2011年04月11日

週刊少年ジャンプ2011年18号 【銀魂&スケットダンス・ダブルコラボ号】 感想<前編>

 銀魂のアニメ再開と、スケットダンスのアニメスタートを記念したダブルコラボ号。
 さっそく感想いきましょう。





 前半の感想は、

・銀魂&スケダンコラボ:篠原版
・ワンピ
・バクマン
・ナルト
・トリコ
・銀魂&スケダンコラボ:空知版
・magico
・べるぜバブ

 の8本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 銀魂&SKET DANCEコラボ:篠原先生版


 最初、この企画が両者とも別々にコラボを一本ずつ描くものだとは気づかなくって、普通に空知先生との合作だと思って読んでしまいました。
 で、途中で、「うおっ! この銀さんたち、篠原先生が描いたんじゃん!」って気づいて、すごいびっくり。
 いやー、篠原先生うまいじゃないですか。
 元アシだとは知りませんでしたが、その経験が活きたといったところでしょうかね。
 絵柄だけではなく、喋り方とかノリとか、漫画の運び方とか、とにかく「銀魂らしさ」が良く出ています。
 アシ時代にしっかり吸収していたのだなぁと思わされます。
 いや、もしかしたら、一部は空知先生がセリフとか書いたりアイデア出しとかしているのかもしれませんがね。
 それにしても、ちゃんと銀さんたちとボッスンたちが会話しているという空気が出ていますよ。
 まったく違和感がありません。
 いやー凄いわ篠原先生。
 その腕前、器用さ、みごとに見せ付けられた感じです。

 しかも笑いのネタもめちゃくちゃ豊富。
 登場と同時にスケダンを劣化銀魂呼ばわりの暴言(笑)。
 銀さんとスイッチの声が両方杉田智和さんという声優ネタ。
 最初は気づきませんでしたが、

「何この親切設計 杉田!」

「出すぎたマネをしすぎたかな」


 って、ダジャレかいスイッチ!(爆)

 そして、銀魂菌に侵食され始め、シモネタオンパレードになりそうなところでヒメコが銀さんのターゲットになるというまさかの超展開。
 ヒメコがセクハラされるという、これはこんなコラボでなければ味わえないミラクルネタですねー。
 そうか、ボッスンが言ってましたが、シモネタはあえてあんまりやらないようにがんばってきたんですね。
 道理でそういう印象が少ないはずだ。
 と、言いつつ、合宿編では男女入れ替えでやりたい放題やってましたけどね(笑)。
 いや、普段やらないからこそあそこの爆発力が凄かったわけかな。

 そして最後は、ボッスンに篠原先生がのりうつり、熱い師弟の絆を告白。
 いやー、なんかいいなぁこういうの。
 今回は全編にわたってそういう熱い心が感じられました。

 銀魂メンバーをスケット団の部室にひきこみながら、ほぼ全編に渡って銀魂ノリを再現して、それによって触発されたスケット団の姿を描く。
 銀魂にインスパイアされて今の自分があるということを赤裸々に、真正面から認めつつも、これからもずっと師の背を見ながら追ってゆくから、だから師匠も立ち止まったりするなよと、心からのエールを送っているようでした。
 篠原先生の生真面目さ、誠意があらわれた、とてもすがすがしい一遍だったと思います。
 なんか、読後感がすごく温かく爽やかでした。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



バクマン。

 小杉さん、体当たりの説得で見事七峰君を立ち直らせる。
 いいですねー。
 そういう面があるとは思いもしませんでしたが、どの担当よりも熱血漢の血が流れていたのですねー。
 いやいや、ムチャクチャだけども熱かった(笑)。
 ようするに、何を言い、何をするかではなく、自分の一生懸命さ、信じているという事を伝えれば通じるということなのかもですね。
 よくやった、小杉さん。

 そして、七峰君は敗北を認めつつも、

「次は必ず勝ちますから

 新しい方法で」


 と、ふたたび不敵な挑戦状。
 しかしなんともすがすがしい感じじゃないですか。
 負けを知り、謙虚さを得て、なお闘志を失わない戦士の心。
 これこそ本当のプロ魂かもしれませんねー。

