2010年08月05日

ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.129 “最後の太陽”

 最近また掲載位置がドベ3で安定しそうですね〜。
 とても恐いです。
 展開がクライマックスってるだけに、ここで無理矢理完結なんてことにされないことを祈ります。
 あるいは、これは昔のジョジョ位置なのでしょうか(笑)。
 ジョジョって、連載としては大人気でも、掲載位置はかなり後ろのほうで安定していて、ストーンオーシャンあたりだとドベ3あたりが多かった記憶があるんですよね〜。
 あ〜うん……そいうことにしておくかな……自分的に。

 頑張れ、岩代先生っ!

 ともあれ、サイレン、週刊少年ジャンプ2010年35号収録分の感想です。

■ジャンプ本誌感想はこちら→前編後編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■ウラヌス、散る
■天墜ふたたび
■オド、暴露



■ウラヌス、散る

 グラナの力によって太陽光を遮断されてしまった戦場。
 すっかり襲撃作戦の根幹がゆらいでしまいました。
 カイルたちもこういう事態は想定しておくべきだったのかもしれませんが、まさか太陽光をねじまげるなんて、そこまでとんでもないレベルが存在するとは、まったく想像すらできなかったってことなんでしょうねぇ。
 これは実際カイルたちにとってみれば全員撤退すべき局面のような気がするのですが、しかし、人質救出作戦である以上、彼らとしてはそれは論外。考える値すらなし。
 なかなか大変な事になってしまいましたね〜。

 そして、太陽光を一瞬とはいえまともに浴びてしまったウラヌス。
 傷口を氷で閉じながらも立ち上がる。
 左手を肩先から失い、さらに体全身も“汚染”されている模様。
 だが、それでも下がらない!

「生憎 後ろに下がる脚はついていない…!!

 言っただろう…

 俺から闘いを奪うな…!」


 おお、バカだ!(←誉め言葉)
 
 そして、まるで死地を求める侍のごとく、

「悪いが 先に行く」

 と、言い残して突撃。
 武士道とは、死ぬことと見つけたりか! 

 巨大なマテリアルハイのぶつかり合う中、交錯するウラヌスとカイル。
 ウラヌスのランスをかわし、カイルの蹴りが決まる。
 おおー。
 これはやはり汚染のせいでしょうか。
 ウラヌスもかなり動きが鈍っていたのでしょう。
 突き上げられたウラヌスの体を、今度はフレデリカのパイロクイーンの砲撃。
 一瞬にして灰に……。
 南無。ウラヌスよ。
 これが、お前の満足だったのだろうか。
 ウラヌスよ、その死に様、満足だったか?
 ウラヌスなら、いっぺんの悔いなしとでも言いそうですが、いや、やはりこれは虚しい。
 敵ながら、ウラヌスの死を憐れに思ってしまいます。
 憎いのはグリゴリだと思うのですよ。
 グリゴリさえ存在せず、彼らを人体実験にしてめちゃくちゃにしなければ、こんなことにはならなかったはず。
 ウラヌスも、きっと普通の人間として生きる人生だってあった筈なのに。

 これにて、今回の戦いにて、ワイズ側、死者第一号。
 うーん、とうとうって感じかなぁ。
 ワイズのほうにも、ひとりひとりだんだん愛着が湧いてきて、死んで欲しくないという感情が起き上がってきているんですよね〜。
 それこそワイズの死者としてはドルキさんが大昔に散っているわけですが、あの頃はまだそこまでワイズメンバーそれぞれに愛着がなかったのかも。
 でも、もうすでにひとりとして死んで欲しくないって思えちゃってるわけで。
 ほんと、この戦いが終わるとき、いったいどういう決着がつくんでしょうか。
 戦いって、やっぱり不毛ですね。
 辛いものです。



■天墜ふたたび

 そしてここで、天墜キターーッ!!
 太陽光が極大のレーザーとなっていく筋も降り注ぐ。
 ギャーース! 吹き飛ぶフレデリカ!!
 全身から血ィ吹いてるぞ!
 普通の人なら一瞬にして消し炭にする天墜をくらったんだから、いくらフレデリカでもたまったものじゃないでしょう。
 これはマジでやばい。
 一度ヴァンのところまで撤退か?

 さらにグラナ、空の膜まで修復させて、もうやりたい放題。
 どこまで貴様は強力なのだと。
 しかし、この一連の作業のおかげで戦線に介入できなくなったのはカイルたちには嬉しい状況。
 先週は、すわカイルVS.グラナかと思ってゾッとしましたが、こういうことでしたか。上手い事しますね〜岩代先生。

 しかし、だからといって安心はできない。
 神経制御塔のほうにはシャイナさんがまわってしまいました。
 まぁ、転送能力持ちのシャイナさんが不穏分子を探してまわるのは適任ですし、そういう配置になってくるんじゃないかなとは思っていましたが。
 でも、もしそれでヒリューくんたちと衝突となったら、ヒリューくんたちで大丈夫なんでしょうか。
 心配です。
 一応ヒリューくんにとってはリベンジになるんですけどね〜。
 ああ、ヒリューくんひとりじゃ勝てる気がまったくしないのですが、そうだ、タツオがいるんですよね。
 ヒリューくん、タツオのゴールデンコンビで、チーム・ミラクルドラゴンの力を見せて欲しいものです。
 1+1は2じゃない、3にも、5にも、10にもなるんだ! ってな感じで(笑)。

 そしてさらに、ここで地下から巨大タヴー軍団登場!!
 まさに巨神兵。ってことはカプリコはナウシカか(笑)。
 自由自在に巨神兵をあやつり破壊の限りを尽くす、無垢ながらなんと恐ろしいナウシカもあったものか。
 また、その横で、汚染に苦しんでるはずなのにしっかり付き添ってるジュナスがいいなぁ〜。
 愛ですよ愛。

