2010年06月22日

ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.123 “太陽”

 美女三人揃い踏み。麗しのセンターカラーが輝くサイレン、週刊少年ジャンプ2010年29号収録分の感想です。

■ジャンプ本誌感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】



 このカラーは素晴らしい!
 美少女三人が三者三様の美しさを放ってますね〜。
 雨宮さんは裸の肩口から首筋にかけてのお色気に、なんといってもヒップライン。
 マリーはメインウェポンのバストを強調した服に、むっちりしたフトモモも忘れない。
 そしてフレデリカは、北欧系を思わせるすらりと伸びやかなおみ脚の、透き通るような白さがとてもまぶしい!
 つか、フレデリカ、スカートめくるその手はなんだ!(笑)

 いや〜三人とも、それぞれ異なる己の武器を存分に発揮して、よい勝負を展開しております。
 これは永久保存版のカラーですぞよ〜?

 して、この視線の先は、やっぱりアゲハ?
 顔を赤らめながらドギマギしているアゲハの顔が浮かびます(笑)。


【感想小タイトル】
■小説版ですって!?
■灰化する死
■オド、その中身は!?
■戦い終わって


■小説版ですって!?

 おおう! ついに PSYЯEN が小説に!
 これは嬉しーッ!
 年末年始あたりになにか企画してるとか岩代先生がおっしゃってたのは、これのことだったのですね〜。

 って、この予告ページがまぁたえらく楽しいこと(笑)。
 雨宮さんの魅惑の表情!
 いや、なんかこれすごく内容に誤解誘いそうな表情ですな(笑)。
 たしか、4thゲームで仲間達がバラバラになったあと、アゲハに見せた顔だったかと思うのですが、そのままラブコメにシフトしてもよさそうな感じであります。
 つか、これだけ見たらそうとしか思えない!

 そして、極秘情報として小説の内容のヒントがチラホラ。
 うーむ、この中だと圧倒的にアビスとアゲハの1日デートが読みたいのですが(笑)。
 コミックのオマケだと、なんだかんだで雨宮さんとアゲハがデートしてることが多いですからね。
 それに対抗してアビス編を小説でというのも面白そう。
 つか、それは本編でヤレって?(笑)
 いやいや、本編だとどうしても話を前へ前へと進めなきゃいけませんから、こういうお遊びは小説でじっくりページをかけて遊びまくる。そういうのがいいんじゃないでしょうかね〜。
 うーむ。私は断然この3番ですな!

 あとは、脳獣の大冒険にはあまり惹かれないんですが、むしろネオ天草様こと碓氷さんの建国物語は読んでみたいと思いますぞ。
 野望と欲望にまみれながらも、けっこう地道に勤勉、こつこつライフラインとかを築き上げてゆくお姿とか、滑稽ながらも意外と哀愁ただよってきたりするんじゃないでしょうか(笑)。
 シミュレーションゲーム的な楽しさもあると思います。

 それとか、アゲハがサイレン入りする前の、雨宮さんの孤独な戦いとか、祭先生との出会いとかね。そういうのもとても読みたいです。
 それとも、まったく知らない人たちの奮戦ぶり……そして全滅にいたる悲劇とか……。
 そういうハードなのも読んでみたいですなぁ。

 執筆担当は SOW 先生。
 今をときめくラノベ作家さんみたいですね。
 ラノベは読んだことないのですが、河下水希先生がイラストを担当した 『私立エルニーニョ学園』 の作者さんとのこと。
 うむ、ならばやっぱりラブコメに期待せざるをえますまい!(←多分にラノベに偏見入ってるかもしれませんが)

 なんにせよ、出たら絶対買いますぞ〜。
 これの売り上げいかんによっては、ドラマCD化や、はてはアニメ化なんてことになっちゃったり?
 いや、まだその望みはかすかなものかもしれませんが、そう期待しちゃうのがファンの宿命と言うやつでありまして……。



