2011年08月02日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第633話 “敵か味方か”

 週刊少年ジャンプ2011年34号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■最期の約束
■湧き上がる願い
■見参!!!!!!!



■最期の約束

 なるほどなー、オトヒメ王妃との最期の約束だったから誰にも話すことなく、ホーディを憎まないよう一人で頑張ってきたわけですか。
 しらほし姫、たった一人で王国の悲しみを背負って戦ってたんですね。
 なんと健気な。

 しかし、そのしらほし姫の苦悩を“マヌケ”と嘲笑うホーディ。
 残酷ですが、しかしホーディの言う事もくやしいけど一理あるかもなぁとも思ってしまいました。

 憎しみや怒りは、これまでの長い歴史で魚人と人との間に気づかれた壁を取り除く、最大の障壁でした。
 多くの魚人の運命がそれに狂わされ、フィッシャー・タイガーもそのために命を落としたのでした。
 だからこそ、その障害を取り除こうと一生を捧げたオトヒメ王妃としては、自分の死によって子供達に同じ過ちを残したくないと、そう思ってこの約束を残したのでしょう。

 でも、一方的に王妃や王女、王子達が憎しみを捨てたところで、王妃を暗殺するほどの男がそうそうひとりで改心するわけもありません。
 その大犯罪を起こした男は、後々さらなる災厄をこの島に巻き起こす事は、10年前から明白だったはずです。
 犯罪者を捕らえ、処罰することは、憎しみや怒りとはまた別の、為政者としての責務なのではないでしょうか。
 このあたり、非常に難しいライン引きだとは思いますけれどもねー。
 憎しみや恨み、悲しみの連鎖を断ち切ることと、人民を守り平和を守るために犯罪者を捕らえる事は両立できるのか。
 非常にデリケートな問題だと思います。
 ジンベエさんの言うとおり、しらほし姫のしたことは決して間違いではないとは思いますが、しかし他にやり方はなかったのだろうかという気もしないでもない。
 いや、タイミングの悪いことに、そこにバンダー・デッケンというとんでもない邪魔者が出てきたことで、しらほし姫はろくに外にアクセスすることすらできない状況になってしまっていたことも作用したんでしょうね。
 なんという運命のいたずらか。

 差別をなくそうとするオトヒメ王妃の想いが、逆にホーディを最初に駆り立てることになり、そしてまた、今回もホーディの反逆を未然に暴き出す事を阻止してしまった形となってしまったんですねー。
 ひどい皮肉な話です。
 裏目裏目に出るとはこういう事かと。



■湧き上がる願い

 王と王子を見世物にするようにいたぶるホーディ。
 その惨劇に、見守る民衆の間に絶望が押し寄せる。
 そんななか、子供達がマダム・シャーリーに質問をする。

「マダム・シャーリー!

 帽子を被った海賊は…

 いつこの島を壊しに来るの!?」


 子供達の願いは、今すぐこの場でルフィたちが大暴れして、島をブッ壊してくれること。
 島を壊されては自分たちも困るけど、でもホーディだって困る。
 王様が殺されちゃうよりもずっといい。
 この素朴な思いは大人たちにもつぎつぎと伝播し、なんと群衆の中からルフィたちを呼ぶ大きな叫びが!
 その叫びはどんどんと拡大してゆく!
 これは熱いっ!
 救世主を呼ぶ民衆の叫び!
 滅びるならばもろともに。
 いまやなんの希望ももてなくなってしまった民衆達の思いは、哀れな捨て身の小さな希望のみ。
 その希望の星こそがルフィたち麦わら海賊団!
 いやー、こんなにもすべての希望の星となったことが、ルフィたちにはあったでしょうか。
 大きな国を救った事は、これまでもありましたが、それはいつも人知れず戦う影の戦いでした。
 ルフィたちの戦いを知ってくれている人たちはごく少数で、あくまで歴史の陰に隠れたヒーローたちだったんですよね。
 それがどうですか!
 ここについに、王国を上げ、民衆を上げて、すべての声がルフィたちを呼んでいる!
 いやー、ついにここまで来たのかーと、すごく胸打ち震えるものがありました。
 二年間の修行を乗り越え、実力を上げた彼らですが、背負うものもまた、でっかくなっているんだなぁと感慨もひとしおです。

  

■見参!!!!!!!

