2012年12月18日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第692話 “ドレスローザから来た刺客”

 週刊少年ジャンプ2013年3号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





 ついに劇場版が公開されましたね!
 わたしもはやく映画館に行かなくちゃ!



【感想小タイトル】
■決着と波紋
■脱出へ
■刺客参上



■決着と波紋

 今更ルフィに「部下にしてやっても」なんて言い出すシーザーにはもちろん耳など貸さず、茶ひげや子供達の思いを乗せた必殺の拳を炸裂させるルフィ。
 武装色の覇気を纏わせた巨人のバズーカは、その名も

“ゴムゴムの灰熊獣(グリズリー・マグナム)”

 以前使った技では“ゴムゴムの象銃(エレファント・ガン)”というのがありましたから、今回のような「覇気」+「ギア3」の技は、大型動物の名前で統一されていくのかもしれませんね。
 それにしても、これは破壊力ありそうだ。
 武装色の黒が、いい感じで「重さ」を感じさせてくれますよ。

 扉に豪快に叩きつけられたシーザー。
 そのまま扉を砕き割り、思いっきりブッ飛んでゆく!
 いやー、気持ちがいい(笑)。
 悪辣非道を繰り返し、言いたいことを言ってきた男の末路。
 まさに「天罰」とすら思ってしまいます。
 いやもちろんルフィが正義だとかなんとかは言えないとは思いますが。
 やっぱり、こういうのを見ちゃうととにかく「ザマァミロ!」って思っちゃいますわ〜。
 いやー、痛快ッ!

 その映像は、もちろん状況を見守っていた世界のブローカー達の目にもしっかりと。
 いやー、痛快痛快。
 そしてまた、これがこの後どんな波紋を広げてゆくのか。
 わっくわくしますねー。

 と、そのなかで一人がちょっと気になるコトを。

「ジャック」の耳に入れておけ…… 」

 ジャックって!
 え? もしかしてトランプのジャック?
 そんな名前のひと、これまで出たことありましたっけ?
 ひょっとして、ジョーカーってのはトランプのジョーカーで、他にジャックやクイーン、キングがいるってことじゃないですか!?
 いや、もしかするとまったく関係ない人物なのかもしれませんが。
 でも、そういう可能性があるのかもぞ!と。
 ちょっとこれはまったく予想外のことでありました。

 暗号で名前を呼び合うのだとすると、よっぽど正体を明かされたくない理由があるってことになりますよね。
 ってことは、ただの海賊ではないのかもしれません。
 海賊なら、正体を隠す必要なんてあまりないと思いますもの。
 王下七武海のジョーカー=ドフラミンゴのように、政府の系統のなかに紛れ込んでいるのかもしれませんねー。
 キングが中将や大将クラスに堂々といたりする可能性も、もしかしたらあるかもしれませんよ。
 以前、ドフラがモリアを処分した時に言っていた気になるセリフ……「もっと上だ」ってのが、それだったり?
 うーん、これは面白くなって来た!



■脱出へ

 場面はうつって脱出途中の仲間たち。
 錦えもんさん、結局シノクニにやられちゃったんだー。
 息子を自分で斬ってしまったかもしれないと思えば、そりゃもう気持ちはよくわかるけど。
 気合があればと何の策もなく毒ガスに飛び込んでいってしまうなんて、とことん大和魂なお人ですねー。
 まぁ、ノリがノリなのでたぶん死んでいないとは思うのですが。
 どうやって復活するのでしょうか。
 シノクニの解毒方法、チョッパーあたりが掴んでいたりするんですかね?

