2012年10月01日

週刊少年ジャンプ2012年44号 【TVアニメスタート連動出張読切『超速変形ジャイロゼッター』掲載号】 感想<前編>

 アニメ再スタートの銀魂とめだかが表紙というのはいいとして、なぜにそれがチンドン屋なのでしょうか(笑)。
 そもそも最近の子がチンドン屋を知っているのかどうかが微妙なラインだと思うのですけどねー。
 私の世代だって、そもそも漫画やドリフのコントくらいでしか見たことないですし。
 そんなわけで、なんだか不思議な表紙だなーと思ってしまいました。





 前半の感想は、

・トリコ
・ナルト
・暗殺教室
・めだかボックス
・クロス・マネジ

 の5本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 トリコ

 ボロボロになったトリコたちを再度立ち上がらせたもの、それは味への好奇心だった!
 いいですねー。いかにもトリコらしい。
 世界を救うためとか、大切な人を守るためとか、強い奴と戦うためとか、そういうのではなく、あくまで食。
 どこまでも食にこだわりつつ、同時に王道のバトルが成立しているのだからすごいものです。

 そして、ここで来ました。
 トリコたちに最後に残された一手は、なんと四人の合体技!
 四人の協力が活路を開くのではないかということは読めてはいましたが、まさか合体技がこようとは!
 いやー、どんな合体技が拝めるのか、これはメチャクチャ楽しみであります。

 しかし、人間を食べる怪物を痛めつけると最高に旨いご馳走になるかもしれないって、なかなかワイルドな話ではありますなー(笑)。

 

NARUTO-ナルト-

 オビト、融合された身体をなじませるためリハビリの日々。
 順調に体が動かせるようになってきたようですが、そんな中とびこんでくる、カカシとリンが危機にあるという報せ。

 うーん、これは本当にそうなんでしょうかねー。
 いかにもこのゼツたちがいいヤツラで信用できるように描かれていますが、トビ、まんまと乗せられている可能性はないでしょうか。
 マダラが幻術使いだってところもありますし、これからトビが見る光景は、マダラによって見せられている光景っていうことも充分あるのではないかと思います。

 それはそうと、オビトがゼツの一種っぽいヤツを装着した姿が、今のトビになっているってのは、なんだか綺麗でしたねー。
 そしてなんだかカッコイイ。
 つかむしろ、これでオビトが逆に乗っ取られて操られているとかいう可能性も、かすかになくはないのかな?



暗殺教室

 生徒たちのヤル気なさに怒ったのか、殺せんせー荒ぶるの巻き。
 なるほどねー。
 第二第三の刃を周到に用意しているからこそ、第一の刃に自信が持てる。
 第二第三の刃を持たないものは、唯一の刃にすら自信を持てないということですか。

 たしかに、他に刃を持たない者の、全身全霊をかけた捨て身の一本の刃というのもあるかとは思いますが、それができる人間はごくごく限られたタイプの人間でしょう。
 腹にくくった一本の竹槍って話が、たしかワンピでありましたっけね。
 そういうことができるのはルフィのような凄いヤツだけで、普通の人間はやっぱり第二第三の刃を持つべきだと、そういうことなのではないでしょうか。

 殺せんせーの見事なハッパで、さぁ、E組の生徒達は全員50位以内をとれるのかどうか。
 そして、もし取れてしまった場合には、それはイコール理事長への宣戦布告ともなるわけですからねー。
 殺せんせーとしては、むしろそれを目指しての今回の行動なのでしょうね。

 さぁ、これからどんな戦いが繰り広げられる事になるのか。
 これまで見たことのない、教育現場を舞台としたバトル物として期待しております。
 



めだかボックス

 破壊したものは二度と元に戻らないという獅子目言彦の能力。
 これは超絶的な身体能力ともあいまって、理不尽な絶望をもたらしてくれますねー。
 主人公達は勝利のために、どんなダメージからだって立ち上がるという、一種漫画的なセオリーをすべてブチ壊すメタ的な能力とも言えそうです。
 この言彦のダメージをくらって、善吉も、球磨川も立ち上がれず、こうなってくるとあの安心院さんもダメなのでしょうか。
 不知火半袖を家に縛り付けていただけはあって、とんでもない悪魔が存在したものです。

 しかし、そんな悪魔の手を止めさせたのは、なんとここで都城王土!
 これは意外すぎた!
 でも、事ここに及んで都城レベルが太刀打ちできるのか、正直かなり不安なのでありますが、どうなのでしょう。
 都城、相当にレベルアップを遂げてきたんですかねー。

 そして、不可逆のダメージを、どうやって克服するのか。
 そこもまた興味が出てまいりました。

 あとそれから、「新しい」という口癖は、まだ「破壊していない」という意味だったのかなーとふと気付いた今週でしたが、それはちょっと考えすぎですかね?



クロス・マネジ

 策士か!櫻井くん!
 いやーカッコよかった!
 暴言吐かれても、暴力振るわれても、男は黙ってなすことをなす。
 結果を出しても吹聴せず、偉ぶらず、しらばっくれてサラリとしている。
 最高にカッコイイ策士ぶりでありましたよー櫻井くん。

 なるほどねー。
 マネージャーが主役という事でどういうことを見せてくれる漫画なのかと思っておりましたが、こんな感じで策士っぷりを楽しませてくれる方向性なんでしょうかね。



 といったところで後半の感想へ。
 ワンピが休載だとなんか調子が狂う〜。




********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:43| Comment(3) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおう…なんてカッコイイ登場をするんだ王土さん! どこの少年ジャンプだよ! 
きっと王土さんは欧州巡りで異常を超えた超上か頂上になって帰ってきたんだね!来週は王土さん無双が見られるね!だめでも王土下座で許してもらえるよ!
Posted by の at 2012年10月01日 22:28
[NARUTO]
先週のもだったがオビト、
かなり“うちはナルト”
してたな 彼らを分けたのは
運(ツキ)、運命(さだめ)、
どっちの方なのやら…

[クロスマネジ]
さしずめ、あの四人
(1+1+(1×2))の
新入部員の名字は
平野・堀江・水樹の
どれかなのだろうか!?
Posted by 某県人 at 2012年10月05日 00:53
>の さん

 すでに次のジャンプを読んでしまいましたが、実に少年漫画らしい登場でしたねー。


>某県人 さん

 オビトは岸本先生が意図的に「こうなってたかもしれないナルト」として描いているように私も見えます。
 なにが彼らの明暗を分けたのか、私も興味ありますねー。

 なるほど、声優の名前だったのか(笑)。
 男友達が関と若本って!
 すげー友達だなぁ!
Posted by BOSS at 2012年10月08日 14:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週刊少年ジャンプ2012年44号・感想♪
Excerpt: 表紙は「銀魂」&「めだか」。 こんなこと言うとオバチャンくさいけど、 めだかちゃんの胸が色気というよりはしたない・・。 巻頭は「トリコ」。見開きから血まみれ〜〜〜! 痛々しいを通り越しちゃ..
Weblog: あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪
Tracked: 2012-10-02 17:10
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。