2010年04月01日

ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.112 “生存”

 5thステージ突入&大人気御礼センターカラー!
 サイレン、週刊少年ジャンプ2010年17号収録分の感想です。

■ジャンプ本誌感想はこちら→前編後編

【コミック派ネタバレ注意!】





感想小タイトル
■マリー、猛攻
■歴史変動
■発見


 センターカラーはつい先日やったような気がするのですが、またもゲット!
 これはファンとしては嬉しいですね〜。
 しかしアゲハ、雨宮さんの顔の前で暴王出すな(笑)。
 そして、我ながらなんともマニアックな目の付け所だとは思うのですが、雨宮さんの手首から指先にかけての、ふわふわしてそうな感じが凄くいい(爆)。
 ああ、我ながら立派な変態です。
 


■マリー、猛攻

 今週は大きく変動の起こったルートの描写がメイン。
 まずは避難民の数が激増。
 これは避難民を誘導したことも大きいでしょうが、それ以上に朱鳥さんというリーダーシップをしっかり取れる人材が入った事が大きいのではないでしょうか。
 10 年近い地下生活ですから、しっかりしたリーダーがいないと、不安や不信、閉鎖感などから民心はバラバラになってしまいがちでしょうからね。
 たしか前回は、今回ほどではないまでもそれなりにいた人数が、途中脱落者や新天地を探しに行く者などが出たりして、どんどん減ってしまったということだったかと。
 朱鳥さんはおそらく、フブキ経由でここに来たのでしょうけど、それはつまり、アゲハがエルモアウッドにかくまわれたからであるわけで。
 アゲハが4thステージを生き残ったことが、こういう形で歴史を変動させたわけですね。

 そして、今週のメインエベント!

 マリー、猛攻!!(爆)

 そうかーーっ!
 マリー攻撃に出ることにしたのかーっ!
 正直マリーを見くびっておりました。まさかここまで攻勢に出られる子だったとは!
 現代でアゲハと雨宮さんのイチャイチャっぷりを見て、マリーはハッキリ敵を認識しちゃったと。
 そしてこの未来世界でアゲハが生きていることを知ったマリーは、今の自分なら勝てるかも!と勇気を振り絞ったということでしょうか。
 しかし、それを冷徹に見送る雨宮さんが恐ろしい(笑)。
 アゲハ、無事で済めばよいのですが……。

 ああ、ところでフレデリカはどうなんでしょうね。
 やっぱりフレデリカもアゲハのことが気になってたと思うのですが、マリーがこれだけハッキリ自分の気持ちを出していったことで、フレデリカは身を引くことに決めたんですかね。
 フレデリカにとっては、マリーのことも何より大切なわけですもんね。

 未来に来たらどんな変動が起こっているのか楽しみにしていましたが、いや〜、まさかここまでクッキリと恋愛戦線が激化しようとは(笑)。
 期待を上回ってくれるサイレン。やはり面白い。

 しかし、こうなってくると今回冒頭のシャオ。

「どうするも何も戦いますよ

 戦争ですから」


 なんて、ちょっと殺気立ってましたが、これってマリーに振られたせいか?(笑)
 な〜んかそんな気すらしてくる恋愛戦線でした。



■歴史変動

 そしてフブキが、なんとイアンと結婚!!?
 しかも子供まで!
 これは意表つかれまくった!!
 そんな展開があったのかと!
 フブキがいるんじゃないかとは思ってましたが、まさか子供までとは。
 いやしかし、人類絶滅の危機なのですから、産めよ増やせよは至極まっとう、あたりまえ、これ以上なく正しいことですもんね。

 しかし、このあたりの彼らの会話、コメディとしてもニヤニヤさせられましたが、それと同時にタイムトラベルものとして、実に興味深く読めました。
 彼らは4thステージで再会しているのに、しかしその時の記憶がアゲハたちにはない。
 つまり、4thでフブキやマリーたちが会ったアゲハは、このアゲハではない、別のアゲハであったという解釈ができそうなんですよね。
 もちろんアゲハたちの活躍によって、この未来は新たに作られた時間軸であるとも考えられます。
 しかし、そうしたらそこで活躍したアゲハはどこへ行ったのか?という疑問も残るわけです。
 たしかに、今回新しい時間軸が生まれたのかもしれませんが、そこの4thステージでアゲハたちが活躍したことには変わりないわけですからね。
 いや〜、なんとも面白いタイムパラドクスです。
 またぞろサイレンの謎シリーズを書きたくなってきます。

 一方、雨宮さんはエルモアばーちゃんに歴史がいかに変動したかを確認。
 なるほど、基本的にドリフトは失敗することを前提として歴史は毎度組まれるわけですね。
 サイレンゲームに生き残り、帰還することそのものが、歴史を変動させることでもあるということでしょう。
 そこにも何か秘密があるのかもしれませんが、まぁこのほうが考察するほうとしてもシンプルでわかりやすいです。