 

■オド、暴露

 そして、やはり朧でしたかーッ!
 オドの正体は、大方の予想通り望月朧!
 しかもなんというこのナイスタイミング。
 ウラヌス戦死、グラナは幕張りで動けず、ジュナスは弱体化、カプリコは出撃中。
 この空白を狙い済ましていたかのような朧反逆。
 いやー、これは痛快でした。

 しかし、

「キサマ 何者だ」

 ってことは、彼らはオドの中身が朧とは知らなかった……ドリフトの一味であると知らずにスカージに参入させたって事でしょうか。
 それとも、朧はスカージのオドを人知れず始末し、まんまと入れ替わっていたってことなんですかね。
 デルボロの反応からして、どうも後者であるような気がします。

 さぁ朧、これから何をしでかしてくれるんでしょうか。
 あるいは、もう既になにかしでかし済みなのか。
 禁忌を知らない朧のダークサイドな活躍に期待!
 そしてもちろん、その身体に無数に埋め込んだ様子の極小イルミナのパワーやいかに。
 デルボロはカイルのライバルとして認定されていたと思っていたのですが、このまま朧のカマセ犬にされちゃいそうな匂いプンプンであります。
 


 
■新刊情報/PSYREN -サイレン- another call1 紅蓮の聖誕

■ジャンプ本誌感想はこちら→前編後編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■PSYREN‐サイレン‐の謎
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その08 「灰化する死」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その07 「薄明るいサイレン世界の夜」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その06 「タツオの放浪期間」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その05 「現在と未来の同調性」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その04 「ゲーム主催者」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その03 「ニセ刑事の正体」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その02 「電話の声」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その01 「噂の発生源」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 【序文】



■関連記事
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.128 “警報(サイレン)”
・【動画ネタ】PSYREN×よつばと!で『わいずと!』
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.127 “生きる意味”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.126 “つなぐ手”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.125 “決戦前夜”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.124 “天樹”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.123 “太陽”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.122 “ノヴァ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.121 “神刃(カミキリ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.120 “降臨”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.119 “報い”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.118 “咆哮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.117 “滾り”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.116 “スカージ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.115 “ダイバー”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.114 “殺人鬼”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.113 “潜入”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.112 “生存”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.111 “巨大”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.110 “三人”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.109 “ドキドキ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.108 “闇夜の蠢き”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.107 “死に様”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.106 “血と覚悟”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.105 “深淵(アビス)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.104 “交替”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.103 “挟撃”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.102 “毒蛾”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.101 “ウイルス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.100 “研究所へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.99 “後悔”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.98 “グリゴリの生存者”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.97 “小惑星ウロボロス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.96 “生命の王”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.95 “日輪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.94 “二人の実験体”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.93 “友達1号”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.92 “まじん”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.91 “理子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.90 “はるかぜ学園”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.89 “雨宮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.88 “父と子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.87 “家族”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.86 “それぞれの空”
・【動画ネタ】ジャンプ漫画『PSYREN』の絶品パロディ特集
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.85 “失踪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.84 “飛龍”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.83 “無感情”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.82 “記憶”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.81 “対面”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.80 “微笑”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.79 “左手”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.78 “檻(ケージ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.77 “円”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.76 “家(ホーム)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.75 “生ける島”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.74 “脳獣(ブレインビースト)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.73 “偽帝”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.72 “夢喰島へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.71 “SOS”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.70 “転生の日B”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.69 “転生の日A”
・ジャンプ感想別室 PSYREN(サイレン) CALL.67 “根(ルート)”
・PSYREN(サイレン)感想 CALL.66 “戦士” 第1回キャラクター人気投票結果発表!
・コミック感想 PSYREN‐サイレン‐ Vol.6 “突入作戦(フレイム)”
posted by BOSS at 22:41| Comment(2) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウラヌスにはもうちょっと活躍してもらいたかった気もしますが、これくらいの描写でネームドキャラが死ぬのは緊張感があって良いですね。まあウラヌスもドルキ様も現代ではまだ生きてるのでそこでの活躍に期待しましょう。
上手くいけば仲間化も可能かもしれませんよ(笑)
朧はてっきりダークサイドに堕ちて敵になったのかと思ったら普通に味方っぽいですね。
この漫画は展開が早いのがとても良いですね
Posted by アロニロ at 2010年08月05日 23:43
 たしかにほんと、驚くほど展開が潔いですよね〜。
 めまぐるしく状況や舞台を変え、めまぐるしく登場人物が入れ替わります。
 これほど展開力を持った漫画はジャンプでも珍しいくらいです。

 そうですね、たしかに現代ならまだ彼らは生きているのでした。
 全てを正常に戻す事さえできれば、彼らと闘わずに済むのかもしれませんね〜。
 うむ、そんな歴史が生まれることを願います。

 朧は、敵の敵にはなってくれましたが、でもだからといって味方になりきってくれたのか、ちょっと信用のできない感じがとても朧だなぁと(笑)。そんなところが好きでありますよ(笑)。
Posted by BOSS at 2010年08月07日 15:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

週間少年ジャンプ36,37号一言感想
Excerpt: 河下水希が描いたポスターをじっくり見てみたんですがわかったのは、雨宮、つらら、サクラヒメコ、神楽、亜豆、ビューティーくらいか?見事に各作品のキャラの持ち味を殺して完全に...
Weblog: インドアさんいらっしゃ〜い♪
Tracked: 2010-08-09 19:31
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。