2012年08月27日

週刊少年ジャンプ2012年39号 【金未来杯『放課後アイドル』掲載号】 感想<前編>

 周囲で夏風邪が流行っているみたいです。
 電車に乗ってても時おりゲホゲホやってる人、見かけますし。
 意外とこの時期って風邪、多いんですよねー。
 気をつけないと。





 前半の感想は、

・ワンピ
・暗殺教室
・ニセコイ
・ナルト
・斉木楠雄のΨ難
・スケダン
・ブリーチ

 の7本でお送りいたします。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



暗殺教室

 お色気攻撃なんて殺せんせーに効くのか?と思いきや、効果てきめんすぎて笑いました。
 いや、でもこれが本当に殺せんせーのデレデレ顔とは限らないのかな〜?
 こう見えて鋭い殺せんせーのこと、既にイリーナの秘密を知っていて知らないフリをしているのかもしれませんね。

 しかし、このパターンですと、来週にはイリーナ先生が本当に殺せんせーに惚れこんで仲間になっちゃってたりするんじゃないでしょうかね。
 そんなこんなで、どんどん登場人物が増えてゆく漫画なのかなーと、ちょっと思いました。



ニセコイ

 いやー、なんともういういしい二人で非常に面白かった!
 楽と小野寺さんはやっぱりこうでなくっちゃですよ。
 インパクトの強いヒロインたちにまぎれてなかなか小野寺さんが目立てなかったりもするのですが、そういうインパクトの強い面々の中で、この普通っぽさは逆に引き立っていると思うんですよねー。
 また、おとなしいだけじゃなくって、楽の見てないところではちょくちょくおっちょこちょいというか、挙動不審な面があらわれてしまうのも魅力的。
 今週のファブリーズを構えた変身ポーズみたいになってるコマとか、妙にハートにくるものがありました(笑)。
 可愛いだけじゃない、こういうちょっと面白い人間味が小野寺さんのひとつの大きな魅力ですわー。

 しかし、るりちゃん誉めてくれるかなー。
 あのるりちゃんのことだから、どうだろなー(笑)。



NARUTO-ナルト-

 打ち合わせもなしに飛び出していったナルトは、まんまと罠にはめられたんじゃないかと心配していたのですが、見事に暗黙のチームプレイを完成させてくれました。
 螺旋丸を持った影分身ナルトを神威で時空間に飛ばし、続けざまに尾獣玉で範囲攻撃。
 尾獣玉を回避するため時空間へ逃げた仮面の男を、螺旋丸を持った影分身ナルトが襲う。
 いやー、綺麗な連携でしたー。

 そしてついに、お前は誰だー!と仮面に叩き付けられた螺旋丸。
 いつもながらの岸本流三方向カメラアングルでの見せ場でしたが、いつにもまして痛快でありました。
 でも、ちょっと仮面の中身が心配かも?
 原型を留めていればいいのですが(笑)。



トリコ

 ついに人間界の中心に出現した四獣の本体。
 地中のはずなのにどうして地下鉄から見えたのかは謎ですが、なんとも恐怖感を覚える衝撃の図でありました。
 あれですかね、四獣の強烈な生命エネルギーによってこのようなイメージとして感じ取れたってことなんでしょうかね。
 
 四獣を人間界の四方からけしかけ、人間達が中央に集まったところを本体でたいらげる。
 追い込み漁のたとえはすごくわかりやすく、この四獣の奇妙な行動が腑に落ちました。
 これもまた、生きるために食う、その工夫にほかならないわけですね。
 どんなに怪物じみていても、やっぱり生き物は生き物なんですわ。
 人間を食っちゃうのは迷惑この上ない話ですが、トリコの言うとおり、四獣もまた自分が生きるためにやっていること。
 そこには良いも悪いもないわけで。
 スケールはあまりにもでかいのですが、今回の話は人類にとっての害獣駆除なのでしょうね。
 害獣なんてレッテルは、人間が勝手につけたものなのですが、でもそうしなければ人間だってやってられないのよと。

 さて、今度はマンサム署長たちの出番になりますか?
 しかし、その背後にも怪しげな影が……。
 今回のバトルはスケールも極大ですが、いろんな人の活躍が楽しめそうですねー。



