2010年04月26日

週刊少年ジャンプ2010年21・22合併号感想 前編

 春の合併号は、連載陣ヒーローたちがコスプレで大集合。
 ってこれ、「リゾートランド」 というのがテーマのようですが、いまひとつ何がテーマなんだか統一感がつかみにくいですな。
 まぁそういうゴッタ煮感のにぎやかさがジャンプらしさってことでしょうか(笑)。





 前半の感想は、

・ワンピ
・ナルト
・ブリーチ
・ぬら孫
・トリコ
・バクマン
・スケダン

 の6本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 ONE PIECE

 別エントリーにて。



NARUTO-ナルト-

 ビーさん、ハードゲイ説急浮上!
 まさかナルトのハーレムの術に微動だにしないとは(笑)。

 しかしまぁなんだ、このなんとも痛々しいラップを我々はいつまで聴かなければならないのでありましょうか(笑)。
 ナルトまでやり始めた時はどうしようかと思いましたが(笑)。
 ついにビーさん、演歌とラップを混ぜた演歌ラップと来ましたか。
 これをさも斬新ですばらしいものであるかのように解説する片目の人がとっても恥ずかしい。
 うーん、それともこれはカッコイイ〜と受け取るべきものなのだろうか…。
 どうにも私にはついていけないノリでありまする。
 いやもう、このオバカさは大好きなんですけどね(笑)。

 さて、ナルト修行編、まずは自分との対決といったところか。
 己に克てなければ尾獣を制御するなんて夢のまた夢。
 ならばまず己を制御するべしと。
 それはしかしナルト、一番苦手そうなところではありますな〜。
 でもまぁ、あの自由奔放なビーさんが克服できているくらいなんですから、おそらくなにか意外な克服法があるのでしょう。
 いったいそれはどういうモノなのか。

 ところで、この隠れ場所、なんだかすっごい不安なところだなぁ。
 この程度の結界じゃ、簡単に見つけられそうな気がするのですが……。
 そのへんはいかに。



BLEACH

 にゃにゃんと!
 これまでの様々な奇跡はすべて崩玉のせいだった!
 いや〜オドロキでした。
 織姫やチャドの摩訶不思議な能力まで崩玉のせいだったとは。
 ここ最近のブリーチは、開始以来読者がず〜っとかかえていた大量のモンモンを、全てザックリ回収してくれようというのでありましょうか。
 なんとも痛快であります。

 しかもこの崩玉の能力、これはまさにリリエンタールではありませんか!(笑)
 周囲の人間の心を反映して、それをかなえる方向に導く力。
 まさかリリエンタールがブリーチにまで出てこようとは!
 ってことはあれか、藍染はリリエンタールの組織のボスか!
 うーむ、なんとなく雰囲気も似ているような気もしないでもない(笑)。
 いやなんか、考えるほどにネタがかぶっていて恐ろしいですな〜。

 そして、ついにここで浦原さん登場!
 いや〜次々と重要人物ご登場。
 畳み掛けてきますね〜。



ぬらりひょんの孫

 おー、三兄妹式神融合!
 てっきりゆらさんが破軍の力で大活躍かと思いましたが、なるほどそう来ましたか。
 花開院の力がわかる、見栄えのする作戦でしたね〜。
 破軍みたいな究極術がなくっても、人間だって修行とチームワーク次第でなんとか妖怪にだって立ち向かえる。
 そう思えるのは嬉しい事です。

 ああ、先週ゆらさんが緊張してるっぽかったのって、このオトリの演技のせいだったんですね。
 しかし妹をオトリにするとは、竜二、妹大好きのくせして根っからの極悪サドめ(笑)。
 さすが妹の体液をすべての穴から噴出させるだけの事はあります。

