2010年04月07日

週刊少年ジャンプ2010年18号感想 後編

 おお〜、なんか午後になったら急に寒くなってきました。
 ひさびさに暖房つけよっと。
 ではでは、後半の感想です。

■前半の感想はこちら





 後半の感想は、

・四ッ谷怪談
・いぬまる
・スケダン
・H×H
・バクマン
・賢犬

 の6本でお送りいたします。



詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。

 ぬ、お、お、お、おぉ……
 これはわからん!
 今度はこういうなぞなぞで来ましたか。
 面白いですね〜。

 十増間加奈子(とましまかなこ)

 手、足、頭 それぞれを2つに

 そして残る胴体


 あわせて7つのパーツ。
 「とましまかなこ」 も文字数7つ。
 このあたりがカギなんでしょうけど、うーむ。
 誰か頭のいい人お願いします。
 あるいはこれって有名な都市伝説の問題なんですかね?

 しかしこれ、もし解けたら既に登場している人物の名前が浮かび上がってくるってことなんですよね?
 うーむ、そちらから逆算するのはルール違反でしょうか(笑)。
 どうやら桜野春太くんは解けたようで、それをみたヒナノちゃんは 「あ”っ」 なんて声を上げてましたが……。
 いったい何なんでしょうね。

 あれ、待てよ? 手と足を2つに切ったら、あわせて 11 になるのか?
 ぬー、だとしたらちょっとよくわからんなぁ〜。
 まぁとにかく来週が楽しみです。

 まぁしかし、その十増間さんの怪談が実際のことだったと仮定して、一番悪いのは四ッ谷先輩じゃねーかよと(笑)。
 十増間さんは強制的に集めさせられてノイローゼになって怪談を造る側になっちゃったけど、四ッ谷先輩はそもそも純粋に人を恐怖に陥れるため、リアルに怪談を造るわけですからね〜。
 まさに純粋種。
 うーん、改めてとんでもないヤツだと思います(笑)。



いぬまるだしっ

 くじらよりも大きくてめだかよりも小さい生き物って聞いて、めだかボックスをまず思い浮かべた人は少なくないと思いますね(笑)。
 しかし、実はめだかボックスのほうがこのなぞなぞに引っ掛けて名前をつけたんでしょうか。
 とすると、そのうちもうひとり、イルカちゃんっていうギター持ってそうな姉が出てくるかもですね(爆)。
 なご〜り〜雪〜も〜♪ 降る〜時〜お尻〜〜♪

 いや、すいません。それが言いたかっただけです。



SKET DANCE

 ぎゃーーーー!
 最高だ!
 なんだこれ、最高だ!!
 今週のスケダンはステキすぎる!
 バス内の馬鹿馬鹿しくも小気味のいいやりとりにクスクスしたところから始まり、サーヤの恋心にウズウズさせられたかと思えば、最後はとんでもない精神交換トラブル!
 修学旅行で精神交換って!
 さすが篠原先生、修学旅行のなんたるかを分かってます!
 すべてをしゃぶりつくそうと言うのか篠原先生! 恐ろしい子!(ロマン風に)

 心が入れ替わったとは知らないサーヤが、いったいどういうアプローチで来るのか。
 それに対して、ボッスン内のヒメコはどう答えるのか。
 ワックワクものじゃあないですか。
 さらに、ヒメコの中のボッスンとしては、着替えとか女風呂とか、クリアーしなけりゃならない難関が山積状態。
 まさかスケダンで ToLOVE るか! なんてツッコミを入れることになる可能性が出てくるなんて!
 夜の女子部屋でパジャマパーティ状態になっちゃったりして 「ねぇ、ヒメコちゃん、好きな人いるんでしょ?」「今日はみんな、ひとりずつ誰が好きか告白していきましょうよ」 なんてな女子中学生かお前ら状態になることも必定。
 いや、実際はもっとシモネタトークとかで盛り上がっちゃうのかもしれませんが!(いや、知らんけど!)
 ああ、それだとちょっとボッスンには刺激が強すぎるので、パジャマトークくらいで手を打つってことでここは一つ(笑)。
 いやもう妄想大爆発。
 これはもう楽しすぎる!