■灰化する死

 さて本編。
 降り注ぐ太陽光で次々と灰化してゆくタヴーたち。
 おおー、窒息どころじゃないじゃないですか。
 ほぼ即死ですな。
 まるで光にさらされた吸血鬼の群れ。

 これにはクサカベさんも興奮。

「バンバン撃ったれタツオ!!!」
 
 って、あんたさっき自分達も死ぬって言ってたくらいなのに(笑)。
 このノリのよさこそクサカベさんらしい。

 ジュナスは、かなり苦しそうですが、さすがに即死とまではいかず。
 これはジュナスの身体能力が高いためか、それともイルミナがそこらのザコとは出来がちがうのか、あるいは地下深いため、日光がやや弱かったか。
 なんにせよ動作不良を起こしているみたいですけどね。
 苦し紛れに神刃を乱発して崖崩れを起こし、それを煙幕として脱出。
 おお、きさまはジャブロー攻略戦のシャアか。

 そしてついに出される、撤退命令。

『撤退しろ!!

 高濃度の汚染だ!!!

 イルミナが機能しなくなる』


 ほっほーう。
 ジュナスたちイルミナス・フォージした者達にとっては、太陽光は“汚染”なんですね。
 我々にとっては浄化の象徴である太陽光が、汚染というわけですか。
 そして、その汚染によってイルミナが 『機能しなくなる』 と。
 ドルキさんがイルミナを破壊されて灰化しましたが、同様に、太陽の強い光を浴びることで機能が停止し、ほぼ同じことが起こっちゃうわけですね。
 うむ、これは1年ほど前に書いた、『灰化する死』 の考察がけっこう当たっていたのかな? という感触が持てて来ました。
 「灰化」 の原因は、太陽や特殊な大気といった外的要因ではなく、彼らの身体の秘密にあるのではないかという推測です。

 イルミナは、PSI の力を高めるとともに、彼らにとっては身体を維持するのに一瞬たりとも欠かせない心臓であるようです。
 食料もなにも必要とせず、大気中の PSI だけで永遠の生命を生きる彼ら。
 彼らの身体は、実際のところ、イルミナの力だけで形を維持されている、擬似生命体みたいなものなんじゃないでしょうか。
 だから、そのイルミナが機能を止めちゃうと、一瞬たりとも形を維持することができず、それこそ一瞬でこれまでの歳月が襲い掛かってきて、灰になっちゃうんじゃないですかね。
 いや、実際には彼らの身体はそもそも灰みたいな微粒子の集合体でできていて、それをイルミナの PSI の力がああいう身体の形にかためて構築して、維持している……そういうシロモノなんじゃないかなぁと。
 だからイルミナが止まると、元の灰になっちゃう。
 そういうことなんじゃないですかね。
 なんにせよ、食料もなしに永遠を生きるにはそのくらいのリスクがあるような気がするのですよね〜。

 いやしかし、そう考えるとイルミナってなんだか背筋の寒くなるような未来生活ですなぁ。
 世界を滅ぼし、好き勝手やって、そんな肉体改造までやって、実際手に入れたのは、永遠に薄闇が続く荒廃した世界。
 こんな生活に、彼らは満足なのかと。
 強さと永遠の肉体を手に入れても、それは実に危うい、いつ灰になるか分からないようなウソの肉体に過ぎないんじゃないですか?
 いったい彼らは何を考えているんだか。

 いや、実際にはワイズはあまりそういうことは考えてないのかもしれませんね。
 ただ彼らは、力の行使を思う存分できたり、誰からも阻害されない世界に満足しているのかもしれません。

 何かを考えているとしたら、それは天戯弥勒でしょう。
 弥勒はいったい何考えてるんでしょうね〜。
 おそらく、この崩壊世界は何かを起こす前段階に過ぎないのでしょうけど、いったい何を目的として、こんな歪みまくったコト、しちゃったんでしょうか。



■オド、その中身は!?

