2012年10月30日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第686話 “ビスケットルームの雪女”

 週刊少年ジャンプ2012年48号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■やさしいモネさん
■雪女七変化
■晴れ舞台


■やさしいモネさん

 先週あんなにはっきりドスッてやられてたのに、「掠り傷」って。
 ロビンさんも大概タフですね(笑)。

 そんなわけで、ゾロがモネとチャンチャンバラバラやっている間に子供達はビスケットルームを駆け抜け、それをナミたちが追いかけてゆくという構図。
 モチャが持つでっかいキャンディはそれで一粒かと思ったら、なかにいっぱい普通サイズのが入ってたんですね。
 モチャを追いかける子供達が、回想シーンだと普通のごくごくいい子たちとして描かれてちょっと切ないものがありました。

 ここでも三文芝居のシーザー、ほんと許せんですわー。
 「第一世代」とか口を滑らせてたりして、子供達では気付けませんが、それが人助けの医療活動ではなくって単なる人体実験だって事がポロッと出ちゃってるんですよね。

 モネも優しいいいお姉さんという演技をしていたんですね。
 うーん、こうなってくるとモネもなんだか許せない感じになってくるなぁ〜。
 モネはドフラミンゴにつけられたシーザーのお目付け役、兼片腕のようなものだと受け取ってましたから、あまり自発的には関与してなかったんじゃないかなと推測していたのですが、今週の話を見る限り、かなり積極的に動いている印象。
 ちょっと私の中でモネへの好感度が下がっちゃったかなー。



■雪女七変化

 ゾロを後回しにして、ナミたちに襲い掛かるモネ。
 ゾロが自分をめがけて襲い掛かってきたと勘違いしたナミが、チョッパーを盾にしたのには噴き出してしまいました。
 普段だと盾にされる役割はウソップの役目ではないですかね(笑)。

 このへんからモネはロギアとしての力をいかんなく発揮。
 床に降り積もった雪の中に溶け込んだり、姿を自在に変形させたりしてなかなか面白い。
 なんというか変幻自在の雪女というロマンがありますねー。
 しかしチョッパーに噛み付こうとした顔はおっかなかった。
 普段の美しい顔とは似ても似つかぬ恐竜のような化物顔。
 こっちのほうがまさにハーピーって感じかもですねー。

 そんな戦いの最中、ゾロにいろいろと文句をつけるモネ。
 ふむ、シーザーに協力するのも、子供達を奪われまいとするのも、あくまで任務というわけですか。
 回想内で積極的に人体実験に関与しているように見えたのも、あくまで任務だからってことなんですかねー。
 そのあたりがまだよくわかりません。

 雪でできた羽を、今度は氷の刃のようにして襲い掛かるモネ。
 なるほど、このハーピーの翼ってのは、まるっと雪の能力でつくっていたものなんですかねー。
 だとすると脚も?
 ロギア系の体の構造って、通常時も意のままなんですかねー。
 わからないことがいっぱいです。

 しかし、そうですか、ゾロにはモネを攻撃する意志はない様子です。
 足止めをするだけと、考えているようですねー。
 女は斬らないとか、そういう武士道精神からなのでしょうか。
 そう言えば、これまでゾロは女性キャラの敵幹部と戦ったことがあったでしょうかねー。
 たしぎのことはえらくニガテにしていたようですが、あれはくいなに似ているからという理由が大きいんじゃないかと思いますし。
 どうなんでしょね。
 グランドラインに入ってすぐ、ウイスキー・ピークでは女性とも盛大にやり合っていたような気もしますが、「斬った」という記憶がハッキリとあるわけではないんですよねー。
 どうなんでしょう、やはり女性は斬れないのでしょうか。



■晴れ舞台

 と、そこにサンジ率いるG-5が突入。
 緊張していた空気が一気に弛緩してギャグ風味に。
 あれま、カワイイと誉められたモネがチョッパーばりにテレテレ状態に(笑)。
 こういうかわいいところもあるんですねーモネは。

 しかし、海兵にガブリと噛みつき、凍らせた肩をゴッソリえぐりとっちゃったのはさすがの恐怖でありました。
 いやー、おっそろしいわー。
 銃弾など効く筈もなく。
 まさに常人にはなすすべない、ロギアの恐怖ですわなー。

 と、ここでなんと、たしぎ来ましたー!
 ロギア対抗策の武装色の覇気がしっかりモネに効いています!

「ここには……

 私が必要かと!」


 ドン!と大見得を切るたしぎ!
 うおー、そうか!
 ここがたしぎの出番かー!
 思えば、これまでまったくと言っていいほど、いいところのなかったたしぎ。
 何度出てきてもカマセのように、屈辱場面の連続だったたしぎ。
 自分の正義とはなんなのか、ずっと悔しく枕を噛み締めてきた事でしょう。

 さぁ、今こそほんとうの晴れ舞台!
 手出しできない様子のゾロに代わり、あるいはその力となって、いっちょド派手に活躍の時でありますよー!
 いやー、思わぬたしぎのターンに、意外なほどに燃えてきましたぞーッ。
 


■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!
posted by BOSS at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしぎVSモネ、こっちの方が「まさか」でした(笑)
モネは確か「シーザーになにかあったら、私がジョーカーに消されちゃう」とか発言してたと思うので、シーザーの大切な実験体に全員逃げられたらマズいと思うんで、ちょっと必死になったりしてもおかしくないと思います。
Posted by 唄種 at 2012年10月31日 16:39
あとドランだけが分からん…
モチャ→餅、ウズ→鶉(うずら)卵、コンブ→そのまま昆布…。
Posted by 某県人 at 2012年11月03日 14:38
>唄種さん

 たぶんそうなんでしょうね。
 シーザーと同じような実験への情熱みたいなものではなくて、ジョーカーへの恐怖みたいなものに突き動かされているんでしょうね〜。


>某県人さん

 食べ物っぽいなーとは思いましたが、ドランってところで私も思考がピタッと止まっちゃいましたわ。
 単行本のSBSで明かされたりするかもですね。
Posted by BOSS at 2012年11月05日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。