2011年02月21日

週刊少年ジャンプ2011年12号 【新連載第2弾 『メルヘン王子』スタート! & LIGHT WING最終回!】 感想<前編>

 さて今週のジャンプ感想ですが、今週は管理人の都合により、やや簡略めの感想となってしまいます。
 そんなわけで、あまり時間もありませんのでさっそく本編へ。





 前半の感想は、

・【新連載】メルヘン王子グリム
・ナルト
・バクマン
・ワンピ
・銀魂
・トリコ
・ドイソル
・ブリーチ
・べるぜバブ

 の9本でお送りいたします。



【新連載】メルヘン王子グリム

 何度かジャンプ本誌でも読切が掲載されておりました、渡邉築先生(twitterはこちら)のメルヘン王子グリムがついに連載に。
 読切では、個人的には爆発的な笑いこそないものの、子供向けにシンプルな笑いをコンスタントに稼いでゆく、なかなか器用な新人さんという印象でした。

 今回もそういう小ネタが満載。
 しょっぱなから、ナレーションかと思えば少年のセリフだったり、お母さんがシモネタ好きだったり、体温計型のメルヘンスカウターが爆発したり。
 あと召喚されたシンデレラの王子が臭いフェチってのがツボに入りました。
 「アンドユー?」じゃねーよと(笑)。この顔が妙にいい。
 そんな感じでちょこちょこと笑わされて、気づくとなんだかずっとくすくすニヤニヤ笑っているという状態に。
 うーん、正直言ってしまうとまだまだ発展途上のギャグ漫画だとは思うのですが、このネタ密度はなかなかいいなーと思いますよ。

 そしてこれ、考えてみると、ギャグでありながら王道のファンタジー・バトル漫画の第一話の形をとってるんですよねー。
 不思議な世界から突然やってきた友人が、ミラクルなパワーをくれて、そして始まる大冒険、というような。
 読切にはなかった『飛び出す絵本』を導入したのは、これはいいアイデアですよ。
 自分だったらどんな使い方ができるだろうって、ワクワクしますもの。夢があります。
 そうですねー、万能でよさそうなのが、アラジンと魔法のランプでしょうか?
 うーん、ちょっと思いつきませんが、考えれば他にもいろいろありそう。

 まぁこれは、いざという時にはバトルに方向転換することも考えての伏線かもしれませんね。
 メルヘン界の平和を守るため、次々と出てくるライバル王子と戦ったり(笑)。
 メルヘン王子がいるなら、ミステリー王子だっているかもしれない。
 時代劇王子や活劇王子、戦争王子やらSF王子やら、ことによるってーとロマンス王子だっているかもしれない。
 ロマンス王子……かなりイヤなヤツっぽいな(笑)。
 そういうのと次々と戦ううちにみんな友情で結ばれてったりして、ラスボスのノンフィクション王子と戦ったり。
 いや、ノンフィクション王子って……強いのか? 現実の王子じゃねーのか?(笑)

 まぁそれはさておき、うむ、これはなかなか面白い連載になるかもと思えてきました。
 いろいろ広がりようがありそうだし、ギャグながら今後の展開が楽しみになりましたよ。

 あとそうそう、今回ヒロインの白雪さんはほとんど目立ちませんでしたが、そのぶんお母さんがすごくいい味出してましたねー。
 シモネタ好きというのもいいですが、調子のよさといいノリのよさといい、なにより美人ですし、すごく可愛いって思えましたぞ。
 今後のお母さんの活躍に期待だっ!



NARUTO-ナルト-

 そして、メルヘン王子のおかげですっかりひょうたんの中身がメルヘン王国に見えてきてしまったナルト。
 なるほど、あのなかではこれまでの犠牲者が吸い込んだり吸い込まれたりしているわけですねっ!(爆)
 いやーだめだ、メルヘン王子、あまりにもタイミングよすぎです。

 しかしこれは上手い戦いでした。
 不自然な会話だなと思ったら、それが実はひっかけで、まんまと騙されたダルイは吸い込まれてしまう。
 ところが吸い込まれているさなか、何度も繰り返した「すみません」「だるい」を追い抜き、吸い込まれずに済むという。
 いやー、これは偶然の勝利とはいえ、なかなか上手い事騙されました。
 


バクマン。

 バクマンという漫画は王道のバトル漫画であるわけでして、今回もまた、許せない敵を叩きのめすため、命を賭けた戦いの火蓋が切られた!って感じの熱い展開。
 いやー、考えるところはいろいろありますが、でも熱いです。
 10週というタイムリミットを自ら設定しちゃうところも熱い。
 否が応でも盛り上がります。

 今回の場合、つまり攫われたお姫様役が小杉さんなんですね(笑)。
 小杉さんを救うべく、悪漢の七峰を10週でギャフンと言わせる。
 七峰くんがこれまた見事なほど、ゲス顔になってきているところが素晴らしい(笑)。
 実際のところ、私はまだ七峰君の手法をそこまでマズイとは言い切れないんじゃないかなと思ってるんですが、でもあのゲス顔と小杉さんへの態度を見ちゃうとね。
 こりゃもう人としてダメだろうと言わざるを得なくなってきますからねー。
 漫画手法のよしあしはさておき、とりあえず小杉さんを助けようという気にはなってきます。
 あ、でも小杉さんって、自分から七峰君の言うとおりになっちゃったんですよねー。
 小杉さんも、その点は反省してくれないとダメかもですね。