 その他小さなネタもどれもこれも面白い。
 相変わらずのポッキーネタに、茎わかめをクッキーと呼ぶ椿。
 キャプテンのお菓子ネタに、さりげなく伝説のキャプ食い健在。
 スケット団をルパンファミリーで表す、実に意外にして言われてみれば的確すぎる例えの妙。
 さらりとスゴイ薬を紹介しておいて、さぁ飲めと言うチュウさんの気味の悪い笑顔。
 そして衝撃の薬効爆発と、さらに衝撃すぎる意外な結末。
 器用に悪乗りネタを挟んでくるスイッチもツボにハマります。

 いや〜笑った笑った。
 こんなに笑ったのはひさしぶりじゃないかと思うくらい面白かったです。
 電車で読んでたらかなりヤバかったですな(笑)。

 さぁ、これはもう来週いったいどんなトラブルが待っているのか!
 楽しみ過ぎる!



HUNTER×HUNTER

 キルアの 「一晩中でもな…」 はこれ、思いっきりブラフですよね!
 疾風迅雷をこの強度で使い続けたら、あっという間に充電切れになると思うのですが。
 こういうウソをさらりと言ってのける。
 さすがキルアですわ。
 ウソかホントか分からないのがチャームポイント。

 そこからの攻防がなかなかお互い理にかなってて痛快。
 情報操作でコムギを足手まといにしようとするプフ。
 プフの目的がコムギを殺すことだと見抜き、足手まといを気絶させて防衛戦に切り替えるキルア。
 一手一手がただの拳の繰り出しあい、技の応酬ではなく、相手の手の内をひっくりかえそうとする駆け引きとなっているのが知的興奮をかきたてます。

 一方の王メルエム。
 居並ぶ人民を見てもピンとは来なかった様子。
 その深層意識に引っかかっているのは、やっぱりコムギか、愛なのか!
 これはメルエムが人類にとって完全に無害化する和平エンドが見えてきた感じがしますね。
 王とコムギの愛の行方やいかに。

 いや、どうでしょう。
 そうやってコムギと軍儀だけを愛するようになった王に、平気で核を落とすのが人類かもしれません。
 うーむ、どんな結末が待っていることやら。
 
 そして、ついにゴンとピトーがカイトの元に?
 さて……さてさてさて・・・。
 緊張感に固唾を呑む思いですね〜。



バクマン。

 うーん、バクマンのこういう高揚する話は凄く好きです。
 右往左往を繰り返し、苦労してきたこれまでの数年がすべてこのためだったかのように良い回転をはじめた若者たち。
 読んでてまことに爽快です。

 今回はさらに、服部さんまで協力しつつも何やら策略がありそうですし、先々が楽しみすぎて舌なめずりするような気持ちで読んでしまいました(笑)。
 服部さん、「まずは邪道」 ってことは、「次」 があるってことですよね。
 チャンスは三回あるんだから三回フルに活用して最高の作品を作り上げなくちゃくらいのことは考えているかもしれません。
 そして、服部さんが絡んでいることや、その考えにどうやら感づいている様子のサイコー(違うかな?)。
 いや〜、なんかニヤニヤが止まりませんな(笑)。
 これまでブスブスと不完全燃焼をしてきた亜城木コンビが、今こそ本当の走りを見せ始めたようです。



賢い犬リリエンタール

 閉じ込められたリリエンタールのあまりのいじらしさに涙涙。
 あれもするのです、これもするのですと言うところでもう目の前が見えなくなり申した。
 ああもう、なんだってこんなによい子なリリエンタールをこんな目にあわせるのだと!

