2011年04月13日

週刊少年ジャンプ2011年18号 感想<後編>

 さーてジャンプ感想後半戦です。

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・エニグマ
・いぬまる
・メルヘン王子
・めだかボックス
・逢魔ヶ刻
・保健室の死神
・ぬら孫

 の7本でお送りいたします。



エニグマ

 おー、どうやらエニグマの正体が分かってきたようですねー。
 綺島ユウタ、24歳、国語教師。
 さわやかな見た目と一見無邪気そうな表情とは裏腹に、時折かいまみせる不気味な気配。
 そして、どのような魂胆があったのか、女性養護教諭・弓河あみを無実の殺人容疑で逮捕させる目撃者を演じるなど、とても謎の多い男。

 これらのことは、タケマルのe−テスト・クリア報酬を用意するための、まわりくどい陰謀だったんでしょうかね。
 それとも、この綺島は弓河あみに何か重要な秘密を握られてしまったりして、それで口止めが必要だったのでしょうか。

「本当に残念だ…

 まさか彼女の…

 あんな姿を目撃するとは…」


 なんだかこのセリフは、実は綺島ユウタの本心なんじゃないかなぁと思えるのです。
 タケマルは、これをよくある悪役の皮肉っぽいセリフとしてとらえたようですが、実はそうじゃなくって、綺島ユウタは不可抗力で弓河あみを巻き込んでしまい、しかたなくこうしたのではないかと。
 そんな気配を感じました。
 うーん、深読みしすぎかなー。

 さてさて、そろそろこのe−テストも大詰めが近付いてきているわけですが、このテストが終わった時、エニグマはスミオたちの前に姿を現すのでしょうか。
 その正体は、本当に綺島なのか。
 いったいエニグマは、なにを目論んでいるのか。
 敵なのか、それとも味方なのか。
 次なるパスワードへのメモもみつかりましたし、いよいよって感じになってまいりました。



いぬまるだしっ

 いぬまるくん、抜けた歯が猫に盗まれ大騒ぎ、の巻。
 そうか、おっぱいがとれたら、ちゃんと投げないと次のおっぱいが丈夫に育たないのか。
 いぬまるだしは勉強になるなぁ〜。

 しかし、ななめ15度くらいの角度がいいの?
 そうなの?
 そうなんだ。
 いぬまるだしは勉強になるなぁ〜(笑)。

 あと、信号待ちしている猫さんがすっげーー可愛かったです!



メルヘン王子グリム

 なんなんだこのイソッペママのエロ可愛さは!

「さぁ それはどうかしらね」

 の思わせぶりな言葉にくらっと来てしまいましたぞ(笑)。
 こんなお母さんの子供だなんて、イソッペが羨ましすぎる!
 お前なんか、とっととメルヘン王子になってこの世から消えてなくなれ!
 つか消えろ!!

 あと、今週はティーポットに身体を生やしたティーポット魔神に大笑い。

「あれ? 角度が悪いな…」

 じゃねーよ!(笑)
 なんかもう、このちょっとムカッとくる顔といい、いろいろたまらんものがありました。
 ひどいメルヘンもあったものです(笑)。

 そして、メルヘン対決はまさかのνガンダム&ホワイトベースで勝利。
 ああ、やっぱりガンダムは現代のメルヘンですものね(笑)。
 そりゃー勝ちますって。
 しかし、シンデレラがやたらと可愛くってびっくりしましたぞ。
 渡邉先生、美少女がほんと上手い。
 それでいて萌え漫画にはしようとせず、しっかりギャグをやろうとしているところがいいじゃないですか。



めだかボックス

 ラスボスの地位を放棄し、連載そのものをぐだぐだの打ち切りにさせようとしてくるラスボス!
 こんなの初めてだ!!(笑)
 いやー面白い。
 そうかなるほど、最近めだかボックスの掲載順位があやうかったのは安心院なじみのせいだったのか!

 さて、めだかボックスはジャンプ好きの球磨川が登場して以来(かな?)、時折ジャンプそのものに現状を例えることが多くてニヤリとさせられるのですが、今回こそは極まったって感じですねー。
 なるほど、めだかには誰も勝つことはできない。
 それはなぜか。
 それは、もし世界がジャンプだとすれば、めだかが主人公だからだと。
 もちろん比喩。しかしそういう人間が稀に産まれてくるのだと。

 人間を平等にしか見ていない「悪平等(ノットイコール)」の安心院なじみですが、めだかだけは別なんですね。
 だからこその箱庭学園の創設であり、フラスコ計画の立案といったところでしょうか。

 最終的には、安心院なじみは究極の孤独だからこそそんな計画を立案したとか、そういうところに落ち着くのかもしれませんね。
 自分と同列に見えるだけの人間を、いっぱいつくりたかったんだと。
 友達百人、つくりたかったんだとか、そんな感じで。
 いやもう、永遠を生きる人外とまでなれば、そこまでの大きな勘違いもしてしまうかもしれませんが。
 しかし迷惑な話です。

 さて、ラスボスであることを放棄するというトンデモ策に出てきた安心院なじみ。
 なかなかの禁じ手にゾクゾクきてしまいましたが、これにめだかはどう対処するんでしょうか。
 すでに秘策は胸のうちにあるようですが、これは楽しみ。



逢魔ヶ刻動物園

 ぐわーーっ!
 なんだこの唐突な最終回ムードは!
 猛烈な盛り上がりはなんだーーっ!
 魔力を回収することで、動物達の力を取り入れる合体技。
 しかし、そうやって取り込んだ動物は、二度と人間の姿をとることはできなくなる。
 まさかの、唐突な永遠の別れに思わず言葉を失ってしまいました。
 トイトイが、ウワバミさんが、キサゾーが!
 彼らにはもう二度と会えないって言うのか!?
 
