2012年11月26日

週刊少年ジャンプ2012年52号 【冬の新連載第3弾『食戟のソーマ』スタート号】 感想<前編>

 ということで、いよいよ2012年ナンバリング最後のジャンプとなってしまいました、今週のジャンプ。
 新連載3連弾も最後の作品が登場ですね。
 ではさっそく感想いきましょー。





 前半の感想は、

・【新連載】食戟のソーマ
・ワンピ
・暗殺教室
・斉木楠雄のΨ難
・ナルト
・HUNGRY JOKER

 の6本でお送りいたします。



【新連載巻頭カラー】 食戟のソーマ

 なかなかパワフルな新連載がやってまいりましたね〜。
 食戟のソーマ。
 ジャンプではトリコに続くグルメ漫画2本目となりますが、まったく切り口の違う作品ですね。

 料理勝負を主題に置き、食べた人間をイメージ画で脱がすことでその味の衝撃度を描く。
 作風は荒唐無稽なんだけれども、ある意味真面目というか、真正面からバカバカしさ(誉めてますw)を突き進む事で、独特の強烈な世界観が描けていけそうな、なかなかパワフルな作品です。
 いいですねー、こういう、テンションのやたら高い、すべてが過剰でパワフルな作品は嫌いではないですよ。
 いわば、同じガンダムでもGガンダムのような、邪道かもしれないけれど、好きな人はとことん好きになれるかもよと、そんなラインなのかもしれませんね。
 あ、というかGガンダムを例えに出すなら、同じ今川監督作品のミスター味っ子のほうがよかったかな。

 絵はかなりレベルが高いですし、今後の売りとなっていきそうなエッチ度も、行き過ぎにならないギリギリ健康的なラインを保っていて悪い感じはしません。
 あとは、料理対決をテーマに、毎話どうテンション高く波乱万丈の物語にしていけるか。
 毎話どういうヒキで読者を強烈に牽引できるか。
 すべてはその牽引力にかかっているような気がしますねー。

 ふむー、今回の新連載は3本ともなかなかレベルが高いですなー。
 これはこれまでの連載陣もうかうかとはしてられませんね。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



暗殺教室

 うまいですねー。
 授業妨害となってしまった固定砲台を止めるのは生徒達で、固定砲台を納得させたのは「利害の説得」でしたか。
 なるほど、これなら機械も機械的に答えを導き出せますねー。

 そして、そこからの進化はさらに予想外。
 なんじゃこの美少女は!
 これってやっぱり、殺せんせーの趣味が丸出しになった結果なんでしょうか(笑)。
 5円!と叫ぶ殺せんせーの超ドヤ顔に大笑い。
 編集のアオリ『あの娘の笑顔 プライスレス!』も汚いなー(笑)。



斉木楠雄のΨ難

 今週の斉木、意外と深いなーと感心してしまいました。
 すべてが計算によってなりたってる照橋さんの行動だけど、その振る舞いを最後まで貫けるならそれは本当に完璧人間なのではないかということですねー。

 昔の誰だったか西洋の哲学者が、感謝されようと思っていいことをするってのは打算だから、本当にいいことをしていることにはならないってな事を言ってましたっけ。
 でも、そういう行動を最後の最後まで貫けるのなら、それはそれで本当にその人そのものになっちゃうんじゃないかってことですよね。

 打算の汚さが見えてしまうのは心の読める斉木だからで、そうでない普通の人にとっては最後まで照橋さんは心も外見もどこまでも美しい完璧な美少女であるわけです。
 この照橋さんは、まわりの期待に対して、奇妙な形ですけれども、ある意味ではとても律儀で生真面目なのかもしれませんね。
 いい子じゃないはずなのに、たしかにいい子なのかもなーと思えてきちゃいましたよ。
 いやー、面白い。不思議な方向で好感度上げてきましたねー。



NARUTO-ナルト-

 この十尾、どこかで見たことあるなーという気がしたのですが、あれか、単眼症のサメか(リンク先ややグロ注意)。 
 スケール感充分の迫力充分ですが、どこか不思議と愛らしさを感じちゃいました。

 そして始まった大怪獣戦争。
 超スケールの格闘戦に、尾獣玉、尾獣レーザー(!?)の応酬。
 いやー、さすがです。
 迫力が違いますなー。

 パワーでは段違いの十尾ですが、それを出し抜くナルトたちの作戦もよかった。
 オビトの時空間忍術をそのままやりかえしたようなタコツボ作戦。
 超巨大な尾獣同士の戦闘と、それと比べたらちっぽけなはずの忍者とが、うまいこと戦場で絡んでいるものだと、思わずオオと唸らされてしまいました。

 さてさて、至近距離の尾獣玉ですが、そう簡単にヒットさせてくれますかな?



HUNGRY JOKER

 おー、キーとなるアイテムはリンゴだけじゃなく、これまでの科学の発展にかかわってきたいろんなアイテムなんだー。
 これはちょっと面白い。
 いろんな科学史のロマン溢れるアイテムが出てきそうじゃないですか。
 といっても、私もそんなに科学史に詳しいわけではないので、ほかにどんなアイテムがあるのかパッと浮かびませんが、これからそういうのがいっぱい出てくるかもっていうのはちょっとワクワクします。
 現実と非現実が交わるドキドキ感ってヤツですかね?

 ちょっと知的な雰囲気をスパイスとして味わいつつ、サイキックかつちょいエロなアクションを楽しむ。
 ふむ、なかなか私好みの小道具が揃っておりますな。

 あと、キャーキャー驚き役になっている女の子が驚き役で終わらず、ちゃんと人間としての代表として発言できているのが今のところはいい感じ。
 ハイジが知的なんですが、ややもすると非人間的になっちゃうところを、かろうじて人間サイドに抱きとめる役になっていったりすると面白いだろうなーと思います。
 なんかハイジ、実は敵側の人種でしたっていうオチが待っていそうですもんねー。



 と、そんなところで前半はここまで。
 続きは後編にて。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:24| Comment(2) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソーマ…
やっぱり パッと見男→エム×ゼロ、女→一五に気持〜ち見えてしまう
暗殺教室…
殺せんせー、泣いてるでしょうね…心の中の方では…
Posted by 某県人 at 2012年12月01日 08:34
 残高5円生活の裏話ってのもちょっと見てみたいですね(笑)。
Posted by BOSS at 2012年12月02日 11:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週刊少年ジャンプ2012年52号・感想♪
Excerpt: あいにくの雨降りな長野地方。 ダンナも休みなので車で内科に連れていってもらい、 やっとインフルエンザの予防接種ができました。 ついでに今期初の灯油も購入・・・冬だなぁ。 表紙・巻頭は新連載..
Weblog: あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪
Tracked: 2012-11-28 14:22
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。