2010年05月18日

ONE PIECE(ワンピース)感想 第584話 “ポルシェーミの一件”

 週刊少年ジャンプ2010年24号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】




 扉絵のクロコダイルがえらくかっこいい。
 すっかりギャングのボスって感じですね〜。
 しかし、鉤爪の手でどうやって新聞を持っているのかと思えば、なんとブッ刺しているんですか。
 なんだその無駄なかっこよさは(笑)。
 これ、読んでたら大事なところに穴が開いてたりして、
「誰だこれ破りやがったのは!」
 なんて逆切れしてたりしたら楽しいなぁ〜なんてアホな妄想してしまいました(笑)。
 いや、ぼくらのクロコさんはそんな事言わないなぁ〜。


感想小タイトル
■拷問
■強襲
■友情
■天竜人



■拷問

 海賊ポルシェーミに捕まったルフィ。
 海賊の金を盗んだエースとサボの行方を吐かせるため、拷問が始まる。
 ハンマーでブッ叩かれてもなんともないルフィでも、さすがにトゲ付グローブで打たれてはたまらない。
 というか子供相手に容赦ないですな〜。さすが外道海賊。
 またここでルフィが、拷問には屈しないものの手もなく泣き叫びだしたのがよかった。

「ぎゃあああああ!!!

 痛ェよォ〜〜〜!!

 怖ェよォ〜〜〜!!!

 助けてくれ〜〜!!!」


 今のルフィからは考えられないような情けない悲鳴。
 いや、今のルフィもたまにギャグっぽくこういう風にはなりますけどね(笑)。
 そうですよね〜。まだまだルフィも子供ですもんね〜。
 今ほど度胸も根性もなくて当たり前。
 逆に、ここで子供離れしたスゴイ根性とか見せられたら、それはちょっとと共感性が薄れたかもしれません。
 ルフィらしく絶対口は割らないけど、でもやっぱり泣いちゃうよと。このあたりのバランスがとてもよかったです。
 いくらシャンクスを目指しているからってね、そうそう簡単に英雄にはなれないですものね〜。

 その頃、宝を急いで移していたエースとサボ。
 そりゃそうですわな。
 彼らの頭の中では、ルフィは命惜しさにすぐにでも宝のありかをばらし、エースたち大ピンチと、そういう事になると思っていたことでしょう。

 そんなエースたちを探そうとする海賊らは、グレイターミナルの住人達に聞いてまわるわけですが、この住人らがまた一筋縄ではいかない連中ですね。
 さすがは流星街(笑)の住人たちですね。
 サラリとした描写でしたが、彼らの尋常じゃなさがよく現れてますね〜。
 恐らくは、こんな無法地帯ですからね、いつ死んでもおかしくないような生活でしょうから、彼らにとっては死や暴力なんてさして怖くないんでしょう。
 こういう連中を脅して情報を得ようってのはなかなか骨が折れることでしょうとも。
 また、そういう連中にエースとサボが認められているってことは、やっぱり彼らもタダ者ではないんだなぁと改めて思わせてくれます。



■強襲

 なるほど、ポルシェーミはただのヤバイ奴ってわけじゃなかったのですね。
 ルフィの口を割らせ、金を取り戻さなけりゃ自分の命が危ない。
 それを分かっているから悪魔にだってなる。
 なるほど、ワケもなく残酷なキャラクターを描いているのではないことがわかって納得。
 ポルシェーミにしてみれば金を盗んだエースが悪いのであって、生きるためには当然の事をしているだけだと言いたいかも知れません。

 ルフィあわや、というところで、待ってました!

 エース&サボ、乱入!!

 いや〜、この展開は分かりきっている事とはいえ、やっぱりスカッとしますなぁ〜(笑)。
 しかしこの二人、強い強い。
 子供二人で大人の海賊相手に勝ってしまうとは。
 いや、二人にしてみれば決死の特攻作戦だったんでしょうけどね〜。
 その覚悟と、大人たちの 「所詮相手は子供だ」 という油断とが相まって生まれた結果なのかもしれませんね。
 しかし、やっぱり子供相手に負けてる海賊ポルシェーミ……ブルージャム船長の言うとおり、情けなさ過ぎますなぁ。
 子供相手に金を盗まれ、拷問もうまくいかず、最後にゃ油断して負ける。
 ブルージャム船長の怒りもごもっともですわ。
 こんな噂がもし他の海賊に知られでもしたら、なんて考えたくもないでしょうしね〜。


 
■友情

 そして、エースとルフィ、ようやっと仲良く。
 なるほど〜。
 ルフィは頼れる存在が欲しかった。
 エースは自分が生きていることを肯定してくれる存在が欲しかった。
 二人の欠けている部分が、まるでパズルがはまり込む様にがっちりと、強烈に一致してしまったわけですね〜。
 いや、ちょっとこれはウルッと来てしまいました。
 エース、よかったなぁ〜と。
 ルフィにとっても大切な頼れる存在を得たシーンですが、それ以上にエースが泣けるじゃないかと。
 社会からずっと否定され続けてきたエースにとっては、おそらくサボもそうなんでしょうけど、ルフィはかけがえのない、自分を必要としてくれる存在だったのですね〜。
 ルフィやサボが、もしいくなれば、エースは自分と言う存在が破裂して消えてしまうような気になってしまうんじゃないでしょうか。
 なるほど、それだからこそ、エースは最期にルフィを身を挺して守ったのではないかと、そんなところまで想像が走っていきます。
 ああ、まだ回想編終わってないのに、なんか先走って泣けてしまう。
 そうでした。ワンピの過去編はいつ泣かされるかわからないんだった。ちょっと油断しておりました(笑)。

