2012年06月20日

週刊少年ジャンプ2012年29号 感想<後編>

 台風一過、すっきりとした天気になるかと思いきや、一気にムシムシジメジメした梅雨らしい一日になっちゃいましたねー。
 あー、いやだいやだ。
 節電とか気にせずガッンガンにクーラーかけたーーい(笑)。
 そんな感じでしっとりしたBOSSがお送りいたします、ジャンプ感想後編です。
 ……これ終わったらシャワー浴びようっと。

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・銀魂
・スケダン
・こち亀
・めだかボックス
・リボーン
・ブリーチ
・ぬら孫
・magico

 の8本でお送りいたします。



銀魂

 作者も読者もすっかり忘れていたんじゃないかっていう、お妙さんの道場復興の夢にようやっとスポットが当たりましたー。
 いやもう、少なくとも私はすっかり忘れておりましたよ(笑)。

 しかし、いざ再興エピソードが開幕してみると、開けてびっくりビームサーベル(笑)。
 なんでそーなるんじゃいと、あいかわらず奔放すぎる空知節に笑ってしまいます。

 でもそうですよねー、ビームサーベルにだって剣術があってもいいですよねー。
 ガンダムとか、サーベル使ってるけど特に剣術とかはないですものね?
 ああ、Gガンダムがかろうじて「面・面・メーン!」とかやってたくらいかな?
 それこそ、スターウォーズのライトセーバーくらいかもしれませんね。メジャーどころで光線剣で剣術っぽいのを使うのって。

 ビームサーベルって、実体剣とは違って、出し入れや伸び縮みが自由だったり、普通の剣術とはまったく違った、独特の見せ方があるんじゃないかと思うんですよ。
 そういうところを架空剣術として系統立てて掘り下げる作品がひとつくらいあってもいいかなーと、ちょっと思いました。
 それとも、私が知らないだけでなんかあるかな?

 それはそうと、このオビワンこと尾美一。
 半分サイボーグ化しているようですが、何か裏があるんじゃないですかねー?
 シリアス展開がまたまた始まりそうなニオイがいたします。
 少なくとも、見た目どおりの豪放磊落なだけのヤツじゃないんじゃないかなー。



SKET DANCE

 この学校レベルの高いのがゴロゴロいるよな、のコマ。
 さりげにロマンちゃんが見切れていて嬉しくなりました(笑)。
 そうか、ロマンちゃんもちゃんと美人さんのラインナップに入れてもらえているんですねー。
 まぁ、あの子はしゃべりさえしなければ普通に美人さんですものな。
 それとも、あの中身込みでGOODと思っているシンパがいるということなのかな?(笑)

 さて今週はサーヤ親衛隊に追い詰められるボッスンですが、なんだかんだでボッスンとサーヤの関係、ほとんどバレてたんじゃないですか。
 噂話のモンタージュ、完全にボッスンですもんね(笑)。
 これ、親衛隊がからかわれてたんじゃなかろうか。

 まぁしかし、サーヤはみんなに愛されてるなぁ。
 そろそろサーヤに真面目にアタックをかける男子が出てくる頃合ですかね?



こちら葛飾区亀有公園前派出所

 これだけ大原部長に落ち度があって、そのせいで両さんが損をしまくる話と言うのもちょっと珍しいパターンじゃないでしょうか。
 最後にその大原部長にバチが当たって、妙に胸がスッとしてしまいました(笑)。

 普段、大原部長ってちょっと自分が悪くても、それ以上に両さんが欲をかいたりなんかして、結局オチ担当が両さんだけだったりすることが多いですものねー。
 信賞必罰。
 悪いことをしたらバチが当たる。
 うんうん、こうでなくっちゃ(笑)。



めだかボックス

 うぎゃーーー!
 球磨川禊、カッコヨスギーーーッ!!
 ここでまさかの球磨川登場!
 まさかまさか、江迎さんのピンチを救いに登場とは。
 なるほど、江迎さんが善吉への思いを振り切った瞬間に登場ってことは、球磨川江迎ラインが再度編成されたってことだったりするんでしょうか?

 まぁそれはさておきしかしですよ。
 敵さんの持ってるのが“マイナス”ドライバーってところで、今週の球磨川登場は当然の結果であると予想していてしかるべきだったんですねー。
 マイナスのドライバーに、マイナスのネジ。
 いかにも好敵手って感じじゃないですかー。
 いやー、先週はまったくもって見落としておりました。
 飛行機分解というアクロバットを見せ付けて、マイナスドライバーの印象をそれどころじゃなくしていたということでしょうか。
 あいかわらず細かいところまでよく出来ています。

 さぁ、ここで最高にかっこよく登場した球磨川ですが、しかしそもそもお前さんたちが失踪したからこそ善吉たちは助けに来たんですよね?
 お前さんたち、いったい今まで何をしていたのよと。
 そのへんが来週明かされるのでしょうねー。
 それと、はたして球磨川はこの敵さんに勝つことが出来るのかと。

 しかし、このタイミングでキャラ人気投票やるんだー。
 またもや球磨川が一位って、そんなことになりかねませんね(笑)。
 
 ああ、あとひとつ。  
 大事な事を忘れるところだった。

「で…では善吉!

 わっ…私と

 私と□□□□□□!!」


 伏字にされると不道徳的なことしか頭に浮かばない変態ちゃん、この指とーまれっ!

  

家庭教師ヒットマン REBORN!

