2010年10月13日

ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.138 “反転(リバース)”

 サイレン、週刊少年ジャンプ2010年45号収録分の感想です。

■ジャンプ本誌感想はこちら→前編後編

【コミック派ネタバレ注意!】

【コミック派ネタバレ注意!】




 タイトルは、“反転(リバース)”
 “転生の日(リバースディ)”を思わせるフレーズですが…………



【感想小タイトル】
■死ノ概念ヲ越エタ存在
■“王冠”
■“反転”



■死ノ概念ヲ越エタ存在

 なんとここで、イアンとフブキ姉さんの息子、マルコが大活躍。
 結界の柱をテレキネシスで破壊し、全員の脱出の鍵となりましたか〜。
 でもこの結界って、PSI 能力すべてを封じているのではなかったでしたっけ?
 いや、ちょっと記憶が曖昧なのではっきりとは言えませんが。
 それとも、完全には封じることはできず、マルコのだけが有効だったってことでしょうか。
 とすると、マルコがここにいる誰よりも強力な PSI の力を持っているということになるんですかね〜。
 または、マルコの力は PSI ともさらに違う、異質な能力ってことは……まぁそれはないかな。

 赤ん坊が希望の星になる。
 ベタかもしれませんが、この崩壊した文明の物語としてはちょっと象徴的な希望になりますよね〜。
 それはそうと、親馬鹿なフブキ姉さんと冷静なイアンの対比が面白かったです(笑)。

 そして、結局一般人の救出活動ではなく、マリー救出のほうに活躍することとなったシャオ&カブト。
 その活躍場面があっさりカットされてしまったことはちょっと悲しいですが、この展開スピードのドライブ感のためには致し方ない犠牲というものでしょうか。
 なんと、右腕を失っているシャオ。
 これはミスラの分解能力にやられたんでしょうね。
 しかし、苦しい表情などまったく見せず、

「…マリーが無事でいてくれれば

 僕の命はその為にある」


 と来た!
 おおー! シャオめ、言ってくれる!
 いたって奥手というか、自分の気持ちをまったく表に出さないヤツだと思っていたら、やる時にはやるじゃないですか。
 見直しました。
 これでマリーもシャオに振り向いてくれればいいのかもしれませんね〜。
 未来のマリーと過去のアゲハでは、どうしようもないところがありますし、何より今アゲハは雨宮さんと完全ラブラブタイムに突入しちゃってますからね〜。

 しかし気になるのはカブトとヨヨの会話。
 カブトの完璧な危機回避能力でも、攻撃を逸らすので精一杯だったと。

『アレハ死ノ概念ヲ遥カニ越エタ存在ダ』

 ほっほー。
 いかにカブトの脅威を逸らす能力が完璧であろうと、そのキャパシティを遥かに越え、死の概念すら越えたものは逸らしきらないと、そういったところでしょうかね〜。
 なるほど、カブトも万能ではないわけですか〜。
 となると、いったいその死の概念すら越えた存在とはいったいなんなのか。
 そこへの興味が否応ナシに高まるってものですね〜。

 そしてカブトのつぶやき。

「戦っちゃだめだ

 あんな化け物と…!!」


 ううーむ。
 いったいどこまでのヤツなんだと。
 あの弥勒に対してさえ、そこまでの言葉は出なかったというのに…。



■“王冠”

 そして、ついに、その時が始まる。
 大地を覆いつくした生命の輝き。
 その輝きのなかから、次々と生まれ出る不思議な球体。
 それは生命の根源となる胚なのか。

「これが俺の“生命の樹(セフィロト)”

 最後の力

 “王冠(ケテル)”」


 天戯弥勒の最終目的は、この最後のプログラムによって地球上をまったく新しい生命で満たすことだったというわけですね〜。
 まさしく、狂気としか言いようがない。
 グリゴリが生み出した狂気が、ついにたどり着いた幻想の王国。
 その幻の玉座に座る弥勒の“幻の王冠”と、そういったところなのでしょう。
 なんとも…………やるせなきかな。

 しかしそれに反旗を翻すミスラ。
 反旗というか、ついに本性をと、いったところでしょう。
 既にその顔は人間のそれではない。
 目の色は反転し、異様な迫力。
 作り物めいた表情もいいですね〜。
 ミスラのすべてが、ついに明かされる。

 元は弥勒と同じく、力をもつただの人間だったミスラ。
 それが 「あの“涙”」 を手に入れた時に身も心も入れ替わり、本当の力を得た。
 その正体は、ウロボロス――“星を喰う者”『クァト ネヴァス』<伝達者>
 星を喰らい生き続けてきた宇宙的存在の化身だった。
 (岩代先生、私も 『星を継ぐもの』 最高に好きです! J・P・ホーガンの魂よ、宇宙を駆けよ!)

