2010年09月27日

週刊少年ジャンプ2010年43号感想 前編

 あの、ケタハズレに暑い夏が去ったかと思ったら、なんですか、いきなりこの冷たい雨は!
 絶望した!
 0か1かのデジタルな気候に絶望したぁっ!!

 ……と、ジャンプ感想だってのに他誌のノリですいません。
 最近 『さよなら絶望放送』 を聴きまくってるせいで脳内がもうすっかり絶望ワールドな BOSS であります。
 いやいや、ちゃ〜んとジャンプ脳に帰って感想いきましょう。





 前半の感想は、

・ブリーチ
・ナルト
・トリコ
・ぬら孫
・バクマン
・銀魂
・スケダン

 の7本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 BLEACH

 巻頭カラーみてなんとなくストライダー飛竜を思い出してしまいました。
 うむ、なんか忍者っぽいかっこよさですな、これは。
 でもそのつながりでヒリューくんを思い出してしまったのだけは秘密なんだ。

 さて本編……

 ええっ!
 アレで決まってたの!?
 先週のヒキで何かが始まったんだろうなとは思ったんですが、まさかあれ自体が技で、一週あけたらもう決まっていたとは!
 まるで一週まるまる読み飛ばしちゃったのかと思ったくらいです。
 まさかのキング・クリムゾンッ!(笑)

 予告されていた通り、一護の死神としての力が失われ、しかしながら藍染が再生していったことで一瞬やばいっとなりつつも、浦原さんが登場。
 最後の最後で一番おいしいところを持っていったのは嬉しかった。
 ぜひそこには平子さんにも立ち合わせてあげたかったんだけど、いやまあ欲は言いますまい。

 しかし、藍染の凋落もここに極まれり、ですなぁ。
 これまで無敵の栄耀栄華を謳歌してきた藍染でしたが、最後のほうは見事なまでの三下っぷり。
 浅はかに自分の力を勝手な解釈で講釈たれまくって、いや、真相はまったく違いました……とか、もんのすごい恥ずかしい場面の数々でした。
 ラストのほうとか目も当てられないありさまでしたね〜。
 そりゃたしかに、崩玉だって見離すでしょうて。
 読者も、これだけ三下っぽくなれば、ああ、負けて当然だなと認めようってものです。
 そうすりゃ、崩玉だってそのまわりの空気に応えるわけですよね。
 ああ、もうこいつを無敵にしておかなくってもいいよねって感じで。
 なるほどなぁ〜。
 人の思いを受けて世界を歪めてしまう崩玉の弱点はそこでしたか。
 羞恥プレイこそが崩玉攻略のキーだったわけですか〜。

 さて、これでついに藍染も敗北し、これにて全ての物語は終わりへ向けて動き出すのかと……思いきや?
 およよ?
 霊王とかいうのが何やら問題っぽく話題に出てまいりました。
 ほっほーう、もしやこの藍染の反乱は、その霊王とやらへの反発から起こしたものだった……とか?
 これはまたまた大きな話が持ち上がってきそうな気配……のような。
 さぁ、どうなっていくのでしょうブリーチ。

 まぁでも、ともあれここまで長いこと敵役として君臨し続けてきた藍染が、ようやっと封印(されましたよね?)。
 いや〜なんかちょっと感慨深いものがありますなぁ。



NARUTO-ナルト-

 自来也先生……やっぱあんたは変態だ(笑)。
 子供達三人にカエルの着ぐるみ着せて、自分も着ての授業風景。
 これはもう、狂気しか感じられませんでしたぞ(笑)。

 しかしまぁ、あれだ、小南がすっごくかわいかったからいいや。
 これまで小南はそれほど魅力的とは思ってなかったんですが、これはやられますね。
 うむ、そのキャラの死後にこんな形でひかれるってのもおかしなはなしですが、いやまぁ、だからこそ自来也先生は変態だなと(笑)。

 そして、片目の仮面からなぜか三つ穴の仮面に進化したマダラ。
 中身もやっぱり三つ目になっちゃってるんですかね?
 いや、中央に小さな穴があいているからひょっとすると四つ目?
 素顔がいったいどんなんなってるのか考えるとちょっとグロイですね〜。

 さて、いよいよマダラがナルト狩りに動き出しましたか〜。
 これとサスケの動きがどう絡んでくるのか。
 いよいよ忍者大戦へ向けて怒涛の盛り上がりが始まるのでありましょうか。
 おもいっきりスケールの大きなバトルに期待したいところです。

 ところで、マダラの持ってる芭蕉扇っぽいのがちょっと気になりました。
 これって既出のものでしたっけ?
 うちは一族だけあって、うちわの家宝があったりするんでしたっけ?



