2011年01月19日

週刊少年ジャンプ2011年07号 感想<後編>

 さ、後編の感想です。
 今日は旅行の荷造りがあるので、ちゃちゃっと済ませちゃいますぞー。

■前編の感想はこちら





 後編の感想は、

・めだかボックス
・【読切】IPPONバンビ
・バクマン
・エニグマ
・ぬら孫
・黒バス
・保健室の死神
・ライトウィング

 の8本でお送りいたします。



めだかボックス

 いやー、球磨川かっこええ!

『あ』

『それではみなさん

 ご唱和ください』

『 It's 』『 All Fiction !! 』


 今週はもう、このカタルシスに尽きますな!
 この悪役ぶり、実にアッパレ。
 思わず、ニヤニヤ笑いが止まりませんでした。
 悪役が魅力的な作品ってのはほんと面白いものです。

 さてしかし、善吉はこれでまた死んでしったのでしょうか。
 それこそ腕を一瞬で切断して爆弾を除去し、また縫合するってことぐらい、あのお母さんならやっちゃうんじゃないかと思ってしまうのですが。
 いや〜、ハンター×ハンターじゃないからそれはさすがに無理かなぁ。
 どうなるんでしょう。



【読切】 IPPONバンビ

 宮本和也先生の柔道もの読切。
 2007年の金未来杯エントリー作 『ドラキュラ君と天使さん』 の先生ですね。
 さすがにほとんど覚えていませんが、絵柄はなんとなく見覚えがありました。

 妹の世話をするうち乙女ちっくになってしまった少年は、実は元は柔道の天才だった。
 妹の自立と少年の自己再発見を経て柔道にまい進し始めるまでを描くスポーツもの。
 ストーリーは基本をおさえた王道。
 女の子を助けるため、女の子との約束を絡めて悪を倒す。
 サラリッと心地よく読むことが出来ました。

 スポーツモノとしても仕事はしっかり。
 体格の大きく違う相手でも、技とタイミング、かけひきで華麗に投げ飛ばすことが出来る。
 柔よく剛を制すの基本をきっちり押し出していましたしね。

 また主人公が乙女チックというのも今らしい時代を反映していて面白かったです。
 なるほど、こういうのが来るのが今の時代なのかーと。
 しかしこれ、実際少年達が読んだらどう思うんだろうと考えないでもありませんねー。
 はたして、共感してしまう子たちが、いったいどれだけいるのだろうかと(笑)。
 かなり多数の共感を呼ぶのだとしたら……うーん、なかなか、なんとも言いがたいものがありますねーーー。

 しかし、最近の新人読切は、お色気シーンが義務になってるんでしょうかね?
 なんか物語に関係なくとも、とりあえずオッパイ見せておけというような読切をたくさん読んでいるような気がします(笑)。
 うん、まぁ、悪くないです。
 いや、むしろよいことです(笑)。
 オッパイ画力は新人少年漫画家にとって大事な試験科目ですからな。
 その点、オッパイバンビ……じゃなかったイッポンバンビは及第点と言っていいでしょう。
 ボリューム、したたる汗、実にやらしい(笑)。
 縞パン、泣き顔、いろいろあわせて一本です。
 いや、むしろ教育的指導と言うべきか。
 今後は総合的な画力の向上に努め、さらなるやらしさを追究していただきたい。

 ちなみに昔の 『ドラキュラ君と天使さん』 の感想を読むと、ギャグのパワーアップとラブコメをもっと押し出してというような事をわたし、書いてたんですね。
 うむ、今度はそのあたり、しっかりクリアしていたように思いますぞ。



【センターカラー】 バクマン。

 うーん、『シンジツの教室』 面白いなぁ〜。
 これは本当に読んでみたい。
 さすがに全滅で終了のラストは二人が言っているようにナシだと思いますけどね。
 でも、ウソをついたら死ぬという心理ゲームのなかで、いったいどれだけ人間性が暴露されてゆくのか。
 ひとをなぶり、おちょくるような仕掛け人に対抗して、はたしてどんな手が打てるのか。
 そういう知的興奮が極めて高い作品になりそうです。
 また、そういった極限状態だからこそ、本当の意味で人の心の美しさは光るってもんだと思うんですよね〜。
 私、この高橋くんと佐伯さんの純愛に、感動して涙できる自信があります(笑)。
 うーん、これは本当に読んでみたいなぁ。
 さすが大場つぐみ先生。
 これだけのアイデアをポンとよく作品内作品で出せるものだ。
 むしろ大場先生、バクマンのほかにもう一本原作で連載を、とか考えてたりしないですかねー(笑)。

 ところが、この作品の作者・七峰透はトラップの時にファンレターをくれてた読者だったことが発覚。
 おおー、類は友を呼ぶとでも言うのか、同好の士は求めている方向までかぶってくるんでしょうかねー。
 トラップの作者である亜城木を追ううちに、この方向にゆきついたってことなんでしょうかね。
 さぁて、この関係はどんな運命となって今後のドラマを生むことになるんでしょうか。
 なんだか気まずいことにならないかちょいと心配です(笑)。