 おおー、やはり最後の敵は地球外の存在でしたか!
 それも、ウロボロスの中に宇宙人がたくさんいるとか、そういうのではなく、ウロボロスの中身、それ自体がある種の意志を持つ宇宙的存在だったと。
 星を喰い生きる、超天体生命体だったというわけですね〜。
 いや〜、なんつーか、古典SFの王道ですわ〜。
 いいですね〜。私好みの展開でありまっす。






■“反転”

 そしてついに訪れる、地球最後の日!?
 空からいくつも、巨大なカギ爪のようなものが降りてきて、大地に迫る。
 クァト ネヴァスは力が弱まるたびに星を捕食し、転生を果たす。
 そのためには星の星核(コア)に到達するためのエネルギーが必要。
 そのエネルギーを集めさせられていたのが、他ならない、弥勒だったのでありました。

 生まれたばかりの無数の胚から、カギ爪に吸い取られてゆくエネルギー。
 世界再生をもくろんだ弥勒は、そのまますっかり利用されていたのですね〜。
 利用されている事は知りつつも、逆に利用しているつもりだったっぽい弥勒。
 結局弥勒を反逆に向かわせた羊の夢も、ミスラが見せたものだったとは。
 うーん、哀れというか、愚かなりというか……。
 かける言葉が思いつかないなぁ。

 そしてミスラの口から、恐るべき宣告が。


 この星を喰らい尽くした後…

 この星が新しきウロボロスへと

 生まれ変わるんだ



 ぬわんと!
 それでは、地球上すべての存在に、カケラも生き残る可能性がないではないですか!
 うーん、今回の 5thステージは、最終的にはミスラは取り逃がすものの、なんとか弥勒たちは倒せて、それで未来世界の平和は取り戻せると踏んでいただけに、これは大ショックであります……。
 それでは、マリーも、カイルも、フレデリカも、シャオも。
 ヴァンも、イアンもフブキ姉さんも、生まれたばかりの希望マルコも。
 他のみんなも、誰一人生き残れないじゃないですか!
 そんな事があってよいのかと!

 たしかに、アゲハたちには今、超重要な情報が入りました。
 このミスラは“涙”を手に入れて、この力を手に入れたという情報です。
 これはもう、間違いなく現代の1年後、北海道に落ちるというあの新聞記事の隕石でしょう。
 次はこの隕石回収の阻止作戦が、未来を変えるための最終決戦となるのでしょう。
 この情報を得たことが今回なによりでっかい事であるとは思うのですが…………。
 しかし、このままでは、未来世界の地球が崩壊してしまう。文字通り全滅ですよ。
 なんという戦慄の未来。
 たとえ、現代で歴史を書き換えれば未来も変わるとはいえ、それはまた別方向の未来。
 この崩壊してしまう未来は、別の幹線道路として存在し続けるわけですからね〜〜〜〜〜〜。
 いや〜〜、これはあまりにショッキング…………。
 正直、ここまでの覚悟などまったくしておりませんでした。
 うーん、なんとかならないものか。

 たとえば、あのグラナさんなら、なんとかしてくれないものでしょうか。
 弥勒が騙されていたことが判明した今、ミスラの目的がついに明かされたこの今、グラナさんや、そうだ、ジュナスだってカプリコだって協力してくれないものでしょうか。
 アゲハたちや祭先生たち、ワイズメンバーたち、すべてのサイキッカーが力を結集したら、なんとかクァト ネヴァスのカギ爪を阻止することは出来ないでしょうかね!
 いや〜〜〜、まさに地球最後の日。
 とてつもなく破滅的な展開に、背筋がゾクゾクものでありました。
 まさかここまでの大事になろうとは。
 ほんと、なんとかならないものかなぁ〜。

