2012年04月16日

週刊少年ジャンプ2012年20号 【女の子がやたらと拉致られる<ST&RS最終回>読切『無刀ブラック』掲載号】 感想<前編>

 なんでこう女の子がやたらと拉致られているんだろう!っていう疑問が思わず飛び出る20号。
 さ、さっそく感想いきましょう。





 前半の感想は、

・こち亀
・ワンピ
・ナルト
・べるぜバブ
・スケダン
・ハイキュー
・トリコ
・銀魂

 の8本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 こちら葛飾区亀有公園前派出所

 レモンは子供の外見と大人顔負けの有能さという、ギャップが面白いキャラというのは分かってるんですが、どうもその有能さが、なんと言いますか、どちらかと言うと高尚なほうに偏ってて若干好きじゃないんですよ。
 まぁ、言うなれば庶民のやっかみって奴ですかね(笑)。
 しかし、その一面としてこういう犬とか出てくると、とたんに子供らしい面が出てきたりしてね。
 こういうところを見ると、ああやっぱ子供なんだなぁと思いますねぇ。
 なかなか、可愛げげがあるじゃないかと。

 残念ながら私の家は、こういう犬とか猫とか飼うことがない家だったんで、いまだに私は哺乳類を飼った事がないんですが、やっぱりこうやって子犬の頃から飼ったりすると、すっごい可愛いもんなんでしょうね。
 いいなぁー。
 私はだんぜん猫派なんですが、いつか猫飼いたいなぁー。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



NARUTO-ナルト-

 ちょっと意外なカブト回想編。
 最初から何もなかったとか言いつつ、拾ってくれた人たちのいい人っぷりったらないじゃないですか。
 たくさんの愛情に囲まれて育ったってことが伺われて、おいおい、カブトさん、思い違いも甚だしいんじゃありませんかと。

 まぁ展開上、この直後に悲劇が待っているんじゃないかと予想されるわけですが、それにしたって何もなかったは言いすぎじゃんねって思いますわなー。
 カブト、なんというか“マンモーニ(ママッ子)”だなって思いますわ。

「いいかカブト、忍はな!そこら辺のナンパ・ストリートや仲良しクラブで“ブッ殺す”“ブッ殺す”って大口叩いて仲間と心を慰めあってる様な負け犬どもとは訳が違うんだからな。“ブッ殺す”と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!」



べるぜバブ

 拉致られ少女その1、パー子&二葉。
 男鹿とデート気分でウキウキドキドキしている葵さんも可愛かったけど、パー子も最近ではすっかり普通にいい子で可愛いですなー。
 しかし、あんだけ名コンビでありながら、神崎のケータイまだ知らなかったんだ(笑)。
 もう付き合ってんのかとかすら思ってましたわ。



SKET DANCE

 拉致られ少女その2、ヒメコ。
 幼馴染の女の子の話になるのかと思いきや、ヒメコがヤクザ連中に連れ去られて売り飛ばされかねないデンジャラス展開。
 しかし、見事なクズっぷりの敵とはいえ、友達の友達がこうってのはモヤモヤ感が否めませんなー。
 次回、どんな解決を見せてくれるのか。
 できたらスカッと後味の悪くない感じでお願いしたいものですねー。

 あとヒメコ、そろそろスティックを背中の中に隠す技を会得しましょう(笑)。



【センターカラー】 ハイキュー!!

 日向影山コンビ覚醒で、一年生対決ついに勝利。
 これで気持ちよく、晴れて日向と影山が入部できたわけですが、終わってみれば試合形式の勝負のなかで、一年生3人と三年生3人のキャラがしっかり確立されているんですよねー。
 いやーこれはかなり上手い構成だと思いますよ。
 コミックスほぼ一冊を使ってキャラ紹介をしつつ、チームが結成される過程を描く、まぁスポーツものとしては常套のプロセスではあるわけですが、それを試合形式でやってのけたのが非常にうまいなと。
 多くのスポーツ漫画がここでモタモタして読者の興味を手放してしまうわけで、連載の明暗がおおきく分かれる瞬間でもあったと思うのです。

 さぁ、私的にはかなりここをうまく乗り切ったように見えるハイキュー。
 次は練習試合ですか。
 この魅力的なメンバー達が一丸となったとき、どんな試合が展開されるのか。
 早くも興味が湧いてきました。
 


トリコ

 なるほどー。
 食義がいったいトリコのどんな面に役に立つのかと思っていたら、フォーム改善と燃費向上に繋がるわけですかー。
 食義はメンタルの問題だけど、メンタルはテクニカルに生きるもので、食義を極めればフォームも良くなると。
 相変わらず食とバトルを繋げる、非常に面白い切り口を持ってきますよ、この漫画は。

 そしてたしかに、トリコのワザはひっじょーに燃費が悪いですからね。
 あの地底ピラミッド編でカロリー計算がされましたが、あっという間にカロリーを使い果たしてしまうコスト計算はかなりドキドキモノでした。
 ここでトリコが食義を極めて、燃費を何倍にも改善し、技の威力やスピード、正確さまで向上させたら、たしかにどれだけ強くなるんだろうと、ちょっとワクワクしてしまいますねー。

 しかし、考えてみれば今トリコって、修行編がえんえん続いているようなものなハズなんですが、修行編がこれだけ面白いという、ちょっと珍しい漫画でもあるんですねー。



銀魂

 おおっとー、ここへきてなんと天導衆の大艦隊が襲来!
 さらにスケールが拡大して、とんでもない事になってきたという緊迫感満点です。
 いったいどういう事になっちゃうんでしょう。

 その大変な事態の中、銀さんは朧と最終決戦。
 両者一歩も引かない、まさに激闘です。
 朧の掌底を、銀さんが足で受けるとその衝撃が貫通して腿が裂け、血を噴くとか、こういうのたまらんなー。

 回想の力も得て、銀さん、最後の反撃となるか。
 すっかりバトルもののヒーローモードの銀さん。
 熱いです。



 といったところで前半戦はここまでー。
 続きは後編にて。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週刊少年ジャンプ2012年20号・感想♪
Excerpt: 表紙・巻頭は「こち亀」。 檸檬&小犬のお話その後。 生き物飼うからには責任が伴う。 お母さんがきちんとそういう話を子供にするのって、 とても大事だし、好感が持てますね。 雪丸・・・ほんと良い..
Weblog: あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪
Tracked: 2012-04-17 18:29
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。