2010年05月13日

ゼロ年代のベスト映画上位100本

 みなさん、最近はどんな映画観てますか?
 私は感想こそなかなか書けてませんが、週一くらいのペースでいろいろ観ております。
 今年に入ってからですと、『グラン・トリノ』『ディア・ドクター』『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』『シッコ』『ルワンダの涙』『28日後…』『28週後…』『2012』『ヘアスプレー』『カンナさん大成功です!(韓国版)』あたりが気に入った作品ですね。

 さて、今日ご紹介するのは、ゼロ年代、つまり2000〜2009年に公開された映画作品で、ベスト作品を投票で100本選び出そうという企画をやったサイトさんです。
 投票者によってはかなり偏りが出るであろう企画ですが、これがなかなか興味深い。
 これから観る映画を探している方も、ひとつ参考にされてみてはいかがでしょう。

■ゼロ年代のベスト映画上位100本破壊屋さんより)


 100作品ずらーっと並んでいますが、けっこう知らないタイトルもあったりで勉強不足だなぁ〜と痛感しちゃったわけですが、まぁそれでもなんとか30本くらい観たことがあったのでホッと胸を撫で下ろしつつ。
 しかし、その30本がだいたい私の中で 「これは面白い」 とインプットされていたものばかりだったので、うむ、私の面白いと感じる感覚と、この投票した人たちの感覚はけっこうシンクロ率が高いのではないだろうかと思いました。

 1位の 『ダークナイト』 は大納得。私も劇場まで脚を運んで大満足し、その後DVDで2度ほど観ているお気に入りの一本です。
 感想でも99点つけてたんですね。
 アクション面やドラマ展開の面白さのみならず、911後のアメリカが抱える諸問題を抉り出す、強烈にハートに来る作品でした。

 2位の 『グラン・トリノ』 は、クリント・イーストウッドが実に渋くてカッコイイおじいちゃんを演じる感動作。これは家族でDVDで観て家族全員が絶賛するというとてもいい作品でした。アメリカの移民問題、少年の成長を表面で描きながら、その底流としてアメリカという国そのものの現在とゆくべき未来を描いているような、そんな深さも感じましたよ。

 19位、『スパイダーマン2』 も嬉しいところですが、個人的には三部作として友情と愛の物語を素晴らしい形で完結させてくれたも大好きなんですけどね〜(笑)。まぁでもあれは随所に穴があるらしく、好みの分かれるところなのでしょう。残念。

 38位 『ソウ』。強烈なシチュエーションで導入から猛烈に引き込まれる面白さ。グログロスプラッターと思って油断していると、ガツンとやられる素晴らしい脚本。ホラー界に鉄板作品がまた一つ増えました、といった感じの作品ですね。

 41位、『ミスト』 はショッキングかつ社会派な作品を観たかったらまずこれをどうぞってな感じではないでしょうか。ホラーの皮をかぶった強烈な社会派ドラマ。そのラストに愕然とした人は多いことでしょう。文明の明かりが消える時、人は原初の混沌に戻る……。

 43位、『バタフライ・エフェクト』。文句ナシに傑作。むしろなぜ1位ではないのかと思うほどに。過去と現在を行き来しながら恋人の運命を救おうとする男の物語。脚本が素晴らしすぎる!

 51位、『それでもボクはやってない』。日常的に満員電車にのる男性なら絶対観ておいたほうがいい一本。そして女性も。ひとつの冤罪が男性の未来を消滅させることもある。その恐ろしさを描きながらも、なおかつ映画として最高に面白い。日本映画はツマラナイと思っている人も、これは観ておいて欲しい一本。

 60位、『トランスフォーマー』。カッコイイ!! とにかくカッコイイ!! 男の子心に火をつけられる、全世界の男の子の心を持ち続ける男性のためだけに作られた映画。コンボイががちゃがちゃと変形して人型形態になり、高速道路をスローモーションで疾走するだけでチビりそうなカッコよさ。間違っても女性と観てはいけない。絶対に彼女達は理解してくれない。類似品として、 『300』 というこれも最高の名作がある。

