2010年11月18日

ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.143 “道を”

 サイレン、週刊少年ジャンプ2010年50号収録分の感想です。

■ジャンプ本誌感想はこちら→前編後編

【コミック派ネタバレ注意!】




【感想小タイトル】
■変貌のミスラ
■未来の真実
■決別
■奇跡の共闘



■変貌のミスラ

 ついに約束の涙を手に入れたミスラ。
 約束の涙が形を変えて、まるで節足動物かなにかのように無数の足を生やし、ズルズルとミスラの口の中に潜り込む。
 ぐ、ぐげぇ〜。ぎもちわる〜(笑)。
 こんなこと平気で出来ちゃうとは。
 ミスラってのは元からかなりイッちゃってるヤツだったんですね〜。

 そして、一瞬で変貌したミスラ。
 身体の各所にウロボロス特有の斑紋が浮かび上がり、その目にはなぜか涙。
 ウロボロス……クァト ネヴァスと繋がることができてよほど嬉しい様子です。
 ほほう、ミスラにもそういう恋い慕うような感情があるんですねー。
 しかしそれは、人類とはまったく相容れない性質のものなのでしょう。
 誰にも理解されえないものなのかもしれません。

 それはまた、おそらくクァト ネヴァスというもの、そのものに対してもそうなのかもしれません。
 このサイレンという物語で、おそらくクァト ネヴァスが何者であるのか。その詳しい真相はたぶん明かされることはないんでしょうねぇ。



■未来の真実

 最後のサイレンテレカを受け取り、全ての記憶を受け取った天戯弥勒。
 どうやら、誤解なく全てを理解してくれた様子。
 そうでしょう。
 どんなに言葉を尽くしても、あのメッセージに勝るものはなかったでしょうとも。
 ほかならぬ弥勒になら、姉の力かそうでないかなど、たやすく見分けることが出来たでしょうからね。

 弟のように、化け物になりたくないと言った姉。
 しかし、その真意は、弟をいかにして正しい道に戻すか。
 そこにあったのですね〜。

 どんなに力を持とうとも

 私達の目指す頂点はそれで充分だった


 この言葉は、おそらくネメ姐さんにとってのサイレンゲームについても言えるのではないでしょうか。
 世界を救うことは、ネメ姐さんにとっての本当の目的ではなかった。
 本当の目的は、弟を救いたい、ただその一心だった。
 弟をどうやったら救うことが出来るのか、その方法を探るためにこそ、サイレンと言うゲームを起こしたのではないでしょうか。
 愛ですよ……愛。
 ネメ姐さんは、自分と同じ時間軸の弟を救うことは、ついにできなかった。
 それを考えるととても切ないんですが、でも、こうやって 「やり直し」 の時間軸を作ることが出来たんですね。
 本当にありがたいことです。
 姉の愛、とっても大きくってあったかいじゃないですか。


 一方、いったんノヴァを解いたアゲハ。
 うわ、胸の傷が開いたままだ!
 ノヴァ化で無効化したんじゃなかったんですね!
 これはマズイ兆候ですよ〜。
 ここまでアゲハ、着々と玉砕フラグを立ててきましたが、これまた大きな玉砕フラグじゃないですか〜。
 いやですよ? 雨宮さん残して一人だけ逝っちまうなんて。
 絶対許されることじゃないですって。
 残された雨宮さんが、どんなに辛い思いをすることか。
 絶対生きて帰ってこなけりゃダメですぜ?

 

■決別

 そして、ついにミスラに反旗を翻した弥勒!!
 さらに、

「グラナ ジュナス

 手出しするな

 これは俺がカタをつける…!」


 と、これはここまで皆を連れてきた者として、責任を取るって言ってるんでしょうね。
 自分を信じてついてきてくれた皆に対して、騙されていた自分が、ひとりで決着をつけなければいけないって。
 グラナも、その弥勒のプライドがわかって手を出さないのでしょう。

 怪物化したミスラと、弥勒、激突!
 弥勒の攻撃をいとも簡単にシールドで防ぐと、ミスラ、ハイパーメガ粒子砲発射!
 うはは、たしかにすごいパワーだ。
 しかしだしかし、未来世界のあの想像を絶する戦いを見てきた我々にとって、ちょっと物足りない感じがしてしまうのもまた事実!
 そう、われらがアゲハ暴王モードにとっちゃ、この程度は充分防御できたのですな!
 弥勒を背に、立ちはだかる暗黒アゲハ! かっこええ!!
 この真っ黒いのが主人公の最終形態って、ちょっとこれ珍しいですよね〜。
 まぁ、今更ですが。
 主人公とは思えない。ほんと、悪役にしか見えません(笑)。
 だがしかし、それでこそアゲハでありまっす。

 ところで、このミスラが意外と強くなかった(充分強いですけどね!)のは、やっぱり約束の涙と融合してから間がなかったって事が一因なんじゃないですかね。
 もしくは、大気のPSI 濃度が関係しているんでしょうか?
 でもそれを言ったらアゲハも同じ条件なんですよね。
 あるいは、ノヴァ化に対しては大気濃度は無関係なんでしょうかね。



■奇跡の共闘

「10年後のお前を追っていたら

 俺も化け物になっちまった」


 なんだか、数奇な運命を感じさせるいいセリフですね。
 ちょっと、怪物の悲しみのようなものがただよってきます。
 アゲハ、行くとこまで行っちゃったんだなぁ〜って。

 しかしそのアゲハに迷いはない。
 力を使い続ければ死んでしまうぞと指摘する弥勒に対し、

「関係ない…!!

