2010年01月26日

ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.103 “挟撃”

 連載二周年突破記念巻頭カラー!
 やったー!
 岩代先生、おめでとうございますー!

【コミック派ネタバレ注意!】




 表紙の羽衣狐さまにいいトコ持って行かれた気もしないでもないのですが、めくって登場した雨宮さんのトンファー姿も素晴らしい。
 この、まわりを取り巻く白いフチ取りは、雨宮さんの PSI のオーラでしょうか。
 キーンと冷たい音が響いてきそうな雰囲気がとてもいいですね〜。
 また、見開きの雨宮さんも、普段はあまり見せない裸眼姿で、ちょっと緊張感がゆるんだ自然体の(でもかすかに不安を覗かせる様な)いい表情。
 素敵なカラーを拝ませていただきました。
 この不気味に赤く染まった空はいったい何を表すのか。
 上に見える黒い球体は、暴王の月?
 それとも何か、別のもの?
 ウロボロス……はもうちょっと違った感じに見えたような?
 そんなところも気になってしまいました。


 さて本編。
 雨宮さんの今回の武器は鈍器でしたか。
 ちょっと安心。
 日本刀 ⇒ 鎖鎌 ⇒ 日本刀 ⇒ 大鎌 ⇒ 斧っぽい刀 と、雨宮さんの凶器は主に【刃物系】だったのですが、さすがに現代の人間相手は鈍器でしたか(笑)。
 な〜んて安心していたら、まさかあのラストとはね!
 いや、先走りはよろしくないですな。
 順に行きましょう。


 まずは雨宮さん、新技 「ピーピング ラヴァー」 で索敵開始。
 胃カメラみたいな小型センサーをたくさん呼び出し、ワイヤーを伸ばしてあっちこっちに走らせる能力のようで、画像だけじゃなく音声も拾える優れものっぽいですね。
 おまけのハートマークは雨宮さんの遊び心?(笑)
 ただし、相手からも丸見えなのが欠点。
 さっそく遊坂をみつけたのはよかったものの、相手にもみつかってつぶされてしまいました。
 そのつぶされる寸前、カメラの前をよぎる何か巨大な影。
 おおっと、これが遊坂のスタンドか!?(違うw)


 一方、アゲハの前にその巨大な影と同じものっぽいのが出現。
 まるで王冠をかぶったようなシルエットで、お腹にはご丁寧にドクロマークつきの巨大なハエ。
 いかにもベルゼブブって感じですか。
 単調そうな、ゆっくりした動きからすると、自動プログラミング型でしょうか。
 毒を撒き散らしまくっております。

 それはそうと、ここからがなかなか面白い。
 アゲハが暴王の流星(ランス)で攻撃しようとすると、なぜか見当違いに毒ガスだけをなぎ払ってランスが直進しない。
 毒ガス自体が PSI 能力の一部なもんだから、ホーミングの邪魔になっちゃうんですね。
 これまた見事に弱点を突かれてしまいました。
 暴王って意外と弱点だらけでアンバランスな能力なんですね〜。
 いまだ成長途中ということでしょう。

 で、そこにかぶさる、祭先生のシーン。
 最近のハンター×ハンターのように解説が入り、なぜ祭先生が雨宮さんではなくアゲハを連れてきたのかが判明。


それは――

夜科アゲハが絶望的な状況に陥れば陥るほど

潜在的な危機判断力と“力”を発揮する人間だと

――そう祭は信じていたからだ



 おーきたきた。
 アゲハの成長フラグ。
 追い詰められて真価を発揮し、成長を遂げる。
 少年漫画における主人公の大条件と言ってもいいでしょう。 
 さぁアゲハ、今回はどんな成長を遂げてくれるのか。
 どんな打開策を編み出すのか。
 これは楽しみ。


 場面変わって遊坂方面。
 昨日まで、というかつい先ほどまで仲間だった研究所所員を皆殺しにし、誰も聞くもののない独り舞台。

「じゃあねみんな!

 名残り惜しいけど今日でみんなとはお別れです

 みんなを殺さなきゃいけなかった理由は

 特にありません」


 ってあたりがとてもシュールでいい感じ。

 しかし、もっとシュールなことに、倒れている人がみんなピエロの帽子みたいなのをかぶってるように見えるんですが(笑)。
 あれはいったいなんなんですか?
 こんな厳戒令が出されている状況で、みんなそろってパーティでも開いてたんでしょうか?
 それともここに遊坂の能力の秘密か何かが隠されているんでしょうか?
 う〜ん、謎すぎる。


 そして、これまた遊坂のニセモノということで、いよいよ行方がつかめないと焦る雨宮さん。
 そんなところに、あれま〜実にタイミングの悪い自衛隊が到着。
 間の悪いことに、雨宮さんの背後には血まみれの死体(笑)。
 で、雨宮さんの手には、どこから見ても凶器にしか見えないトンファーが握られていると。
 やーやーやー、あれま〜。
 これはどうしょうもないですな〜。

 自衛隊のおっちゃんもまた、かなりテンパッてますね〜。
 若いのが 「女子高生ですよ!!」 と止めるのも聞かず、雨宮さんを 「悪魔」 と決め付ける始末。
 まぁね〜、状況が状況だけにこれはどうしようもない。
 
 雨宮さんの説得もマズかった。

「あんた達

 死にたくなければ今すぐそこをどきなさい…!!