トリコ

 グルメ界すげーー!!
 凄すぎだ!
 次々出てくる猛獣の圧倒的強さ。
 しかも捕獲レベルが 「測定不能」 ってどういうことだと(笑)。

 これがたとえばまったく歯も立たないとか、攻撃が一切当たらないとかだったら、何かトリコが根本的に戦い方を間違っていて、それに気づきさえすれば実はけっこう簡単に行けるんじゃないかと思うところですが、そうじゃない。
 レッグナイフはちゃんと効くし、15 連釘パンチも多少なりとも通用する。
 でもその効き方が弱い。
 これじゃあまりにもパワー不足ということがアリアリとわかる描写なんですよね。
 ちょっとでも効くからこそ、レベル不足がハッキリ分かるというものです。

 そして敵は猛獣だけじゃない。
 謎の身体の重み、シビレに、目からの出血(酸欠ですかね?)。
 強烈な熱波によって一瞬で身体がカラカラになったかと思えば、モンスター級のゲリラ豪雨に襲われたり。
 めまぐるしく過酷な環境に翻弄されながら、死線スレスレをさまよいまくるトリコの壮絶さ。
 いや〜これは面白い。
 これがグルメ界の真の姿でありましたか。
 そりゃ〜たしかにそんじょそこらの奴では瞬殺でしょう。
 帰る人間がいなかったというのも分かりますし、あの美食會だって入れる人間が限られているというのも頷けます。
 そりゃ〜GTロボも造りますわ。
 逆にIGOはなんで造ってないんだろうと思ってしまうくらい。
 つか、ほんと小松はどうやってこんなところに来たらいいんでしょうか。
 生きて帰れるとはカケラも思えませんって。

 そして登場、ノッキングマスター次郎さん!

「ワシも“グルメ界”では…

 酒は絶つ」


 と言って現れたその姿は…………おおお、なんか若いぞ!!
 酒を断つと若返っちゃうんですか?(笑)
 むしろ酒があんな老いさらばえた姿にしちゃってるってこと?(笑)
 ヨボヨボになったり巨大化したり、若返ったり、なんとも変化に富んだおじいちゃんですね〜。



ぬらりひょんの孫

 君臨!って感じに出現した、羽衣狐さま。
 巨大な黒い球体と合体して、まるでモビルアーマー状態なわけですが、その演説がまたまた痺れました。
 自分を討ち取ろうとやってきた遠野と江戸の奴良組を称して、

「全ての妖どもよ…

 大儀であった」


 と!
 この堂々たる貫禄。
 余裕っぷり!
 まさに、すべてのものをひれ伏させ、君臨する王者の貫禄でありまっす。
 これぞ悪のカリスマよ。
 
 ところでこの 「大儀であった」 というセリフ。
 どこかで聞き覚えがあるよなぁっておもったら、秀吉ですねこれは。
 秀吉は家康との会見の前日、ふたりだけで会って、自分の顔を立てるためにちょっと頭を下げてくれないかと人懐こく言っておきながら、当日は諸侯の目の前で 「大儀であった!」 とやって家康に一杯食わせた、大河ドラマでもよく出てくる名場面です。
 秀吉と言えば、当事淀君だった羽衣狐さまの旦那(側室ですけどね)だったわけでありまして、もしかしたら当事の秀吉は淀君(羽衣狐さま)によってすでに完全に操られていたのかもしれないなぁ〜、なぁんて妄想も出来ちゃいました。
 歴史ロマンでありますよー。

 そしてついに、形をあらわす、鵺こと晴明。
 黒い巨大球体がぼこぼこっと形を変え、あっというまに赤子の姿に。
 ぬーん、グロいですなぁ〜(笑)。
 こういうの好きですわ〜。
 アニメになったら思いっきり演出に凝っていただきたくなる場面ですな。
 それにしても、出産を生々しくリアルに描くのではなく、こういうファンタジックな描写にしてくれてよかったとホッと胸を撫で下ろしたのは私だけではありますまい。

 そしてそして、今週の目玉っ!!

 羽衣狐さま、黒セーラーを再装着っ!!