エニグマ

 いかん、いかんなぁ〜。
 クリス、祀木、スミオの熱いシーンが、シンジツの教室のせいでみんなウソツキに見えてきてしまったぞーぅ(笑)。
 しゃべるごとに、パーンって消えてったりして。
 いやいやいやいやw
 だめですなー、シンジツの教室。
 誰も彼も信じられなくなるとは、毒され過ぎです(笑)。

 しかし、水沢アルはどこへ行っちゃったんでしょうか。
 水沢アルの脳内にメモがあると言ってたのに、実際は着ぐるみの頭の中から。
 これってつまり、水沢アルは着ぐるみそのものだったということでしょうか。
 変身能力者?
 だとしたら、たしかに首をもとどおり繋げないと人間の姿には戻れないでしょうねぇ〜。
 はてさて、真相やいかに。



ぬらりひょんの孫

 雰囲気がガラリとかわり、今週は由緒正しい和風ホラー。
 いいですねー。
 椎橋先生の画力、表現力が上がっているために、なかなか素晴らしいホラー演出となっております。
 とおりゃんせの歌声が聞こえてくるなかで、夕闇の階段で起こる怪。
 鳥居の階段であやしげな子供と遭遇するネタはすでに京都編でやっていますが、今度はなんということか、子供の顔がない(笑)。
 このえぐれっぷりがまた見事ですねー。
 惚れ惚れしちゃいました。

 恐怖を煽り立てるものとして、なんでこう子供ってのはぴったりなんでしょうね。
 生まれてまだ間もないということで、神様に近い存在、逆の意味であの世に近い存在、ということなんでしょうかねー。
 いやー、怖い怖い。

 そして、オオバサミの妖怪登場。
 顔を包帯でぐるぐるにした、大正時代の軍人のようないでたち。
 これは敵なのか味方なのか。
 この格好ですから、実は鯉伴の片腕だったとか、そんなつながりがあったりなんかして。

 あと、理科のマナ先生、身近な感じのする素敵なひとですねー。
 椎橋先生は、意外と女性のキャラ造形にかなり多芸なんですね。



黒子のバスケ

 相手チームを怪我させることを得意技とする、花宮真ひきいる霧崎第一。
 木吉鉄平の恨みもあり、こいつらにだけは負けないぞと熱くなる誠凛一同って感じですが、いやいや、勝ったからってそれでよしなのだろうかと。
 競技中の事故は意図的なものとして断定しにくいというだけで、普通にこれは傷害罪が適用される犯罪だと思うんですけどね(笑)。
 スポーツの勝敗で決着がついたからと言って、その犯罪行為がなかったことにはならないでしょう。
 たとえばこれで花宮が負けて心を入れ替えてくれたところで、それでこれまでの罪がなかったことにはなりませんからねー。
 公の裁きが必要です。
 これまで怪我させてきた人間全員に対する賠償が必要です。
 ぜひとも試合中に傷害行為が問題となり、現行犯逮捕で決着がついて欲しいものであります。
 いや、まずそんなことはないでしょうけど(笑)。



保健室の死神

 操くん…………ここはあえて敬意を表して操くんと呼ばせてもらいたいのだが、操くん、かっこよすぎる!
 おとなびたクールな口ぶりという、かわいすぎるギャップ。
 そしてきらめく才能と、ときおりやっちゃうドジ。
 「だーてぃな過こ」 とか 「ふりーの9さい」 とか、でてくる言葉も天才的(笑)。
 いやー、これは実ににいいキャラクターがレギュラー化してくれましたなー。
 今後の操くんの活躍がとっても楽しみです。

 しかし、なんかいきなり掲載位置が落ちましたね。
 うーん。



LIGHT WING(ライトウィング)

 悪魔の10枚羽根に対し、天使の10枚羽根が発現。
 昔シアンに負けた時には1枚しかなかった翼が、今はこんなにも。
 これは仲間達がくれた翼ってことなんですかねー。
 いやなかなか熱い。

 しかし、小学生の時にリヒトが心折られなかったのは、シアンがわざとやってたことだと思ってたのですが、リヒトだけがちゃんと悪魔の囁きに耐えることが出来ていたってことだったんですねー。
 では、まわりの小学生達は心折られ、リヒトだけは大丈夫だった、その差はいったいなんだったのか。
 実はそのあたりになにかが隠れているのかもしれませんが、でもそこまで描ける余力がこの作品に残っているのかどうか。
 うーん、今にも終わってしまいそうな雰囲気です。



まとめて

 といったところで今週の感想も終了。
 今日は荷造りしないといけないので、ここであっさり終わっておこうと思います。
 それではまたっ。




********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************


posted by BOSS at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。