 さて、そんなシリアスバトルの横で、コミカルに繰り広げられる平丸劇場。
 これがまた逐一素晴らしい。
 平丸さんの妄想内の蒼樹さんとか、たまらんものがあります(笑)。
 さてさて、勘違いした平丸さんがいったいどんな行動に出るのか、むしろこっちのほうが目が離せない気がしてきましたぞ。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



銀魂

「それは最早ティッシュではありません

 聖骸布です!!」


 に盛大にウケた(笑)。
 新八おまえ天才だ!
 なるほどー、世の変態様方、今日から好きな人が丸めたティッシュのことを「聖骸布」と呼びますか(笑)。

 ってゆーか、このタイミングでライトウィングってゆーーなーーーー!!!!(爆)



トリコ

 胴体に蛇口のついてるラクダとか、こういうの見ちゃうと、こいつらって進化の不思議でこうなったのか、それとも人間の品種改良とか改造でこうなっちゃったのか、考えちゃいますよねー。
 ああもう、なんかこう金属がグッサリ刺さってるように見えて、想像しただけでイタタタタとなってしまいます(笑)。

 熱暑の砂漠を踏み越えて、ついに到着『デザートラビリンス』
 って、こっからが本番だったんですね!
 道理で、いつものトリコにしては砂漠特有の環境試練の描写が少ないと思いました。
 限界を超えた暑さに、流砂と、蜃気楼と、モンスターの一斉攻撃。
 なにより小松がいなくなっちゃったってのが強烈に焦燥感をあおります。
 さーてさてさて、砂漠の戦いの魅力、どこまで描いてくれるのでありましょうか。
 これは来週の濃いトリコ節が楽しみっ。



【センターカラー】 DOIS SOL(ドイソル)

 自分ではほとんど何も語らず、女が翻弄されて一人かけずりまわり、証言によって男の姿が浮き彫りになってくる。
 なんだかこれ、古風なロマンなんじゃなかろうかと思えてきた第二話。
 「自分は、不器用ですから」って感じです。
 なかなか男心をくすぐってくれるじゃないですか(笑)。

 さてさて、二話を使って主人公たちのキャラを深め、主要となる脇を登場させたドイソル。
 次はどんな話を見せてくれるのでしょう。
 この魅力はやっぱり「作戦」だと思うので、一週でも早く試合を見せていただきたいと思います。



BLEACH

 首尾よくフルブリングを覚えた一護。
 斬月の鍔の形ということで、いろんな使い方を試してゆく過程がゲーム的で面白かったです。
 実戦の最中に未知の能力に目覚めたら、なかなかこうは落ち着いて試していけないでしょうに。
 そこはやっぱり一護め、さすがといったところでしょうか。

 それはさておき、問題は織姫の迫る魔の手!
 織姫逃げろーーっ!!
 しかしこれは織姫の「攫われ属性」が働いてしまいそうだなぁ〜。
 どうなってしまうんでしょう。
 ドキドキワクワク……。



べるぜバブ

 うむ、面白いぞゲーム編!
 それぞれがちゃんと役割分担をして、ドタバタながらもチームワークと作戦、友情が描かれてゆく面白さ。
 むしろこのパートをもっと長々と書いて欲しいくらいです(笑)。

 今回は特に寧々さんと千秋のやりとりがよかったですねー。
 おちゃめな寧々さんに、しっかりものの千秋。
 思わずほんわか癒されてしまいました。

 そして、美味しいところを持ってゆくパー子!
 おお、この子もだんだん目立ってきたぞぅ!
 最近わたくしどんどんパー子が好きになってきました。
 ヤンキーでアホですが、ネアカ純情って感じですごく可愛いです。



 と、こんなところで前半戦を終了します。
 続きは後半にて。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:29| Comment(0) | TrackBack(4) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週刊少年ジャンプ12号一言感想
Excerpt: ナルトダルイの『だるい』のワードで吸い込まれそうになった時の流れが完全に幽白の海藤戦のパクリだったなwしかも、一番多く口にした言葉が入れ替わったとかいう下りもかなり無理...
Weblog: インドアさんいらっしゃ〜い♪
Tracked: 2011-02-22 00:51

Wジャンプ12号感想
Excerpt: 簡易感想です。銀魂は後ほど別日記にて表紙・巻頭カラーはは新連載メルヘン王子グリムま、面白かった・・・・と書いておこう(←なにその上から目線)ネタ切れにならない事を祈る・...
Weblog: 徒然”腐”日記
Tracked: 2011-02-22 15:02

週刊少年ジャンプ2011年12号・感想♪
Excerpt: 表紙・巻頭は新連載「メルヘン王子グリム」。初っ端からごめんなさい!一応読んだけど苦手なタイプなので、感想はパスということで。「ナルト」:口癖順位が入れ替り!?うわぁ〜、...
Weblog: あくびサンの、今日も本を読もう♪
Tracked: 2011-02-22 17:25

【ジャンプ】 週刊少年ジャンプ 12号
Excerpt: ヽ(ω・ヽ)ジャンプ 12号 感想でーっす(ノ・ω)ノ♪ (c)集英社この冬に、スーパーでおりたたみ式のコップを見つけました。ゴム製(?)で、じゃばらになっていて、ぱたぱたと折...
Weblog: TOM's Garden
Tracked: 2011-02-25 12:45
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。