2011年12月06日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第648話 “タイヨウへと続く道”

 週刊少年ジャンプ2012年01号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■約束の時
■末路
■“タイヨウ”へと続く道
■9人目!?



■約束の時

 ついに決着のついた魚人島編。
 今週は戦い終わってエピローグその1。

 今週もまた、方舟ノアの秘密がちょこっとだけ明かされました。
 ノアは元々、この超大型の海王類たちが引くために設計されたもので、その海王類の王として数百年に一度生まれてくるのが、しらほし姫のような力を持った人魚。
 その約束とやらがどういうものかはいまだ不明ではありますが、なにやらその時はけっこう近いような、そんな印象を受けました。

 と言っても、海王類はやはりこれだけ雄大なスケールの生命ですから、時間間隔も人類のそれとはかなりかけ離れているのか、20年前の事も「ちょっと前」という感覚のようなありさま。
 まだまだなんとも言えないかもですねー。

 いったい、その約束の時というのがどういうものなのか。
 それはこのワンピの描写する時間の間で発生する事なのか。
 なんだか無性にワクワクしてきます。

 そうそう、噂で聞いた「ひとつなぎの大秘宝、ワンピース」の正体というものに、世界の海流を変化させる古代装置という説があるそうですね。
 大昔、世界政府を作った者たちがその装置を使い、世界の海をレッドラインという一本の大陸で二分し、さらに巨大海流グランドラインを生み出したというのがその説だそうです。
 もしその装置を発見し、正しく動かす事ができたら、海流は大きく変化し、世界政府は見られたくないものを発見されてしまい、世界の構造そのものが変わってしまうのだとかなんだとか。
 いかにもって感じの説で、聞いたときはふむふむと思わされたものですが。
 もしそれが本当だとしたら、おそらく大変な気候大変動が起こることが予想されます。
 もしかしたらその時のためにこそ、方舟ノアが作られたのではないかなと、ちょっと妄想してしまいました。
 世界がひっくりかえるその時を、ひたすら待っている方舟ノアと海王類たち。
 なんだか、ロマンチックかもしれないぞと。

 うーん、まぁそれはちょっと飛躍しすぎかもしれませんが、なんにせよ、その時とやらが楽しみになる壮大な伏線でありました。

 ところで、方舟を直すのに必要な「あの一族」って、なんなんでしょうね?
 これまたちょっとした伏線ですねー。



■末路

 おおー、カリブー船長、いつの間に王宮に忍び込んでいましたか!
 人魚売買で一儲けという手を捨てて、直接的に宝をガッポガッポ大儲けという線に切り替えたんですねー。
 そのせいで玉手箱を手に入れちゃって、ああもう、末路が目に見えるようです(笑)。
 結局カリブー船長は、ルフィたちに人攫いの疑惑をかけるためだけに登場したようなものだったんですね。
 そして、それが終わったらもう役目はオシマイ。
 自滅の道、あるのみと(笑)。
 うむ、一度ルフィたちに敗れているんですし、メインイベントが終わった後でカリブー退治をやってもリズムが崩れるかもしれませんしね。
 自滅ってのは、ちょうどいい末路って思えます。

 これにて、悪党達の大掃除、終了と!



■“タイヨウ”へと続く道

 ルフィ、血みどろの凱旋。
 しかし血が足りない!
 なるほど、そういう流れだったわけですか!

 輸血を断られたサンジ。
 人の血を受け入れることがどうしてもできず、死んでしまったフィッシャー・タイガー。
 人と魚人の間に作られてきた巨大な壁が、なるほど、輸血という行為で取り払われると。 

 今、魚人を代表するジンベエさんと、魚人島を救った人間の英雄ルフィの間に絆が結ばれる。
 か細く狭い管を通り、これまで幾多と流されたのと同じ血が、赤い道を作る。
 それこそがなるほど、“タイヨウ”への道であると!
 うーん、いい詩じゃないですかー。

 はたして、魚人たちの未来はどうなるんでしょうね。
 人への偏見を少しずつでも取り払っていき、そして人の間に根強くこびりついているであろう、魚人に対する偏見を取り除いていき、いつかは“タイヨウ”のもとへと移り住んでゆく事ができるんでしょうか。

 

■9人目!?

