2011年11月07日

週刊少年ジャンプ2011年48号 【古味直志先生の青春ラブコメ新連載『ニセコイ』スタート号】 感想<前編>

 『ダブルアーツ』古味直志先生が帰ってきた!
 新連載『ニセコイ』が表紙を飾る48号。
 おー、ダブルアーツのころからするとだいぶ絵柄がほんわかと、ラブコメ寄りに変えてきましたね〜。
 作品にあわせて絵柄を変えるのって相当大変だと思うんですけど、そういうところってやっぱりプロは凄いよなぁと思いますわ。

 さぁでは、前半の感想いきましょう。





 前半の感想は、

・【新連載】ニセコイ
・バクマン
・ワンピ
・ナルト
・めだかボックス

 の5本でお送りいたします。



【新連載巻頭カラー】 ニセコイ

 さぁ、帰ってきました古味先生!
 ぼくらの胸をキュンキュンさせてくれた、あのダブルーアーツ終了からはや3年(!)。
 月日の経つのはホントあっという間って感じですが、そんな古味先生が満を持してひっさげて来たのは、青春ドタバタラブコメディ。
 前回のダブルアーツはバトル物のジャンルに分類される作品ではありましたが、男の子と女の子が「手を離したら死ぬ」というトンデモ状況に追い込まれ、寝る時もトイレの時もお風呂の時も、絶対に手を離せないというドキドキシチュエーションが楽しめる作品でした。
 そんなわけですから、冒険バトルというよりもラブコメ的要素でずいぶんぼくらをワクワクさせてくれたものでありました(笑)。
 その古味先生がラブコメを正面から描くとなれば、こちらの期待は否が応でも大きく膨らんじゃいますよってね!

 さぁ、そんな期待大のニセコイ、冒頭からコレはなんという絵に描いたような黄金パターンですか!
 少女との出会いはドカーンと衝突。
 転校生の少女が教室にやってきて、少女と少年が「あーーッ!おまえは今朝の!!」ってね!(笑)
 ここまで黄金パターンを踏襲してくれるとむしろ気持ちいいくらいです。

 初対面の第一印象は互いに最悪。
 全編にわたって意地を張り合い、いがみあう2人。
 でも、最終的にヤクザとギャングという2人の特殊な家の事情で、なぜだか恋人同士を演じなければいけないことになっちゃう2人。
 いやーこれは古味先生らしい、いい素材のラブコメですね〜!
 冒頭、一条楽(いちじょう らく)少年の料理という特技が示されたってことは、おそらく強制的に同棲生活って事になるんだと思いますが、そうやって一緒に生活してゆくうちに2人は徐々にお互いのよいところを知ってゆくんでしょう。
 ギスギスしながらも、ちょっとずついい感じになってっちゃったりしてね。
 でも体裁が悪いから、やっぱり面と向かってはお互いギスギスしてて。
 でも組とファミリーの前では恋人同士を演じなければいけないから、外ではイチャイチャ演じなければいけなくって、そのうちそれがふとした瞬間に素の気持ちがでちゃったりななんかして。
 ウハハ。
 想像しただけで美味しい素材だ(笑)。

 しかし、楽の本当の運命の人は違うところにってところがまた面白い。
 ここで約束の鍵の持ち主が転校生・千棘なら、円満解決の図式が最初から見えてしまうところですが、そうじゃなくって普通に楽の意中のコ、小野寺さんってところが波乱を予想させてくれます。
 でもこれ、本当に鍵の約束の子は小野寺さんなんですかねー。
 そのあたりに仕掛けはいくらでもかけられそう。
 また、約束の子だからってゴールがその子とも限らない。
 こういう作品はどちらにゴールしても不思議じゃないと思いますしねー。

 強制的に恋人関係にさせられるという面ではダブルアーツと一緒ですが、それを現代日本でやりつつ、さらに複雑化させてきたって感じです。
 やー、これは面白い。
 これでジャンプには針栖川とニセコイで2本のラブコメが並ぶ事になりましたが、真桜というヒロインがはっきりしている針栖川に対し、どちらにゴールしてもおかしくないダブルヒロイン体制を取るニセコイと、はっきり住み分けしてきた感じです(針栖川も最近咲がクローズアップされてきてますけど、あくまで真桜がヒロインなのでしょう)。

 あとは、個人的にダブルアーツの巨大な魅力であったと思っている「女の子の恥じらい赤面顔」がいつ堪能できるかが最大の関心事であります(笑)。



バクマン。

 そうきたか!
 まさかここでリバーシとPCPを引っくり返してくるとは思わなかった!
 いやーひさびさに来ましたね〜、亜城木チームならではのアクロバティックな特例措置。

