2011年02月01日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第612話 “助けたサメに連れられて”

 週刊少年ジャンプ2011年09号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





 ついに単行本の売り上げが累計2億冊を突破!
 なんとまぁ、もうここまで行っちゃうと想像できる数を遥かに越えちゃってますねー。
 いや、もちろん凄いってことはわかるんですけど、じゃあいったいどのくらい凄いのかって事がさっぱり!
 もうそのくらい前代未聞の凄さってことなんでしょうねー。

 ということで、今週から集英社を挙げてのワンピ祭り。
 全雑誌の表紙をワンピがジャックし、盛大にプレゼント企画がスタートです。
 いやー、あいかわらず集英社は企画が巧い。
 この機に全雑誌の売り上げ向上をはかろうということなんでしょうけど、でもファンとしては思わず乗ってしまいたくなりますものなぁ。

 あ、よく見るとジャンプ表紙の海賊マークまでルフィになってたりするんですね!
 凝ってるなー。

 ところで、凝っているといえば、ワンピ 61 巻の表紙が凄いですね!!
 麦わら一味再出発に合わせ、タイトルを1巻と合わせるとともに、絵もちゃんと1巻の表紙をなぞっているんですよね!
 いや、これはちょっと感動しました!



【感想小タイトル】
■ヌマヌマの実
■竜宮城
■大きなお姉さんは好きですか?



■ヌマヌマの実

 ヌマヌマの実って、カリブー船長エロい能力もってますねーー。
 粘着性のある底なし沼で相手を動けなくして窒息させ、さらにこれは、自分の身体の中に取り込んでしまったのでしょうか。
 おれの体は底なしさんよォ〜〜って、つまりはそういうことですよね。
 さすが悪魔の実。
 あきらかに人魚三人なんて飲み込んだらあふれそうなものを、体積とかおかまいなしってことなんでしょうねー。

 さぁて、なんとも無法なヤツが魚人島に解き放たれてしまったものです。
 当初はルフィたちをやっつけて懸賞金で稼ごうとしていたカリブーですが、ここで人魚を狩ってたほうが得策と考えちゃいましたか。
 まぁ仲間も失ってしまったわけですし、それが普通の判断ですよね。
 悪役だって馬鹿じゃない。冷静にリスクとリターンを計算します。
 こういうところから、敵さんもちゃんと生きていると感じ取れます。

 しかし、ちょっと困った。
 ルフィたちにかかってきてくれれば対処できるものを、こう野放し状態じゃ、いったい誰がカリブーを退治してくれるのやら。
 カリブーの活躍は期待してましたが、それはあくまでルフィたちと絡む形でのことでしたから、こうなっちゃうとどうしたものか。
 困ったものです。
 いったいどうなるんでしょうね。

 そして、このカリブー船長の犯行は思わぬ波及を生むことに。
 なんと、人魚誘拐の嫌疑を、ルフィたちが受けることになってしまいました。
 マダム・シャーリーの予知もからめ、どうやらルフィたち、ここから追われるハメになってしまいそうですねー。

 それはそうとしかし、マダム・シャーリーが飲んでる水、これがすごい気になりました。
 なんで唐突にここで水を飲むシーンが出てきたんでしょう。
 とても不自然ではないでしょうか。
 もしかして、毒でも盛られているんでしょうか。
 この水を持ってきた人魚……実は新魚人海賊団かバンダーデッケンあたりからの刺客なんじゃないですかね?
 うーん。今のところは情報が少なすぎてなんとも言えませんが、なんだかとっても気にかかる一場面でした。



■竜宮城

 さてさて、ルフィたちはと言えば、ネプチューン王に導かれて竜宮城へ。
 なるほど、人魚姫のペットであるサメ“メガロ”を助けたことで竜宮城に招待されたわけですか。
 「助けた亀」 ならぬ、「助けたサメ」 に連れられて〜って、ダジャレだったんですね(笑)。
 あいかわらず尾田先生、細かいところで遊び心ですねー。

 また、この魚人島の秘密がまたちょっと明かされました。
 海底1万メートルの世界になぜ光と空気があるのか。
 それは、地上の光をそのまま海底に伝える“陽樹イブ”のおかげ。
 “陽樹イブ”が光と空気を海底まで届かせて、それによって魚人島は生かされているというわけだったのですねー。