 そりゃあね、もちろん元は彼らも動物ですから、人間の姿をとってることのほうがおかしいのはそうですとも。
 でも、彼らは人間の姿を取ることで、かけがえのない仲間になることができていたのです。
 それがもう二度と、元に戻る事はできない。
 なんて喪失感なんでしょう。
 うわー、なんか本気でショックですわー。

 しかし、ウワバミさんもキサゾーも、自分からその力を園長に渡したのです。
 この熱い想い、園長は絶対無駄にしちゃだめですね。
 なんとかしないと。
 なんとも熱い少年漫画的展開ですよ。

 うーん、これはやっぱり打ち切り的展開かなぁ。
 もし希望があるとしたら、魔力が抜ける時の煙が、サーカス側と園長側で色が違うってところでしょうか。
 ロデオとトイトイから出てきた煙は黒っぽかったですが、ウワバミさんとキサゾーから出てきた煙は白いんですよね。
 この違いは、単に魔力の出所本体が違うってだけじゃなくって、無理矢理ひっこぬいたか、動物が自分の意志でやったかの違いだったりするんじゃないですかね。
 無理矢理引っこ抜いたら、二度とは戻れないけど、でも動物が自分の意志で本体に魔力を返したら、またふたたび人の姿に戻る事ができる……とか。
 そうしたら、ウワバミさんもキサゾーも、またすぐいつものように日常に戻れますし、トイトイたちだって、今度は園長が魔力をあげればいいんですものね。
 そういうハッピーエンドになってくれたらいいのですが。

 いやー、驚きました。
 まさかこんな感動の盛り上がりを見せるとは。



ぬらりひょんの孫

 百物語の会合をひらく山ン本。
 歯並びが悪く、さらに上の歯茎をひんむいて笑うこの顔つき。
 なんとも迫力がありますが、これ、どこかで見たような……。
 誰か似た人を知ってる気がするんだなぁ〜。
 気になる。誰なんだろう。

 ここで、山吹乙女が再登場!
 おお、まだ存命の時代でしたか!
 いやーあいかわらずお美しい。
 羽衣狐さまのあの冷たい美しさとはちょっと違う、清楚ながらも花が咲いたような美しさですねー。
 こちらもすばらしい。

 そしてまさかの、清十字団のご先祖たち、登場っ!!(笑)
 清継くんもカナちゃんたちも、みんなそのまんまか!
 いやーこの不意打ちには笑わされてしまいましたー。
 清継くんは、いつの時代も癒しですなぁ。

 しかしなんと!
 この清衛門くんは、ちゃんと、しっかり、ばっちり、がっつり…!!

 妖怪に遭遇してしまっているーーっ!!

 すげーーーっ!!
 清継くんの先祖なのに!
 妖怪に会えちゃうんだ!!
 しかもリクオの父親鯉伴や首無にまでまとめてどーん!
 こーれは清継君も希望が見えてきたんじゃないですか?(笑)
 清継くん自身が、夜リクオやその他の面々の活躍場面に遭遇できる日も、そう遠くはないかもしれませんな!

 そして、出ました黒田坊。
 おお、なにやらチャイナな服を着て、角まで出て、だいぶ今と印象が違いますね〜。
 まるでビジュアル系バンドって感じです。
 うむ、こっちの黒田坊もいいなぁ。
 さてさて、このビジュアル系黒田坊、いかにして鯉伴のもとにつくことになるんでしょう。



まとめて

 いやー、銀魂対スケダンのコラボ漫画二本立てはとっても面白かったですぞ!
 作品内でも対決しつつ、二本並べる事で作家同士も対決させるような構成。
 どちらが勝ったと評価するひとが多いんでしょうね。
 どちらにしても、ワンピとトリコもそうでしたが、作家と作家の絆みたいなものも垣間見えた気がして心温まるものがありました。
 今後も、こういう企画、工夫してどんどんやっていって欲しいなぁと思います。

 しかし、来週のスケダンと銀魂が妙に楽しみだなぁ。
 今週のオチをまだ引きずってたりしたら、それこそ凄いと思うんですが、さすがにそれはないか(笑)。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************


posted by BOSS at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>エニグマ
お忘れかもしれませんが、e-テストは強制参加ですよ。
冤罪事件の有無とテストに参加するか否かは全く無関係です。
Posted by ナナシ at 2011年04月15日 09:25
 ご指摘どうもありがとうございます。
 本文を訂正させていただきました。

 なお、大変申し訳ないのですが、ご使用の「お名前」は当ブログの決まりにより以後使用を禁止させていただきますのでご了承ください。
 当ブログの楽しい運営のため、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 詳しくは、こちら(http://balkan.seesaa.net/article/47619773.html)およびブログ最下部の【コメント欄について】をご覧ください。
 もし次またカキコミいただける時には、別のハンドルをつけていただけるようお願いいたします。
 またのカキコミ、心よりお待ちしております。
Posted by BOSS at 2011年04月15日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。