 完っ全っに不意を討たれました!!
 なんとルフィ、ここで勧誘!!
 ジンベエさんを仲間に勧誘しちゃいました!!
 うはー! そう来たかーーッ!
 ちょっとシンミリしていたテンションが一瞬にして大興奮!(笑)
 いやー、すっかりしてやられちゃいましたー。

 いやいやいやいや、ジンベエさんが仲間って、それはたしかにスッゴイ魅力的!
 麦わらの一味に、ジンベエさんみたいな大人なタイプも欲しいところですよねー。
 一味には、ブルックさんと言う高齢キャラ(?)もいるにはいるんですが、なにせブルックさんがああいうお人ですから、いかんせん重みがね(笑)。

 そして、最強の魚人空手の使い手ですし、なにより元七武海ですから、強さは折り紙つき。

 また、ただ厳格で仁義にあついオヤジキャラってだけじゃなく、目玉飛び出させて驚いてみたり、作戦名をつけたがったりと、ちょっとオチャメなところもありますしね(笑)。
 うーん、これは魅力的だー。

 でも、ジンベエさんはうんと言いますかねー?
 今こそ、この魚人島にジンベエさんみたいな人は必要かもしれませんしね。
 白ひげ亡きあと、四皇の一角ビッグ・マムが代わりに魚人島の顔になっているとはいえ、ビッグ・マムが実際に治安を守っているわけではありません。
 新魚人海賊団が壊滅した今、魚人街の荒くれ者たちを制御する重しが必要なんじゃないかと思うんです。

 ああでも、それもちょっと考え物なのかなぁ。
 これだけジンベエさんが表立って活躍した後だと、ここにジンベエさんがいるってことは世界政府や海軍も知る事になるでしょうからね。
 ジンベエさんが魚人島にいることイコール、ネプチューン王国がジンベエさんをかばっているということではないにしても、世界政府や海軍にはそれは通じない。
 ジンベエさんがここにいると、今後魚人島がレヴェリーでうまくやっていくための足かせになってしまうかもしれませんしねー。
 うーん、ジンベエさん、どう考えるのでしょうか。

 個人的には、これだけ縁のできてしまったジンベエさんと、ここでお別れってのもなんとも寂しすぎる気がしますから、ぜひとも仲間になって欲しいんですけどね〜。
 さぁ、これは来週のジンベエさんの返答がすごい楽しみですぞー。



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!


posted by BOSS at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しみに読ませてもらっております。

まさかのジンベェさんが仲間になったら頼もしいですね!

なるほど、こうしてこれまでの偏見と差別に支配されていた魚人島をルフィは見事に壊したんですね。

それにしてもここで仲間勧誘とは驚きました。
一説ではニキュニキュ(2929)の能力を持つくまが最後の仲間だなんて噂もありましたが、あっちは完全に自我をなくしてしまいましたしね〜


どうなるか来週を楽しみにしておりますよ!

ところでジンベェさんが加入したら10人目では?
Posted by へるりん at 2011年12月07日 09:39
 これまでの魚人島を「ゼロ」にするという意味で、たしかにルフィは魚人島を破壊したのかもしれませんね!
 予言の意味はそういうことだったのかも。

 しかし、本当にその意味で正解なのかどうかは、実際に登場人物によってそれが言及されるのを待たなくちゃいけないのかもなーと、そう慎重に考えております。

 ちなみに、ジンベエさんが仲間に入ると麦わら一味は総勢10人ですが、仲間が本当の意味で仲間になるたびにサブタイトルに「○人目」と表記される法則がありまして、それでゆくと、「9人目」はジンベエさんのものになるのかなーと、わくわくしつつそう書かせてもらいました。
 参考までに、こうなってるそうです。

「1人目」ゾロ(6話)
「2人目」ナミ(94話)
「3人目」ウソップ(439話)
「4人目」サンジ(68話)
「5人目」チョッパー(未出)
「6人目」ロビン(未出)
「7人目」フランキー(439話)
「8人目」ブルック(489話)

 うーん、どうなるんでしょうねー!
 ジンベエさん、仲間になって欲しいなぁ〜〜。
Posted by BOSS at 2011年12月10日 13:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。