2010年11月02日

ONE PIECE(ワンピース)感想 第602話 “下舵いっぱい!!”

 週刊少年ジャンプ2010年48号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】




 扉絵はウソップ対カワウソの水泳対決。
 皆うまいことを考えてきますね〜。
 しかしこう見ると、やっぱりウソップは逞しくなりましたね。
 体つきはもちろんのこと、なんだか顔つきもちょっとふてぶてしくなったように見えます。
 男子三日会わざれば〜って言いますが、まさにそんな感じです。
 いやいや、これはなんか凄く嬉しいですよ。
 ウソップ、本当に頑張ったんでしょうねぇ〜。



【感想小タイトル】
■見送るもの達1
■麦わら一味、集結!
■見送るもの達2
■出航!!



■見送るもの達1

 出航へ向かうルフィたち。
 集結の喜び。
 そして、彼らの出航を助ける、これまでルフィたちがお世話になった人たち。
 今週はたっくさんの絆を喜べる、最高に素晴らしい回でした。
 順を追っていきましょう。


 まずはルフィの背中を見送るレイリーさん。
 修行の日々をふりかえり、ルフィの背中に声をかける。

「頂点まで行って来い!!!」

 いいですね〜、重いですね〜。
 レイリーさんほどの過去を背負ったお人に言われると、ほんとでっかい言葉です。
 そしてさらにレイリーさん、海軍の前にたちふさがり、剣を抜く。

「弟子の船出だ よしなに頼むよ」

「この線は……」

「越えない事を

 …勧める…」


 渋い。渋いなぁ〜レイリーさん。
 もうすっかりルフィの師匠キャラが定着しましたねー。
 今回はこれでお別れとなりましたが、いつか再び登場して欲しいものです。


 ついで登場は、おお、やっぱり来てました、ペローナさま!
 あのゾロが1番に到着ってのはあまりに怪しすぎると思ってましたが、やっぱりペローナが絡んでいたんですね。
 髪も編み方を変え、コスチュームも新調して、ちょっと大人っぽくなったニュー・ペローナ。
 いや〜これは魅力的だわ〜。
 なんかちょっとドキッとしちゃいました。
 ひっさびさの都会で思いっきりショッピングを楽しんじゃったんでしょうね(笑)。

 しかし、こんなかわいい娘と2年も一緒だったとは。ゾロが羨ましすぎですな。
 またこれは2年の歳月の賜物なのか、ちょっとゾロがペローナに飼いならされてる感があって微笑ましかったです。
 お互いの距離感をすっかり掴みあっちゃってる感といいますか。
 付き合い始めてから年月が経って、だいぶ慣れちゃったカップルって感じがかもし出されてるように思えました(笑)。
 ゾロって、硬派なわりに意外と女性キャラと絡むことが多いヤツなんですけど(たしぎとか、ボニーとかね)、このペローナが一番相性いいのかもしれませんな。

 っと、あやうく見落とすところでしたが、ペローナが右脇にかかえているのは……クマシー!!!
 クマシーのぬいぐるみ、新しく買ったのか、それとも自分で作ったのかはわかりませんが、いや〜、これは嬉しい。
 クマシーへの愛が不滅だったことを知って、なんだかちょっと胸が熱くなっちゃいましたぞ。
 
 しかし、サンジは見るも無惨な変態さんになっちゃいましたなぁ〜(笑)。
 ペローナの匂いをくんかくんかしながら

「本物の女 本物の女……」

 って、かなりヤバイ絵ですよね!
 昔は、女好きは女好きでも紳士なイメージは崩さなかったと思うのですが、やはりあの地獄の2年がサンジを壊してしまったのでありましょうか。
 サンジファン、激減の危機かもしれません(笑)。



■麦わら一味、集結!

 ついに…………ついに!!
 麦わら一味、再集合!!
 いや〜〜、感動っ!!
 リアル時間にしても、作品中時間にしても、ほぼ2年ぶりの再集結ですよ〜!!
 やー、長かったーー。
 まさか、こんなにも長い別れになるとは思いもしませんでした。
 あの、屈辱の全滅劇。
 見事なまでの、あの敗北。
 あの全滅、一味バラバラ事件から、長い長い旅路と、試練と、修行を克服し、今ようやっとここへ集る事が出来た。
 いやもう、怒涛のようにいろんな思い出が蘇ってきて、胸がグッと来ちゃいます。
 ジャンプ漫画で、こんなにも長い長い試練を、私は他に知りませんよ。
 今彼らは、史上空前、前代未聞の偉業をなしとげたのかもしれませんね。
 いや〜、とにかく感動!

