2012年09月04日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第679話 “心意気G-5”

 週刊少年ジャンプ2012年40号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■謎めいた女
■ゲートへ
■心意気G-5



■謎めいた女

 ついに島全体を包み込んだ殺人ガス『シノクニ』。
 もしこれが普通に人がたくさん住んでいる街だったり、都市だったりしたらと思うと、ふざけたキャラクターをしたシーザー・クラウンですが、その恐ろしさを改めて思い知らされます。
 兵器は悪くない、悪いのはそれを使う人間なんだという話をよく聞きますが、このシーザー・クラウンについては、兵器を兵器本来の目的として使うことを推奨している雰囲気があって、さらには自分でも宣伝目的として積極的に使ってしまっているわけですからねー。
 ストレートに分かりやすい悪人だと思いますわ。

 政治的な目的とかもとくにあるわけでもないみたいですし。
 このシーザー・クラウン、一体なにが動機になっているんでしょうか。
 おのれの技術を世界中に披露して思い知らせてやりたいとかいうような、いわゆるマッド・サイエンティストのタイプなんですかねー。
 
 そんなシーザーたちのいる部屋から、首尾よく脱出に成功したチョッパー。
 いやいや、危ないところでした。
 しかし、そのチョッパーに気付いている様子に見えるのが、あのハーピー風の女、モネ。
 おー、あの手紙をチョッパーに投げてよこしたのは、このモネだったのでしょうか。

 だとしたら、シーザーの手下であり、実はヴェルゴとも繋がっていたりしたモネが、それでいてチョッパーにも手助けをよこしてくれていたということに?
 うーむ、いったいこの女、ナニモノなんでしょうか。

 実はシーザーやヴェルゴの手下として潜り込んだ、政府の内偵、スパイだったりするのでしょうか。
 いやー、なんだかだんだん混乱してきちゃいましたよー。
 


■ゲートへ

 一方、研究所入り口では、こんな差し迫った状況の中、まだゾロたちとG-5が戦っていました。
 ゾロの刀に、錦えもんの炎に、ブルックさんの氷と、三者三様のダメージというのが面白いです。
 ウソップの口から「三銃士」と呼び名がつけられましたが、錦えもんが仲間に入ってくれたらこれからもこの三銃士が楽しめそうですねー。
 でも、息子を取り戻したらさすがに錦えもんは故郷に帰っちゃうかな。

 と、ここでゾロの前に割って入ってくるたしぎ。
 おおー、ゾロの刀を受け止めるとは大したものだ。
 ひさびさの再会にどんな会話が出るのかと思ったら、

「大佐になったのかパクリ女」

 って(笑)。
 ゾロめ、まだ名前で呼んでくれないのか。
 ムカッと来ているたしぎが可愛いですねー。
 しかしたしぎも大人になりました。

「ええ…どうぞお先にっ!!」

 と。
 あのアラバスタ王国で苦汁をなめるような思いでルフィたちに道をあけたときとは大違い。
 今は何をすべき時なのか、スモーカーに説教をしただけのことはあります。
 この2年で、たしぎも大きく成長しているんですねー。
 
 と、そんなシーンの合間にちょっと気になる会話が。
 いつの間にかいなくなっていて、いつの間にか現れたロビン。
 「うお!!ロビンいつの間に」と驚くウソップに、

「ウフフ ちょっとルフィに頼まれ事を」

 とにこやかに答えるロビン。
 ほっほーう、いったいルフィが何を頼んだんでしょうか。
 ルフィの頼むことですから、たぶんシーザー・クラウンとの再戦にむけての準備ではないかと思うのですが。
 うーん、なんなんでしょうねー。
 
 そしてもう一つ、シーンは前後しますが、ゾロたちが捕まえたちっちゃなドラゴンについて。
 今は鎮静剤を打ってあるから飛べないが、そのドラゴンを研究所内に入れたのはちょっとまずかったかもという茶ヒゲの言葉。
 これはどういうことなんでしょう。
 暴れだして研究所の壁とかをブチ抜いてしまうとか、そういうことを危惧しているんでしょうかね?
 あらためてここで触れていることが気になりました。



■心意気G-5

 悪辣なシーザーの作戦によって、A棟の外壁に向かって打ち込まれたカノン砲。
 ついに研究所内にまで殺人ガスが。
 麦わら一味と海兵たちが駆け込むゲートの隙間が本当に狭くて、こういうのってスリルありますよねー。
 映画とかでもよくあるシーンですが、こういうの見るたび、私なんかは挟まれてペシャンコになることを恐れて飛び込めないタイプだよなーと思っちゃいます。
 いやもう、チキンですから〜。

 そしてここで、見せてくれましたG-5!
 みんなのアイドルたしぎ大佐を、なんと扉の隙間に投げ込んでくれました!
 間に合わないところだったんですね!
 自分達は間に合わなくてもいい。
 せめてたしぎ大佐だけでもと。
 白い彫像となりながらも、そのグッと上げた親指があまりにも雄弁。
 男前すぎます。
 たしぎも、みんなを先に行かせるため、誰一人遅れさせまいとか考えたりして、最後尾のほうにいたんでしょうね。
 そんなたしぎもカッコイイじゃないですか。
 死を覚悟しつつ、おのれのできる最善を尽くしてゆく。
 こういうのって本当にカッコイイ。
 正直言うと、これまで、ただのにぎやかしのザコ集団だとばかり思っててごめんなさい!
 犠牲になったこの海兵たちのためにも、たしぎ大佐、頑張らないとですな!



 あれ? ところで、ふと気付いたのですが、雪男兄弟たちってどうなったんでしょう……?
 まさか、あのままシノクニに……?



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!


posted by BOSS at 22:07| Comment(3) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにあの雪男達、どうなったんでしょうか。
すっかり忘れておりました。

シノクニは人を白い人形のような感じにしてしまいますが、あれって死んだって事になるのでしょうか、やはり。
Posted by 唄種 at 2012年09月04日 23:06
「そうか・・おれは剣士じゃなかった」
伝わりづらい天然キャラということでしょうか(笑)。

それにしてもパンクハザード編もクライマックスに近いのに雪男たちはどうなったのか全く書かれませんね。
表紙連載に出すにはキャラが立ちきれてないですし、どうなるんでしょうか。

もうひとつ、「桃の助」は一体どこに?
そもそもパンクハザードに絶対いるとは一度も言っていないし、錦えもんさんは「いつから」探しているとも言っていないような・・

まさかこのままついてくるとか・・・?
Posted by クジラウオ at 2012年09月04日 23:26
>唄種さん

 チョッパーが解毒方法を編み出してくれて全員生還!ってなってくれるんじゃないかな?と思っているのですが……どうかなぁ。


>クジラウオさん

 ヴェルゴのボケはときどきちょっと分かり難いですね(笑)。
 どこまでがボケでどこから確信のひとなんでしょう。

 おお、桃の助がここにいない可能性と言うのは考えていなかったなぁ。
 なるほど、その線ならビビみたいに一時的に仲間入りするってことができそうですね〜。
Posted by BOSS at 2012年09月08日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週刊少年ジャンプ 2012年 40号 感想
Excerpt:  週刊少年ジャンプ 2012年 40号 感想  次のページへ
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2012-09-05 18:44
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。