斉木楠雄のΨ難

 先週は手品師の蝶野に騙されて(不可抗力ですが)かわいそうなめにあった斉木楠雄ですが、今週は弱点のゴキブリに翻弄されるお話。
 最近、斉木楠雄のまさにΨ難が続きますね。

 基本的にパーフェクト超人なキャラってのは、読み手のひがみを誘発してしまったりして、ちょっとどうしても憎たらしいと思われてしまいがちだと思うんですよ。
 しかし、そういう憎まれがちなパーフェクト超人でも、実はこんな弱点があったりするんですよってなると、とたんに親近感が湧いてきたりするもの。
 斉木楠雄にはもともとそういう憎らしさはどうしてだか感じなかったのですが、こうやって弱点が明らかになってきて、めちゃくちゃ焦っている斉木楠雄を見せられたりすると、やっぱり面白いなーと思います。
 まぁ、小市民根性といわれたら否定できないのですが(笑)。
 
 ところで『ごきチャ』って漫画ご存知ですか?
 今度アニメになるらしいんですが、Gを萌え少女化したという奇特な四コマでして、意外とこれが哀愁ただよいまくりで面白いのでオススメなのです。
 斉木楠雄くんには決してオススメできませんが、一人暮らしでGと絶賛同棲中の方々には、すばらしいロマンを提供してくれるやもしれません。





SKET DANCE

 うわぎゃーー!!
 そう来たか!
 そう来ちゃったのかー!
 ここでまさかのスイッチ真犯人!
 レクターにご捜査協力をお願いしてたら、レクター自身が犯人だった!
 いやー、サスペンスの構図としても実に衝撃の展開でしたし、また、ハートにズーンと来る重さでも極めて強烈でした。
 そうかー、スイッチがかー。
 ボッスンたち、はたしてこのスイッチを本当に救い出すことができるんでありましょうか。
 これは、予想していた以上にすごい展開が来ました。



BLEACH

 山本元柳斎、怒る!
 長次郎の卍解を奪われ、その卍解の力を浴びせかけられてどうなるのかと思いきや、

「お主の磨き上げた卍解は…

 この程度では断じて無い!!!!」


 と吠え、一挙に反撃。
 必殺の一撃で敵を屠る!
 いやー、さすが総隊長、見せてくれました。

 しかしうまいところに落としどころを持って来ましたねー。
 単に「効かない」って言っちゃうと長次郎の立つ瀬がありませんしね。
 長次郎さんの格も落さず、同時に山本元柳斎の破格の強さも演出してくれました。

 ところで敵さん、一撃で骨になっちゃってるように見えますけど、これ本当に死んだんでしょうかね?



 といったところで前半戦はここまで。
 続きは後半で〜。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 23:15| Comment(4) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
[スケダン]
「裏サイト… 削除して
くれるな?」(今週号の
話より抜粋)

まず 何週か前の俺の
発想を消してくれ…(泣)


[斎木のΨ難]
Gもだが今週の燃堂
つーか燃堂のような
思考の人物がよっぽど
人類の敵だな
Posted by 某県人 at 2012年08月29日 19:57
>某県人さん

 黒幕は片桐では?って話でしたっけ。
 私も感想でいろいろと先の展開を予想したり、謎の解明にトライしてみたりしますが、でもそういう予想を上回られたり裏切られたりするからこそ面白いっていつも思うんですよ。
 だからドンマイです。
Posted by BOSS at 2012年09月01日 15:05
く〜ちゃんの災難ちょ〜おもろいです!!
超能力者にも苦労があるんですねー(>_<)
ちなみに私はく〜ちゃんって呼んでるのでく〜ちゃんの災難って呼んでますw
Posted by 紫野 蝶 at 2012年09月16日 08:35
 く〜ちゃん、可愛い呼び方ですね!
 わたしは斉木って呼ぶのも楠雄って呼ぶのもなんとなくしっくりこなくって、なぜかいつも斉木楠雄ってフルネームで呼んじゃってますねー。
Posted by BOSS at 2012年09月18日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週刊少年ジャンプ2012年39号・感想♪
Excerpt: 表紙・巻頭は「黒子」。 明かされる赤司の本領!「頭が高いぞ」って殿様かッΣ 火神があっさり座らされちゃうって、 すごい!とか強い!とかいうより赤司クン不気味です(^^; 「ワンピ」:全員集..
Weblog: あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪
Tracked: 2012-08-28 17:00
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。