2010年04月05日

週刊少年ジャンプ2010年18号感想 前編

 はーい帰って来ました、思ったよりも早く。
 上司がいなかったので人数少ないぶん大変かと思いきや、運よく農閑期と重なったおかげで本日は使えないPCと格闘するだけで済みました。
 いや、それはそれですごくストレスではあるのですが(笑)。
 さて、そんなわけでいつも通りジャヌプ感想いきましょう。
 …ジャヌプってなんだよ。





 前半の感想は、

・ナルト
・ワンピ
・ブリーチ
・サイレン
・トリコ
・ぬら孫

 の6本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 NARUTO-ナルト-

 ワンピがついに戦争を終決させ、それと入れ替わるように、ナルトで戦争が始まろうとしているんですね〜。
 ナルトだけじゃない、サイレンでもジュナスが 「戦争だ!」とテンション高めに叫び、見方によっては銀魂もかぶき町を左右する戦争状態に突入したとも言えるわけで。
 あっちでもこっちでも大規模戦闘が今のジャンプの潮流であるかのようです。

 しかし、ワンピの築き上げてしまったハードルは実に高いですね。
 あれだけのハイレベルで大規模戦争を描かれてしまうと、他作品としてはどうしてもそれと比べられ、苦しいところを感じざるを得ないでしょう。
 でもね、そこはやっぱりナルトはナルトらしく、他作品はそれぞれの作品らしく、まったく別の作品なんですから、別の方向性で私らを楽しませて欲しいですね。
 作家先生たち、頑張ってください。

 しかし、これだけ忍連合軍が揃ってくると、それに対する暁もそれ相応に大戦力になってくれないとなぁと思うんですよね。
 そりゃマダラもサスケも暁も強いのは分かるのですが、いかんせん少数人数ですからね〜。
 いくぶん大規模戦闘としての見栄えがしなくなってしまうのではないかと。

 と、勝手な心配をしていたら、ここでなんとカブトですか!
 なるほどその手がありましたか〜。
 “穢土転生”を使い、少ない人数をゾンビで補うわけですか。
 これはいいですね〜。
 しかもこの顔ぶれ、もしかして全員元暁!?
 ほっほー、これはなかなか手強そうじゃないですか。
 いい戦いになることを願います。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



BLEACH

 おっとーーっ。
 楽しみにしていたのに、一心さんの秘密、一護の出生の秘密はお預けですか!
 いやでもそれは上手いことやりましたね〜。
 ここでそういうこと説明しちゃったら、一心さんに思いっきり死亡フラグが立っちゃいますもんね!(笑)
 殺気を察知してすかさず親子チームプレイで回避したと思えば、親子ともども素晴らしい判断でした。

 しかし、来たのは一心さんだけだったのか〜。
 てっきり浦原さんとか夜一さんとか、あと石田パパとか来るものとばかり思ってましたが。



PSYREN−サイレン−

 別エントリーにて。



トリコ

 まさかの怪獣プロレス大会には思いっきりフきました。
 せっかくトミーさんが全エネルギーを注いで産み落としたっていうのに(笑)。憐れトミーさん。
 まぁ、トミーさんの遺言(じゃないけどw)は 「暴れろ」 だったのですから、これはこれで正しいのかな。

 さて、トリコたちは鉄平のおかげで助かりそうではありますが、センチュリースープの行方のほうが気になりますね〜。
 小松の先週の鼻血は、興奮したとかそんなオチではなく、普通にミニGTロボにやられたものだったようです。
 うむ、ここから追跡戦に入るんですかね?

 ここでゾンゲたちの姿がないところも気になるのですが、意外と最後はゾンゲさんがキーマンになっちゃって、うまくGTロボを発見できたりなんかして。
 ワンピにおけるバギー船長みたいな美味しさを、彼らには期待したいんですよね〜。



ぬらりひょんの孫

 おっとー!
 なにやら京妖怪の内部に奇妙な動きが。
 鞍馬の天狗がいないことに土蜘蛛は気づいたのに、鬼童丸が気づいてないのはどういうこと?
 何者かが皆の記憶をいじったのでありましょうか。
 記憶改ざん系の妖怪っていましたっけ?

 そして土蜘蛛があやしむ 「あのじじい」 と言うのは、十中八九鏖地蔵(みなごろしじぞう)のことだと思うのですが、こいつがまた怪しげな動きを。
 なんとあの夜雀と接触し、『魔王の小槌』と思しき刀を受け取りました。
 そして曰く、

「久しぶりじゃな…

 おう これじゃこれじゃ

 全ては順調に進んでおるぞ」


 と来たもんだ!
 むむーん。
 いったい何を企んでいることやら。
 まさか羽衣狐さまを利用しようとでも企んでいるのでありましょうか。
 それはけしからん!
 羽衣狐さまにはそういう 「利用される」 などという言葉とは相容れぬ、孤高の存在であって欲しいものであります。

 また、夜雀が動いているということは、これはあの四国編の裏の仕掛け人と思われる、山ン本五郎左衛門がまたぞろ動いているということですよね。
 実はこの京妖怪編ですら、山ン本五郎左衛門の前座に過ぎないと言うのでありましょうか。
 にんともかんとも許すまじ。

 いや〜、これまで京妖怪対奴良組のシンプルな構図だけでも面白かったのですが、ここへきて急に複雑化してきそうなニオイであります。
 うーむ、面白さが加速しますな!

 あとそうそう、毛倡妓のパチキには噴きました(笑)。
 いい姉さん女房だ。



 というわけで後編へ続きます。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************


posted by BOSS at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。