 元は羽衣狐さまも人間を信じていた。
 けれどもそんな人間に、何百年も裏切られ続け、醜悪な本性を見せつけられ続け、いつしか羽衣狐さまも、この世を純粋な黒で染め上げることを望むようになっていた。
 なるほど〜。
 ここへきてようやっと羽衣狐さま自身の口から本音の芯の部分が語られたような気がします。
 以前その野望が語られた時は、狂骨娘の口を借りて語られましたから、ちょっと真相は藪の中って感じだったんですよね〜。
 羽衣狐さまも、クライマックスへきてついにミステリアスなベールを一枚かなぐり捨て、面と向かって対峙するときがやってきたっていう感じが出てきます。

 そして、そのけがれもない純粋な黒を表しているのが、あのお姿だったと。
 黒い髪、黒きまなこ、黒き衣……。
 この純粋な黒の姿こそが、この世を染め上げるに相応しい姿であると。
 いや〜美しい!
 今週の目玉は晴明誕生であっていいはずなのですが、この演説と盛り上がりからの羽衣狐さまお色直しが、あまりにも劇的、魅力的で、そっちに完全に目を奪われてしまいました。
 全裸もいいけど、やっぱり黒セーラーですなと、思わず何度も頷いてしまいましたですわ(笑)。

 ところで気づいたんですが、羽衣狐さまが持つ黒鞄。
 中に本が入ってますね。
 いったいどんなご本なのでありましょうか。
 すっごい気になるわ〜〜(笑)。

 さぁ〜て、両軍一気にぶつかりあって、総力戦の形となってまいりました。
 京妖怪は、まだ出産が完全でない羽衣狐さまと鵺を守ろうと。
 奴良組、遠野、陰陽師連合軍は祢々切丸と破軍を羽衣狐に届かせようと。
 さらには、あの秋房までも羽衣狐さまの背後に出現!
 ここから怒涛のクライマックスが始まりそうです。
 まさにお祭り騒ぎな大盛り上がりを期待したいですね〜。



【センターカラー】 バクマン。

 アニメスタート直前記念センターカラー。
 そうか、もう直前なんだとびっくりしましたが、劇中で 『超ヒーロー伝説』 が流れてその主題歌を影山ヒロノブさんが歌うとか、いやもうなんかやりたい放題ですな(笑)。
 なるほど、その手があったかと、ポンと手を打つ気分でしたわ。
 つまり、話数が原作に追いつきそうになったら、定期的に劇中漫画を再現してちょこっと挟めばいいんですよね!
 それはかなりアニメ的に美味しいんじゃないですかね〜。
 うーん、期待しちゃいます。

 さて本編。
 正直、今回のエピソードはどういう読み方をしたらいいのか戸惑いました。
 白鳥くんのほうに感情移入して、素直に応援したいというところでは迷いはないのですが、本来の主人公であるサイコーのほうに感情移入するのなら、どういうふうに考えたらいいのかなぁと。

 サイコーの身になってみれば、たしかに不安はあると思います。
 アニメ化を目指してきたのに、はっきりダメと言われて、ではこれからどうしたらいいんだろうかと。
 アニメ化を最初から目指した作品をもう1本連載してもいいんじゃないか? と思った矢先にこの流れ。
 でも、だからといって本当にこれは止めることでもないと思うんですよね。
 最初はちょっといいかっこしぃで反対しなかっただけかもしれませんが、事がこう上手く動き出したからには、これでよかったと思えてきます。
 シュージンにとってもスキルアップになると信じられるのであれば、それはもう頑張ってやってくれよと。
 数年後、白鳥くんが連載終了したり、あるいはPCPが終了したら、そのスキルアップしたシュージンとともに、そこで改めてアニメ化を目指した動きをやればいいじゃないかと。
 そう思えるんですよね〜。
 でも、この展開だとそういう流れとも思えない。
 この流れをどうにかサイコーが断ち切って、アニメ化への動きを始める前の準備運動……というような流れに見えてくるんですよね〜。
 こちらが考えている流れと、作品が向かいそうな流れがくいちがっているような、そんな漠然とした違和感が感じられるのです。
 うーん、読み方が浅いのかなぁ〜。

 まぁでもバクマンはほんといつも展開が読めない作品でありますから、きっとこうやって考えてることも来週にはひっくりかえされちゃうんだろうなぁ〜とも思えるわけで(笑)。
 とりあえず私は白鳥君を素直に応援しておきますわ。



銀魂

 ええーい自分が恨めしい!!
 九兵衛ちゃんにときめいちゃった時間を返せ!!!
 自分もあともうちょっとでマッドサイエンティストになっちゃうところでしたわっ!!
 しかし、むんずとモノをつかんじゃったことでギャグ化されてますけど、これはこれで倒錯的にエロいですな!!(いや待て自分!!)