 しかし、たしかにこれは強烈な絆になりそうですね〜。
 ルフィとしては、エースは憧れの兄貴分となり、どんなに頑張っても勝てないけど、その姿を追いかけていくことでどんどん自分を伸ばしてくれる存在となったことでしょう。
 そしてエースとしても、ルフィは大切な弟分となり、これまでどこか捨て鉢で、荒れがちだった心を潤してくれる、ちゃんと前向きにしてくれる存在となったことでしょう。
 表面上はガチガチぶつかり合いながらも、きっと切っても切れない強固な絆となっていったんだろうなぁ〜と、そう思わせてくれるのに充分なエピソードでありました。
 過去編、短いながらもこまやかな描写でいろいろ伝わってきますなぁ〜。



■天竜人

 そして、山賊ダダンの家にはサボも加わり、ここにとんでもない悪童トリオが結成される。
 いいですね〜。
 なんか心が温まります。
 よるべない子供たちが身を寄せ合い、明るくたくましく育っていく。
 なんかもうそれだけで健気過ぎて泣けてくる(笑)。

 しかし、徐々に怪しげな風向きが……。
 なんと、このゴア王国にあの天竜人がやって来る!?
 いやいやいやいや、これはちょっと不意打ちでした。
 あの極悪天竜人がいったい何をしにきたのやら。
 ブルージャム海賊団は貴族に金を納めていると言っていましたが、もしやそれが天竜人?
 いや〜、まさかそんなことで天竜人がおでましになるとも思いにくいのですが……。
 はてさて、ルフィたちはいったいどういう事件に巻き込まれるのか。
 何にせよ、これはただ事では済みそうにありませんね〜。


 エース出航時に姿が見えなかったサボは、そこで死んでしまうのか。
 また、アラバスタ編で登場したときにはすっかり礼儀正しくなっていたエースには、何があったのか。
 そういったミッシング・リンクもありますね。
 そのあたりの謎が明かされることにもなるんでしょうかね。
 いやしかし、ホントまさか天竜人とは……。
 子供ルフィたちに、あれは手に負えないでしょ〜〜。



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】ワンピースの感動MAD特集!その3
・【動画】ワンピースの感動MAD特集!その2
・【動画】ワンピースの感動MAD特集!その1
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube ワンピース×英雄【アーロン篇】
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!!
posted by BOSS at 21:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです^^

サボの件とエースの死、そして残されたルフィ…
それぞれの生き方にトリプル泣き出来そうな展開ですね。
Posted by 如月宵姫 at 2010年05月18日 23:26
例の石が無くても、棘なら有効ですよね。
でないと、首領・クリークが浮かばれません。

ワンピはメリハリが効いてて面白いです。
過去編が苦手な方も居られますが、私はなかなか楽しめますよ…。
Posted by ゼルエル at 2010年05月20日 17:13
 ご本人の要望により、こちらのコメントは削除させていただきました。

 しかしまぁ、あんまり気にしないでいいと思いますよ〜。
 またカキコミお願いします^^
 でないと私が寂しがっちゃいますので(笑)。
Posted by BOSS(管理人) at 2010年05月21日 04:59
>如月宵姫さん

 お久しぶりです^^
 サイトを移転されるそうですね。
 いろいろ大変そうですが応援しております。移転後もよろしくお願いしますね。

 しかし、サボという存在が、妙に予感センサーをビンビン刺激してきますね〜。
 いったいどうなることやら……。


>ゼルエルさん

 たしかに、ルフィのゴムゴムの実のダメージ無効能力は、ゲーム的に考えれば「殴打」にのみ無敵で、「突き刺し」「斬撃」には無力なんですよね。
 ただ普段は、「突き刺し」も「斬撃」もルフィ自身の超人的身体能力と、莫大なヒットポイントでなんとかしのいでいるとか、そんな感じで。
 トゲグローブも、打撃部分は無効化できていて、でもトゲ部分の「突き刺し」はどうしても痛いと、そんな感じと考えればよいのでしょうね。

 まぁでも、海楼石という可能性もなくはないのですかね?
 あの海楼石という素材のレアリティはどのくらいなんでしょうか。
 ちょっと金を出せば誰でも手に入るものなのか。
 そのへんは気になるところです。

 私は毎度過去編を楽しみにしてますよ〜。
 素晴らしい話が多いですしね。
 なにより、その過去編を経ることで、現在の話が何層倍にも面白くなりますからね。
 感情移入のレベルがまったく違ってきますもの。
Posted by BOSS at 2010年05月23日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。