2010年10月05日

ONE PIECE(ワンピース)感想 第598話 “2年後”

 さぁ、ついに帰ってきたワンピース。
 いよいよグランドライン後半の旅となる、“最後の海 新世界編”がスタートいたしました!!

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





 ジャンプ表紙はルフィとレイリーさん。
 ルフィの胸に、ターンXばりにでっかく十字の傷がありますが、これは赤犬にやられた痕が残っちゃったんでしょうかね。
 それとも厳しい修行の痕跡かな?



【感想小タイトル】
■2年後
■シャボンディ諸島ふたたび
■ナミ&ウソップ
■新世界編スタート!



■2年後

 雪の降るルスカイナ。
 どこかちょっとだけ逞しくなった感じのルフィ。
 修行は無事完了したようで、レイリーさんは先にシャボンディ諸島へ。
 なんと、ルフィは覇気3種の基本を1年半でマスターしていたのですか。
 とすると、そこからいったいどんなオリジナルの技を編み出したのか。
 そのあたりが興味深いところですね〜。
 レイリーさんの指導を離れ、ルフィらしい自由奔放な発想が発揮されていることを期待しちゃいます。

 ところで、蛇姫さまは若干積極的になりましたか?(笑)
 以前よりも直接的に結婚を迫るようになっているようです。
 そして、それをいともバッサリと断るルフィ。
 その断られたことにすら快感を覚えているみたいな蛇姫さま(笑)。
 この2年、こういう会話が日常的に行われてきたことをうかがわせてくれますね〜。
 ルフィがちょっと女性のあしらい方を覚えたみたいじゃないですか。
 個人的には、2年の時間が飛んだら既に子供が出来ているくらいのことはあってもおかしくないよなぁ〜とか期待していたのですが、これはこれでいいと思います(笑)。
 うむ、ルフィの口から「結婚」っていう具体的な言葉が飛び出たことが面白かった。


 そして、極上の見開きカラー!!
 おおー、この構図は第1話の踏襲なのですな!
 万歳ガッツポーズのルフィとナミが、ほとんど同じ構図。
 しかし、見比べてみるとこのナミさんの成長っぷりはなんたることか!!!(爆)
 なんとまぁいろいろとけしからん素晴らしさになっております。
 伸びた髪も色っぽいでありますよー。

 そしてゾロ。
 右目に傷を負ってますが、もしや失明しちゃってませんか?
 これはちょっと心配です。
 まぁでも片目の剣士というのもロマンチックでかっこいいか。

 チョッパーは、まったくと言っていいほど変わってませんね(笑)。
 あ、でも耳が心持ち大きくなったかな?
 まぁ、チョッパーの場合は7段変形がありますから、そこに何らかの変化が生じているのかも。

 ロビンは、あまり変化はないものの、なんかちょっとだけ大人っぽく、かっこよくなった感じ。
 ひろいおでこを出しているのが余計に大人っぽく感じさせてくれるのかも。

 フランキーは、頭を丸めてすっかりゴリラに(笑)。
 手も強化されたのか完璧にロボットアームですねー。
 このアームでいったいどんな技をみせてくれるのでしょうか。

 そしてウソップは、ちょっとだけマッチョに。
 影なのかもしれませんが、顎鬚も生えているようです。
 あと、本編でもそうなのですが、自慢の武器カブトが見当たらないのがちょっと気になりました。
 ポップグリーンを手に入れて発射武器も変えたんですかね?
 こちらも楽しみ。

 また、ブルックさんが、1巻バージョンの骸骨旗の立ち居地というのがよく出来てますね(笑)。
 元が骨のブルックさんですし、ラブーンに見せるためのアフロを変えるわけにもいきませんし、特に変化はみられませんでしたね。
 いや、もしかして今後もこのド派手コスチュームでいくおつもりですか?
 楽器もバイオリンを捨ててギターに変えて行くのかも(笑)。