 一方、カイルとデルボロは痛み分け。
 うーん、決着がつかなかったか〜。残念。

 そしてフレデリカは……なんという無双(笑)。
 なぎ払えェッ!!(笑)
 いや、でもちょっと待ってフレデリカさん!
 その中に連れ去られた避難民とか、いないですよね!? ねッ!?

「何処に!!!? マリーは何処!!!」

 と叫ぶその目の前で、焼け死んでいるタヴーこそがマリー……そんなコラを誰か作ってくれないものでしょうか(笑)。
 いや、マリーもフレデリカも大好きなのに、何言ってるんだろう私、反省。

 で、今週の大問題。
 オド、ついに登場。
 しかしその口から出てきた言葉は、その登場以上の驚愕!


「止血はしておいた

 …あまりつまらないところで死なないでくれ

 ここからが面白くなるんだから

 キミに伝えにここまで来たんだ

 「舞台は用意しておく」と…」

「…! お前は…!!」

「じゃあ…

 また会える時を楽しみにしておくよ」



 これは……!
 これはもしや…………!?
 朧なのか!?
 私はずっとこの体格のよさやパワフルさから影虎説を提唱してきましたが、まさかの朧説急浮上!?
 止血って言ってるのも、CURE じゃないんですか?

 いやいやこれは超意外なダークホース、かつ、そう思えてくるとどんどんしっくりくる、というかそれ以外ないのでは? とも思えてくる線ではないでそうか。
 うーん、やっぱり顔隠しているキャラっつーのは、いつの時代もサプライズだ。
 なるほど〜。その手があったか〜。

 ここからは私の推測ですが、朧は無数のイルミナス・フォージを自らにしたことで、とんでもないタヴー化をなしとげ、もののついでにサラリとワイズ入りしたんでしょうね〜。
 しかし、あのクセモノの朧のことですから、素直にワイズにへいこらするはずもない。
 朧が求めているのは、もっとこう、彼自身が楽しめる 「熱狂的な何か」 でしょう。
 そしてそれは、アゲハが持ってきてくれると、彼は信じているところがあるんじゃないでしょうか。
 あるいは、強くなったアゲハを、自分が倒すとか、そういう物騒な事も考えているかもしれません。
 とにかく不安定かつ物騒なのが朧だというのが私の認識なんですよね〜。
 そんな朧は、ワイズ入りしながらも、アゲハがワイズをぶっ壊す算段を着々と進めている。
 そういうスパイ活動キャラとして、ここからは動き出すんじゃないですかね〜。
 いや〜、これは面白くなってきました。
 あの朧がどういう合流の仕方をするのかいろいろ空想はしてきましたが、まさかこういう可能性が出てくるとは。
 まだオドが朧って決まったわけじゃないですけど、その可能性が出てきたことがとても嬉しいですね〜。
 いよいよ本拠地決戦が楽しみになってきました。
 


■戦い終わって

 ということで、ルート戦終決。
 ふむ。マスクがあってもこれだけ太陽サンサンの下では無理なのですか。
 神経制御塔が機能しはじめたらまた雲で覆われちゃうのかもしれませんが、しばらくルートは安全そうですね。
 ん〜、でもいずれにしても移設先は検討しなきゃなんないだろうなぁ〜。

 そして、ルートの面々。
 アゲハはヒリューくんと再会の喜び。
 …あれ? 雨宮さんはどこ行った?(笑)
 せっかくの帰還なのに、迎えてくれる人の少なさにホロリ(笑)。

 フレデリカとシャオ、マリー大好きっ子たちはマリーを助けに行くことで一致団結。
 おー、放っておけば今すぐにでも飛び出していきそうな勢いだ。
 普段ならこういうときに冷静な制止役になりそうなシャオが、熱くなっちゃってるのがなんともいい。