 63位、『ドッグヴィル』。体育館のフロアに白線をひいただけで村を表現した、実験的作品。その実験的映像がちゃんと意味を持ってくる。それも実に恐ろしい形で。心をえぐるような作品。好みの別れるところなのでこの控えめな順位も納得。でも好きな人は強烈に惚れることでしょう。

 67位、『ホテル・ルワンダ』。世界では毎日のように戦争が起き、テロが起き、無力な人たちが殺されている。それを忘れたくないと心底思った作品。今、私が 『NPO法人 国境なき子どもたち』 に毎月ささやかながらも寄付をしているのは、この作品との出会いがあったからかもしれません。同じくルワンダ大虐殺を描いた作品として『ルワンダの涙』という作品もあります。どちらも観た方がいい、凄い作品です。

 76位、『300 スリーハンドレッド』。ディス・イズ・スパールター!! 血管ブチキレ男臭さマックス!! 女にゃわからぬこの美学!! 雨アラレと降る矢の中、盾を傘にゲラゲラ笑っている男達のかっこよさ!! もう一度言おう、ディス・イズ・スパールターッ!!

 79位、『硫黄島からの手紙』。硫黄島陥落までを描く戦争映画。今の日本は、名もなき男達の膨大な死の上に立っているのだよなぁと。そことを忘れてはいけないのだよなぁと思わせてくれました。渡辺謙さんが主演ですが、わたしとしては二宮和也が大した役者であることを知った作品でもあったりします。

 88位、『グラディエーター』。ローマのコロッセオで命がけで戦わされる剣闘士奴隷の物語。こちらは『300』と同系列の“男子専用映画”のようでいながら、女性も楽しめるであろう豪華絢爛歴史絵巻。

 93位、『トム・ヤム・クン!』。今は反政府デモで揺れるタイ発の、最高にハイなアクション映画。主演・トニー・ジャーの身体能力はまさにバケモノ級。特に、螺旋回廊を駆け上りながら4分以上にわたってカメラを止めずに一気に撮影されたアクションシーンはおおいに話題をかっさらいました。


 とまぁざーっとみてきましたが、なかなか手広く拾っているランキングなのではないでしょうか。
 パッと考えて、おい、この作品が出てないぞ〜と思うようなのがあまり思いつきません。
 しいて言えば、『おくりびと』 とか?
 『セルラー』 は個人的には最高ランクに近い映画なのですが、まぁちょっとマイナーかもですね。

 かなりランキングの信用度が高そうだなと思えてきたので、今度はここに上がってる映画を観ていこうかなと思えてきました。
 これから観たい映画はたくさんリストアップしてるのですが、そのなかでここに上がっているものもけっこうありましたので。
 うーん、どんどん観たいのに時間がない。まぁ、徐々に徐々にってヤツですかね。

 しかし、黄金期とまではいかないかもしれませんが、ゼロ年代もいい作品がいっぱい誕生したのですね〜。
 ちょっと壮観です。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画評論・レビュー
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
ラベル:映画 ブログ
posted by BOSS at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | お薦めサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その「100本」にあった「破」。

実物大エヴァ(7/23)は犠牲になったのだ
実物大ガンダム(7/24)の知名度…
その犠牲にな

まぁ「破」のブルーレイ楽しみにしてますがね…予約はとても多いそうで何より…

………管理人が愛するガンダムに嫉妬。
Posted by ゼルエル at 2010年05月18日 15:38
 エヴァはテレビ放送の時は途中から観てないのですよね〜。
 なので、今回の劇場版はちゃんと見ようかなぁ〜と、楽しみにしてます。
Posted by BOSS at 2010年05月23日 16:17
力の抜けた様な独特のコメントが管理人様らしい…。素直に嬉しいです。
作品の好き嫌いは、時として大きな隔絶を生むことがあるので。
低評価でも何でも、感想が読めれば、と高望みしてます。
Posted by ゼルエル at 2010年05月25日 16:30
>力の抜けた様な独特のコメント

 ぬはは、本人意識してないんですが、そんな風に受け取っていただけて嬉しいです(笑)。
 まあなんかいろいろ観たい読みたいリストが膨大にたまっちゃってるんで、あまり期待せずにのんびりお待ちいただけたら幸いです^^
Posted by BOSS at 2010年05月29日 15:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。