 そしてそして、ここへきてまさかの超展開!
 なんと、サンジの左目の謎が、こんなところで解き明かされました!!
 それはまさかの、眉毛逆回転!!
 右目の眉とはまったく逆に、眉毛の付け根……つまり鼻筋のほうがくるくる渦になっている!!(爆)
 え? つまり、サンジの眉って左右対称じゃなかったの!?(笑)
 いや〜〜なんですかこれは。
 まさかこんなところまできて、こんなオチが待っていようとは(笑)。
 実は片目はつぶれているんじゃないかとか、大きな傷があるんじゃないかとかいろいろ妄想していた向きもあったことでしょう。
 しかし、まさかのこのオチ!
 そりゃーー片方だけしか見せないはずですよー。
 両方みせたら、なかなかショッキングな絵になりますものねーー(笑)。
 でも、いったい何の心境変化があって、髪の毛で隠すほうを変えたんでしょうかね!
 ゾロあたりが絶対突っ込んでくれると期待いたしましょう。
 あ、いや、ゾロのことだから完全スルーかな?
 ウソップあたりがツッコみますかね〜。
 まさかここまで謎をひっぱられて、こんなオチが待ってるとは夢にも思わなかったです。
 おおいに吹きだしてしまいましたよ。



■シャボンディ諸島ふたたび

 そして場面はシャボンディ諸島へ。
 おお、キッドやドレークたちは今やすっかり新世界で活躍中ですか。
 彼らの変化っぷりもこれから楽しみ。
 で、今年はまたもルーキー達がやってきていると。
 でも、前回ほどの大物ぞろいってことはないんでしょうね。
 下手をすると今回、ルフィたちの成長との対比として、みんなカマセとなってゆく運命なのかも。
 なんとなくですが、そんな予感がいたします。

 そして、麦わらの一味がなんと仲間募集の告知を!
 ほほー、新世界を目指すに当たってルフィが考えたのかな?
 たしかにそれもひとつの手だし、それによって今回仲間が増えるのかもしれないけど、増えたとしても一人くらいなんだろうなぁ〜。
 とか思ってたら、なんじゃい、ルフィたちの偽物ですかい(笑)。
 定番のネタではありますが、ズコッとずっコケましたわ。

 まぁ、それは後回しにするとして、ブルックさんがすっかりソウルミュージックの世界的スターになっちゃってて笑いました。
 ブルックさんを捕らえていた手長族はすっかり興行主ですし(笑)。
 音楽で世界中の人の心を動かせるほどに成長したってことなんでしょうねぇ〜。
 それがいったいどのようにブルックさんの強さに繋がっているのか、そのあたりが気になります。
 ところで、「TDセールス」 ってなんだろうって思ったんですが、たぶん 「トーンダイヤル」 なんでしょうね。


 まさかの渦眉事件&ヒゲの濃くなったサンジ帰還。
 しかし、ああ、性格は変わってない(笑)。 
 というか、女性への渇望はより強くなったような気さえします。
 まぁね、そりゃそうでしょうとも。
 あんな島に2年もいたんですから、そっちの方向にちょっとでもなびかなくってホントよかった(笑)。




■ナミ&ウソップ

 ナミさんはすっかりいい女になりましたなぁ〜。
 色っぽく、そして落ち着いた強い女性って印象です。
 以前もそういった感じは強かったですが、でも、まだまだキュートな小娘って感じが残ってたんですよね〜。
 しかし、今はもうすっかり成熟した感が……って、あれですよ? 外見だけ言ってるわけではないですよ?(笑)
 いやまぁ、外見も含めてって話でありますが(笑)。
 たわわ〜んなおバスト様もそうでありますが、スラッとしたパンツスタイルというのもイメージが変わっていいですね〜。
 いや〜なにもかも素晴らしい。
 輝くような女性に成長してくれました。

 で、絵に描いたような偽者海賊団。
 まったくもう、いったい何を考えてこんな真似事やってるんだか(笑)。
 ナミとか、イレズミ意外どこのパーツも似せる気ゼロなのがアホすぎ。
 いや〜、わかりやすすぎるカマセですわ〜。

 と、そこに登場のウソップ!
 おおー、ナミの言うとおり、ほんとたくましくなりましたね〜。
 あのだるんだるんだった贅肉をそぎ落としたのはもちろん。
 みごとな筋骨隆々ぶり。
 かなりの肉体改造を成功させたのですね〜。
 まぁ、ちょっとしたことで驚き役になってしまうのは相変わらずですが、でもこれはギャグパートでのお話。
 バトルパートでは大きな変化を遂げていてくれることに疑いはありません。
 いや〜これは楽しみだわ〜。
 さっそくナミの 「ばふっ!!」 をもらってたのは役得でしたな!
 ナミは無意識でこういう、仲間に無防備になっちゃう瞬間があるんでしょうけど、これはやっぱり罪ですよね(笑)。
 


■新世界編スタート!

