2011年06月08日

週刊少年ジャンプ2011年26号 感想<後編>

 ヒャッハー!
 後半戦感想いくゼーーッ!

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・スケダン
・めだかボックス
・ぬら孫
・いぬまる
・エニグマ
・メルヘン王子

 の6本でお送りいたします。



SKET DANCE

 力いっぱい女の子しようとしてからまわっちゃうヒメコが最高の回。
 また、それに対する鈍感男のボッスンにイライラ(笑)。
 なんなんでしょう、このツーショットのインパクトは。
 精一杯がんばった服チョイスしてきたヒメコに対するに、ぐぅたら自堕落な丹前姿のボッスンって!
 いやもう、痛々しすぎて見ていられなくて目が離せないとはこの事か(笑)。
 つか、さすがヒメコ、自分のカッコを「魔法少女みたい」とは、こんなときでもツッコミの冴えは忘れてないですねー。

 そしてテンパったあげくのこの怖すぎる顔芸二連発!(爆)
 これはキョーレツなのがキタ!
 どうやったらそんな顔になるんですか!
 リアルで「ブボッ!」とか言って吹いてしまったじゃないですか!
 電車の中とかで読んでなくてホントよかった(笑)。

 いやー、実にヒメコとボッスンらしい前半戦でした。
 さて後半は、こちらもなかなかヤキモキ&ニヤニヤさせてくれるスイッチ&モモカ編。
 いやー、イライラモード発動のスイッチがよかったー。
 そしてモモカも、ステージ衣装の可愛さも相まってか、すばらしいヒロイン度の高さでした。
 なんというか、王道的な少女マンガの世界というか。
 思わず見とれてしまうラブラブっぷり。
 なんだろう、これってスケットダンスですよね?(笑)

 しかし、スイッチにはもうひとり、結城さんっていう人もいるんですけどねー。
 どうなるんでしょう。
 スイッチにとって、結城さんってどういう位置あいなんだ?



めだかボックス

 謎解きに続き、今回はクイズ合戦。
 何でも知っている人に対して勝利をおさめるには、その人が知らないはずのもの……つまりその人が用意したものではないモノを出せばいい。
 実に納得の決着でしたが、なるほど、これまでは中学生VS.生徒会という図式だったものが、なんだか中学生たちが主人公のような展開になってきてるんですね。
 球磨川なんて、変わり身早くも解説役にシフトしちゃってますし(笑)。
 これがいったいどういう意味を持ってくるのか。
 中学生達は安心院なじみの息がかかった悪役なのか、それとも将来本当に後継者となるべき味方なのか。
 この一連のたたかいは、その綱引き合戦という構図を隠し持っているのかもしれませんねー。

 それはそうとしかし、財部ちゃんはすっかり球磨川にデレちゃってますねー(笑)。
 意外と、球磨川をマイナスから更正させるのはこの財部ちゃんの愛の力だったり?



ぬらりひょんの孫

 すげーーっ!
 すげーーっ!
 すげーーっ!
 今週はもうずっとこんな感じ(笑)。
 山ン本無双大暴れの祭に喝采あげっぱなしでありました!

 飛び散った山ン本の肉片が、それぞれ個別の妖となって人間を襲いだす恐怖。
 ひとつひとつがこれまた、これまでのぬら孫界を凌駕するグロテスクさで素晴らしい。
 特にこの山ン本の十二指腸“悪女野風”
 なんですかこのブチ切れたデザインは!
 ジャンプに載せられるギリギリのグロさじゃないですかねー。
 しかも「臭い」と来たもんだ!(笑)

 しかしなんとも凄まじい地獄絵図。
 次々と生れ落ちる妖に食われてゆく人々。
 ほとんどベルセルクの“蝕”状態かと(笑)。
 いや、これぞまさしく蝕か!
 山ン本が魔王となって生まれ変わるため、賓客たちを生け贄にささげるような饗宴となってしまってるわけですから、本当にぬら孫界の蝕ですね!