 ひとりひとりが、見違えるように強くなったことでしょう。
 でも、やっぱりコイツらだよなぁ〜っていう、相変わらずな楽しさもしっかり描かれてて一安心。
 というか、可笑しくてしょうがない(笑)。
 ブルックさんは、2年ぶりにナミにパンツ見せて貰おうとしたり、スカルジョークも健在(イッツ・スカルジョークも更新せねば!)。
 サンジは、ナミやロビンのさらなる色っぽさに思わず鼻血で空飛んじゃうし(笑)。
 フランキーの超進化に大興奮のルフィを、

「待ってルフィ!!

 気持ちはわかんないけど

 後にして!!」


 と必死に止めようとするナミのセリフに爆笑。
 いやいや、そこは普通、「気持ちはわかるけど」 って来るでしょうに(笑)。
 いや〜、ほんと楽しい!
 やっぱりこいつらが一緒にいると、本当にウキウキしてきますよ。
 このへん終始ゲラゲラ笑いっぱなしでした。



■見送るもの達2

 しかし、その再会を邪魔するように現れる海軍の軍艦。
 その砲撃を、見覚えのある矢が射落とす。
 おお! 蛇姫さま!
 九蛇の船が助けに来てくれましたか!
 堂々登場のアマゾネス軍団に、大騒ぎの麦わら一味が実に楽しい。
 サンジなんて、みずから石になっちゃってますもんね(笑)。
 蛇姫さま、別れのウィンク。☆が飛ぶ。
 最後まで実にチャーミングです。
 この間のお別れで登場は最後かと思いましたが、最後の最後までルフィのため、尽くしてくれちゃうんですね。
 ほんといじらしい。
 でも最後の別れも明るくさわやかに。
 かつ、暗黙の了解で黙って見送る蛇姫さま。
 素敵なお別れでありました。
 またいつか、ほんと、またいつかお会いしたいですね〜。
 七武海なんですから、またきっとどこかで会えると信じています。

 一方、陸上では、麦わら一味の出航を援護して、大活躍の人たちが。
 なんと、これまで一味それぞれの修行を助けてくれたサブキャラクターたちが、おのおの別々に援護射撃してくれてました!
 いや〜、これはとっても嬉しい。
 なんか、涙がちょちょぎれちゃいそうな嬉しさですよ。
 巨大昆虫を海兵にけしかけつつ、ウソップを黙って見送るヘラクレスン。
 遥か空の彼方から、雨で援護するウェザリアのおじいさん達。
 そして並み居る海兵を次々ネガティブにしていってしまうペローナ。
 いや〜、こうしてみるとやっぱりペローナが強いなぁ〜。
 性質上、覇気にはまったく効かないかもしれませんが、それ以外には無敵なんじゃなかろうかって気がします(笑)。

 そして、極めつけはニューカマー軍団
 ページをめくってあらわれる“惨状”に大爆笑。
 なんじゃこりゃ〜〜〜っと。
 この世のものとも思えぬ“地獄絵図”じゃあないですか(笑)。
 海兵の報告がまた素敵すぎます。

『我々は今

 予想だにしない妨害に遭い…!!

 心が…!!

 折れそうですっ!!!』


 そりゃあそうでしょうて(笑)。
 よく見ると、頭からしゃぶられ、グッタリしちゃってる人もいるじゃないですか(爆)。
 死んでますよ、コレ。……なんというか、人間的に(笑)。
 なんかもう、今週は麦わら一味のやりとりにゲラゲラ笑いっぱなしだったのですが、ここでわたくし、呼吸困難になるかと思いましたわ。
 ゲッホゲッホやるほどムセ返って笑うなんて、何年ぶりでしょう(笑)。

 で、ルフィに対する蛇姫さまと見事なコントラストで、サンジに対してウィンクの☆を飛ばすニューカマー!
 こ、怖すぎ!
 バスッて擬音で、☆も砕けちゃってるし(爆)。
 もー、なにもかもに爆笑です。

 いや〜、すげーわ尾田先生。
 何もかもが見事ですわ。
 お笑いとしても素晴らしいし、しかもちょっとこれ、感動が混じってるんですよね。
 再会の喜びと、これまで修行をたすけてくれた人々が、また応援してくれる事への感謝と。
 なんか、ゲラゲラ笑いつつも、たまらずジーンと来ちゃう、そういう見事な盛り上げっぷりでありました。



■出航!!