 で、気になるのはやっぱり「新しい方法」ってヤツですね。
 今回のシステムは結局欠点だらけだったわけですが、だからといって七峰君には普通の漫画家にはなって欲しくないと言うのが正直なところ。
 そこは新時代の作家らしい、奇抜なアイデアでふたたび立ち向かってきて欲しいと思います。
 旧態依然とした漫画界の腐臭を吹き飛ばすような、そんなすがすがしい新風となって欲しい……とまで言ったら、ちょっと誉めすぎかな。
 でも、そんな感じで活躍してくれるといいなと思っております。

 さてしかし、この戦いによってサイコーたちは、何かを得る事ができたのでしょうか。
 七峰編が始まる前、サイコーたちはPCP以上にアニメに向いた、邪道でありながら王道なバトルを目指そうと、方向性を模索していたはずです。
 今回の七峰くんとの戦いが、なにかのヒントになるんでしょうかね?



NARUTO-ナルト-

 チョウジが痩せて背中から蝶の羽を出した先週。
 おおー凄いぞチョウジ、新技かー!とか思っていたのですが、今週のイノやシカマルたちのセリフを聞いていると、あれ? 以前にもやったんでしたっけ? と(笑)。
 ナルトは開始以来ずっと読んでいるはずなんですが、いやー、記憶力が弱くてダメですねー。
 困ったもんです。

 しかしチョウジ、痩せた影響なのか、肩当てが上がってグルグルほっぺが見えにくくなってちょうどいいですね(笑)。
 せっかく男前になったのにグルグルほっぺはなぁと思っていたら、そういう措置がとられましたか。
 よかったよかった。

 アスマ先生との、ほんとうに最期のお別れ。
 アスマ先生、すごく満足げ。
 むしろ嬉しそうですらあります。
 仕事をやりきった男の顔っていうんですかね。
 こういうお別れなら、師匠冥利につきるでしょうし、弟子としても弟子冥利に尽きるというものです。
 いい「世代交代劇」でした。



トリコ

 小松が遭遇したのは、なんと捕獲レベル92の化け物!
 サラマンダースフィンクス。
 あの鳥人間ミイラを除けば、こいつがこのピラミッドの主なんですかねー。
 いよいよグルメピラミッド編、メインディッシュバトルの開始といったところか。

 ゼブラ、開始早々怒涛の攻撃。
 ボイスミサイルに、ボイスカッター、さらにサンダーノイズと、カロリー消費は大丈夫なのかとちょっと不安になってしまう気前のよさ。
 しかし、そんなド派手な攻撃にもびくともしないサラマンダースフィンクス。
 まぁそこはさすがはピラミッドのボスといったところでしょう。
 さぁて、どうやってこいつを料理したらいいんでしょうね。
 トリコとゼブラの合体技か。
 さらに小松のメルク包丁の切れ味も追加したらいいんでしょうか。
 いったいどんな攻略法をみせてくれるのか楽しみ。

 それはそれとして、どうやらこいつがメロウコーラの持ち主らしいですね。
 ほほう、そう言われれば壁画に似たような絵が描かれてましたね。
 あれはたしか、涙を採取していたような絵だったと思うのですが、こいつの涙が目指すコーラなのでしょうか。
 だとしたら、どうやって涙を流させたらいいんでしょう。
 小松が見つけた本に、そういったことが書かれているんでしょうかね?

