2010年08月16日

コミック感想 ホムンクルス 13

 人間の歪みに鋭くメスを入れるカルト的マンガ 『ホムンクルス』小学館 ビッグコミックスピリッツにて連載中)。
 他人の心の歪みが、奇想天外な“ホムンクルス”という形として見えてしまう男・名越の運命は。
 精神分析的でダークなストーリー展開と、インパクトのある漫画的表現のミックスが素晴らしい作品です。
 『衝撃のラストまであと3巻』 だそうな!

 これまでの感想→ 8 , 9 , 10 , 11 , 12

【ネタバレ注意!】





 名越、おそらく最後の“敵”となるのであろう、“ななみ”との対決編、始まる。
 爆発的なインパクトだった 12 巻とは異なり、今回は異様なストレスを感じさせてくれる底流的なエピソードの連続。

 関心をよせているようで、突き放す。
 突き放すかと思えば、また寄ってくる。
 “ななみ”の情緒不安定的な行動が妙にイライラさせてくれます。

 といっても、もちろんネガティブな印象ではなく、このストレスは雲を掴むようなジリジリ感に襲われているであろう名越の追体験的なもの。
 クライマックスの大ジャンプへ向けて、物語全体が大きく屈みこんでいるようなものなのでしょう。

 しかしその一方で、ついに自分から嘘をつくのをやめた名越が興味深かった巻でもありました。
 車中、“ななみ”に自分の現状を話す名越。
 いつもホームレスたちには嘘ばかりついている名越が、唇の痙攣をガシッと掴み、必死になって自分の恥を暴露。
 いや、これは解釈によっては無理矢理唇の震えを止めてまだ嘘をついているという見方もあるのかもしれませんが、私はシンプルに、これこそが真実であると受け取りました。
 嘘をつく時の性癖となっている唇の震えを、無理矢理掴んで止めるのは、性癖となっている嘘を無理矢理止めることを比喩しているのではないかと思ったんですね。
 なるほど、名越はやっぱり本当に破産してたんだよねと。
 でなきゃ、もうガソリンが買えないなんて、あんなに何度も焦る事はなかったわけですしね。
 これにてようやっと嘘を克服できたのでしょうか、名越。
 記号に染まり、嘘を塗り重ねて顔も捨て、何が自分かも分からなくなった名越。
 ようやっと嘘を無理矢理にでもかなぐり捨てて、何かを得る事ができるんでしょうか。

 そして、どうやら“ななみ”の正体は、名越の昔の恋人、“ななこ”である様子。
 しかし、名越のようにホムンクルスが見え、そして本当のことしか言えなかったはずの“ななこ”が、どうして嘘ばっかりついて、“大工事(整形)”までしてしまっているのか。
 そしてホームレスとホテルの中間でカーホームレスをしている名越と同じように、恋愛もできず、娼婦にもなりきれず、「愛人」 という中間位置をさまよっている“ななみ”。
 この相似性は何を意味しているのか。

 いや〜なんか色んなものが思わせぶりに提示されまくった感いっぱいの 13 巻。
 どうやらあと3巻で終了と、カウントダウンが始まったわけですが、そのクライマックスへ向けて着々と準備が始まったと、そういった印象を受けました。
 いったい、どんな結末が待っているんでしょうね〜。
 名越は、ななこは、何か自分を見つけることが出来るのか。
 そして何かを見つけることができたとして、いったい彼らは何かを手にする事ができるのか。
 どんな着地点が待っているのか、ちょっと想像がつかない不安定感バリバリの漫画だけに、残りの巻数が1冊1冊とても楽しみになってきました。

 ところで、名越が伊藤に痩せたと言ってましたけど、伊藤がちょっと本当に綺麗になってきたように見えたのは気のせいでしょうか。
 このままいくと、最後はかなりの美人さんになっちゃうんじゃないかなぁ。
 そのへんもけっこう楽しみだったり(笑)。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。