2012年08月20日

週刊少年ジャンプ2012年38号 【映画公開直前読切『るろうに剣心 第零幕』掲載号】 感想<前編>

 まだ8月とはいえ、お盆のピークも過ぎてちょっとだけ過ごしやすくなってきましたかね?
 朝晩ちょっとだけ気温が落ちついてきたような気がします。
 しかし、クーラーのありがたみが身に染みついてしまうと、なかなかやめられるものではないですねー。
 あー、クーラー涼し〜〜〜〜〜。
 そんなわけで、お盆休みあけのだらけきった脳ですが、そろそろジャンプ感想いきま〜〜〜す。





 前半の感想は、

・ナルト
・ワンピ
・暗殺教室
・ニセコイ
・斉木楠雄のΨ難
・ハイキュー
・トリコ

 の7本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 NARUTO-ナルト-

 ほっほーう、なるほど、そういうことでしたかー。
 すり抜ける術の招待は、時空間(この場合、平行宇宙とか、異次元空間くらいの意味でしょうか)に自分の肉体を部分的に転送していたというのは、まぁ大方のところの予想するとおりだったと思うのですが、その行き着く先がカカシ先生と偶然一致していたというのは意外でした。
 このへんが仮面の男の正体のヒントになってそうですね。

 しかし、こうやって術の正体がわかってくると、一挙に攻略法も見えてくるというもの。
 たとえば、時空間のほうにドデカい岩を置いておくとか、有毒ガスでも発生させておくとか、仮面の男が簡単に時空間転移を行えない手立てを講じておけば、けっこうたやすく破れれるんじゃないかという気がしてきます。
 まぁでも、こうやってバレてしまうことも仮面の男としては織り込み済みだったりするかもしれませんし、そうしたら次の策があったりするのかもですねー。

 それはそうと、相手の術のタネがわかったこのタイミングで、何の作戦会議もなしにナルト飛び出しちゃいましたねー。
 一体、どうするつもりなんでしょう。
 何か閃くことでもあったのでしょうか。
 私には、術がバレて勝負を急ぎたくなった仮面の男の挑発に、まんまと乗せられてしまったように見えてしまったのですが……。
 ナルト、大丈夫でしょうか。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



暗殺教室

 化学の成績が良いのだから国語はやらなくってもいい。
 日本語は話せれば充分だし漢字は辞書調べればいいし、だいたい今時変換キー押せば一発だしと。
 今回の話は、そう言って国語の勉強をないがしろにしてしまう子供への、ひとつの教育漫画となっているのではないかという見方をしてしまいます(笑)。
 暗殺とか毒殺とか、なんともまがまがしい内容なはずなんですけど、いたって健全で前向きな空気が感じられるんですよねー殺せんせーは。

 しかし、頭部変形とか、あげくのはてに「はぐれ先生」とか。
 毎度ながらやりたい放題ですね(笑)。



ニセコイ

 NEXT!に続いて、来ました来ました小野寺さんメイン回!
 ようやっと風向きがよくなってきましたよーぅ?
 と思ったら、風向きが良過ぎて嵐到来!
 二人きりで一つ屋根の下イベント!
 来ました、黄金イベント!
 数々のラブコメがこなしてきた黄金イベントなだけに、ニセコイではいったいどんな料理をしてくれるのか。
 期待と妄想がぐんぐん膨らんでしまいますねー。

 しかし、小野寺さんはほんと普通にかわいいなぁ〜。



斉木楠雄のΨ難

 こんなヤツいたいたーな手品師、蝶野雨緑が登場。
 斉木楠雄の心配がまったく的外れで、まんまと蝶野に騙される形になったのが意外でしたが、こう見ると斉木楠雄も可愛いヤツですねー。
 なんだかんだ理由をつけて人助けに動いちゃうわけですもんね。

 さらに、超能力を駆使しまくってピンチを脱した挙句、結局ドラマのオチを知ってしまうという踏んだり蹴ったり(笑)。
 なんだかどんどん斉木楠雄があわれな可愛いヤツに見えてきました。

 しかし、エレベーターが落下した時にジャンプすればいいじゃんって、たぶん誰もが考えるちょっと阿呆な妄想のひとつだと思うんですけど、まさかそれを本当に実行に移せるやつがいようとは。



ハイキュー!!

 さすが前作が四ッ谷先輩なだけあって、怪談モードはちょっとドキリとするいい雰囲気が出てましたねー。
 本当に怪談エピソードが始まったのかと思っちゃいましたわ(笑)。

 しかし、いいなー、楽しそうだなぁー合宿。
 この漫画はキャラがみんな生き生きしてて、生活臭もけっこういい感じで出てきてますねー。
 学生時代の無駄にエネルギッシュなウキウキ気分が思い出されてしまいましたわ。



トリコ

 四獣の後ろにはさらなる黒幕がいて、そっちが本命らしいぞとわかった矢先、まさか四獣が一週で倒されるとは!
 これは衝撃的でしたが、たしかにすごい爽快でした。
 そして四天王の強さがいかんなく表現されたと思います。

 トリコのキャノンフォークに、レッグブーメラン。
 ココのポイズンウイルスに、モウルドスピア。
 サニーのヘアマリオネットに、スーパーヘアショット。
 それぞれ二つずつ新技を披露しているところで、ひとりだけビートパンチひとつだけというシンプルな強さを見せてくれたゼブラもかっこよかった。
 3人が遠隔攻撃なのに対して、ゼブラだけ肉弾攻撃ってのも異彩を放ってましたしねー。

 さぁ、物凄いリズムよく四獣が倒されましたが、こう来ると次の黒幕こそがとんでもない化物ってことになりそうですねー。
 かなりの苦戦を強いられる予感ヒシヒシです。



 と、こんなところで前半はここまで。
 続きは後半で〜。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************


posted by BOSS at 22:30| Comment(2) | TrackBack(3) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
殺せんせーの
真顔で時事ボケに吹いた
のが不覚だった泣き笑い
Posted by 某県人 at 2012年08月24日 18:46
 芸能には詳しくないのでわからなかったのですが、どうもそういうネタがあったみたいですね〜。
 ネウロの時もそうでしたが、松井先生は細かくネタを仕込むのが好きなので気が抜けませんねー。
Posted by BOSS at 2012年08月25日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

るろうに剣心・第零幕感想
Excerpt: 意外だったジャンプでのるろうに剣心読み切り版。 横浜の外国人居留地で、剣心が悪を退治して女医を助け出すという話。 狂言回しの車屋弾吉がおもしろかったり。 無線で乗ろうとする剣心に『ポリ直行』..
Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
Tracked: 2012-08-21 21:20

反撃のカギ 〜SKET DANCE・スイッチ・オン5感想〜
Excerpt: 今回のSKET DANCEは、いよいよ反撃開始といったかんじ。 その前にチュウさんから笛吹の身の上話。 弟が自分の付いた嘘のせいで死に、自責感から不登校に・・・。 でも藤崎が意気投合していたのは..
Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
Tracked: 2012-08-24 11:16

週刊少年ジャンプ2012年38号・感想♪
Excerpt: 先週はお盆休みでジャンプもなかったので、 久し振りな感じのする感想です。 今日は午前中、私の胃痛の続きと娘の予防接種で 通院してたりして時間が無いので、 簡単に・・・なるといいなぁ(^_^; ..
Weblog: あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪
Tracked: 2012-08-24 16:35
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。