 で、夢オチですぐ終わるのかと思っていたら、次々カオスな事態が展開しての、まさかのこれは長編化?
 オカマ化した桂さんに、鬼化した山崎さんに、仏となった土方さん。
 そしてなぜか、銀英伝化しちゃった沖田(笑)。
 いやもうどこからつっこんだらいいのかわからないネタのマシンガン状態。
 今週も破壊力が高すぎであります。

 いや〜どうなっちゃうんでしょう今回の2年後編。
 あまりにも展開が刺激的、挑戦的すぎです。
 なんか、これを読んでいるとワンピの連載再開が怖くなってきちゃったんですけど(笑)。
 ワンピのほうはまさかこんなカオスにはならないとは思うのですが……でもなんか無性に怖くなってくる。
 ぬ、そうか、それが空知先生の狙いか!!
 ぬかった! まんまとハメられたわ!!



SKET DANCE

 いや〜今週のスケダンは見所満載でした!
 まずはスイッチのジャパネット社長の声芸(笑)。
 これは安定感のある爆弾ですね〜。
 漏れなく脳内で声が再生されちゃいます。

「ボデェー!!」

 はズルすぎですな(笑)。

 そして脳内スキャン合戦で、まさかの好きな人告白大会!
 これってスイッチの極悪なトラップですよね〜。
 スイッチとしては、自分の脳内はわかるわけですから、あとは男の名前であればそれはヒメコ、女の名前であればそれはボッスンの答えだと分かるわけです。
 それはボッスンも一緒で、一番不利なのはヒメコなんですよね。
 それが女性の名前だったら、スイッチなのかボッスンなのかわからない。
 スイッチも酷い不公平なゲームを考えたものです(笑)。
 でもこれ、スイッチも最近のヒメコとボッスンが恋愛についてどういう考えを持っているのか、ひそかに興味津々だったからこそ出てきた質問なのかも? とちょっと思いました。
 以前サーヤに答えたときとは、ちょっと事情が変わってきているかもしれませんからね〜。
 実はホウスケをダシにして、これが本命の目的だったのかも……とか妄想してしまいました(笑)。

 で、最高だったのはやっぱりヒメコの反応!
 考えれば考えるほど、否定すればするほど、“ある人間”の名前が浮かんでしまい、それを焦って上書きしようと慌てて飛びついた名前がそこからの連想ゲームという、実にヒメコらしい直球のパニクりぶり。
 いや〜、これはもう萌え死にますわ(笑)。

 そしてラストは、まさかのロマン落ち!
 これはまったく思いつかなかった!
 スケダンはだいたいオチとして利用するアイテムは冒頭に提示したりしてかなり親切な構成をしているんですが、この完全な不意打ちはお見事。ガツンとやられてしまいました。
 いや、ちゃんと 「5m以内」 という伏線はあるからアンフェアじゃないんですけど、そこでまさかのロマンかよとね。

 なんだかすごく密度の濃いエピソードだったなぁ〜。



 といったところで、前半戦終了。
 後半に続きます。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 23:22| Comment(4) | TrackBack(2) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のスケダンはロマンオチが奇襲と書いてますが実は伏線が出ています

その伏線はホウスケ脳内イメージから
「部室なう」
「フッ…愚かな人間共よ…」
の2つです

本来、ホウスケは冒頭で違う餌が欲しがってたわけでユッケやネズミ等の脳内言葉が本当のホウスケのセリフで、上記の2つはロマンである可能性が高い…つまり途中からロマンが参加してるということになります

…で、漫研の部室がスケット団の部室の隣だったとは…
Posted by 跳祭 at 2010年09月28日 00:24
ブリーチ→自分はアイゼンを早く倒せ!!!! って気持ちと、 あっけな(°Д°) って気持ちがありますねぇ

なんか強引に完全催眠の能力をなくしちゃったりと残念な部分の方が多いかもしれません・・・

まぁまだ『封印』ってのが気になりますがねぇ・・・ww


ナルト→あれって別に穴じゃないんじゃ・・・
ただの模様の気がするのは自分だけ???

ぬらり→羽衣狐様はとても魅力的な『悪』って感じですよね

最近小物化した同じ雑誌上の某4様のようにならないことを祈りますww

秋房はまたジイさん妖怪に操られてるのでわ・・・???


