2010年07月19日

週刊少年ジャンプ2010年33号感想 後編

 それでは後半の感想にまいりましょう。

■前半の感想はこちら。





 後半の感想は、

・SWOT
・スケダン
・いぬまる
・サイレン
・保健室の死神
・メタメタ
・少年疾駆

 の7本でお送りいたします。



SWOT

 いかにも仲間になること前提のライバルって感じで“喧嘩狂”闇暗氷(やみくら こおり)登場。
 二枚目のクールキャラでなかなかカッコイイのですが、それ以上になんですかこの素晴らしい名前は(笑)。
 いいセンスしてるわ〜。いやこれ、皮肉とかじゃなくって、実際とてもいい名前ですって。

 一方主役の学崎は、なかなかの観察眼の鋭さを発揮。
 先週、ボクシングの先が読みやすいとかいう、常人の域を遥かに超越した発言もあったことですし、こと喧嘩にかけてはとんでもない才能を持っているようですね〜。
 まぁ、天才にはよくあることで、脳の発達領域がめちゃめちゃ偏っていて、恋愛や友情といった普通の人間の領域においてはとんでもないオバカでも、そのぶん喧嘩と勉強にすべてとられているとか。そういうことかもですな(笑)。

 今週はしかし、バトル場面の迫力がなかなかよかったです。
 ぶっとんだ人がコンクリートを破壊し、手裏剣エンピツは爆発を起こす。
 さらにガッシと掴みあえば、まわりに砂埃の爆煙がドウウン!と発生。
 うむ、たしかにこんなスゲェ喧嘩は見た事ないでしょうとも(笑)。
 見ごたえもあって、なおかつ結構きれい。
 これはこれからの SWOT、バトルモノとしてなかなか期待できるかも?



SKET DANCE

 まさかのコマちゃんとダンテのお見合い編。
 いや〜今回は終始大笑い。
 お見合いババアと化したヒメコに笑い、仲人的なノリのボッスンに笑い、せみしぐれ(イフリート)に笑ったりしたのはまだまだ序の口でありました。
 まさかのコマ砲連発にボッスン大受難編(爆)。
 至近距離で発射され、至近距離で壁に叩きつけられる大迫力!
 次第次第に加速するコマ砲の火力に大爆笑!
 ボッスン、普通に死ねるレベルだぞ!
 ギャグマンガ補正でようやっと生きてるレベルでありますよ(笑)。

 しかしまぁ、最初はちょっとお似合いかな? とは思いましたが、お互い不幸な出会いでありましたな。
 ダンテじゃ、コマちゃんのパワーを受け止められそうにないですし、コマちゃんは身体が大きいのを気にされたくないのに、ダンテとしては身体が大きいところに惹かれたわけですからね。
 まぁでも、コマちゃんは自分の身体の大きさを気にしないほうがいいと思うんだけどなぁ。
 そこがいいって人も、ダンテみたいにいるわけですからね。



いぬまるだしっ

 くっ、やられた!
 夏休みオチとは思わなかった!

 しかし、アリスちゃんのブラの日焼け跡がなぜこんなにエロチックに見えてしまうんだ!
 いろんな意味で違うだろう! 冷静になれ自分!!



PSYREN−サイレン−

 別エントリーにて。
 明日アップ予定。



【センターカラー】 ぬらりひょんの孫 番外編浮世絵中奇譚

 ぬら孫二本同時掲載の特別編は、期待通り学園編だったわけですが、さらに一ひねり来た!
 カナちゃんがひっさびさにヒロイン枠ゲットかと思えば、エッチなトラブルなんていうスーパー美味しい場面ふくめて大冒険をカットの仕打ち!
 このまさかの仕打ち、もはや椎橋先生わざとやっているとしか思えません(笑)。
 これは放置されるヒロインと言う、まったく新しいヒロイン形態なのではないでしょうか!
 カナちゃん不幸すぎ。エッチなトラブルに丸々合い損!

 そして、さらにそのカナちゃんを追い込むがごとく、ここでまさかの新ヒロイン投入!!
 すでに3人もいるのに、まだ足しますか!
 椎橋先生、オソロシイ子ッ!
 ぬら孫をどうするおつもりですかっ!
 それも番外編でヒロイン登場って!(笑)

 しかしこの子、白蛇の血を八分の一だけ継ぐ凛子ちゃん、なかなかかわいいですな〜。
 ちょっと病弱っぽく、薄幸オーラ、いじめられっこっぽいところが私的にツボであります。
 って、さらにお嬢様属性までついたら完璧じゃないですか(笑)。
 袖を長めにしたセーターなんていう萌えアイテムも、手の鱗を見せないためっていう理由までありますし。
 なかなか重武装のヒロイン登場でありす。
 これはカナちゃん、さらに影が薄くなっちゃう大ピンチなのでは!?(笑)

 それはそうと、いかに猫好きの私でも、妖怪すねこすりはちょっと不気味。
 よ〜く見ると個別には可愛いんですけどね〜。

 そして、無回転ヤクザキックに先生の愛を感じた読切なのでありました(笑)。

 ところで、TCG 紹介漫画のつららは既に別物の可愛さですね。
 


保健室の死神

 冒頭ではいじられる花巻さんに癒されまくり、本編では安田君に癒されまくり、いや〜なんていう素晴らしい世界(笑)。

「今…幸せなのね〜〜〜……

 あの人」


 はい、幸せです!