 そして、ああいた雨宮さん。
 ついにお迎えが来たか、エルモアおばばさま。
 最期の最期、何か予知を教えて欲しいものですが…。どうなんでしょう。


 ともかくこれにて終戦。
 いやいや、けっこう短期で終わりましたよ〜?
 CALL.113“潜入”で開戦して、今回でちょうど 10 話。
 たったの 10 話でこれだけのスケール感。複数同時戦闘をしっかりまとめあげたんですねぇ。
 みんなそれぞれかっこよかったし、カブトもすばらしい覚醒。
 朱鳥も大爆発。
 そう思うと物凄い展開の速さ(笑)。
 いやいや、たいしたものです。
 10 話以上のたいした密度でした。
 岩代先生のバトル描写の腕前に、改めて感心しちゃいます。

 しかし、結果的に両者かなりの損失を出しましたね〜。
 ルート側はマリーやフブキ、イアンを奪われ、他にも多数の拉致被害者、死傷者を出し、今もエルモアおばばを失おうとしている。
 ワイズ側はスカージ3名&大量のザコを損失。
 戦闘要員としては1名失っただけのルート側が、拠点も失わずに済んで勝利といいたいところですが、あまりにも被害者が多いですからね〜。
 ルートの敗北と言っていいのかもなぁ〜。

 ワイズとしてみれば、ルートはまた攻めればよいわけで。
 また、マリーやフブキ、イアンといった彼らからいろいろ情報を引き出すことも可能でしょう。
 あまり想像したくはないのですが、トランスのマインドジャック系で無理矢理脳から情報を引き出すような手段も、彼らならあるかもしれませんしねぇ。
 マリーの記憶を吸い出せば、アゲハたちサイレンドリフトの秘密もバレちゃうんですよね〜。
 これはかなりの激震的展開を生むことになるかもしれません。
 うむ、なんかそう考えてくるとかなりヤバそう。
 これは痛み分けどころじゃない、ルート側の敗北と捉えていい状況なのかも……。
 いや、敗北とは言い切れないけど、そういうことにつながりかねない、かなり危機的な状況といいますかね。
 うーむ。

 さて、というわけで、次なる展開は予想通り、アゲハの期待通り、敵本拠地アストラル・ナーヴァ攻略戦となりそう。
 おー、胸が高鳴るぅ。
 武者震いしてきますぞー。
 とりあえずタツオの砲撃で雲を晴らせば、並み居るザコは全滅ってのはわかってきましたからね〜。
 下手すると幹部クラスの動きも制限できそうですし。
 いっちょド派手に決めて欲しいものです。

 と、その前に、ヒリューくんの調査報告も楽しみ。
 いったい何を調べてくれたのか、そこのところも、ヘンな意味じゃなくって本当に楽しみにしてるんですよね〜。
 ヒリューくん、いい情報持ってきてくれた事、信じてますぞ?



■ジャンプ本誌感想はこちら→前編


********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■PSYREN‐サイレン‐の謎
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その08 「灰化する死」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その07 「薄明るいサイレン世界の夜」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その06 「タツオの放浪期間」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その05 「現在と未来の同調性」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その04 「ゲーム主催者」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その03 「ニセ刑事の正体」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その02 「電話の声」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その01 「噂の発生源」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 【序文】



■関連記事
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.122 “ノヴァ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.121 “神刃(カミキリ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.120 “降臨”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.119 “報い”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.118 “咆哮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.117 “滾り”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.116 “スカージ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.115 “ダイバー”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.114 “殺人鬼”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.113 “潜入”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.112 “生存”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.111 “巨大”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.110 “三人”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.109 “ドキドキ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.108 “闇夜の蠢き”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.107 “死に様”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.106 “血と覚悟”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.105 “深淵(アビス)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.104 “交替”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.103 “挟撃”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.102 “毒蛾”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.101 “ウイルス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.100 “研究所へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.99 “後悔”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.98 “グリゴリの生存者”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.97 “小惑星ウロボロス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.96 “生命の王”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.95 “日輪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.94 “二人の実験体”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.93 “友達1号”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.92 “まじん”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.91 “理子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.90 “はるかぜ学園”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.89 “雨宮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.88 “父と子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.87 “家族”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.86 “それぞれの空”
・【動画ネタ】ジャンプ漫画『PSYREN』の絶品パロディ特集
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.85 “失踪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.84 “飛龍”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.83 “無感情”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.82 “記憶”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.81 “対面”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.80 “微笑”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.79 “左手”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.78 “檻(ケージ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.77 “円”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.76 “家(ホーム)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.75 “生ける島”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.74 “脳獣(ブレインビースト)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.73 “偽帝”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.72 “夢喰島へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.71 “SOS”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.70 “転生の日B”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.69 “転生の日A”
・ジャンプ感想別室 PSYREN(サイレン) CALL.67 “根(ルート)”
・PSYREN(サイレン)感想 CALL.66 “戦士” 第1回キャラクター人気投票結果発表!
・コミック感想 PSYREN‐サイレン‐ Vol.6 “突入作戦(フレイム)”