バクマン・・・は最近飛ばさせてもらってるので( ̄▽ ̄;)

スケット&ぎんたま→なんかすごく『らしい』ですよね

ブレずに高いクオリティが出てるのはとてもスゴイですよね〜

某ブリ(ry は・・・


長々しつれいしました
どの作品も好きなんであくまでも鰤さんのはネタとして・・・ww
Posted by にれぇ at 2010年09月28日 00:40
ブリーチ・愛染さまは霊王編がどうなるのかわからないけど
一護が「今まで戦ってきた強敵たちが俺の中で息づいてる!」的台詞を言ったとき
ちゃっかりイメージ映像として出てきてほしいなぁ・・・
しかしまぁお疲れ様でしたって感じの幕引きだ

トリコ・なんか最近やけに面白いなぁ
私の中でトリコとめだかが
「ワンピが無い間のジャンプを買う要素になってる」
しかし読者投稿モンスターで
初の「測定不能」を使ってしまうとは、
投稿した少年の興奮が想像に難くないぜ
Posted by フーマッハ at 2010年09月29日 12:58
>跳祭さん

>「部室なう」「フッ…」
 そうそう、それもきっとロマンなんでしょうね!
 しかし伏線をその微妙なラインに抑えたのが今回のスケダン凄いぞと。
 いつもの親切なスケダンだと、冒頭で隣にいる漫研のエピソードとかやると思うんですよ〜。
 こういう展開はスケダンにしては珍しいなぁ〜と思いました。


>にれぇさん

■ブリーチ
 ああ、そういえば催眠の能力ってすっかり使われないままでしたね〜。
 斬魄刀の解放状態を見せる……のが発動条件だったと思いましたが、そもそもそういう死神の能力を自己否定して、自分は死神よりも虚よりも上の存在だと慢心したのが敗因でもあるんでしょうねぇ〜。
 いやいや、あんたの無敵さを保証してたのはその完全催眠だったのではないですかいと(笑)。
 しかしほんとにあっけないと言われてもむべなるかな、な終わり方でしたが、でもこれをもっとひっぱったらひっぱったで、逆に間延びしていると言われちゃったりもするんでしょうねェ(笑)。
 ほんとジャンプの漫画って難しい。
 でもおっしゃるとおり、「封印」なんですよね(笑)。
 下手すると来週にでも復活の伏線がはられちゃったりなんかして。
■ナルト
 も、模様だったらいいですねぇ〜(笑)。
■ぬら孫
 うむ、羽衣狐さまだけはいつまでも大物でいていただきたい。
 倒される最後の最後まで、というか倒されてからも伝説的な存在であって欲しいなぁ〜って思います。
 あ、なるほど、秋房さん、またそういう路線もありましたね〜(笑)。
■スケ&銀
 ほんと、単発エピソードを繰り返して無数のアイデアを消費しながらブレないってのは凄いと思います。
 ストーリー漫画よりこういうタイプのほうが作者の疲労度すごいんじゃないかなぁ〜って思いますわ〜。
■鰤さんのはネタとして
 ええ、お互いにそんな感じですね(笑)。


>フーマッハさん

■ブリーチ
>ちゃっかりイメージ映像として出てきてほしいなぁ・・・
 ああ、それは美味しい(笑)。
 藍染さんの言ってた数々の教訓とか、敵に繰り返してくれちゃったりしたら面白いなぁ〜。
■トリコ
 ほんとだ!
 投稿した少年歓喜でしょうね!
 今頃学校で友達に自慢しまくってておかしくないですね(笑)。
 そして変なあだ名つけられたりしてヘコまさられると……(涙)。
Posted by BOSS at 2010年10月03日 14:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週刊少年ジャンプ43号一言感想
Excerpt: 10月から始まる、アニメ化バクマンの声付きの予告を見たんだけど、声やら作画やらと色々なところに違和感が…始まる前からあまりあれこれ言いたくはないがぶっちゃけ悪い予感しかし...
Weblog: インドアさんいらっしゃ〜い♪
Tracked: 2010-09-28 00:45

【ジャンプ】 週刊少年ジャンプ 43号
Excerpt: ヽ(ω・ヽ)ジャンプ 43号 感想でーっす(ノ・ω)ノ♪ (c)集英社(#`皿´) ムキーーーー!今日は3時過ぎに仕事を切り上げて、6時頃から所用があったのでそのまま2時間ほど、ネカ...
Weblog: TOM's Garden
Tracked: 2010-09-30 16:44
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。