 さて一方、花開院本家に軟禁状態の清継君たち。
 おー、なつかしのメンバー。元気そうでなにより。
 こんな異常事態でも清継君はあいかわらずポジティブでとってもなごみます(笑)。
 さぁしかし、そんな花開院本家にも、きょうせら……じゃなかったしょうけら率いる羽衣狐軍団が押し寄せる。
 さて、これを迎え撃てるだけの力が花開院本家にあるのでしょうか。

 ところで、しょうけら配下の妖怪たちはどことなくベルセルクっぽいなぁと。
 こいつらは西洋妖怪というより、おそらく西洋かぶれになった日本妖怪なんじゃないでしょうか。
 妖怪もやっぱり時代の推移と共にそういう異文化交流をしてみたり、現代的になっていったりするのかもしれませんね(笑)。



トリコ

 節乃さん顔コエぇ(笑)。
 手を下したようには見えなかったのに、「しまいなさい…」 の凶悪なまでのプレッシャーと同時にアルファロの武器である皿が全て割れるというオソロシや現象。
 ヤル気ならアルファロくらいすぐにでもヤレるとでも言ってるようなもんですね〜。
 あのとんでもない怪獣大戦争を一瞬でコナゴナにしたアルファロを、まるで子供でもあしらうかのような貫禄。
 いったいどれだけレベルが上なんだか。
 いやいや、世界は広い。上には上があるものです。
 節乃さん、普段はあんなに温厚なのに、やる時はやる。
 かっこよすぎです。

 かくして、今回の美食屋対美食會の戦いは、微妙な決着となりましたね。
 形の上は美食會がスープを手に入れたものの、その量は多くて数人分(下手するとボス一人分?)。
 一方のトリコたちは、小松がこのままうまくすればスープの大量生産にこぎつけそうな勢い。
 もしかすると結果的にはトリコたちの大勝利となるのかもしれません。

 そして、どうやらトリコの腕もなんとかなる希望が出てきました。
 グルメ細胞が次のピンチで奇跡を起こすか、それともコブラのサイコガンみたいな必殺技を秘めた義手でもはめるかと妄想をふくらませていたのですが、『ライフ』 というその土地の名前だけに、もしかしたら腕がピッコロさんのように生えてくるのかもしれませんね!
 いったい今度はどんな驚きの光景を見せてくれるのやら。

 それはそうと、あ〜、トリコ見てると肉を食いたくなる(笑)。



バクマン。

 なんとまぁ、服部さんを尾行しようとは。
 サイシューコンビの行儀の悪さというか、怖いもの知らずがこんなとこでも出ましたか(笑)。

 しかしこれは、悪いと思っても笑いを堪えきれませんなぁ〜。
 服部さんと岩瀬さんのなんという会話か(笑)。
 本人達が本気であればあるほど、そのからまわりするさまの滑稽さは何層倍にもふくれあがるという、これがシュージンにヒントとなったようですね〜。

 いやいやよく出来ている。
 まさか岩瀬さんが服部さんにアタックをかけはじめた流れがこういう結果を生む事になるとは。
 あいかわらずプロットがよく練られていますわ。

 しかし、それをそのままシュージンがやったらただのギャグになってしまうわけで。
 ベース部分はあくまでシリアスに、なんですよね。
 ストーリーも邪道に、シリアスにして、でもその細部にシリアスな笑いを挟み込む。
 その構造をいかにうまく作り上げるかが問題なのでしょう。
 さて、シュージンはなにを閃いたのか。
 次回はいよいよ本命作品のアイデアが登場しそうですね。
 いったいどんな作品になるのか。
 とっても楽しみです。

 それはそうと、岩瀬さん玉砕か。
 憐れな。
 これがナチュラルに悪い影響とならなければいいんですけどね〜。いや、どう考えても悪い影響が出そうですよねぇ。
 どうなることやら。



SKET DANCE

 いやもうなんだこれは!
 篠原先生やりすぎって言葉知ってますか!!?