 たとえば、全滅を覚悟したカイルが別れ際に

「俺たちの世界みたいな未来は、絶対変えてくれよな。約束だぜ」

 なんてアゲハと言葉を交わすような展開は、あまりにも辛すぎますよ。

 うーん。
 今週はサイレンの物凄さと残酷さを、改めて思い知らされました。
 ガツーンと殴られたようなショックを味わいましたよ。


 ちょっとうがった見方をすれば、これってアゲハたちだけは現代に戻ればいいという、安全切符があるからこそ出てくる緊張感なのかもですね。
 これがアゲハたちも万事休すであれば、「どうせ助かるんでしょ?」 というメタ的な読みが働いてしまいます。
 しかし、アゲハ達ドリフトだけは生き残れる目安があるからこそ、逆に 「おいおい、この地球どうなっちまうんだ!?」 という本気のゾクゾク感が出てきてしまう。
 なんとも、興味深い現象です。
 でもこれって、マリーたちやワイズたち、未来の住人が本当に魅力的に、しっかり描かれてきているからこそ出てくる感情なんでしょうねぇ〜。
 いやあもう、面白いったらないぞサイレン!!
 どうなっちまうんだ〜〜〜〜〜!!



■ジャンプ本誌感想はこちら→前編後編




********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■PSYREN‐サイレン‐の謎
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その08 「灰化する死」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その07 「薄明るいサイレン世界の夜」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その06 「タツオの放浪期間」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その05 「現在と未来の同調性」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その04 「ゲーム主催者」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その03 「ニセ刑事の正体」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その02 「電話の声」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その01 「噂の発生源」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 【序文】



■関連記事
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.137 “太陽と月”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.136 “姉弟”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.135 “羊、狼”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.134 “葬送曲(レクイエム)”
・読書感想 PSYREN‐サイレン‐ another call 1 紅蓮の聖誕
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.133 “待たせたな”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.132 “半身”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.131 “替え時”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.130 “融合”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.129 “最後の太陽”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.128 “警報(サイレン)”
・【動画ネタ】PSYREN×よつばと!で『わいずと!』
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.127 “生きる意味”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.126 “つなぐ手”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.125 “決戦前夜”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.124 “天樹”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.123 “太陽”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.122 “ノヴァ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.121 “神刃(カミキリ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.120 “降臨”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.119 “報い”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.118 “咆哮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.117 “滾り”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.116 “スカージ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.115 “ダイバー”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.114 “殺人鬼”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.113 “潜入”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.112 “生存”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.111 “巨大”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.110 “三人”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.109 “ドキドキ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.108 “闇夜の蠢き”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.107 “死に様”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.106 “血と覚悟”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.105 “深淵(アビス)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.104 “交替”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.103 “挟撃”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.102 “毒蛾”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.101 “ウイルス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.100 “研究所へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.99 “後悔”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.98 “グリゴリの生存者”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.97 “小惑星ウロボロス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.96 “生命の王”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.95 “日輪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.94 “二人の実験体”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.93 “友達1号”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.92 “まじん”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.91 “理子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.90 “はるかぜ学園”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.89 “雨宮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.88 “父と子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.87 “家族”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.86 “それぞれの空”
・【動画ネタ】ジャンプ漫画『PSYREN』の絶品パロディ特集
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.85 “失踪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.84 “飛龍”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.83 “無感情”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.82 “記憶”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.81 “対面”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.80 “微笑”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.79 “左手”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.78 “檻(ケージ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.77 “円”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.76 “家(ホーム)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.75 “生ける島”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.74 “脳獣(ブレインビースト)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.73 “偽帝”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.72 “夢喰島へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.71 “SOS”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.70 “転生の日B”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.69 “転生の日A”
・ジャンプ感想別室 PSYREN(サイレン) CALL.67 “根(ルート)”
・PSYREN(サイレン)感想 CALL.66 “戦士” 第1回キャラクター人気投票結果発表!
・コミック感想 PSYREN‐サイレン‐ Vol.6 “突入作戦(フレイム)”
posted by BOSS at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにサイレンならではの緊張感かもしれませんね。
現代に戻って書き換えることができるからこそ未来世界ではどんな破滅も絶望も起こりうる。
ホントに地球滅亡してしまうんじゃないかとドキドキしながら読めるジャンプ漫画なんてそう無いです
Posted by 七条 at 2010年10月14日 01:42
どうも!いつも感想お疲れ様です。
>マルコ
PSI封じの結界の中で平然と使えるマルコは何なんでしょうね?
子供は遊びを邪魔されるの嫌がりそうなんで外部からの干渉を遮断する何らかのバースト能力だったりするんでしょうかね?
赤ん坊サイキッカーゆえの能力なんでしょうか?
しかしイアンの遺伝子は朱鳥の遺伝子に負けてしまったようです。
奥底で力が眠ったままでもイアンの血筋に勝つとはアゲハ家の遺伝子は半端ないですね…
しかしキュアの血筋が…