 あわや、今にも王にトドメがさされようとした、その時、しらほし姫の叫びが奇跡を呼ぶ!

「ルフィ様あ!!!

 お父様をお守り下さい〜〜〜!!!」


 メガロの口からぼてっと出てきたのは……ルフィ!!
 なんとそんなところに!!!
 登場のちょっとしたオマヌケさとは裏腹に、一瞬でホーディに殺到、強烈な一撃で吹っ飛ばす!!
 カッコエエ!!!
 最高にカッコエエエエエ!!!
 四股を踏むように、どっしりと低く構える独特のルフィのポーズを後ろからカメラが抜き、その向こう、まるでスタジアムのスタンドから見守る観衆のように、怒涛の叫びを上げる群集たち!
 凄い!
 これぞ、まさにヒーローの絵!!
 いま、ルフィはこれだけの衆人環視のもと、まぎれもなく最高のヒーローとして参上を果たしたのでした!!
 なんだ、なんなんだこの興奮は!
 ボルテージ上がりすぎでしょーッ!!

 そして、ジンベエさんの掛け声とともに、次々と登場する麦わら一味。
 なんだ、すべては策略だったのかー!

 ナミは透明状態で天竜人の書状を回収し、さらに王達の手錠の鍵をロビンへ。
 ロビンは手際よく王達を解放し、そこをみはからったようにサニー号が登場。
 見事王達を救出し、広場のど真ん中に着地したサニー号からは、なんとゾロたちも含めて一味全員が勢ぞろい!!
 なんとっ! この間に城のメンバーも合流を果たしていたのでしたか!
 なんだかいろいろと疑問が頭に浮かびますが、まぁそういうのは来週以降にまわしておいて。
 今はとにかく、この堂々たる登場に群衆と一緒に快哉を上げたいです!
 ばんざーーーい!!(笑)

 いやー、なんというカタルシス!
 ここまでひっぱりにひっぱられた物語が、いっきに燃え上がる! 爆発する!
 積み重ねられてきた伏線の焦点がひとつに合わさり、臨界点を越えて一気に吹き上がる!
 こういう快感があるからワンピは素晴らしい!

 そして、麦わら一味に投げかけられる群集の数々の疑問。
 本当に島を滅ぼす気なのか。
 なぜ竜宮城を占拠したのか。
 人魚達を誘拐したのはお前たちなのか(おお!そういえばその話もあった!w)。
 それらの疑問はすべて、お前達は敵なのか、味方なのかという疑問に集約される。
 その問いかけに対し、ルフィが返した答えが、これまた最高でした!!

「敵か… 味方か?

 ……そんな事

 お 前 ら が !!!

 勝 手 に 決 め ろ ォ !!!!」

( ド ド ン ! ! ! )



 おおう! なんという!
 これぞ海賊!!
 善でも悪でもない、それら全てを超越してあくまで自由!
 お前達のためにやるわけではなく、誰のためでもない、あくまで自分達がやりたいからやる!
 そこには味方も敵もない。
 それを決めるのはお前達だと!
 これぞ海賊!
 これぞルフィたちですよねーー!

 いやー今週はもう何から何まで素晴らしいっ。
 鬱積した悲劇のドラマ。
 皮肉な運命が呼び寄せた破滅の宿命。
 子供達と群集の叫びに王女の願いがこだまとなって、あわやのその時、ついにヒーローが降臨する!
 完璧に完璧な王道まっしぐら。
 しかしそこで群集に返した言葉は、どこまでもワンピースでしかありえない!
 ああもう、今週は興奮も興奮、大興奮でありました!

 さぁ、ここからはお待ちかね、いよいよ怒涛のアクションを期待しちゃいましょう!
 2年間の修行の成果をとことんまでぶつけちゃっておくんなましっ。
 


■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!
posted by BOSS at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。