 化け物として死のうとも

 俺が皆の為に道を拓く

 それがこの力を持った俺の責任だからだ」


 決然と言ってのける。
 たくさんの痛みと悲しみを越えて、アゲハはこの覚悟に到達しました。
 これは決して自暴自棄ではなく、確かな決意なのでしょう。
 自分がやらなければ誰がやると。
 他に出来る人はいない。
 自分だけがこの力を与えられた。
 それは、好むと好まざるとを問わず与えられた力だが、でもそれを無視して何もしなければ、世界は破滅してしまう。
 だったら、その力は行使しなければならない。
 これまで、いくつもの悲劇を見てきたのだから。
 なにより、守りたい人がいるのだから。
 特別な力を与えられた運命を甘んじて受け入れ、その力を使うことにためらいはない。
 例えそのことで、死ぬ事となったとしても。
 それで、守りたいものが守れるのだとしたら……。

 このアゲハの言葉が、弥勒にどう響いたのか。
 人と違う事を呪ってきた弥勒に、どう響いたのか。
 弥勒は言葉をつまらせ、なにやら感じている様子。
 今、ちょうど責任を感じて一人で戦おうとしていた弥勒には、通じるものがあったのではないかと思うのです。

「勘違いするな

 お前と仲間になる気はない」

「そうか 俺もだ」


 おお、ついに!
 ついに手を組む二人!

 これまで、繰り返し類似性が指摘されてきたアゲハと弥勒のふたり。  
 物語構造的にも、陰と陽、月と太陽のように対の存在だったのかもしれません。
 その対の存在が、今ついに手をとりあい、力を合わせて戦おうとしている!!
 この流れは、予想通りといえば予想通りなのですが、いざ目の前に見せられてしまうと……いや〜、なんともね〜!(笑)
 理屈抜きに興奮させられてしまいます!

 異形の化け物と化したミスラに、突進するアゲハ。
 ミスラの攻撃を逸らすことに集中する弥勒。
 二人の力があわさり、今、ここに、ミスラ粉砕!!
 いや、まだ決まったかどうかはわかりませんが、この二人が力を合わせたのです。
 もう結果は見えているようなものですね〜!

 ところでこのへん、ちょっと展開を急いだのか、もうちょっとジックリ描いていただきたいバトルでありました。
 実際最後のコマに弥勒がいないのももったいないですし、その前に弥勒が何をやったのか、力の激突を絵で表現していただきたかった。
 せっかく主人公と最強ライバルの共闘!!という無敵に熱い最高のクライマックスなんですからね。
 コミックス収録時には、なんとか加筆訂正していただければいいのですが。
 このあたり、編集から巻きが入ったのがアリアリと感じられてしまいました。
 盛り上がり場面だけに、かな〜りもったいない。


 さぁしかし、これでついに歴史は大変革を遂げました!!
 ミスラに寄生したウロボロスの化身が消滅すれば、転生の日はもう起こりません!
 地球滅亡はついに防がれたことになるのです。

 では、それですべてまるっと収まるのか。
 いや、それじゃあまだ終わらないですよねぇ。
 彼ら、天戯弥勒とともにこれまで破壊の限りを繰り返してきたワイズたち、彼らの処遇をどうするのか。
 そこが最後の大問題となってくるでしょう。
 どうするんでしょうね。 
 どういう着地が待っているんでしょう。

 そして、気になりまくる、アゲハと雨宮さんの、結末やいかに。
 死亡フラグ立てまくりのアゲハですが、そんなものはすべて暴王モードでブチ折っちまえと(笑)。
 最後はスーパーハッピーエンドに雪崩れ込んでいただきたいものです。

 本当に本当に、もうフィナーレなんですね〜。
 あと2回か3回くらいでしょうかね?
 ジャンプNEXTでエピローグみたいな話はあるんでしょうか。



■ジャンプ本誌感想はこちら→前編後編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■PSYREN‐サイレン‐の謎
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その08 「灰化する死」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その07 「薄明るいサイレン世界の夜」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その06 「タツオの放浪期間」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その05 「現在と未来の同調性」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その04 「ゲーム主催者」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その03 「ニセ刑事の正体」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その02 「電話の声」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その01 「噂の発生源」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 【序文】



■関連記事
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.142 “王冠”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.141 “約束の涙”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.140 “解放”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.139 “崩壊”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.138 “反転(リバース)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.137 “太陽と月”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.136 “姉弟”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.135 “羊、狼”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.134 “葬送曲(レクイエム)”
・読書感想 PSYREN‐サイレン‐ another call 1 紅蓮の聖誕
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.133 “待たせたな”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.132 “半身”
・【動画ネタ】PSYREN×よつばと!で『わいずと!』
・【動画ネタ】ジャンプ漫画『PSYREN』の絶品パロディ特集
・PSYREN(サイレン)感想 CALL.66 “戦士” 第1回キャラクター人気投票結果発表!
・コミック感想 PSYREN‐サイレン‐ Vol.6 “突入作戦(フレイム)”
posted by BOSS at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。