2012年11月28日

週刊少年ジャンプ2012年52号 感想<後編>

 ほいほいではでは、後半の感想にまいりましょー。

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・キルコさん
・スケダン
・ハイキュー
・ブリーチ
・めだかボックス

 の5本でお送りいたします。



【センターカラー】 新米婦警キルコさん

 おお、キルコさんは猫属性だったんですね〜。
 テロリストというマタタビに大興奮状態のキルコさんが今週は妙に可愛かった。
 正直言ってしまうと、眉毛もないですし、第一話ではそれほど可愛いとまでは惹かれてなかったのですが、猫科と分かると認識も変わってきます(笑)。
 眉毛がないのもちょっと猫っぽいかも?なんてね。

 しかし、平和な街だなぁ〜。
 こんな街を舞台にして、今後もキルコさんを満足させられるような犯罪が起きて来るものなのでしょうか。
 そっちが不安になっちゃいますねー。



SKET DANCE

 ヒメコがちゃんと勉強しとるー!
 そのことに、勝手な話ですが一抹の寂しさを覚えてしまいましたわ。
 しっかり目標をみつけて歩みだしたんだなぁーと、それに比べて自分はどうよと、すっごい引け目や焦りを感じてしまいますわ。
 いや、そんな歳でもないんですが、昔の気分をね、思い出しちゃうってことで(笑)。
 まさに先週までのヒメコ状態ですね〜。
 もう部室でダラダラお茶飲んだり御菓子たべてたりした時代は終わってしまったんですなー。
 季節はめぐり、時は過ぎてゆくんですなー。

 本編では、ボッスンと椿が加藤キリの実家に突撃レポート。
 忍者スクールにムリヤリ体験入学というネタでしたが、ここでもまさかボッスンのあの器用さが発揮されることになろうとは(笑)。
 深草兎歩をマスターするのはまだいいとして、水上歩行に中忍試験合格って!
 ボッスン、さすがにすごすぎだわ(笑)。
 まったくついていけてない椿がダメな子みたいな感じになっちゃってますけど、いやいや、ボッスンのほうがおかしいんですって!

 しかし、ここでボッスンがマスターした忍術の数々、今後も活用していけちゃったら相当すごいことになりそうですねー。
 一話限りのギャグとして、なかったことにならないことが多いからスケットダンスは怖いです(笑)。



ハイキュー!!

 面白いなーハイキュー。
 ついに始まった公式戦、第一試合。

 まずは田中先輩が強烈なスパイクをぶちかまし、テンションあがりすぎて絶叫しつづける田中先輩と西谷先輩たちでひと笑い。
 いやー、この人たち、ほんといいキャラしているわー。
 特に田中先輩、「いい人」ってのがモリモリ滲み出てるんですよねー。
 オバカなんだけれども、愛がある。素敵。

 さらに、西谷先輩のすばしこいレシーブ、パワフルな旭先輩のスパイクに続き、ついに炸裂した日向と影山の変態コンビネーション!
 カラスの羽ばたきを重ねた日向のジャンプが、素晴らしい躍動感。
 降り立った日向の、どこか禍々しいようなオーラを背負った表情とか。
 その背後にズラリと揃ったチームメイトたちとか。
 いやー、まさに「見たか!!」って感じですねー!
 痛快! たまりませんっ。

 これまでは知る人ぞ知るだった烏野の実力が、さらにここでメンバーが完全に揃い、衆目にド派手に披露されたと。
 うーん、たまらん瞬間です。
 いやー、見せ付けてくれるなーハイキュー。
 今週はアドレナリンどばどばでした。



BLEACH

 先週はカマセか?とか言ってしまってスイマセン!
 チンドン屋のようなオバカな登場でしたが、さすがは零番隊ですねー。
 卯ノ花隊長を上回る治療能力。
 砕蜂の目でも捉えられないスピード。
 そしてなにより、あのマユリさんを技術面でぐうの音も出なくさせてしまうというやり手っぷり。
 いやー、護廷十三隊が頭が上がらないって感じがヒシヒシと伝わってきましたわー。

 ところで、卯ノ花隊長の「治療なんかじゃない今やるべき事」ってのは何なんでしょうねー。
 なんだか、次の総隊長のことを言っているような気がするのですが、卯ノ花隊長って、そういうのに向いているんですかねぇ?
 もし総隊長になるとしたら、山本総隊長とはまったく別のタイプのトップになりそうな気がしますね。



めだかボックス

 寿常套戦、ろりろり対決。
 なるほど、歌には歌か。
 逆位相の歌をぶつけることで、幼児化に対抗するめだか。
 以前出てきた技を上手い感じで再利用というか、改良して使うのが上手いですねーこの漫画は。
 昔の経験が無駄にならないというか、しっかり経験値として成長に繋がってる感があって、私はそういうの好きですねー。

 しかし敵もさるもの。
 まさか携帯のフェイクだったとは。
 まんまと善吉たちを人質に取られてしまっためだかでありました。
 ところで、この幼児化してしまった球磨川ですが、どう見ても寿さんのパンツを覗いているんですが(笑)。
 三つ子の魂百までどころか、幼児期からそうだったんですか(笑)。
 あんたやっぱりスゲーお人だ。
 そのまま母乳をいただきたく役得にあずかりたいとか、言い出しかねないお人ですよ(笑)。



感想後記

 といったところで今週の感想はここまで。
 そしてそして、来週はなんと、ハンター×ハンター、再開ッ!!
 わーー、待ってましたーーッ!!
 と、言っても、残念ながら本編の再開ではなく、劇場版の公開にあわせた特別読切の掲載なんですね。
 まあでも、これでまたまたハンター世界の濃密な物語が読めるんですから文句はありません。
 ひとまずこれでハズミをつけて、次の本編本格始動に繋げていただきたいなーってところですねー。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:40| Comment(2) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤバい…
昨日のある番組でVOMICハイキュー一月見通したんだが
こりゃまた中々…、田中くんのキャラ耳で聴くとまた良い
Posted by 某県人 at 2012年12月01日 08:19
 お、VOMICハイキューでしたか!
 うーん、それは観たい。
Posted by BOSS at 2012年12月02日 12:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

鞘を取り合って 〜銀魂・ドSとドS感想
Excerpt: 近藤と土方は人斬り千兵衛の情報について調べている模様。 クサナギとは浅からぬ縁だったようで。 おそらく鞘子との争いの中で深くかかわってくるはず。 一方鞘子との再会を果たしたクサナギ。 でも..
Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
Tracked: 2012-12-03 21:33
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。