 しかし日野博士の言っていた 「本当の世界」 という言葉がちょっと気になりました。
 もしかして、リリエンタールが最初にいた研究所というのは、マリーの部屋のような異空間だったのでしょうか。
 そして今回ボスがリリエンタールを閉じ込めた世界も、同じようなところなのではないでしょうかね。
 なぜリリエンタールのような存在が生まれたのか。
 その謎も、不思議なパワーの謎も、おそらくそのあたりに隠されているのではないでしょうか。

 それはそうと、いよいよみんなが力を合わせて最終決戦という雰囲気になってまいりましたね。
 これはもう打ち切り最終回というのは明白な雰囲気で、それについては諦めるしかないと覚悟はできました。
 それより今はとにかく綺麗な大団円に期待したいのです。

 これまで登場してきた好人物だらけの敵味方が、最終的には協力し合う仲間になっているというのが実にいい。
 ボスについていったピエトロも、結局はこちら側についてくれるんじゃないかという雰囲気がありますし。
 このやさしさにで一杯に満ち溢れた世界は、やっぱり最後まで同じなんだろうなと信じさせてくれる、そういう流れを今回感じ取れました。
 どんなにつらいことがあっても、きっと最後はみんなで笑ってハッピーエンド。
 幸福感でいっぱいの、リリエンタールらしいラストを期待したいですね。



まとめて

 ということで、珍しく水曜日で完結したジャンプ感想。
 うむ、たまにはやればできるもんだと。
 でも毎回はムリでしょうね〜。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 23:02| Comment(5) | TrackBack(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スケダンですが、B組のバスにトモコとサッチンの2人の2年キャラ覚えてますか?

トモコ…合コン話でセイジの彼女になった女の子
サッチン…KRF編のヤバサワブックスのキーボード担当

2人共、2度目の出演になります


薬ネタから

・椿は元に戻れる
・状況からボスヒメ入れ替わりはC組+椿がわかってしまっているはず
・幸か不幸かC組は1クラスのみのDランク宿(部屋の場合もあるが)なので余程の事がない限り、入れ替わりが他クラスへすぐに広がることはない


さて、今後どうなるか楽しみです
Posted by 跳祭 at 2010年04月08日 00:38
「十増間加奈子」 ひらがなのアナグラムだと登場人物の名前が出てきますね。
それはミスリードで、もっと深い何かがあったりするのかなぁ… 次週が楽しみですね。
Posted by 黒天 at 2010年04月08日 22:46
>跳祭さん

 おー、そんな人たちもいましたね〜。
 いやしかし今週のスケダンは素晴らしいネタ投入。個人的に大好物であります。
 いったいどんなお楽しみが用意されているのか、期待がどんどん膨らんじゃっております(笑)。


>黒天さん

 おおう!
 それか!
 いや、言われて初めて気づく私(笑)。
 いやでも結論から考えればそうなりますが、ここにどうやって至るのかのプロセスがちょっと想像つきませんねぇ。
 彼らの表情も、その結論だとちょっとおかしいかな?というシーンもありますし。
 いや、それもおっしゃるとおりミスリードだったりするのかもしれませんしね。
 さて、どう来るのか。
 楽しみですね。
 こういうミステリー仕立てというか、謎解き系でこれから攻めてゆくのも四ッ谷先輩的に面白いかもしれませんね。
Posted by BOSS at 2010年04月11日 17:44
…みんな気付いていらっしゃらないとはっ…
内田ことウッチー、あなたは影が薄いだけなんです。

あんなに手前にいたのにっ…!
という訳で、お暇な方は内田くんに気付いてあげて下さい。
Posted by 黒鉄幻八郎 at 2010年04月12日 21:00
 あ、内田くんって人気投票のときの子でしたっけ?
 見覚えのある子がいるなぁ〜みたいな感じで微妙な気づきかたはしておりました(笑)。
 今回のシリーズは、個人的にはボスヒメトラブルだけで充分おなかいっぱいになっちゃってますが、そういった懐かしのメンバーがちょこちょこ出てくるのも楽しみの一つですね〜。
Posted by BOSS at 2010年04月18日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【ジャンプ】 週刊少年ジャンプ 18号
Excerpt: ヽ(ω・ヽ)ジャンプ 18号 感想でーっす(ノ・ω)ノ♪ (c)集英社アニメイトのジャンプフェアにすっかりはめられてしまいました。買うなら今だよね♪なんて思って、色々買いまくった結果・・・現段階で、ブ..
Weblog: TOM's Garden
Tracked: 2010-04-08 00:28
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。