2012年02月09日

【動画】自分ひとりで何重奏!? 脅威のストリートミュージシャン

 街角でヴァイオリン(?)を奏でる男性。
 と、その今弾いたばかりの音色がスピーカーから流れてきて、男性はその音色に乗せて次の音色を乗せてゆく。
 それをどんどん繰り返し、積み重ねてゆくうちに、これはもうまったくソロとは思えない、とんでもない演奏になってゆくのでありました。

Downtown Spokane Street Musician Bryson Andres



 どういう仕組みでこういう事ができるのかぜんぜん分かりませんが、今演奏したばかりのメロディーを、そのまま上手い具合のタイミングで再生して、そこにさらに今演奏した音をのっけてゆくことができるんですねー。
 いやもう、凄すぎてまったくわかりません。
 そしてまた、この演奏の素晴らしい事。
 この技術をいかんなく使いこなして、まるでそこ幻想の演奏ホールが見えてくるような、そんな気分にさせてくれました。
 いやーこれは確かに素晴らしい。
 こういう演奏って、なにかひとつのジャンルとして確立されているものなんですかね?
 私はぜんぜん知らなかったのですが、ストリートミュージックならではの臨場感というか、醍醐味みたいなものもあって、これは直に見たらさらに素晴らしいだろうなと、ちょっとワクワクしてしまいました。
 すごいなー。
 こういう世界もあるんだー。
 音楽ってのは、やっぱり果てがないですわ。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
ラベル:動画 YouTube 音楽
posted by BOSS at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。