 “陽樹イブ”といえば、サニー号の船体に使われているのは“宝樹アダム”
 一対になっている、不思議な名前ですねー。
 なんらかの関係があるのでしょうか。
 樹木の秘密といえば、悪魔の実はそもそもどんな樹になるのかってのも、ワンピ最大の秘密のひとつですよね。
 もしかしたら、そういった秘密は表裏一体となっていて、ひとつのところに根っこを持つ大きな謎だったりするのかもしれませんね。

 そんな話をしているうちに一行は竜宮城へ。
 魚人島本体の球体ではなく、上についている小さな球体――雪だるまで言うと頭のほうが竜宮城なんですね。
 自在に動く水のチューブが間を繋ぐ通路になっていたり、まだまだこの島の仕組みは不思議だらけ。
 そもそも、この泡の世界自体、どうやって二重構造になってるんだかわかりませんし。
 外の泡と中の泡の間が空気だとしたら、どうやって中の泡は空中に浮いているんでしょう。
 中の泡の内部は、ほぼ水で一杯なんですものね。
 いやー、不思議だらけです。

 そして到着、竜宮城。
 なんかもう立派すぎてでかすぎて、スケールが想像できません。
 まさに伝説の海底王国ですなー。
 鯛や平目は舞い踊るのでしょうか。
 最後は玉手箱が出てくるのでしょうか。
 あ、そういえば人魚姫は乙姫様なのかなー。
 乙姫……音姫……尾と姫……。
 うーん。
 ここへきて、なんの人魚なんだろうなーといろいろ考えてしまいました。

 あと、王国名はリュウグウなのに、お城は漢字なんですね(笑)。
  
 

■大きなお姉さんは好きですか?

 そしてついに登場、人魚姫さま!
 それは驚きのビッグサイズの女の子。
 巨人サイズの人魚さんでしたかー。
 正体は、巨魚ビッグキスの人魚姫。
 その名をしらほし姫
 ビッグキスって、大きなキスってことですかね?
 そしてしらほし姫というネーミングも柔らかでかわいらしい。

 いやーーこれはかわいいですねー。
 うるうるとうるんだ瞳。
 こぼれそうな涙。
 ちょっと頑張って強気に出たかと思えばすぐにボロボロ泣き出しちゃったりして、巨大な身体に似合わずハートは繊細すぎるほどに繊細なんですねー。
 そのわりに着衣は極小で、胸元を開くようなフリフリがまた妙にエッチぃ。
 幼いハートとナイスバディの素敵なギャップ。
 そして、深窓の令嬢という境遇と、この下着姿みたいな適度に香るエロチックさが絶妙なバランスですよー。

 やーなんかこれはなかなかたまらんです(笑)。
 ワンピは最近、どんどん魅力的な女性キャラを出してきますね!
 尾田先生は、全国何百万の小中学生男子に、いったい何に目覚めさせようとしているのでしょうか(笑)。
 ワンピで情操教育を受けてしまう小中学生男子諸君。
 キミ達が本当にうらやましいっ!(爆)

 しかしルフィ、そんな人魚姫さまになんてことをっ!
 乙女の柔肌の上を、土足でズカズカ歩いた上に、さらに極上の柔らかさのオッパイ様の上で、あろうことかトランポリンとは!!
 まさに……万死に値するッ!(笑)


「ぼよん!」

「むにっ!」

「ぽよん! ぽよん!」



 って!!!
 畜生!!
 ほんっとーーーに、ありがとうございましたあっ!!



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!!


posted by BOSS at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダイオウギスというのいまして(女の子に「ダイオウ」は似合わないから「ビッグ」でぼかした?)、全長70cm…って微妙かな?普通のキスの倍以上だそうですが。
でも「しらほし姫」という名前。「シロギス」「ホシギス」という種類のキスもいるらしいので、結構有力な気がするのは自分だけでしょうか?(全部Wikiからの引用ですけど)
Posted by ショウ at 2011年02月01日 23:59
 なるほどー、ダイオウギスってのをもじってビッグキスとしたのかもしれないんですねー。
 人魚姫のイメージにあうよう、いろんなネタをまぜこぜでつくってあるのかもしれませんね。
Posted by BOSS at 2011年02月04日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。