 一方、ウソップはさりげなく兵士達を全滅させていました。
 いやー、頼もしい!
 一般兵レベルは歯牙にもかけない強さになっちゃったんですね!
 ウソップすげーなぁ。
 活躍場面が描かれなかったのが至極残念。
 まぁ、そこをじっくり描いていたらこの今のようなテンポのよさはでなかったんだろうなと思いますが。
 いずれ描かれるであろう、ウソップのお当番回を楽しみにしておきましょう。

 かくして、ほぼ全員がR66前に集合。
 ルフィの仲間達への絶大な信頼がさりげなく証明されてたり、アツいですねー。

「ほらな?」

 なんて笑ってるルフィがホント嬉しそう(笑)。

 また、合流したローが、またまたルフィのペースにしてやられているのも面白い。
 同盟を組んだとはいえ、このローがルフィのことを利用するだけ利用して捨てる、なんていう可能性だっていくらでもあるとは思うのです。
 でも、このルフィだったらそうそうローの思い通りには動かないだろうなと言う、そういう絶大な信頼感がありますわ(笑)。
 


■刺客参上

 ここで来ましたか、ドフラミンゴの刺客、ベビー5とバッファロー。
 “ブキブキの実”の全身武器人間とか、厨二心を刺激する能力なのに女性キャラ。
 いや、むしろこれが萌え系ならそれはそれでストレートなのかもしれないですが、そこをちょっと外してくるこの大柄尾田美人。
 なかなかいいじゃあないですかー。

 しかしブキブキの実かー。
 もしかしてこれ、スパスパの実の完全上位互換じゃないですか?(笑)
 Mr.1、ダズさん形無し。
 もちろん切れ味の鋭さや剣の腕前などで、一概に完全上位互換とは言えないかもしれませんが、再現できる武器の豊富さで完全に上を行っちゃってますねー。
 気になるのはベビー5の腕前のほうか。

 しかし、キャラがなかなかいい。
 ドフラミンゴに楯突いていたのは、なるほどなかなかオバカな理由だったんですね。
 話を聞けば聞くほどドフラが正しいじゃねーかと(笑)。
 このブサイクで不潔そうな「彼」、ただブサイクなだけじゃなく、後ろの連中とかあからさまに悪いこと企んでますものねー。
 ぜったいロクでもない連中ですよ。
 全滅させられた町は可愛そうですが、しかしこうなると町そのものもかなり悪どい町だったんじゃないかという想像もできるかも。
 まぁ、だからといってドフラが本当にいいヤツってことはないでしょうけどもね。
 そんなこんなで、ベビー5への同情心はいっぺんに吹き飛んでしまいました(笑)。
 ゴーグルの中身をたっぷたぷの涙で満たしてますが、すぐさま借金申し出られてキュンとしちゃったり、ああもうどうしょうもないアホだなぁと(笑)。
 尾田先生、あいかわらずキャラメイクがうまいです。

 またこのバッファローがすごいキャラクターしてますねー。
 “グルグルの実”の回転人間って。
 体のパーツを自由自在にグルグル回せることで、まるでプロペラ機のように飛んだり、扇風機のようにして突風を起こせたり。
 あまり強そうな能力とは思えないのですが、それでも「何をやってくるかわからない」感があって面白そう。

 さて、そんな刺客がパンクハザードに到着したところで、おお、ブッ飛ばされてきたシーザーがちょうどドカーンと登場。
 見事に気絶してますねー(笑)。
 バッファローから報告を受けたドフラさん、嬉しそう。
 ローにまんまとしてやられ、笑いの消えてたドフラさんですが、ここで笑みが復活しました。
 SAD製造の計画が、途絶えずにすむのかの瀬戸際ですものね。

 しかしそうは問屋がおろさない。
 ここでこの人が来ましたか!
 最近さっぱり姿を見せていなかったフランキー!
 ロボ「将軍」の姿で、タンカーの甲板に堂々登場です!

 おー、将軍は殺戮ガス“シノクニ”も通じないんですね〜!
 さすがはフランキーだぜー。
 フランキーはみんなとは別行動して、先回りで脱出用の船の準備をしていたんですね。
 そこでまさか、次なる刺客とご対面と言うことになろうとは。

 さぁフランキー、この敵襲をどうさばきますか。
 敵はブキブキの能力を搭載した、プロペラ戦闘機。
 なんだか心踊る、火力勝負が展開されそうではありませんか(笑)。



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!
posted by BOSS at 22:26| Comment(6) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなり、キングは取れねぇだろうよい
Posted by エース at 2012年12月19日 00:42
もしジャックだけでなく、キングもいるとすればドフラミンゴよりも上の立場のやつなんでしょうか。

