2011年05月17日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第624話 “オトヒメ王妃”

 週刊少年ジャンプ2011年23号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■情報操作?
■ルフィ=シャア?
■ジンベエ、七武海加入



■情報操作?

 冒頭、取調室で叫ぶアーロン。
 そしてその後新聞で語られる、フィッシャー・タイガーの死の『真相』
 この食い違いはちょっと不思議。
 ジンベエさんたちは、タイガーの名誉を守るためにアーロンが嘘をついたと解釈したようですが、実際はそうじゃない様子です。
 アーロンははっきりと、タイガーが自分から血を拒んで死んだということを言っています。
 それなのに、新聞はなんで「人間に献血を拒否され」と書いているんでしょうか。
 なにやら、誰かの意図的な情報操作じゃないかと思えてきます。

 犯人として考えられるのは、海軍、あるいは世界政府あたりになると思います。
 でも、彼らがそういう情報操作をして、なんの得があるんでしょうか。
 ひとつ私が思いついたのは、これまでタイヨウの海賊団に好き勝手にやられてきた海軍が、その体面を守るためにやったんじゃないかという事ですね。
 あれだけ荒らしまわったフィッシャー・タイガーもこれこのとおり、血を与えないだけで簡単に死にましたよと、そんな感じで。
 せっかくタレコミがあり、軍艦を数隻派遣したにもかかわらず、その軍艦を一隻奪われて逃げられ、搭載していた血液も使われるところだったわけですからね。
 そういった大失態を包み隠し、大衆には魚人おそるるに足らずとの印象操作をし、さんざん顔に泥を塗られた天竜人の溜飲も下げる。
 そんな意図があったのかなぁ〜と、ちょっと想像してみました。

 ところで、ストロベリー少将……頭の包帯それどうなってんですか!(笑)
 


■ルフィ=シャア?

 フィッシャー・タイガー死すの知らせを受けたオトヒメ王妃は、決意も新たに移住の呼びかけを続ける。
 しかし、ねじまげられたタイガーの死の情報が、ここで悪い方向に働いてしまったんですねぇ。
 どんどん離れていく民衆の心。
 皮肉な運命です。
 いや、まんまと人間側の横暴な情報操作に翻弄されていると考えるべきでしょうか。

 これはしかし、分からないでもありません。
 さしせまった脅威が感じられない時、人はどんどん保守的になってしまうものでしょう。
 たとえ、たまにやってくる海賊に人魚がさらわれる事があっても。
 人間達と出会うと、いわれない差別を受けるとしても。
 今この魚人島でひとまずの平和な暮らしが維持できているのなら、それでいいと。
 わざわざ冒険をして、外の世界にまで出てゆく事はない。
 そう考えてしまって、当然だと思います。
 ましてや、フィッシャー・タイガーが受けた「仕打ち」を知らされては。
 人々を動かすには、危機感がまだ足りなかったのでしょうね。

 酔っ払って炸裂した、オトヒメ王妃の心からの叫び。
 思わず胸を打つ慟哭でしたが、しかしこの言葉も、ちゃんと島民たちの胸には届いたのか。
 届きはしたが、結局動かすまでには行かなかったということなのではないでしょうかね。
 難しいですね、人を動かすって。

 差し迫った危機がなければ、大衆は動きません。
 人の心を察知できるオトヒメ王妃には、問題の深刻さがわかり、また指導者の立場から国の本質的な問題が見えるのでしょう。
 しかし、大衆はその視点にはなかなか立てるものではないですよ。

 ここで気づいたのですが、このテーマって、ガンダムとよく似ていませんかね。
 増えすぎた人口を宇宙に強制的に移住させた地球連邦政府は、しかし自分自身は地球に居残り、特権を欲しいままにした。
 それによって地球と宇宙との格差は助長され、反地球連邦政府運動などの争いの火は絶えなくなった、というのがガンダムの大まかな歴史です。
 その根本的な問題を根絶するため、シャアは隕石を地球に落とし、核の冬を起こして地球から人々を追い出そうとしたわけですね。
 ほら、ちょっと似ていませんかね?
 差別解消、格差是正、人類の革新のために、シャアが地球の側を住めなくしようとしたのに対して、オトヒメは差別される側の人間を地上に移住させようとしたという、ネジレはあります(ターンエーの、月から地球への移民と考えれば一緒になりますか)。 

 で、そこで思ったのですが……だとすれば、ルフィこそがシャアではないのかと!
 マダム・シャーリーの予知によれば、ルフィは魚人島を滅ぼすことになります。
 もしかするとそれによって、ルフィは魚人族を地上に強制的に導く事になるのかもしれません。
 ならばルフィはシャアその人に相当するのかもしれないぞと!(笑)
 ガンダムではアムロやブライトに計画を阻止されたシャアですが、もしかすると、ルフィならその大変な偉業をなしとげてくれるのかもしれません。
 ガンダムではターンエーの時代まで脱する事ができなかったメビウスの輪から、ワンピならば脱する事ができるのかもしれません。

