2012年11月20日

週刊少年ジャンプ2012年51号 感想<後編>

 ワンピが休載ですので火曜更新の後編でーす。
 家族に頼まれた調べごとしてたらずいぶん時間がかかってしまいました。
 ちょいと急ぎぎみの感想となります。

■前編の感想はこちら





 後編の感想は、

・スケダン
・ブリーチ
・銀魂
・めだかボックス
・【終了】恋染紅葉

 の5本でお送りいたします。



SKET DANCE

 竹内先生いいこと言うなー。
 そうかー、「努力を続けていれば夢は叶う」という言葉は、なるほど、夢への努力をイヤだと感じない人にだけピッタリな言葉だったんですねー。
 これはスッと入ってきましたわー。
 たしかに努力はツライし苦しい。
 でも、ツライとか苦しいとか感じつつも、それをイヤだと感じないならオッケーなんだよと。
 苦しいと感じることと、イヤだとか面倒だとか感じることの間には、物凄い差があるんだってことですなー。

 これはなかなかいい考え方なんじゃないかな。
 多くの人が、努力する事にすぐ苦しさを感じることで、もしかして自分には向いていないんじゃないかと不安になると思うんですよ。
 でもちょっと待てよと、その苦しさが、本当にイヤなのか?と。
 そう自分の胸に問うてみることで、「お、あんまりイヤじゃないかも?」と思えた人は、まだまだ頑張ってみようと思えてきますものね。

 なにかをやる前から立ち止まってしまっている人に、とりあえず苦しいかもしれないけど、でもイヤだと感じたり面倒だと感じるかどうか、確かめるためだけにでも、とりあえずやってみようよと。
 そう背中を押してくれているような、なかなか素敵な応援歌に感じました。
 いやー、スケダン、青春ですなー。

 そしてヒメコ、先生への道を今歩き出す!
 おお、国語の元ヤンキー先生ですか!
 うん、合っていると思います。ピッタリですよ〜。
 先生をナメてる生徒とかビシッと締めちゃいそうですし、ノリのいいエネルギッシュな可愛い先生になってくれそうじゃないですか。
 頑張ってほしいなぁ。

 やー、すがすがしいなぁ今週のスケダンは。



ハイキュー!!

 澤村先輩、以前女子部のキャプテンにもガツンと言ってた過去がありましたが、こちらの中学時代の仲間にも同じようなことを言ってたんですね〜。
 どこまでも粘り強い人というか、ある種空気の読めないオバカなのかもしれませんが(笑)。
 普通の人にとっては、もしかするとある種「重い」人なのかもしれませんが、でもやっぱりこういう人でないと勝てるチームのキャプテンにはなれないんじゃないかなーと。
 変人コンビを率いる主将は、やっぱりこの人もある種の変人だったのかと。
 これまであまり個性を光らせる場面のなかった澤村先輩ですが、ここにきて俄然出番がでてきましたねー。
 この人の場面は、スポーツマンシップのすがすがしさが心地よいです。



BLEACH

 えー! 斬魄刀元に戻らないのーッ!?
 一角さんの卍解も、恋次の卍解も壊れたままだったんですか。
 なかなか残酷な運命ですねー。

 でも、気になるのはマユリさんのこの言い方。

「破壊された卍解は

 二度と元には戻らないのだヨ」


 傍点入りで「二度と元には〜」ってのが、「元」には戻らないけど、「違う形」には再形成できるよって言ってるように聞こえちゃうんですよねー。
 新生・天鎖斬月が誕生しちゃうんじゃないでしょうかね。
 そうポジティブに考えておく事にします。

 しかし、コンよどうした!
 なにが起こったのだー!!

 零番隊は……なんかスイマセン、カマセの匂いをかぎとってしまいました。
 どうかなー。



銀魂

 いやいや、ワケがわからないから!(笑)
 オバチャンのお尻と屁のマウストゥマウスがイヤだから、なぜか全蔵さんとお尻の間接マウストゥマウスになって、屁が3人分連鎖して大爆発って(笑)。
 唐突に始まったカオスの嵐に大笑いしてしまいました。
 いやー、ほんとわけわかんないけどパワフルだなー。
 こういう意味がないのに迷いのないギャグって凄いですわ。
 こういう突き抜けっぷりが、新人ギャグ作家には足りないんでしょうな。



めだかボックス

 今度の敵は赤ちゃん言葉の常套さん。
 なんとめだかたちをどんどん幼児化していってしまうとは。
 しかもただの幼児化ではなく、服も持ち物もかまわず昔の持ち物に切り替えていっているってところが面白い。