 ところで、あの鳥人間はどこへ…。



【センターカラー】 銀魂&SKET DANCEコラボ:空知先生版

 篠原先生版が、銀魂に対する尊敬やインスパイア、激励とかがないまぜになった師へのメッセージだったのに対し、師匠版はまさしく師匠の胸を貸したというか、まさに銀魂ワールドにスケダンを引きずり込んで好き放題遊んでやったといった感じ(笑)。
 無理にスケットダンスの手法をとりいれることをせず、いつも通りの銀魂手法で笑いを取りに来た印象でした。
 いやー、面白かった。

 なるほど、空知先生がスケダンを描くとこうなるんですね!
 漫画技法の違いというものがよくわかりましたよ。
 絵だけじゃなく、演出方法がまったくちがったんですね。
 しゃべってる内容はスケダンなのに(特に、ネガティブモード発動時のボッスンとか、素晴らしいボッスンでしたw)、コマ割りとかが違うだけで、見事に銀魂風になっちゃえるものなのだなぁと感心しちゃいましたよ。

 しかし、こちらでもやっぱりスケダンはシモネタをやらない、ヒメコは清純派ということが触れられているんですね!
 そこに笑ってしまいました。
 師弟ともに、見ているところは一緒なのかと(笑)。
 読み手としてはあまり気にせず別の漫画として読んでますから、あまり気にしなかったのですが、ジャンルが似通ってるからか、作家さん同士はいろんな「違い」に目ざといのかもしれませんねー。

 かくして、カーペンターズと金魂となった二作品。
 来週からもこの設定ひっぱってたら神となりますな(笑)。
 いやいや、面白い企画でした。
 ワンピとトリコは同期の仲。
 銀魂とスケダンは師弟の関係。
 そういった作家同士の絆も感じられて、漫画家さんたちの人間的な温かみのようなものも感じられたのがなんだかよかったです。
 今後もこういう企画、やってほしいなぁ〜。



magico(マジコ)

 エマの入浴シーンまだー? とアホ面で待ってたら、まさかの幼女の顔面にぱふぱふ!
 なんという無敵っぷり!
 マジコほんとに侮れません。
 



べるぜバブ

 古市め、あいかわらずいいキャラしておる。
 女子に「ふるちん」を連呼させ、さらには女性の着替えをガン見しながら心のカメラでシャッターシャッター。
 こう書くと、もう完全に変態ではないですか!(笑)
 それでいてこのすがすがしい顔。
 男子たるものこうありたいものです。……え?



 といったところで後編につづく。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:27| Comment(2) | TrackBack(2) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いつもお世話になっております^^
このたび、楽天ブログがTB機能を廃止するという事態になりまして
FCのほうでも記事を書くことといたしました。
楽天にも同じ日記を載せますが、これからは
FC2のほうからTBを送らせて頂くようになります(*- -)(*_ _)ペコリ
今後とも宜しくお願い致します!

トリコとゼブラに守られる小松はやっぱり真のヒロインですよねw
Posted by tom at 2011年04月16日 10:39
 こんにちわー。
 毎度TBありがとうございます。
 なるほど、楽天さんはTB機能廃止ですか。
 FC2への移転、ご苦労様でした。
 こちらこそ、今後ともよろしくお願いします^^

>トリコとゼブラに守られる小松はやっぱり真のヒロインですよねw

 まさかの三角関係ってやつですねw
 しかし今回の小松を守ってトリコとゼブラの出現したシーン、あれはあまりにも白馬の王子様レベルが高くってシビレました。
 小松のヒロインレベルもどんどん上がる一方ですねw
Posted by BOSS at 2011年04月17日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Wジャンプ18号感想
Excerpt: さらっと一言感想いきま〜〜〜〜っすスケダンと銀魂は後ほど別日記にてそれから来週火曜日4月19日から楽天ブログはトラバを送信出来ても受け取れなくなるそうですなのでアメブロ...
Weblog: 徒然”腐”日記
Tracked: 2011-04-12 16:08

【ジャンプ】 週刊少年ジャンプ 18号
Excerpt: ヽ(ω・ヽ)ジャンプ 18号 感想でーっす(ノ・ω)ノ♪ なかなか余裕が出来ないですね〜(^^; 仕事のほうの進み具合にめどが立った時に 楽天ブログのTB廃止事件があり ミラーブロ..
Weblog: TOM's Garden+
Tracked: 2011-04-16 10:44
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。