 人と人の絆を再生するための、あえて起こす大破壊。
 そんなこと、まさか秩序側の人間ができるわけもありません。
 反乱側、反体制側にしかできない暴挙です。
 それでこそ、主人公が海賊であることの、最たる理由なのではないかと思うのですよ。
 ルフィによる歴史的な革命が、もしかしたら、この魚人島編から始まるのかもしれません。

 

■ジンベエ、七武海加入

 魚人族と人間の橋渡しとなるため、ジンベエさん、七武海に加入。
 しかしそれによって解き放たれたアーロンとの間に、決定的な亀裂が生じてしまう。

「おれこそが魚人族の“怒り”だ!!!」

 と叫ぶアーロン。
 アーロン自身が怒りの火の塊のようです。
 恨み骨髄。
 このアーロンの目を醒まさせることは、もはや誰にもできなくなってしまったんでしょうねぇ。
 滅多打ちになぐりつけるジンベエさんですが、それでもトドメまでは刺せない。
 そりゃあそうでしょうとも。
 ジンベエさんは、悪くない。

 しかしこのアーロンの解放が、のちにナミのココヤシ村の悲劇へと繋がってしまうわけで……。
 この状態のアーロンを見れば、なるほどと凄く納得させられますよ。
 あの凶暴で慈悲を知らないアーロンの凶行の裏には、こういう過去があったんですね。
 一連の悲劇を見てきた今、アーロンパーク編でのアーロンの言動が、またまったく違った意味で見えてくるように思います。
 悪逆非道の一方で、同胞をとても大切にする一面や、人間に対する異様に大きな怒り、魚人こそが最高の種族であるという歪んだ持論。
 そういったアーロンの姿が、たぶんもう一度読んだら、ちょっと物悲しく読めてくるのかもしれませんねぇ。
 あとでまた、読み返してみようと思います。 

 また、この過去編の物語をジンベエさんの口から聞いたナミは、どういう思いを抱くんでしょうか。
 そのへんもすごく気になります。


 そして……そしてなんと!
 魚人島に、“天竜人”の船が!!
 これは、最悪っ!
 なんかもう、天竜人が来たってだけで、反射的にギャーーッてなってしまいました。
 彼らの行く先々、必ず悲劇か惨劇が巻き起こる。
 そういった意味では、オドロキの安定感ですよ。
 いやもう、これはオトヒメ王妃、おしまいですねー。
 どういった経緯で王妃暗殺に至るのか、まだまだよくわかりませんが、なんかもう、天竜人が出てきた瞬間に、「絶望」の二文字が浮かんでしまいました。
 さぁて、悲劇のニオイぷんぷんの魚人島。
 なんか、来週号は読むのが気が重いです。
 どうなっちゃうんでしょう……。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!
posted by BOSS at 22:18| Comment(3) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとあの人の包帯やら頭やらどうなってんですかねw
しかし、段々掴めてきた魚人達の過去。そしてオトヒメ王妃の苦悩、努力。それらがどんな悲しい結末を迎えるのでしょうか。
来週は遂に天竜人来航で一体何が起きるのか。悲惨な結末と分かっているだけに読むのが辛いですね。
Posted by ごんざぶろう2世 at 2011年05月18日 00:37
>>それなのに、新聞はなんで「人間に献血を拒否され」と書いているんでしょうか。
 なにやら、誰かの意図的な情報操作じゃないかと思えてきます。

自分は
この部分に、「魚人は差別される(べき)」という考えを、誰かが暗に示しているような、そんな印象を受けました。
それこそフィッシャー・タイガーのいう
《何も知らない次世代》にも知らせるために。

海軍の体面を保つ、人間の優位性を見せつけるという意図も当然ありそうです。
Posted by ユーク at 2011年05月18日 01:44
>ごんざぶろう2世さん
>ほんとあの人の包帯やら頭やらどうなってんですかねw

 まさかあの中すべて頭蓋骨ってことはw
 しかし、ほんと最近天竜人は諸悪の根源って感じになってきましたねー。

>ユークさん

 なるほど、繰り返しそうやって魚人の地位を貶める何らかの意志が働いているという解釈ですね。
 天竜人あたりが極端に魚人嫌いだったりして、そういうのもあるかもしれませんねー。
Posted by BOSS at 2011年05月21日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ONEPIECE 第624話「オトヒメ王妃」
Excerpt: ジャンプを読んでいない方には、ストーリーネタバレが入っているのでご注意ください。 ↓ ONEPIECE 第624話「オトヒメ王妃」 おまえら……w 「賞金稼ぎ」から「漁業者」..
Weblog: 四葉の放送室
Tracked: 2011-05-18 16:10
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。