 おー、いい感じにクライマックスな選択肢を突きつけられましたねー。
 誰もが救われる都合のよい答えは、誰も知らない。
 頼みのリボーンも、ツナとは距離を置き、自分が死ぬ覚悟を決めてしまっている。

 ツナとしては、いつでもリボーンが最高の答えに導いてくれていた分、これはなかなか辛い状況でしょう。
 いったいどうしたらよいのか。

 静かな展開ながら、アルコバレーノ全員の命と、さらにはこのバトル出場者のなかから新しいアルコバレーノが選ばれたりしたら、そいつらの命もかかっているわけで、これはいい感じで盛り上がります。
 キャラクター総出演のお祭さわぎ的総当たり戦として始まった、今回の物語ですが、なかなか意外なシリアス展開をしてくれました。

 そして、もしかするとツナが自分の発想で難題を解決してくれそうっていう意外な流れ。
 各ボスに協力を仰ぐだなんて、ツナもすっかり成長したじゃないですか。
 いいですねー、いかにも主人公という風格を感じます。
 これまで、なんだかんだでリボーンに頼りきりだったツナが、もしかしたら独り立ちし、リボーンを越える瞬間がやってくるのか。
 その時こそ、リボーンは家庭教師という役割を終え、ツナが本当の意味でボスになる瞬間なのかもしれませんねー。



BLEACH

 うわー、盛大に取られた!
 キメまくって卍解を出した隊長達でしたが、ものすっごい盛大に卍解を奪われてしまいました。
 こりゃーやっかいなことになりましたねー。
 卍解がなければ戦えない相手なのに、卍解をごっそり奪われちゃうって。
 どうやって戦えばいいのよと。

 たとえば吸い取る量に限界があるなら、ドラゴンボールで悟空がやったみたいにさらに吸い込ませてパンクさせちゃえばいいのかもですが、相手もけっこう人数いますしねー。
 困ったもんです。

 うーん、ここはもしかして、卍解のない剣八ちゃんの出番かな?



ぬらりひょんの孫

 騙しあい、化かしあいを得意とする竜二と天海の再戦だけに、今度はどんな頭脳戦となるのかと思いきや、まさかの竜二、覚醒!
 同じパターンは続けなかったか!
 しかも、ゆらさんの危機で覚醒って、どんだけ妹大好きお兄ちゃんですかね!

 しかし、同じ凡人でも、死ぬ気で頑張って覚醒したら醜い老人姿になっちゃった天海に対して、髪が脱色されてさらにイケメン化しちゃう竜二って(笑)。
 凡人の中にも残酷な格差ってあるんですねー。
 ま、一番の差は、身を捨ててまで守ってくれる一族と、大事な妹がいるかいないかっていうところじゃないですかね!
 天海側の護衛って、案外天海を自由に攻撃させてくれてましたもんね。
 あんまりつながりが強固ではないんでしょうなー。

 さぁ、とんとん拍子で話は進み、いよいよ葵・螺旋城へと突入開始!
 テンポよく盛り上がっていい感じです。



magico(マジコ)

「…困るんだよ お前がいねーと

 帰ってこい」


 うわー、ちくしょう、いい話だーー。
 magicoはやっぱりこういうハートフルなド直球がいいですなー。
 不器用なシオンだからこそ、こういう言葉が光ります。
 くそう、ちょいとグッと来てしまったぜー。

 そしていよいよ始まる、エキドナをかけた最終戦争。
 最強の魔法使い相手に、けっしてひけをとらないシオン。
 いやー、シオンは最初からめちゃくちゃ強かったわけですけれども、こんなにも強かったんですねー。
 もしくは、ここまで成長していたとは。
 これも、愛の力ですなっ。

 しかし、どうやら敵・オズとエキドナにも、しっかりとした動機がある様子。
 もしかしたらこのオズとエキドナは、道をはずしてしまったシオンとエマのようなものなのかもしれませんねー。
 最初はシオンとエマのように健やかだったオズとエキドナが、どこかで間違ってこうなってしまったとか。
 そういう、シオンとエマに対するアンチテーゼなのかもなーと。

 さぁ、そういう敵であるならば、シオンとエマの愛も再確認、最終確認しつつ、綺麗にグランドフィナーレを迎えられそうです。
 どうやらmagico終了は避けられないような流れですが、美しく盛り上がって終わって欲しいものですねー。



感想後記

 といったところで今週の感想はここまでー。
 期待大で迎えた横田卓馬先生の3週連続集中連載も、気持ちのよいフィナーレを迎え、次号はアニメ開始直前の『貧乏神が!』が読切登場。
 しばらくはこんな感じでイレギュラーな企画ものが続くんですかね?
 以前やったみたいな漫画家さんふたりによる合作漫画とかやってくれないかなー。
 ああいうの結構好きなんですよー。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>ビームサーベルの剣術系統

っスターウォーズの設定集(期待されている長さ調節技は無いですが)


今週はリボーンが良かったですね。ツナがようやく一人立ちできて
Posted by 孤高のレミング at 2012年06月21日 01:18
 スターウォーズは、元が七人の侍を叩き台にしていたり、ダース・ベイダーのデザイン元が日本の鎧だったりするらしいですね。
 なるほど、剣術っぽい動きを取り入れているのはそういうことなのかなーと改めて。

 リボーンはいよいよツナがカッコよくなってきて、しかしそうすると終わりが見えてきたのかな〜と思っちゃいますねー。
 話の展開的にもいかにもそんな感じですし。
 滅びの美学も捨てがたいですが、誰も死なないラストだといいんですけどね。
Posted by BOSS at 2012年06月22日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。