 チョッパーはと言うと………びっくりするほど変わってないですねー(笑)。
 心なしか耳がちょっとだけ大きくなったような気もしますが、気のせいかもしれません。
 それにしても、あいかわらず磐石のマスコットぶりであります。反応ひとつひとつがかわゆいかわゆい。
 しかし、見事に偽物のゾロたちに騙されてるって……チョッパーは人間を見分けるのが苦手なんでしょうかね(笑)。
 これほど酷いニセモノもあるまいにって感じなんですが。
 ゾロやサンジはまだしも、ロビンがあまりにもあまりで(笑)。

 そして攫われたニセロビンを追って、もしかしてチョッパーさっそく事件に巻き込まれるんでしょうか?
 またその横で、何食わぬ顔でさらりと難を逃れている本物のロビンがクールでよかったです(笑)。
 それにしても、この胸の大きく開いた服は犯罪的ですねーーー。
 実にけしからん!


 さてさて、マリンフォードあらため、海軍支部G1となった基地から、モモンガ中将(?)の指揮の下、麦わら一味掃討の動きが始まった模様。
 偶然ニセモノが現れてしまったおかげで、再始動そうそう大騒ぎになってしまうんでしょうねぇ〜。
 まぁ、それもまたルフィたちらしいじゃないですか。
 そして、さっそくニセルフィとドーンと遭遇の、我らがルフィ。
 ここは力んだりせず、さらりとニセモノを懲らしめてやって欲しいですね〜。

 いやぁ、ついに始まった2年後。
 これまでの前半戦を、あらためて“サバイバルの海 超新星(ルーキー)編”と銘打ち、ここからを“最後の海 新世界編”と名づけての再起動。
 いったいこれからどんな冒険が始まるのかわっくわくのスタートとなってくれました。

 まずは一味がどれだけ成長してくれたのか、ですね。
 ルフィが覇気をマスターしてどのくらい強くなったのか、とか。
 仲間たちはそれぞれどんな力をつけてきたのか、とか。
 今は何よりそこが楽しみですね〜。

 そして、新世界がその後、どういった情勢になっているのか。 
 他のルーキーたちや、黒ひげ、シャンクスやマルコたちが、今どうしているのかも気になるところです。

 尾田先生のあとがきによると、「ゆっくりとアクセル踏んでまいります」 とのこと。
 怒涛の頂上戦争編から比べて、テンポとテンションを大きく落としていくんでしょうね。
 そのあたりはしかし期待通りです。
 中盤のクライマックスを終えて、今一度平常営業に戻したところでしょう。
 こちらも、しばらくはのんびり構えていこうと思います。


 いや〜しかし、ワンピはやっぱり面白いですな!
 とにもかくにも 「ワクワク感」 を刺激してくれる漫画なんだなぁ〜と、この4週間の空白を置いて、なおさら感じさせられた連載再開でありました。
 


■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・漫画・ワンピースの「謎・伏線」一覧
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!!
posted by BOSS at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンピース新章、ついにスタートですね。
ルフィたちがいままでの私たちのしってる
彼らと違うという事を感じました。

デザインからして。ナミとロビンの髪型に慣れるのに時間がかかりそうです。
頭の片隅に「フェアリーテイル」という言葉が通り過ぎましたがいいえ違います本物です
(笑)

チョッパーが可愛かったですが。
誰か、彼にあの麦わら一味が偽者だと教えて
あげて(泣)

これからが楽しみですね
Posted by かな2 at 2010年10月08日 20:10
 いや〜、劇的変化というほどではないのかもしれませんが、2年の歳月をバッチリ感じさせてくれるいい変化でしたね〜。
 髪の長い女性に弱い私としては、今回のナミの変化はたまらんものがありました(笑)。
 
 うむ、チョッパーがあまりにも可哀想で逆にかわゆすぎました。
 いったいどうやったら偽物に気づいてくれるんでしょうね(笑)。
Posted by BOSS at 2010年10月09日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。