 しかし今回は雄二郎さんが先導役となってくれたことが大きかった。
 服部さんの心情をくみ、さらに週刊少年ジャンプとしての得を考えたら、リバーシを必勝に持っていかれるなんてあってはならないと雄二郎さんも考えたのかもしれません。
 先週、雄二郎さんがちょっとかっこ悪い感じだったのは、この流れのための前段階だったんですねー。
 いやいや、油断も隙もあったもんじゃない(笑)。

 しかし、あれだけ苦労して立ち上げたPCPがこう「使えない子」扱いされちゃってるのはちょっと不憫かなーという気もしないでもなかったり。
 PCPを立ち上げる時にはあれだけ大変な思いをして盛り上がったんですけどね〜。

 まぁでも、月刊誌に移動したことはPCPにプラスに働くかも知れません。
 吉田編集が言っているように、対象年齢がちょっと高くなる事で犯罪を扱うPCPはもっとやりやすくなるかもしれませんし。
 ミステリーはとにかく情報量が多いですから、月刊誌の一話あたり45ページというのは作品にゆとりを生んでくれるかもしれませんしね。
 あと、月間ペースなら謎のクオリティはまず上がるでしょうしねー。
 かえってこれでPCPがよりよい作品になってくれるかもと思えば、いらない子扱いされてちょっとかわいそうだなという気持ちもおさまりがつきますか。

 さてさて、これにてついにジャンプ誌上で新妻エイジとの直接対決のお膳立てが整いました。
 いよいよ、最後の戦いって感じですかね〜。
 この勝負に勝って、みごとリバー氏がアニメ化をなしとげたら、そしたらサイコーはついに亜豆と結婚!
 そこでバクマンという作品は第一部完!となるんでしょうかねー。
 ここからがついに本当の決戦!ということになりそうです。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



NARUTO-ナルト-

 五影全員集合!
 オオノキさんが捨て駒になって一時退却とばかり思っていたら、とんでもない事になりました。

 五影それぞれについては、思いいれがある人だったりそんなにない人だったりとバラバラなんですが、しかしこうやってドーンと全員並ばれると思わずスゲェッってなりますよー。
 忍連合軍の最強の5人が、ついに揃い踏み。
 これまで協力して闘うことなどなかった最強の五人衆が揃った時、いったいどんな事が起こるのか!
 いやーこれは面白くなってきましたー。



めだかボックス

 球磨川禊!
 球磨川禊!!
 球磨川禊ッ!!!
 いやもう、最ッ高にかっこえーーーーーッ!

 己の死をもって女の子を守り、そして今、女の子のキスのおかげか、死の淵をさ迷ったおかげか、ここについに最悪のスキル『大嘘憑き(オールフィクション)』を携え、球磨川禊、大復活!!
 この禍禍しい立ち姿!
 ドロドロとした暗黒のマイナスイメージでありながら、なんとまた、光り輝くほどにカッコイイことか!(笑)
 この矛盾しまくった存在こそがまぎれもなく今の球磨川禊なんですねー。
 どこまでもダークヒーローであり、どこまでも正統派ヒーロー!
 今めだかボックスという漫画で最もヒーローヒーローしているのは、他の誰でもない、この球磨川禊でしょう!
 いやー、今週はまたテンションMAXですわー!

 中学生たちの歓喜の声がまた素晴らしい。

「はっだかエプロン…

 せんぱ―――――――いっ!!」


 って(爆)。
 かつてこんな恥ずかしい名前で絶賛された人があったでしょうか!!
 そりゃー球磨川だって調子に乗って『裸エプロン同盟』なんてつけますわな!(笑)

 そうかー、この子たちは球磨川を選んだわけですか。
 球磨川のオールフィクションによる復活は、まだ漫画的に予定調和(とはいえ充分にすばらしいサプライズ!)でしたが、この中学生たちの第三勢力参入はかなり予想を覆してくれました。
 まさかここまで第三勢力が膨れ上がっちゃうとは。
 なるほど、そのためのあの時計塔のオリエンテーリングでもあったんですねー。
 あの戦いがなければ、彼女達は球磨川をここまで信頼しなかったでしょうし、あの戦いを見れば、信頼して当然って思えます。
 なるほどなるほど、そのためにこそ球磨川はあんなにかっこよかったのかー。
 いやー毎度の事ながらうまいストーリーテリングですよー。

 ではではしかし、こうなってくるとこの戦いはどうなってしまうのでしょうか。
 ますます予想のつかない展開になってまいりました。
 オールフィクションを持った球磨川をリーダーにした第三勢力。
 巨大な台風の目の登場に、さぁ当初の二勢力はどう動くのか。
 それとも、安心院なじみあたりにとってはそれすらも計算の内なのか。
 うーん、めだかボックス、毎週毎週魅せてくれます!



 といったところで前半終了。
 続きは後半で。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。