グルグルの実はプロペラみたいなら、物体を切断出来たりするんでしょうか?それなら武器になりそうです。

あと、メイドがいたり幼女がいたりするなど、ドフラミンゴのシュミも気になります・・・。
Posted by 唄種 at 2012年12月19日 00:45
“ブキブキ”の能力が気になります。
どこまで出せるのか?
一人で携行できるくらいまでですかね?
「兵器」も範疇に入っちゃったら強すぎかと(笑)
Posted by けんと at 2012年12月19日 17:35
エレファントガン(ライフル)
レッドホーク
グリズリーマグナム

どれも動物の名前入ってますが、同時に実際にある銃火器の名前ですよ。

エレファントライフルはその名の通り象を狩るライフル。物凄い馬鹿でかい弾を使う、最強の猟銃です。

レッドホークはルガーのダブルアクションリボルバー拳銃ですね。古いしくみのリボルバーを近代の技術で作り上げ、元来のリボルバーを越えた威力を持つ拳銃で、なんと対熊用の自衛武器として使われています。

グリズリーマグナムはウィンチェスターのLARグリズリー・ウィン・マグナム
あの名銃、コルトガバメント1911の亜種で部品も流用できます。M1911の.45ACPよりも強力なウィンチェスターマグナム用.45や他さまざまな弾丸を使用でき、基本的に改良品ですね。元々が名作なので非常に優秀な銃です。

ルフィの技の元ネタ、どれも素晴らしい武器ばかりですねえ
尾田先生流石のセンスの良さ
Posted by 髭 at 2012年12月20日 00:20
髭さん

へぇ〜!すべて実在の武器なのですね!
銃好きなんだろうなぁ〜尾田さん。

BOSSさん、ジャックからトランプが思い浮かぶのは流石です!
Posted by 由宇 at 2012年12月21日 18:14
>エースさん

 ん? なんのことかな?って思ったら、頂上戦争の時のマルコのセリフですかね?
 違ったらゴメンナサイ。
 もうちょっと何を言いたいのか書いていただけると助かります。
 管理人はしょっちゅう勘違いする人なので(汗)。

 たしかにマルコも「キング」と言ってましたが、それはトランプのキングではなく、チェスのキングではないでしょうかねー。
 戦争をチェスに例えて、白ひげをキングと比喩し、いきなりキングは取れないぞと。
 キングをやろうと思ったらその前に他のコマと戦わないといけないんだぜっていう意味で言ってたのではないでしょうか。
 まぁ、トランプ説もふくめて、すべては私の想像ですが(笑)。


>唄種さん

 ドフラミンゴは売人であって、実行犯ではなさそうな感じですからねー。
 キングやクイーンなどがもしいるとしたら、ドフラミンゴより実力が上で、なおかつ実行犯ということになるんじゃないですかねー。
 うーん、どうでしょう。

 なるほど、プロペラでミキサーみたいな攻撃とか、ありそうですね!

 ドフラ変態説、笑いました(笑)。


>けんとさん

 たしかに、兵器クラスまで可能だとしたら怖ろしいことになりますね!
 兵器といえば、ワンピ世界では古代兵器。
 ポセイドンは人魚姫しらほしでしたが、いまだ謎に包まれたプルトンやウラヌスといった兵器も、その知識さえ手に入ってしまえば簡単に再現可能なのだとしたら!
 実は案外怖ろしいヤツなのかもしれませんねー、ベビー5……。


>髭さん

 おー!
 そのへん全部銃だったんですか!
 レッドホークは知っていましたが、その他の銃は知りませんでしたわー。
 教えていただいて有難うございます!

 いやー、尾田先生、すごいこだわりようですねー。
 しかもそういうこだわりのもと、ネーミングされているということを知らなくても、そもそもカッコイイときた。
 こういうセンスもまた、尾田先生凄いなーと思いますわ。


>由宇さん

 ね、銃火器の名前だったって、驚きですね!
 ああでも、トランプ説はいつもの私の気まぐれな思いつきなので、おおいにハズレてる可能性がありますので、その点はご勘弁を(笑)。
Posted by BOSS at 2012年12月21日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。