2011年12月12日

週刊少年ジャンプ2012年02号 【バクマン。−男を見せろ平丸一也!なるか決意のプロポーズ!!−号】 感想<前編>

 ジャンプは新年02号ですが、リアルはいよいよ師走だなぁーという実感の濃くなってきた年末。
 ……クリスマス……クリスマスねぇ。
 毎年、クリスマス明けの安売りケーキが年末の大きな楽しみです!(笑)
 いや、だから太るんだとか言うなーーッ!





 前半の感想は、

・トリコ
・ナルト
・ワンピ
・バクマン
・銀魂
・めだかボックス
・ニセコイ

 の7本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 トリコ

 まさか爆発するとは思わなかった!
 これはすごい意外な線を突いて来ましたねー。
 血反吐を吐きながらも完食してみせたトリコ、これまた迫力!

 しかしこの展開すらもココの計算済みでありましたか。
 ココが小松に期待していたのは、ニトロチェリーの爆破解除ではなくて、『美味しく調理』すること。
 それによってトリコのグルメ細胞が活性化され、傷つけられたトリコの体内は急速に治癒されてゆくわけですかー。
 なるほど、その線はまったく考えてなかったので完全に裏をかかれました。
 うーむ、面白い!

「オレにとっちゃあ

 食材は全部アタリなんだよ!!」


 というトリコの見得もかっこよかった。
 三者三様、お互いに信頼しきったみごとなチームプレイと言えるかも知れません。

 しかし、そんなココたちにもひるまず、勝ちを確信して増長してゆくライブベアラー。
 どんどん不気味な姿になっていってもはや化物。
 これまた凄い演出してますねー。
 気持ち悪いというか、ここまでくるといっそ気持ちがいいくらいです(笑)。

 そしていよいよ繰り出された、ココ、最後の一手。
 それはやはり、「食べ合わせ」!?
 ポイズンポテトとの最悪の食べ合わせとはいったいどんなものなのか。
 ライブベアラーはそれでもあえて食べるのかどうか。
 うーん、次号の決着が楽しみ!



NARUTO-ナルト-

 タコのねじりハチマキの大爆発に、カウントスリーで封印できるオクトパスホールド!
 これは思わず上手いと思わされてしまいました……不覚(笑)。

 しかしそんなオクトパスホールドすら完全に跳ね除け、尾獣ゾンビたち、一気に尾獣化!
 なんと、ゾンビのくせに尾獣化までできたとは!
 これは圧倒的じゃないですかー。
 さすがはラスボス戦。
 先週も同じ事を言ったような気がしますが、敵さんの戦力にまったく容赦ナシです。
 これは緊張感がケタ違いですわー。

 そんな大ピンチのナルトたちのもとへ、ここでなんとカカシ先生&ゲジマユ先生(こんな時くらい名前で呼べ!w)登場!!
 今後どんどん増援は来るみたいですし、これは軍団戦最後を飾る、仲間達みんなの大見せ場になるかもしれませんねー。
 おおいに盛り上がって欲しいです。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



バクマン。

 もう、もう!!
 平丸さん、あんた最高だ!!

 今回は、亜城木コンビVS.新妻エイジの勝負が波に乗ったところで、平丸一也、一念発起のプロポーズ大作戦!
 平丸さんの、蒼樹さんへの一途すぎるほど一途な純粋な想いのいじらしさ。
 ダメ男っぷり全開なのに、この一生懸命さは本当に心惹かれまくりです。
 そしてそんな平丸さんへの、編集としての姿勢を考え直す吉田さんも、最高にカッコイイ!
 もはやこの2人は一種奇妙ではありますが、最高の友情コンビとして成り立っているのではないでしょうか。

 平丸さんに「魔法の言葉」を雷とともに伝授する吉田さん。
 それこそシリアスな笑いというタッチで描かれてはいますが、不思議な事に、ここは思わず胸に来るものがありましたよー。
 平丸さんにとっての大勝負というのは当然ですが、これは吉田編集にとっても一世一代の大勝負。
 こうなったら一蓮托生の大勝負、なんですよねー。
 男2人が人生を賭けて、今大バクチに乗り出した!
 男なら……男なら勝負せねば!ってね!
 幸せ掴めと、轟き叫ぶ!ですよ!!
 この固い絆で結ばれた勝負師たちの姿に、心震えずにはいられません。
 いやもう、熱すぎです!

 一方の蒼樹さんもなんだかまんざらでもない様子。
 二年間、蒼樹さんはずっと待っていたんじゃないかと思わせてくれる、そんないい表情を見せてくれています。
 これは、これはいけるんじゃないでしょうか!?

 しかし、そんな決意のプロポーズ大作戦も、遊園地の準備段階では平丸さんの失敗続き。
 さらには5千万の指輪を無くすという大失態までやらかして!
 どうなることかと思わせておいて、おおっと、平丸さん、なにか閃いた様子です。
 指輪なしで、いったいどんなプロポーズをしようというのか。
 ボルトナットで指輪に見立てたドラマもありました。
 指輪なしで、ケースだけでプロポーズした映画もありました。
 いったいどんな手に出るのか。
 これは超楽しみじゃーないですか!

