2012年11月14日

週刊少年ジャンプ2012年50号 感想<後編>

 ではでは後半の感想ですよ〜。

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・スケダン
・ハイキュー
・【最終回】リボーン
・ブリーチ
・めだかボックス

 の5本でお送りいたします。



SKET DANCE

 進路の希望調査って、うわー、この漫画季節が進み始めたわけだから当然こういう場面も来るわけですが、来るとやっぱりウワーッてなりますなー(笑)。
 漫画内の学生たちにとっては自分の人生と向き合わなければいけないウワーですが、読み手としては卒業と言う名の終わりが近づいてきてしまうウワーですよ。

 しかし、ヒメコの進路ですか〜。
 たしかにヒメコみたいなタイプは難しそうですね〜。
 特徴のハッキリした濃い連中は、そのままその能力を活かす方向でいいですが、ヒメコの場合は腕力担当。
 かといってスポーツは今はやってないわけですし、とすると……女子プロレスラーとか?(笑)
 いや、それはそれでピッタリな気もしないでもないですが、ヒメコがそれをやりたいかどうかは別ですしね。

 でも、ヒメコが結局言わなかった、本当になりたいものって何なんでしょうね。

「今のアタシじゃムリやから」

 って、うーん、気になります。
 これまで何かそういう複線か何かありましたかねー。



ハイキュー!!

 さぁいよいよ来ました試合の朝。
 それぞれのスタイルで気合の入る面々が相変わらず素敵です。

 そんな面々を見かけた他校選手の、烏野評がまた面白い。
 試合を経て、今後この評価がどんな風に変わってゆくのかも大きな楽しみになってきますねー。
 とりあえず、今は完全に無名の日向が、一発でどう評価を化けさせるのか。
 そこにまずは期待してしまいます。
 最高のインパクトでデビューを公式戦デビューを飾れるといいですね。



【最終回センターカラー】 家庭教師ヒットマン REBORN!

 そしてリボーン、ここに大団円。
 リボーンがいなければコレこの通り、昔とほとんど変わらないダメツナ。
 だけど、でも今はこんなにいっぱい仲間がいるんだというあたたかいエンディング。
 ボスになる決意こそ最後までできませんでしたが、おかげでこれからもリボーンとずっと一緒にいられるんだというのは、なるほどと納得させられました。
 ツナはそうやっていつまでもボスにならないよと言い張って、リボーンの家庭教師を受けながら、でもいつの間にか実質上のボスになってたりするのかもしれませんね(笑)。
 まぁ、それがツナらしいありかたなのかも。

 でも、なんだかんだ言って、やっぱりツナも凄く変わりましたよ。
 ツナのモノローグですから、自分のことをほとんど変わってないとか言ってますけど。
 あのリボーンですら絶望し、命を諦めていたアルコバレーノの呪いを覆したのは、他でもないツナでしたからね。 
 そして、それまで敵対しあっていた幾つもの勢力を集め、結束させたのもツナだったわけですよ。
 アレは本当に立派なものでした。
 それだけの事が、昔のダメツナにできるわけもありません。
 ツナ、本当によく成長してくれました。
 最近ではちょっとないほどダメなところから始まり、最後は見事なところまで成長した、きわめて大きく成長した主人公だったのではないでしょうか。

 ともあれ、天野先生、おつかれさまでした。
 次はどういう作品を描かれるんでしょうね。
 リボーンの初期のようなギャグに戻られるのか。
 それとも今のようなバトルを描かれるのか。
 個人的には天野先生の描かれるかわいい女の子が好きなので、もっと女の子達の出番の多い作品が読んでみたいなーなんて、思っちゃいますねー。



BLEACH

 山本総隊長亡き後の護廷十三隊。
 今週まで気付かなかったけど、なるほど、当たり前の話ですが、このままだとまとめる人がいなくなっちゃうんですね。
 次の総隊長は誰になるんでしょうか。
 今週は、ひとまず京楽さんがみんなを抑えましたが、でも抑えるために「山じい」の名前を出さなくてはいけなかったんですよね。
 それだと、総隊長としてはまだひとつ足りないような気もするんですよねー。

 敵との戦いも気になりますが、これからの護廷十三隊がどう変わってゆくのか。
 そこもちょっと注目どころのようですね。
 大きな時代の変革が始まる予感。



めだかボックス

 とんだド変態もあったもんだ、鶴喰梟(笑)。
 姉の代わりとしてめだかを作りだし、それにも諦めて今度は妥協で影武者の半袖って。
 変態だし、身勝手だし、理不尽だし。
 この、人を人とも思わない態度、なんとも腹が立ちましたわ。
 人間どうやったらここまで身勝手になれるんでしょうか。
 めだかがこの人物の本性を知ったら、いったいどう言うんでしょうか。
 それとも、もう知っているんですかね。

 とは言え、この問題人物からスタイルを学習しなくては、めだかは獅子目言彦に勝てないというのが現状ですからね〜。
 めだか、どう出ますか。
 ジ・エンドのめだかは、スキルなら戦いの中でも伝聞でもアッと言う間に完成&習得することができるわけですが、スタイルの場合もそう行くのかどうか。
 できないとしたら、この問題人物からスタイルを教示願わないといけないわけですもんねー。
 色んな意味で大変そうです。
 というか、そもそも半袖をこっちからも解放しなければいけなくなっちゃいましたし。
 ああ忙しい。

 いやーまさかまさか、一筋縄ではいかない人物だろうとは思っていましたが、まさかの人物でしたねー。
 獅子目言彦から半袖を開放しようと思っていたら、今度は獅子目言彦の対抗策の持ち主が半袖を監禁って。
 毎度の事ながらコロッコロ状況が転がります。
 次週はどんな転がり方をするのやら。
 


感想後記

 といったところで今週はここまで。
 今週の新連載はなかなかの手ごたえでしたが、次週はさてさてどんな感じなのか。
 リボーンが終わり、今ジャンプにもちょっとずつ新しい季節が訪れようとしている感じなんですね。
 さぁ、今度はどんな作品達がジャンプを彩るんでしょうか。
 思い切り盛り上がってくれるといいですね。

 あと、ハンター×ハンターの単行本が12月に出るみたいですね!
 これは新年あたり連載再開か!?
 わくわく、わくわく!



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。