 コーティング船の準備は万端。
 泡がふくらみ潜水モード完了。
 いざ出航のその前に、来ましたルフィの演説!!

「ほんじゃ野郎共!!!

 ずっと話したかった事が山程あるんだけど!!

 とにかくだ!!

 2年間もおれのわがままにつき合ってくれて

 ありがとう!!!」


 短いけれど、万感胸に迫ってくるいい演説です。
 クルーの笑顔がまたいい。

「今に始まったわがままかよ…」

 とか、

「まったくだ!!

 お前はずっとそうなんだよ!!」


 と、口々に憎まれ口を叩きますが、その顔にはゆるぎない信頼の笑顔。
 強力な絆を感じさせてくれて、この上もなくかっこいいですよ。
 2年の歳月を越えて、結束もさらに強まったのかもしれません。
 
 そしてルフィ、鼻をふくらませ、息を大きく吸い込むと…………


「出 航 だ ァ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」

「オ オ オ オ オ オ 〜〜〜!!! 」

「行 く ぞ ォ !!!

 魚 人 島 ォ 〜〜〜〜〜〜〜!!!」



 きたーーーーーーっ!!
 この瞬間が、ついにキターーーーッ!!
 今ついに、ようやっと、彼らの船出にたどり着きました。
 これまでは何度も見てきた出航のシーンですが、なんかもう、今回ばかりはまったく感慨が別次元です。
 まったく意味が違いますね〜。

 長い長い試練の旅路をそれぞれ越えて、雌伏の時を越えて、ついにたどりついた再出発の時。
 これまで貯めて貯めて貯めまくった力を、ついに解き放つ時が来たっていう、素晴らしいカタルシスです。
 きっとここからは、これまでとはまったく別世界の、恐ろしい冒険が待っていることでしょう。
 これまで以上に遥かに強いライバルたちが立ち塞がってくるでしょうし、環境そのものが違うでしょう。
 そして、またまた巨大な時代のうねりが襲い掛かってくるでしょう。
 なにより、海賊王、ワンピース争奪戦というゴールにたどり着かなければなりません。

 でもですよ、あの2年の雌伏の時を越えたルフィたちなら、絶対もう止まったりしないでしょう。
 越えられない壁なんてない。
 そう信じらるんですよ。

 まさかの全滅の地獄を知り、己の限界を知り、世界を知り、孤独を知り、仲間達の大切さを知った彼らなら。
 これからどんな敵が立ち塞がってきても、きっと乗り越えられるって信じられます。

 本当に素晴らしい旅立ちです。
 尾田先生は、別れと旅立ちを描かせたら並ぶものなしって昔から思ってましたが、またこんな劇的な見せ方をしてきましたか。
 ルフィたちらしいお祭り騒ぎのようなドタバタでありながら、お世話になった人たちを登場させて、その人たちのありがたい後押しを受けながらの、最高にめでたい再出発。
 いや〜、尾田先生、芸がほんと尽きませんね〜。
 


 さぁて次なる島は、念願の魚人島!
 思い起こせば遥か昔、アーロンパークへ行く前から伏線が張られてきた島です。
 そこには、最高の美を誇る人魚姫がいるとか、はっちゃんを越える魚人ナンバーワンの剣士がいるとか、いろいろ噂もされてました。
 いったいどんな冒険が待っているんでしょうね。
 白ひげの支配が及ばなくなって、荒れてしまっているんじゃないかと心配です。
 ジンベエさんが帰って治安に奮闘しているかもしれませんが、そこにルフィたちが入ってゆくことで、またまた何か騒動が巻き起こらないとも限りませんね。



 そのほか、ちょっと気になったところ。

・ロビンの応援に革命軍は来なかったんですね。
・フランキーの応援もナシ……。まぁでもこれはしょうがないか。
・サングラスを巨大なハンドで持ち上げるフランキーの器用さはさすがだ!
・ゾロの目の傷、サンジの目と眉、はやく誰かツッコんでくれー(笑)。


 
■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!!


posted by BOSS at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。