2011年07月21日

【漫画感想】ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン #003 Who am I?(2)

 スティール・ボール・ラン完結の興奮さめやらぬままに、東日本大震災直後の杜王町を舞台に始まったジョジョ第8部ジョジョリオン!
 主人公は謎めきまくった四球少年!
 その正体に迫る!

【ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■吉良吉影の家
■女の子がいる
■爪と涙
■謎
■血の攻撃



■吉良吉影の家

 謎の少年・吉良吉影(?)と康穂のバディ・ムービーな感じになってきたジョジョリオン。
 今月は少年の自宅と思われるマンションの一室から物語はスタートしました。
 いまだ記憶の戻らない少年の正体が、なんと吉良吉影であるらしいということが先月わかり、やってきた彼の部屋。
 そこにある服や靴はぴったりと少年の体に合い、やはり正体は吉良であったのかと確信を得つつ、部屋の奥から聞こえてきた音に俄然緊張が走ります。
 早くも、敵スタンドの攻撃か?

 まぁそんな緊張感のなかでも、部屋の片隅にモナリザの絵や「右手の置物」があったりしてニヤリとさせてくれるんですが(笑)。
  
 音はどうやら、上の階から聞こえてきただけの様子。
 なぁんだと思わされましたが、しかしちょっと気になったのは、この音と吉良、康穂ちゃんの行動が妙にリンクしているっぽいこと。
 吉良がゴトンと靴を持ち上げたら、階上でも同じゴトンと音がして、扉を開けたらやはり階上でもガチャリと音がする。
 これって絶対なにかありますよねー。

 部屋にあるものがまたミステリアス。
 無数のグリーンピースの缶詰に、ワサビの箱。
 どんだけ緑が好きなんだと。
 異常性というか、ちょっとした偏執を感じさせてくれます。
 自分の部屋のはずなのに、安心感どころか、なんでしょうね、この妙なサスペンス感。

 そして、驚きの登場。



■女の子がいる

 いきなり全裸少女登場!
 ここ、電車の中で読んでて一瞬困りました。
 まぁ、ものがジョジョですから結局堂々と読みましたが何か?(笑)

 恥じらいもなく、お風呂にはいりっぱなしで吉良とただただ見詰め合う。
 なんなんだこの女!
 いや、もちろんお風呂に入ってたんですから全裸なのは当然なんですが、男とハチあわせなんだからちょっとは反応をせよと。
 あるいは、もし吉良と知り合いなのであれば、それだったらそれなりの反応をしてもいいだろうにと。
 いったいぜんたい、何を考えているんでしょう。
 なんの反応も見せないのがすごい不気味です。
 敵なのか、味方なのかさっぱりわからない、とにかく全裸であると。

 ただ、気になるのは両手の甲にある「G」っぽいマーク。
 これはなにやらありますねー。

 しかし、この事態にちょっと違う反応を見せたのが康穂ちゃん。
 どうやらこの女の子が、吉良の彼女かなにかだと思ったようで、急激に吉良への興味を失っていっている様子が言葉のはしはしから見て取れます。
 ってことは、吉良のことちょっとは憎からず思い始めていたってことですね〜。
 でも、ガールフレンドかもしれない女の子に対して、自分はこの少年の友達でもなんでもないってことをはっきりと告げておくあたり、なかなかしっかりした子じゃないですか。
 康穂ちゃんは好感高いなぁ〜。

 しかし、事態はここで急変。



■爪と涙

 いきなり全裸のまま立ち上がった女の子。
 その口から出てきた言葉は、「助けて」
 その言葉にハッとする2人ですが、ここから事態は急変。異様な方向に。

 割れたガラス瓶。ほぼ同時に階上からも瓶が割れる音。
 その音に恐怖するように階上を見上げる全裸少女。
 割れたガラスがあぶないからと、履いたスリッパの内側にはいくつも画鋲。

 そして、いやー、これが来ちゃいましたか〜〜。
 瓶に入ってたのは、爪切りのカス
 第四部の吉良吉影がやっていた、変態性あふれるあの性癖。
 切った自分の爪の瓶詰めコレクションです。
 なんとこっちでもやってたんですかー。

 いや、もちろん健全な人がこういう事をやってたからって別におかしいとは思わないのですが、あの吉良と同じ名前を持つ人間が、やはり同じ事をしていたっていうのがね。
 やはりゾッとさせられてしまいますよ。
 なんでしょう、やはり急激に悪寒が背中を登ってきました。
 吉良吉影はこの少年であるはずなのに、なぜこんなにもサスペンス感が襲ってくるんでしょう。
 爪が出てきたからって、イコール殺人鬼とは限らないはずなのに、急に殺気を確信してしまいました。

 吉良吉影は、この少年ではない?
 この少年は、やはり吉良吉影じゃないってことでしょうか。
 殺人鬼は別にいるんでしょうか。
 それとも、吉良吉影は2人いるってことなんでしょうか。
 急激に「異常感」が盛り上がってきました。

 そして、トドメとばかりに、アルバムをみつけた康穂ちゃんが絶叫。
 吉良が触れようとすると、まるで爆発するように叫びだし、吉良から逃げようとする。
 ここの康穂ちゃんの反応がとてもよかった。

「来なければよかった……

 こんなところ あたし……

 何してるのよ…… 汚らわしい……」

「いい人だと思っていたのに……

 あたしの故郷から出て行ってよ

 あなたなんかこの杜王町に住んでて欲しくない……

 駅でもカフェでも道路でも……

 もう二度と見かけたくもないわ」


 そして涙を浮かべ、「ふざけるなッ!!」とアルバムを吉良に叩きつけ、部屋を出てゆく。
 唐突なこの態度の急変にわけもわからずアルバムを見入る吉良。
 するとそこにあるのは、手錠、目隠し、猿ぐつわ、ロープ……縛られた女性の写真。
 そしてそれと一緒に写る吉良の顔!