 この子たちとこの空間を大切にしたいです!!



メタリカメタルカ

 おー、溶岩アクション、なかなかカッコイイ!
 ライバル達はちょっと小ぶりですが、小ぶりなりに子供に助けられた葛藤とかあったりして人間らしい。
 そして、ここでまさかのシノ大活躍!
 おおう、パンツはいてるのか? はいてないのか!?
 妙なところでドキドキさせられるギリギリアクションに全国中学生男子大興奮間違いなし(笑)。

 しかし、今回はほんと素直にいい迫力、いいアクションだったのですが、こういう魅力的な回をもってくるのがいかんせん遅かったかもなぁ〜と。
 ほんと、たかだか 10 話なのですが、その 10 話が大切なんですよね〜。

 さて、このピンチにルカ、どうするか?



少年疾駆

 御崎 DF 陣はちょっとセボーラをフリーに切り込ませすぎじゃなかろうかとは思いつつも、強敵との試合となるとやっぱり楽しくなってきます。
 やっぱりスポーツ漫画はこうでないとな〜と。
 試合をやることこそ本分なんですよね。
 しかし、その試合が始まるまで9話がかかってしまっている。
 ジャンプの新連載にとって、9話はとっても致命的になりかねない長さであるわけで、だからこそこの位置なんでしょうねぇ〜。
 さぁ、ここから試合の面白さで挽回なりますでしょうか。

 しかし……なんて強い毛根だ(笑)。



まとめて

 ということで今週の感想はここまで。
 来週は早いもので、今年の金未来杯がやってきちゃったんですね〜。
 連載に最も近い登竜門、金未来杯。
 さぁ今年はどのようなつわもの達が集まってくるのでありましょうか。
 毎年うち独自に採点してるんですけど、未だに受賞作品を当てたことが無いんですよね〜(笑)。
 今年こそは!



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 19:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^^*
妖怪すねこすり が ねこすすり に見えてしまう猫好きです。
猫啜るのか!?←一人ツッコミ
すねこすり…人なつっこい猫がすりすりと膝下に纏わり付いている間に転ぶ…とかでしょうか?
不気味な容姿ですが、日本版画の戯画で見たような覚えがあります。
Posted by 如月宵姫 at 2010年07月19日 21:36
今年も金未来杯が始まりますが
その前に前回の優勝作品が今号で掲載順ドベ2に入っているのはマズいのではないでしょうか?
開催前に怪しい雲行きにならなければいいですが…

ちょっと小ネタになりますが
金未来杯は2006年の時行っていなかったのはご存じでしょうか?
その時期は代わりに真夏の読み切り3連発がありまして、その中に当時スケットが読み切りとして掲載していました
もし、その年に金未来が行ってたらスケットはどうなってたんでしょうか…今となっては過ぎ去った事ですが
Posted by 跳祭 at 2010年07月22日 23:16
カナちゃんは新規読者は覚えてない人も多いんじゃないかなあ?と思うくらい陰薄いですね。
一時期は屋上から禍々しいオーラを漂わせてリクオを監視したりしてたんですけどね〜(コミックス3巻参考)でもそんな陰の薄い彼女をボクは応援したいです。えっと・・・今、清継たちと花開院本家にいるんでしたっけ?
Posted by アロニロ at 2010年07月23日 18:28
>如月宵姫さん

 結構猫に好かれる体質の私はしょっちゅう近所の猫にすねこすられてズボンの裾を毛だらけにされているのですが、そうか、あれがレベルアップすると妖怪になっちゃうんですね(笑)。
 恐いような嬉しいような(笑)。


>跳祭さん

 メタメタが苦戦しているその一方で、同じく金未来杯を獲得したぬら孫はアニメ化し、べるぜバブも順調。
 昔の金未来杯では、タカヤ、ウサギとカメとストライクが打ち切られているんですよね〜。
 こうなると2勝2敗、1は試合中。
 まぁ新連載の生き残りがとても厳しい昨今、半々近いというのは結構な勝率なんじゃないかなとも思えるのですが、さぁしかし今回はどうなんでしょうね。

 おー、スケダンはそういえばそんな感じでしたね。実質、作品出品数が少なかったから金未来杯がなかったんでしょうけど、たぶんあったら賞取ってたんじゃないですかね〜。


>アロニロさん

 ああ、あの屋上から双眼鏡はカナちゃん最高の名場面でしたね〜(笑)。
 またああいう怪しげな活躍してほしいところなんですが。
 …って、応援者すらその居場所があやふやになっちゃんカナちゃんって……不憫(笑)。
Posted by BOSS at 2010年07月25日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。