 で、驚きは、祭先生と影虎さん。
 まさか2人とも行方不明とは!
 祭先生は、命を賭けてサイレンの秘密を話そうと言ってましたから、それもありそうだなとは思っておりましたが、まさか影虎さんまでって。
 うーん、これはワイズにやられましたかねぇ。
 ああでも、その場合はイアンに何にも連絡が入っていないというのがちょっと不自然でしょうか?
 まぁ、展開次第によっては連絡するヒマもなかったとか、イアンに連絡することでルートが狙われることを避けたとか、そういう事もありそうですが。

 しかしここで、かなり突飛な妄想をしてみました。
 ズバリ、祭先生たちは、こっちに来ている!
 そう、祭先生は再度ドリフトとして。
 影虎さんは新ドリフトとして。
 これ、ないですかね〜!
 アゲハに借りを作ったネメ姐さんの、素敵なプレゼント。
 強烈な増援部隊というのは、ありえないでしょうか。
 ちょっと都合よすぎでしょうかね〜。
 ああ、それにちょっと増援が強すぎますかね?

 また、ヴァンの言葉で気づかされたのですが、なるほど祭先生が行方不明でもイアンが自暴自棄にならず、死ななくて済んだのは、フブキのおかげだったんですね〜。
 うむ、歴史のタペストリーは実に巧妙に編まれているものです。

 

■発見

 時間の問題だったとはいえ、なんとこのタイミングでルートを発見するジュナス。
 あるいは、ルートが発見されそうだということを察知したネメ姐さんが、すかさずゲームをスタートさせたのかもしれませんね。

 おっと、ここではジュナスさん、先週のへんなマスクはつけてないんですね。
 これはあれか、太陽光がすこし降り注いでいた島原近辺では、禁人種は窒息してしまうから、そうならないようマスクを開発していたってことですか。
 なんだ、ちゃんと回避策があったんじゃないですか。
 いよいよ碓氷さんの愚かさが際立っちゃいますなぁ〜。

 かくして、スカージ登場。
 うーん、一人を除き、どいつもこいつもけっこう人間らしい姿を保持してますな〜。
 なんだか手強そうです。
 エルモアウッズと団体戦ってことになりそうですね。
 これまでにない人数規模の戦いになりますね。
 スケール感が広がって、これはワクワクしてきます。

 あ、今ちょっとスゴイ怖いことを思いついてしまいました。
 このフルフェイスのタヴー。
 中身が影虎さんだったりして……。
 祭先生と言うことは、さすがにあのおバストが影も形もなくなることはないだろうなと思うので、違うとは思うのですが。
 どちらにせよ、それは怖すぎるなぁ〜。
 そんな残酷な展開になるのかどうか。
 うーん。

 と、その前に、殺人鬼・鬼瀬がヴィーゴと名を改め再登場。
 おー、さっそくこっちでも出てきましたか。
 ジュナスを呼び捨てって、もしかして星将ですか?
 話の口ぶりからして、なんとなくスカージたちより格が上っぽいですしね。
 五星将が七星将にでもなっているんでしょうか。

 まぁしかし、ここで先に潜入ってのは、いかにもカマセではありますなぁ(笑)。
 成長したカブトの餌食となるのか。
 いろいろとまたまた来週が楽しみです!

 


■ジャンプ本誌感想はこちら→前編後編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■PSYREN‐サイレン‐の謎
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その08 「灰化する死」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その07 「薄明るいサイレン世界の夜」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その06 「タツオの放浪期間」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その05 「現在と未来の同調性」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その04 「ゲーム主催者」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その03 「ニセ刑事の正体」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その02 「電話の声」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その01 「噂の発生源」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 【序文】



■関連記事
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.111 “巨大”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.110 “三人”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.109 “ドキドキ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.108 “闇夜の蠢き”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.107 “死に様”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.106 “血と覚悟”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.105 “深淵(アビス)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.104 “交替”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.103 “挟撃”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.102 “毒蛾”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.101 “ウイルス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.100 “研究所へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.99 “後悔”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.98 “グリゴリの生存者”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.97 “小惑星ウロボロス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.96 “生命の王”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.95 “日輪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.94 “二人の実験体”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.93 “友達1号”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.92 “まじん”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.91 “理子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.90 “はるかぜ学園”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.89 “雨宮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.88 “父と子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.87 “家族”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.86 “それぞれの空”
・【動画ネタ】ジャンプ漫画『PSYREN』の絶品パロディ特集
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.85 “失踪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.84 “飛龍”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.83 “無感情”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.82 “記憶”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.81 “対面”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.80 “微笑”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.79 “左手”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.78 “檻(ケージ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.77 “円”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.76 “家(ホーム)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.75 “生ける島”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.74 “脳獣(ブレインビースト)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.73 “偽帝”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.72 “夢喰島へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.71 “SOS”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.70 “転生の日B”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.69 “転生の日A”
・ジャンプ感想別室 PSYREN(サイレン) CALL.67 “根(ルート)”
・PSYREN(サイレン)感想 CALL.66 “戦士” 第1回キャラクター人気投票結果発表!
・コミック感想 PSYREN‐サイレン‐ Vol.6 “突入作戦(フレイム)”


posted by BOSS at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。