■謎

 いや、もちろんこの女性達が殺されたという証拠はありませんし、SMプレイをしているからって異常者だとは思いません(まぁ、康穂ちゃんには刺激が強すぎたようですが)。
 しかし読者としては、これはどうにも「あの」吉良吉影を思い出してしまいますねー。
 本当にこれはこの少年がやったことなんでしょうか。
 そしてもしかすると、この少年は記憶を失う前はかなりヤバイ奴だったんでしょうか。
 ジョジョリオンは、悪役が記憶を失って主人公になるとか、そういう展開なんでしょうかね〜。

 しかし、ちょっとだけ気になる点があります。
 それは、爪の入っていた瓶につけられていた年月日。
 80年代のものがあるというのが少しだけひっかかりました。
 現在は2011年。
 80年代に爪を切って、自分でそれを保管するようなことをしているとしたら、最低でも5歳くらいにはなっているでしょう。
(もちろん親が赤ん坊のころから切った爪を保管する習慣があったなら別ですが)
 とすると、この少年(?)は、いったい何歳なんでしょうか。
 少年のような外見でありながら、実はけっこういい歳なのではないでしょうか?
 最も若く見積もったとして、1989年に5歳だったと仮定すれば、現在は26歳ということになります。
 まぁ26歳でもないとは思いません。
 でも私が受けた「少年」って印象とは、ちょっとだけギャップがあるんですよねー。
 そこんとこ、どうなんでしょう。

 もしかして、吉良吉影は「もう一人いた」のではないでしょうか。
 もちろん、そういう発想が出てきた根底には、主人公がそんなキャラクターであるはずがないという、先入観があるのは間違いありません。
 ですが、どうなのでしょう。
 もし「吉良吉影」がこの少年(?)のほかにもう一人いるのだとしたら、そいつは何者なのか。
 「吉良」と「吉良」とは、どういう関係なのか。
 そこにはどういったドラマがあったのか。
 いや〜、真相はさっぱりわかりませんが、想像は膨らむばかりです。



■血の攻撃

 そして、ついに何者かによる攻撃がスタート。
 怪我をした左手と左足に、全裸女性と同じ「G」のようなマークが浮かび上がる。
 その片脚が、勝手に奇怪な動きを始めました。
 全裸女性は

「まだ あなたは『印』がつけられていないッ!!

 早く逃がしてッ!!」

「あああああっ!!

 ま…まだ間に合う!

 は…早く…

 あなたはまだ右足が残っているッ」


 と、なにやら全部の手足に『印』がつけられたらもう逃げられないとでもいうような、かなりヤバそうな気配。
 いったいぜんたい、なにが始まろうというのでしょうか。
 次々と偶発的にケガを負わされる謎めいた部屋。
 階上とリンクする音。
 謎は積み重なるばかりで分からないことばかり。
 さぁて、これはいったいどういうことになるのでしょうか。
 そして、この物語はいったいどこへと向かっているのでしょうか。

 と、こんなタイミングで「次号休載」というのがなんともツライ。
 この謎めきまくり状態で二ヶ月も放置プレイですか(笑)。
 いやーこれはたまらん。

 とはいえ、荒木先生もジョジョリオン以外にモード誌『SPUR』に岸辺露伴の特別読切を載せたりと、いろいろとお忙しいご様子。
 SBRのクライマックスからこのジョジョリオンが始まるまで、まったくお休みもしてなかったわけですし、その前にはルーブルもあったわけですしね〜。
 この際、ちょっとだけお休みしたってバチはあたりませんって。
 てなわけで、二か月後の再開を大人しく心待ちにしておりまっす。



■外部リンク
荒木飛呂彦 公式サイト[JOJO.com]
ジョジョリオン感想 #003@JOJO



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【漫画感想】ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン #002 Who am I?
・【漫画感想】ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン #001 「壁の目」の男
・荒木飛呂彦先生「執筆30周年」「ジョジョ25周年」を記念して、公式サイト[JOJO.com]オープン!
・スティール・ボール・ラン感想 最終話 幸福の行方
・スティール・ボール・ラン感想 #69 新たな世界(5)
・スティール・ボール・ラン感想 #68 新たな世界(4)
・スティール・ボール・ラン感想 #67 新たな世界(3)
・スティール・ボール・ラン感想 #66 新たな世界(2)
・あなたはどんなスタンドを発現できるのか?スタンドメーカー『架空のスタンドったー』
・【シモネタ】ジョジョネタ満載風俗店
・漫画感想 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く 後編』
・漫画感想 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く 中編』
・漫画感想 『岸辺露伴 ルーヴルへ行く 前編』
・【オススメサイト紹介】スティール・ボール・ランを見事に再現!北米横断ジョジョ立ち写真撮影の旅!
・コミック感想 スティール・ボール・ラン VOL.17 『D4C』
posted by BOSS at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。