 そしてそのまま、山ン本は暴走。
 恨む相手の鯉伴を見失い、さ迷いだした山ン本は屋敷の外へ。
 被害は大江戸八百八町に拡大し、まさに狂気の饗宴に。
 いやー、凄い事になってしまいました。
 夜の街の空にヌッとあらわれた魔王・山ン本の巨躯。
 この図はかなりグッと来ましたぞー。
 その体から、さらにボトボトと零れ落ちる肉片が妖となって……。
 これが山ン本の百鬼夜行というものなんですねー!
 いやー、全編、あふれんばかりの狂気に見とれまくりでした。
 ぬら孫、相変わらずいい雰囲気作り出してくれます。

 さて、問題の黒田坊ですが、ついに覚醒!
 キーとなったのはやっぱり子供たちでしたか。
 自分を見出した妖怪は、まさに力の源を手に入れたわけですから、見違えるほど強いですぞー。
 次回、黒田坊と鯉伴が協力して山ン本を退治してくれるのでしょうか。



いぬまるだしっ

 何がしたい話かわからないままに、素晴らしく面白いいぬまるだしっはやっぱり凄いなーと(笑)。
 しかし、たまこ先生のこの不調は、やっぱり兄の無職が原因なのでは?



エニグマ

 おー! なるほど!
 しげるの能力が予知というのはそのとおりでしたが、なんとスミオの能力が通信(テレパス)だったとは!
 これは上手い事してやられました。
 思い出してみれば、たとえばスミオしか聞こえない携帯電話とか、伏線はいっぱい張ってあったんですね!
 いやいや、すっかり騙されておりました。
 おそらくはエニグマ連載スタート以来綿密にしくまれてきていた最大のトリック。
 読み返してみると他にもいろんなところにそういう伏線が潜んでいるのかもしれません。
 これはお見事でありました。
 してやられた感がとても痛快でしたよー。

 しかし、主人公の能力がテレパスですか。
 主人公としては、ちょっと地味?
 でも凄い便利ですよねー。
 敵の手口とか、全部丸見えだとしたらとんでもなく強いですもの。
 いったいどこまで思考を読むことができるのか、これは興味が湧いてきます。
 これまでも徐々にその能力を開花させ、変化させてきたスミオですから、自分の力に自覚した事で、さらに大きく進化することは充分考えられます。
 さてさて、スミオ、ここからが本当の活躍どころだったんですねー。
 どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみです。



メルヘン王子グリム

 おお、イソッペだけでなくグリムのほうにまでお相手女性を出してくるとは!
 徐々にこの漫画、ハーレム化が進んできていますねー(笑)。
 キャラクターの男女比率で、女性のほうが圧倒的に多いような気さえしてきます(いや、キャラクターは男子もいっぱいいるんですけどね)。

 しかし、シンデレラの魔法使いが、

「いっひっひ

 いやらしい格好に変えてやろう!」


 って、最悪だっ!(笑)
 この漫画、どこまで夢を破壊してくれるんでしょうっ!



まとめて

 いやー、今週はぬら孫の“蝕”に完全に圧倒されてしまいました。
 ジャンプでここまでやっちゃっていいんだーっていう、圧巻のグロテスク祭。
 って、今気づきましたが、山ン本ってデザインがちょっとクトゥルフ的なんですね!(笑)
 この口元のにょろにょろとか、タコっぽくって実にクトゥルフさんですわ。
 いやん、ちょっとそれってば素敵すぎ。

 さてさて次週は、テレビアニメ大人気御礼ということでスケットダンスが巻頭カラー。
 そしてなんと、超人気御礼ということで、マジコがセンターカラー大増ページ!!
 おおー、マジコはこれで何度目のカラー獲得でしょうか!?
 かなりのハイペースでカラーもらってますよね!
 これはマジコ人気、本物かもしれませんねー。
 ファンとして嬉しい限りです。

 そして麻生周一先生の超能力読切がふたたび。
 一瞬連載スタートかと勘違いしてしまったんですが、同ネタで読切2連続ということは、どっちにしろ連載は近いってことかもですね〜。
 楽しみにしています。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>> しかし、主人公の能力がテレパスですか。主人公としては、ちょっと地味?
いえいえ、ボッスンを思い出してくださいw
能力が「集中力」ですからww
しかしmagiko人気凄いですねwまだ十数話しか来ていないのに、センターカラー3回目。このまま頑張っていって欲しいですね
あとアニメ大好評という事で、SKETDANCEも巻頭カラー!正直僕の一番好きな漫画なので、めっさ嬉しいです!このまま突き進んで行って欲しいですなw
Posted by ごんざぶろう2世 at 2011年06月09日 18:55
 地味主人公の時代到来か?w
 いやいや、バトルではなく謎解き中心のエニグマでは、テレパスは最強クラスの能力かもしれませんしね。
 これまでテレパスを主役にした少年漫画はちょっとお目にかかったことはありませんし、どんな活用方法になるのか楽しみです。
Posted by BOSS at 2011年06月12日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。