはなんなんだよと。
 そんな辛い状況の友達に対して、お前さんは友達として何をして何を考えてたんだと。
 そんなオビト、君こそ本当のオビトじゃないでしょうと。
 もちろんいろんな事情ががんじがらめにしていたのでしょうけれど、それでもなにかあったんじゃないの?と。

 世界を否定して、こんな世界は本当の世界じゃないと言っているオビト。
 ひっくりかえせば、実は自分をこそ否定したいのではないでしょうか。
 無意識に、かもしれませんが。
 だから、自分を否定して欲しくって、ナルトにふっかけまくっていたと。
 なんとなくですが、そういう可能性もあるのかなーと、ふと思った今回でした。



【センターカラー】 トリコ

 ぬおおお! トリコいったいどうしたーー!!
 あんなに超ラッシュかましていたのに、小松が見たのは残酷なトリコの敗北風景!?
 いやー驚きました。
 最近は第三勢力の登場で乱されぎみとはいえ、ここまで四天王サイドは快勝が続いていたので、完全に油断しておりましたわ。
 うーん、まだまだ勝負はついていないと信じたいところですが、いやー、わかりませんねー。
 トリコはけっこうこういうところはシビアーですから、ここらでトリコは一敗ということも、充分ありそうです。
 また、その展開だとまだまだスタージュンはライバルポジションに安泰、ドーンと存在感を増してもきますしねー。
 うーん、悔しいけれど、ここは負けなのかなー。
 とか言いつつ、来週が待ち遠しくてたまらないんですけどね!(笑)



暗殺教室

 往生際の悪い鷹岡先生に止めを刺しに、ここで理事長が出てきましたか。
 口の中にムカデを流し込むこの演出!
 いやー、あいかわらず松井演出はすばらしい(笑)。



【センターカラー】 ハイキュー!!

 及川さんと岩泉くんの回想編。
 いやー、なんつーかもうたまらん!
 毎週のように涙腺に強烈スパイクをかましてくるハイキューですが、今週のはかなりパワフルでした!
 憎まれ口を叩き合う及川さんと岩泉くんには、あれだけヒドイ悪口を言い合えるってことは凄い友情で結ばれてるんだろうなーと想像はしていたんですがね。
 焦りまくる及川さんからの、怒鳴りあい、そして涙の表彰式!
 いやー、これはヤラレましたわ。
 一気に及川岩ちゃんペアに感情移入しちゃったではないですか。

 あの及川さんが、こんなにも悩んでたなんて。
 まるでちょっと前までの影山みたいだなーと思うのと同時に、この岩泉くんとの怒鳴りあいのドラマとか、表彰式で悔し涙を噛み締める表情とか、まるで烏野のメンバーたちと同じような感じではないかとも気づかされました。
 そうなんですよね。
 このハイキューのドラマって、その誰もがこうやって一生懸命な、ある意味「主人公」なんですよね。
 脇役なんて言ったら失礼なんじゃないかと思うくらい、みんなバレーに一生懸命な、それぞれ思いを抱いてやっているんですよ。
 伊達工業の青根だってそうでしたし、音駒のメンバーだってそうでした。
 観ていると、誰もを応援したくなっちゃうんですよねー。
 試合前はちょっと憎たらしい、おそるべき先輩だった及川さんが、こうなってしまうともう応援せざるを得ませんわ(笑)
 どっちも頑張れっていうのはスポーツにおいてなんだか変な勘違いな言葉かもしれませんが、なんかもうそういう言葉でしか言い表せないような気分です。

 そしてついに何かに覚醒した影山!
 その影山に触発されて、燃え上がる及川さん!
 ぐはははは、熱い! 熱すぎる!
 まるで戦闘民族サイヤ人のごとき熱度でもって猛りまくる及川さん(笑)。
 うーん、もうゾクゾクしっぱなし!
 いやー、テンション高いなーハイキュー!
 伊達工業戦も、これでもかと高かったテンションですが、この戦いはさらに凄いことになってきてますねー。
 なんかもうこの先が心配になっちゃうくらいの盛り上がりですが、いったいこの先どういうことになっちゃうんでしょう。
 また、今週はうまいこと白鳥沢の“牛若”の伏線が貼られてましたねー。
 情緒面だけでなく、そういうところも意外と巧妙です。



 といったところで前半はここまで。
 続きは後編にて〜。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。