posted by BOSS at 23:05| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりの投稿です。受験勉強中の身ですが今は時間があるので投稿します。せっかくリンク張ってもらいましたのにブログ更新出来ずに申し訳ないです。
自分としてはイルミナは弥勒というよりはウロボロスの意志という感じがします。何というか今の弥勒は弥勒にとって犬居が操り人形だったようにウロボロスの操り人形になっている気がするんですね。けど、弥勒にもかろうじて自我が残っているのかもしれません。射場はナノパックやらをどうかしたいから生かしたという考え方も出来ますがそれでやるよりは軍隊関係者に種を植付けて操るほうが早い気がするので。後、案外ネメシスQの主は黒幕たる誰かを知りたいだけかもしれない。そして黒幕がいるとしたらかがり火の人が怪しいです。まあ、外れてる可能性が高いですが。
Posted by 風魔 at 2010年06月24日 12:49
追記です。あのままだと結構意味不明なので追記します。黒幕がかがり火の人が怪しいというのはウロボロスを操っている人(あるいは集団)かウロボロスに仕える眷属的なものという意味です。というか前者でないと黒幕じゃないか(汗)。
Posted by 風魔 at 2010年06月24日 13:29
 受験勉強中にコメントありがとうございます。

 ええもちろん、私の読みでも全ての事件の主犯格はウロボロスを地球に向かわせたもの(それはウロボロス自身か、ウロボロスとともに来たものかはまだわかりませんが)であり、弥勒はそれに利用されただけの存在だと考えてます。
 それはもしかすると、かがり火だったり(あるいはかがり火がそういった存在の手先、あるいは主要メンバーの一人だったり)するのかもしれませんが、まぁまだ全然情報が足りてないので、そのへんになっちゃうとほんと想像でつくってっちゃうしかない段階ですね〜。

 ただ、おっしゃるとおり、弥勒は利用され、犬居のように洗脳されているかもしれませんが、犬居ほどの歪んだ行動は目立って見受けられないので、まだ自由意志というか、自分では自由意志と思えるだけのものはあるんじゃないかなぁ〜と、そう思えるんですよね〜。
 では、だとしたら、その弥勒としては何を考え、何を欲してこんな未来世界を作っているのか、あるいはその動きに加担しているのか。その考えていること、野心の正体が楽しみだなぁ〜と思うのです。

 あとそうそう、弥勒は利用されている自分の最後の安全装置として、わざとナノパックを残していたという可能性はあるかもしれないなぁ〜と。風魔さんのお話を読んで、お説とは違っちゃってゴメンナサイですが、フと思いつきました。
 あまりにも自分の思いとかけ離れたことに自分の力が利用されそうだったら、いっそのこと死んでしまえと、そう弥勒が考えたこともあってもいいかもなぁ〜と。まぁでもそのためにはトリガーとなるキーコードを弥勒が知ってないというのがネックですね(笑)。
 まぁ、ただの思い付きでした。

 受験勉強、頑張ってください!
 ブログはまぁ、ぼちぼちと、無理しない程度に楽しく続けましょう^^
 それが長続きのコツではないかと。
Posted by BOSS at 2010年06月28日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。