 いやもうなんつーかこの…



 ありがとうございました!!(爆)

 実際風呂に入るまでの流れも秀逸すぎてめちゃめちゃ笑えたのですが、イザ突入したらドッカンドッカン。
 まさか家族風呂で女子風呂ハーレム状態を回避してくるとは思いもしませんでしたが(まぁそれはそれで残念だったのは正直な感想ではあるもののw)、それによってヒメコとボッスンのふたりでお風呂泡プレイを存分に楽しめるという、極限状態の超絶アクロバットとなってくれました。
 いやもう、これはたまらんでッしょー!

 なんだこの、ふたりきりのお風呂でヒメコ目隠し&拘束&首にヒモのSM状態は!
 ボッスンよく言ってくれた!
 こっちまで思わず知性が壊れて(元々?w)、「ヒメコ、ええ身体しとるな〜」 とか思わず言ってしまいそうになりますわ(笑)。

 そして 「将来結婚したら」 なんてドキリとしちゃう発言にニヤニヤさせられたかと思えば、次々に攻略されてゆくヒメコのボディ(語弊ありまくりの表現)。
 いやもう、どこまでタブーに挑戦するんだか!
 ここではもう、詳細を記すのさえはばかられるような、っていうかむしろ文章で再現したほうが逆にヤバくね? ってな構図の数々(爆)に終始ドキドキ&ゲラゲラ。
 本人達はいたって真面目なのに、ハタから見たら涙が出てくるくらい笑えてしょうがない。
 まさにバクマンの目指すところがここにあるわけです(そうなのか?w)。

 いや〜なんでしょうこの旅行編の楽しさは。
 先週も凄かったですが、今週はさらなる高みに到達してしまいました。
 いやまぁエロスの高みではあるわけですが(笑)。
 それをこんな少年誌の限界まで挑戦しておいて、なお爽やかオバカなスケダン道を貫いている篠原先生。
 そのスゴ技を存分に見せつけられた心地でありました。
 いやもう最高ッすわ。

 さてしかし、これでまだまだ前半戦終了?
 そう、ここからが怒涛の後半戦なんですって!
 いや〜、いったいどんな修羅場が待ち受けているんでしょうか!
 そしてサーヤの襲来はいったいいつ!?
 もう旅行編たのしすぎ!!



 というとろで後編につづきます。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:47| Comment(0) | TrackBack(6) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ジャンプ 21・22合併号
Excerpt: ジャンプ 21・22合併号 ネタばれ感想
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2010-04-27 23:08

【ジャンプ】 週刊少年ジャンプ 21・22合併号
Excerpt: ヽ(ω・ヽ)ジャンプ 21・22合併号 感想でーっす(ノ・ω)ノ♪(c)集英社Σ(゜Δ゜*)ウォッ! 気づいたらアクセス70万超えていました。たぶん昨日の日中に超えたのかと思いますが・...
Weblog: TOM's Garden
Tracked: 2010-04-28 01:05

WJ21・22合併号感想
Excerpt: WJ21・22合併号の感想を表紙はオールキャストでは、簡潔に・・・・「ワンピ」巻頭カラーそして、回想へ・・・ルフィ、エースの死を認めたようで・・・痛々しいですねここで回...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-04-28 05:30

Wジャンプ21・22号感想
Excerpt: 連休が入るから合併号ですか〜〜〜もう22号・・・早いなぁ感想のみの記事ですが若干ネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。全作品はフォローしてません。銀魂の感想はこ...
Weblog: 徒然”腐”日記
Tracked: 2010-04-28 06:40

週刊少年ジャンプ(主にONE PIECE)感想2010-21+22
Excerpt: ジャンプNEXTって新創刊される雑誌に めだかボックスの番外編が載るのかー。 これはチェックしておきますかね。 それではいつものジャンプ...
Weblog:  リードマンのまとまりのない日記Return!
Tracked: 2010-04-28 17:31

週刊少年ジャンプ 2010年 21・22合併号 感想
Excerpt:  週刊少年ジャンプ 2010年 21・22合併号 感想  次のページへ
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2010-04-29 10:13
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。