2011年02月24日

【ニュース】2010年-2011年アラブ世界騒乱の現在の状況まとめ

激動の中東〜北アフリカ

 現在中東から北アフリカにかけて、次々と反政府デモの火が拡がっています。
 日本のニュースでは、ニュージーランドで起きた大地震のほうに重点を置いて、たまにリビアカダフィ政権と反政府側の衝突が扱われるくらい。
 しかし今、あの地ではかつてない激動、変革の時代を迎えているのです。
 ということで、アラブ世界の現在の状況をわかりやすく簡単にまとめてくれたページをご紹介。

■2010年-2011年アラブ世界騒乱ゆめみがちサロンさんより)


 わかりやすくまとめてくれましたねー。
 まずはご苦労様でしたと、お礼を言いたいと思います。
 改めて地図でこうやって見ると、どれだけ凄いことなのか、よく分かります。
 いまアラブ世界は、これまでの歪な秩序をみずから破壊して、かつてない時代を迎えようとしているようです。

 むしろこういう仕事を、なんで日本のマスコミはほとんどしてくれないのでしょうか。
 国内のニュースばかりでなく、海外の情勢も詳しく知りたいと思っている人は、そんなに少ないのでしょうかねー。
 いや、また私のクセでマスコミ叩きになってしまいましたが……。


 チュニジアのひとりの青年による、抗議の焼身自殺から始まったジャスミン革命
 チュニジアの指導者が交代することとなったわけですが、この一件がフェイスブックなどのネットを介在して飛び火し、エジプトへ。
 そしてエジプトのムバラク政権が打倒されたことで、我も我もと各国へ、まるで枯野に火を放ったように、この反政府デモ、独裁政権打倒、王族打倒の炎は燃え広がったのでした。


 最初に焼身自殺をした青年は、まさかこんなことにまでなるとは予想もしなかったことでしょう。
 歴史をたった一人で作ることはできません。
 もちろんこの青年の行動がなかったとしても、遠からずこういう事にはなったと思うのです。
 中東から北アフリカにかけて、まるで限界ギリギリにふくれあがった風船のように、いつどんな刺激を受けても破裂してしまう、そんな状況だったのでしょう。
 青年の行動は、そんな時に偶然突き刺さった、たったひとつのトゲだったのかもしれません。


 さぁしかし、ここから中東、北アフリカ情勢はどうなっていってしまうのでしょうか。
 独裁体制が打倒されたら、自由で豊かな国ができるのか。
 それとも、危険なイスラム原理主義過激派が力を強めてしまうのか。
 イラクのように、部族間の勢力争いが始まってしまうのか。
 イスラエル・パレスチナ問題は。
 テロリストの巨大な資金源となっていた王族、独裁者が倒されたら、世界のテロリズムに変化は見られるのか。
 いろいろとあると思います。
 そしてその時、日本としてはどうしたらよいのでしょう。
 できれば、明るい未来が待っているとよいのですが……。
 


********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。