 めだかたち、立ち止まっちゃいましたけど本当にそれでよかったんでしょうかねー。
 めだかの解釈では、廊下を進むことが幼児化のトリガーになっているということですが、そうではなく、単に時間経過が幼児化のトリガーだったりした場合には、立ち止まることはかえって逆効果だったりするわけですからねー。
 さてさて、階段前で待ち受ける常套さんのもとに、めだかたちは到達する事そのものが出来るのかどうなのか。



 
【最終回】 恋染紅葉

 ついにジャンプ怒涛のラブコメラッシュ時代の終焉か。
 ここに恋染紅葉、終了を迎えることとなりました。

 とはいえ、なかなか綺麗に終わった感じでしたねー。
 読切版のラストにも近い、ハッピーなキスのエンディング。
 青春コノヤローな恋物語でありました(笑)。

 葛城翔太くん、これからどうするんでしょうねー。
 アイドルとこのまま突撃特攻、周囲の制止を振り切って本当につきあっちゃうんでしょうか(笑)。 
 まぁそのへんが単行本書き下ろしエピソードで描かれる事になるんでしょうね。

 作品としては、綺麗にまとまった優しい作品だったなーという印象なのですが、しかしそのある意味おとなしいところが弱かったんですかね?
 ややパワーに欠けたところもあったのかもしれませんね。

 まぁ、なによりラブコメが乱立してしまったというところも大きいでしょう。
 ともあれ、坂本先生、ミウラ先生、お疲れ様でした!
 次回作、楽しみにしています!



感想後記

 というわけで、後半からかなり駆け足気味、ヤッツケ気味になっちゃった今週のジャンプ感想。
 兄貴が事故って(車から降りてたときに追突されたので怪我はナシ)買い換えた中古車のあれやこれやを調べていたら、気付いたらかなり時間をロスッてしまいましたわー。
 まぁ生きているとイロイロあるということでお許しください。

 来週は新連載攻勢の3つめ『食戟のソーマ』が登場。
 おー、なかなか画力が高いではないですか。
 お色気成分もかなり高いという噂でしたし、これはちょいと楽しみですねぇ(笑)。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************


posted by BOSS at 23:14| Comment(3) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今週も忙しい中感想お疲れっス 兄貴!
さてここ最近のめだかを見て思ったのですが、3年過ぎて真のボケキャラ(生煮ちゃん)が固まりましたな!
さて、残念ながら恋染紅葉が終了してしまいましたね。終盤出てきた小鳥ちゃんが可愛くて元気キャラで良かったですし、芸能人との恋愛も女優さんよりAKBみたいな小鳥ちゃんならストーリーも元気に展開できたような気がして勿体無いな〜思いましたよ。絵のレベルは高かったので残念でやんす。兄貴の言う通り、綺麗にまとまったけど波乱が乏しい感じでしたね特に初期が
Posted by の at 2012年11月23日 00:07
スケダン:
G(ごっつグレ〜トな)T(ティーチャー)O(鬼塚)!?

めだかボックス:
体は幼児化で記憶そのままダメージ打ち消しになってはいるものの
悪口や過去をほじくり返しなどのトラウマものの心の傷系だったら
どうなってたんだか…
Posted by 某県人 at 2012年11月23日 10:44
>の さん

 強い障害物や緊張感のある展開、気になるヒキといったあたりが、とくに序盤あまりなかったところが弱かったのかなーと思いましたねー。
 でもさほど悪い作品ではなかったと思うんですけどね。
 やっぱり恋愛ものが重なっちゃったのが最大のネックだったのかなーと。


>某県人さん

 GTO!
 たしかに!
 ってことはヒメコが先生になるってのは最初から名前に織り込み済みの展開だったのかもですね(笑)。

 なるほど、肉体のダメージは幼児化で戻っても、精神へのダメージは戻らないのかも。
 言彦が精神攻撃してきたらピンチかもですねー。
Posted by BOSS at 2012年11月25日 15:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

金の猫 〜SKET DANCE・バードマン後編感想〜
Excerpt: 今回は夢を成功させた飛鳥を見て、ヒメコが自分の進路に正直になり、それに向かってまい進するというストーリー その筋道は悪くないと思う。 でも、何回も失敗する飛鳥を見て、ヒメコが無理というのはいただ...
Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
Tracked: 2012-11-22 23:17
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。