2012年11月12日

週刊少年ジャンプ2012年50号 【新連載『HUNGRY JOKER』スタート<『家庭教師ヒットマンREBORN!』最終回>号】 感想<前編>

 終わる漫画があれば始まる漫画があり、リボーンが終了して冬の新連載攻勢がスタートいたしました。
 さー、新たなジャンプの歴史を作るのはどんな作品なんでしょう。





 前半の感想は、

・【新連載】HUNGRY JOKER
・暗殺教室
・ワンピ
・ニセコイ
・伊達先パイ
・ナルト
・トリコ

 の7本でお送りいたします。



【新連載】HUNGRY JOKER

 昨年の金未来杯を獲得した田畠裕基先生のHUNGRY JOKERが、構成を大幅に変えてようやく新連載登場です。
 いやー、これはなかなか面白い。
 金未来杯のときもかなりレベルの高い作品だなーと思ってはいたのですが、それよりもさらにレベルアップしてきましたねー。

 主人公ハイジの情熱的なところは相変わらずながら、今回はさらに狂信的なまでの方向性にシフト。
 いかにもマッドサイエンティストといった感じで妙にカッコイイです。

 そしてヒロインも黒髪ショートドジっ娘メガネ属性でマゾでロリフェイスむっちりボディという、これでもかと属性を詰め込んだ……つまり私のツボ(笑)。

 画力も極めて高く、アクションも見栄えがあって、前回ちょっと気になった「必殺技らしきものが地味」という点も、今回は力学を応用した見ごたえのある唐竹割りでクリアー。

 全体に娯楽性が高く、ぐいぐいと読まされるわりに、なかなか深そうな物語の奥行きを感じさせてくれて、これまた興味を引きました。
 いいですねー、なにやら世界そのものの秘密に踏み込んでいきそうな、壮大な物語っぽいじゃないですか。
 新連載が最初から掲げちゃって大丈夫なの?と勝手に心配になっちゃうくらいの壮大さです。

 よくまぁ第一話にこれだけのものを詰め込めたなと、構成の上手さにも感心させられました。
 新連載攻勢三連弾、いきなり骨のありそうな作品が登場してくれました。
 さてさて、次に続くのはどんな作品なんでしょう。



暗殺教室

 修学旅行の夜。
 宿イベントには欠かせない風呂の覗きで、まさか殺せんせーの煮こごりを見せられるとは(笑)。
 その煮こごりの奥がいったいどうなってくるのか、これだけ隠されるとちょっと気になるじゃあないですか。

 とかなんとか言ってたら、ええっ!? 殺せんせーって元は人間だったの!?
 てっきり宇宙生物か、もしくはフラスコの中から生まれて来た実験生物か何かだとばかり思っていたのですが。
 この漫画、ちょいちょいさりげなく驚き情報を入れてきますねー。
 学園ほのぼのも楽しいですけど、殺せんせーの秘密もおおいに気になります。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



ニセコイ

 おおおーう!
 小野寺さんが幸せだ!
 あの、不幸の代名詞、なにか決定的な事をしようとするとボールが飛んできたり楽が寝ちゃったり嵐が突然止んじゃったり、神のイタズラに翻弄され続けてきた小野寺さんが!
 屋上でのふたりっきりのロミオとジュリエットなんて、なんてロマンティックなひと時じゃあないですか!
 今度はUFOでも墜ちてくるんではないかとヒヤヒヤものでしたが、最後まで幸せな瞬間をその胸に焼き付けることに成功してしまいました!
 いやーちょっと感動。
 楽のやさしさと、小野寺さんの恋心のふれあいに感動したのはもちろんのこと、ようやく報われる時が来たんだなーと、メタ的にも感動してしまいました(笑)。
 まぁちょっとイヤらしく考えてしまえば、今回のエピソードは大きく千棘サイドに偏ることになりましたから、バランスを一応つけておこうと言う計算もあることはあるでしょう。
 いやー、でもよかったよかった。
 小野寺さん派の私としては、夕日に輝くジュリエット姿の小野寺さんの、心から幸せそうなこの表情!
 まさに宝物でございましたわー。



烈!!!伊達先パイ

 伊達先輩に恋しちゃったくの一、霧子ちゃん再登場。
 やっぱりこのちびっこい子はかわいいですね〜。
 伊達先輩の体が無駄にでかいだけに、ふたりがくっついているとギャップがあってなんかちょっといいものがあります。
 そしてまた、この霧子ちゃん目線で見ると、伊達先輩のなんとまぁ頼りがいのあることか。
 昔かたぎの男の中の男っていうニオイがぷんぷんしてますねー。
 いやー、素直にかっこいいって思ってしまいましたわ。

 さて、この恋は、このままゆくのか、それとも伊達先輩の変態性に気付いたところで醒めてしまう運命にあるのでしょうか(笑)。
 ラブコメ気味のギャグはわたくし大好物ですので、今後とも霧子ちゃんには頑張って欲しいものですねー。



NARUTO-ナルト-

 オビトとカカシの対決。
 なるほどねー。
 ふたりの挫折と言うか、すれ違いと言うか、悲しい運命がこうやって二人をこんな辛い事に追いやってしまったけど、その彼らの少年時代の志は、しっかりナルトに受け継がれ、ちゃんと実を結んでいたということなんですね。
 実を結ぶかどうかはこれからですが、希望の光となっていたという感じですか。

 カカシ先生もツライ立場ですわなぁ。
 自分がリンに手を下してしまったことは事実っぽいわけで、何かのっぴきならない事情はあったんでしょうけど、でもそれをくだくだオビトに説明するのも言い訳がましいでしょうしねぇ。
 こうやってオビトに責められれば、そうだ、自分が悪いんだと言うほかはないでしょう。
 カカシ先生が事実を説明したら、オビトだって多少なりとも分かってくれるかもしれないんでしょうけれども。
 いや、ここまできてオビトもそう簡単には変わらないでしょうけれどもねー。



トリコ

 クッキングフェス開幕で、これはひさびさに平和なイベントかなー、スタージュンが来るって言ってたけど、平和的な参加者なのかなーとか思っていたら、なんと!
 美食會が大挙して出動!!
 ええっ? みんなこれクッキングフェスに来ちゃうの!?
 いや、どこにとは明記してないですけど、流れ的にみんなクッキングフェスに来ちゃいますよね?
 おまえら、グルメ界で一龍会長たちと戦うんじゃなかったのかよ!!

 しかし、これはめちゃくちゃワクワクするなー。
 スタージュンとの本格的な衝突は勿論、トミーロッドやグリンバーチなどなど、これまで死闘を演じてきたメンツともう一度戦えるってのが素晴らしい。
 かつての強敵と、腕を上げたトリコたちがぶつかるとき、今度はどんな戦いが繰り広げられることになるのか。
 因縁に終止符が打たれることになるのか、それともまた新たな因縁を生むことになるのか。
 これは期待がおおいに高まりまくりです。

 それに、美食會のこれだけの幹部クラスが一気に人間界に攻めてくるってのも始めてのことですしねー。
 どれだけの規模の戦いになってしまうのか。
 かつてない大戦争が始まろうとしているようで、いやー、これは楽しみだわー。



 といったところで前半の感想はここまで。
 続きは後編で〜。




********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週刊少年ジャンプ49号☆カオスで最終回
Excerpt: レイの眼鏡に度付きレンズを入れて来ました。ええ、例の・・レイの眼鏡です。 『BLEACH』 兄様と剣ちゃん生きてた!! バンザーイ!ヽ(^▽^ヽ)♪ヽ(^▽^)/♪(/^..
Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
Tracked: 2012-11-13 04:07
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。