>親バカなフブキ姉さんと冷静なイアンの対比
良いですよね。温度差が絶妙で面白かったです(笑)

>シャオ&カブト
奴はどうやら僕らを攻撃した後急いで地上に昇ったらしいとシャオが言っているので
シャオ達と対峙したミスラが弥勒の行動?を感じ取りシャオ達に一撃放ってその場を後にした感じなんじゃないでしょうか?
自身よりも主を優先した感じですかね?
数コマの場面を入れるより構成(+テンポ)を優先したのかもしれませんね
最近危なげですし…
もしくはサイレンにしては長めだったスカージ戦のウケが微妙だったのかも…?
>クアト-ネヴァス
クアトは検索出来ましたがネヴァスは無理でした…
造語なんでしょうか?
>弥勒+アゲハ
利用されていると知りつつも必要だからと突き進み
アゲハと対峙し倒されましたが本来ならミスラの語っている通りで直ぐに発動するつもりなかったのかもしれませんね。(王冠発動はミスラを消した後)
もしミスラの語った通りならアゲハが今回未来を救おうと思い行動した(弥勒を倒した)事で未来がより悪い方向へ傾いちゃったわけで…皮肉なものです

-次号-
サイレン次が凄く楽しみです!安心して読めれば尚良いんですけどね。
最近は本編に関係ない事でハラハラしてます…
Posted by 界師 at 2010年10月14日 02:06
そろそろPSYREN危なくなってきました・・・
ミスラとの戦いの後、終了。
というのだけはやめてほしいです!!

そこで、皆さんで「PSYREN」と検索しませんか?
急上昇ワードに入れば、注目してくれる人も増えます!!
なので、協力してください!!
Posted by PSYRENをアニメ化しよう at 2010年10月16日 15:05
>七条さん

 メタ的に、「どうせ勝つんでしょ?」って考えたりするのは、純粋に漫画を楽しむには足かせにしかならないとは思うのですが、どうしてもつきものですからね〜。
 でも、こういう状況では本当にわからないわけで。
 そういった意味でも、サイレンはよくできた構造をしているなぁ〜と思います。


>界師さん
■マルコ
 赤ん坊には大人の常識というリミッターがないから特殊な力が使えてしまうってことなんですかね。
 もしかしたらマルコは人間側の最終兵器になるのかも(笑)。
 そして、それはイアンと朱鳥の遺伝子が化学反応を起こしたからだとおもいたいですね〜。
■シャオ&カブト
 シャオとカブトがなんとかミスラをしのいだというよりは、ミスラが上の事態を優先してそれどころではなくなったということなんでしょうね。
 実際、マリーの身体を奪ったところで、地球を滅ぼしてしまってはその身体も意味を持たなくなるでしょうし。
 最初からマリーの身体を奪うことなんてそんなに重視していなかったのかも、と、そう思いました。
■クァト ネヴァス
 たぶん造語なんでしょうね。
■アゲハが今回未来を救おうと思い行動した(弥勒を倒した)事で未来がより悪い方向へ傾いちゃったわけで…皮肉なものです
 おおー、なるほど。
 実際、アゲハたちが介入しなかった場合、弥勒がミスラに勝てたのかどうかはわかりませんが、たしかにアゲハの行動でミスラを後押しした結果になったのかもですね〜。
 しかしまぁそのおかげで、現代に戻ったら、今度こそ歴史を正常に戻せそうな気もしますし、アゲハたちには頑張って欲しいものです。
■本編に関係ない事でハラハラしてます…
 ほんと、スリリングでしょうがない(笑)。
 なんとか大団円まで走りきって欲しいですよね!


>PSYRENをアニメ化しようさん

 最終決戦への糸口である、「約束の涙」が提示された以上、今すぐここでの打切りというのはないとは思うのですが、そこへ至るペースに不必要な巻きが入ってしまうことはあるかもしれませんね。
 なるほど、検索ワード急上昇ですか〜。
 アンケートを送る以外にも、いろいろなアイデアがあるものですね。
Posted by BOSS at 2010年10月17日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。