 しかしこの、隠れ見ながらハラハラしている吉田さんの姿が、また最高じゃないですか(笑)。
 本当に心から平丸さんの事を思ってるんだなぁってことが手に取るようにわかります。
 いやもう、心温まりまくりの素晴らしいエピソードですよー。
 バクマンは、亜城木コンビの壮絶熾烈なバトルの合間に、こういうバイプレイヤーたちの素晴らしいドラマが楽しめるところも最高です。



銀魂

 クリスマスネタで結野アナと外道丸ふたたび。
 うーん、この2人もけっこう懐かしいなぁ〜とかちょっと油断があったのか、パンデモニウムさんの再登場にリアルで噴きました(笑)。
 まさか新八、パンデモニウムさんと再会できるなんて!

 そして、

「いや 注意されて早々

 ボケに回ってんのがムカついたもんで」


 という、あまりにも暴虐なオチのキレ味!
 いやもう、リズム感よすぎてここはたまらんかったです。
 
 しかし、なるほど、ボケとツッコミという慣習のない国も当然ありますよねー。
 この情報はちょっと目からウロコでありました。



【センターカラー】 めだかボックス

 人吉善吉、その心の旅。
 なるほど、善吉はめだかの事が好きだったのか!
 希少価値とかなんだとかいう理屈は、好きの現われだったんですねー。
 だとすると、めだかも善吉の事を希少価値だとかなんだとかいう理屈の前に、根源的には恋愛感情を持っている可能性はあるんじゃないでしょうかね?

 初期の頃は、めだかは善吉の事が好きだったようなそんな描写もあったかと思います。
 しかし中盤以降、そういうものは完全に削除されていったような印象なんですよね。
 はたして、そののちどうなっていったのでしょう。
 この戦いの最後に、めだかと善吉が結ばれる可能性ってのはあるんでしょうか。

 さぁしかし、安心院なじみの陰謀によって、バトル漫画は終わりを告げ、思いもしないラブコメ漫画がスタートするわけですか!
 うーん、これまた思わぬ展開にワクワクが止まらない。
 江迎さんの熱弁には心打たれてしまいましたが、ここからどんなラブコメ展開をみせてくれるのか、西尾維新節に期待したいと思います。
 ラブコメだなんて、球磨川が狂喜乱舞、すっごい楽しいことになるんじゃないかなと思っちゃうんですよねー(笑)。



ニセコイ

 小野寺さんの慌てまくった赤面ぶりにほんわか。
 いやー、いいものを拝ませていただきました。

 そしてようやく描かれる事になった千棘のいいところ。
 これまで徹頭徹尾イヤなヤツとして描かれてきた千棘の意外ないじらしさ。
 いいですねー、やっぱりこうこなくっちゃ。

 ちょっと興味深いなと思ったのは、小野寺さんに対しては、「憧れ」とかが先行していて、千棘に対しては「共感」から入ってゆくわけなんですね。
 うまいことできています。
 このあたり、今後どんな風に変化してゆくのか楽しみだったり。

 そしてそして、この流れがなんと小野寺さんへのネタバレ展開に!
 おおー、そう来ましたかー。
 これはちょっと不意をつかれました。
 オドロキかつ、無駄なく卒なく上手い展開しますねー。
 一条くんの自分の口からじゃなく、こうやって偶然の形で真相が明かされたのはとっても好印象です。
 自分の口から言っちゃうと、なんだか言い訳がましくて読者としても印象あまりよろしくない面もあるかもしれませんしねー。
 結果オーライでしたが、ここから小野寺さんがどう動き出すのか、そのあたりに期待しちゃいます。
 って言っても、この子はちょっとやそっとじゃ動き出しそうにないからなぁ〜。

 それこそ、一条くんに対する今回の友達みたいに、小野寺さんにも恋の相談仲間が必要だったりするんじゃないかしらん。
 お、もしかして、それが千棘だったりするんじゃないですかね!
 そうなると千棘にも友達が出来てベストだったりするのかもしれないですし。
 鏡の国の針栖川と若干シチュエーションが似通っちゃうかもしれませんが、そういう恋の混線模様ってのは、今も昔もかわらず楽しいものですからね(笑)。



 といったところで前半はここまで。
 続きは後編にて〜。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>トリコ

「最悪の食べ合わせ」はやっぱり太陽酒なんですかねー

思い返せばココの反撃は太陽酒から始まりましたし、ライブベアラーが飲んでいる間も意味深な表情でした

トリコは一気飲みしたけれど全く酔っていないのに対して、ライブベアラーはゆっくり飲んだ上にかなり酔っている様子ですから、肝機能は強くなさそうです

ここから推測するに、太陽酒で肝機能を弱らせて、肝臓の解毒能力を落とし、ポイズンポテトを食べられなくする…とか?

でもチーズ白菜食べてるんですよねぇ…(- -;)
Posted by ピオーネ at 2011年12月12日 23:02
 なるほど!
 お酒で肝臓を!
 うーん、それはありそうな気がしてきましたぞー。
Posted by BOSS at 2011年12月17日 16:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。