 話している時間なんかないの

 どかないなら実力で押し通る…!!」


 って、これじゃあ戦いになるのは必至ってもんでしょー(笑)。
 もうちょっと相手が納得しやすい言葉選びをしないとですよね〜。
 普段は冷静な雨宮さんも、祭先生が危ないとあって焦ってしまったんでしょうか。

 悲しいけどこれ、戦争なのよねって感じで、撃たれてしまう雨宮さん。
 うん、自衛隊のおっさん、死刑確定。
 雨宮さんが許しても俺がゆるさん。

 ここ、ライズ使いの雨宮さんらしからぬ被弾なんですが、なぜこうなってしまったのかはそのすぐ後に示されていると思うのです。
 脳内ヴィジョンで、白い大地を侵食する黒い虚無。
 そう、出現したのは黒宮さん!
 暴力と破壊と狂気をつかさどる黒宮さんの出現を、必死に抑えていたがゆえに、もしかしたら雨宮さんは弾丸を避けられなかったのではないでしょうか。

 消え行く意識の中で、それでも自衛隊の人たちに 「逃げて」 と警告を発する雨宮さん。
 なんて優しい子だ。
 自分を撃った連中にまで優しいなんてねぇ。

 わたしゃ、めくって登場黒宮さんのトンファー打撃ってトコで、少なからず快哉をあげてしまうくらいには自衛隊を憎く思っちゃってたんですけどね。

 それにしてもこの真っ黒シルエットの黒宮さんの、なんたる禍々しさか。
 このまま馬乗りになって内臓貪り食い始めたっておかしくない(爆)。
 うーんゾクゾクきます。


 そして驚きの走る自衛隊。
 って、おいおい、けっこう人数いたんじゃないか。
 こんなところで女子高生相手になにやっとんだと。

 そして始まる、黒宮さんのショータイム。


「あは黒ハート

 やっと出てこれた♪」



 うわ〜、黒い、黒いよ黒宮さん!
 いや〜素晴らしいですね〜。
 お美しいですね〜。
 怖いですね〜。
 黒くなったと同時に、襟元のボタンがひとつ外れてるのもスキがない(笑)。
 この登場によるカタルシス。
 なにもかも最高です!

 もちろん、雨宮さんの精神を分裂させる黒宮さんは悲しむべき存在であり、もしかしたら二度と戻らないかもしれない雨宮さんの心を思えば、読み手として胸が引き裂かれる思いなのです。
 それはもちろん。
 が、それはそれとして、この高揚感はすばらしいと言わざるを得ません。
 ついにキターッっていう感じ。
 ホラー映画において、殺人鬼登場シーンに上げる快哉の悲鳴。
 パニック映画で、大災害がついに爆発した瞬間にあげる痛快な悲鳴。
 そういう感じです。
 読み手としても、二つに人格が分かれて、悲しく、痛みを感じるのと同時に、ニタリと笑いが止まらないものがあるのですよ。
 いや〜これは快感ですわ〜。
 雨宮さんの心がどうなってしまったのか、とても心配だし、はやくアゲハと合流してもらうかして、なんとか元に戻って欲しいと思うのと同時に、ゆけゆけボクらの黒宮さん! その暴虐な破壊で自衛隊も遊坂もブッ潰せ!って思っちゃうのも止められないんですなー(笑)。

 いや〜、これまたトンファーってのがちょうどいいハンデですね!
 トンファーなら、自衛隊の人も死なずに済むんじゃないでしょうか(笑)。
 そのわりに痛快な黒宮さんの破壊力も堪能できると言う、ナイス武器チョイスだと思うのですよ。
 まぁ真面目な話、殺しちゃったら悲劇すぎますしね〜。


 つか、よく知らないんですけどこれ、トンファーの握り方じゃないですよね?
 トンファーをただの棒切れみたいに握ってしまうところが、なんだか妙に黒宮さんのイカレた破壊力を現しているようで、これはすごくよかったですわ。


 さて一方、アゲハ。
 毒ガスの中から、悠然と浮かび上がるアゲハの姿。
 おおー、なんか知らんがしっかり攻略しちゃっとる!
 聞こえてくるハム音は、これは暴王の能力でしょうか?
 円盤に続き、あたらしい使い方を見つけ出したんでしょうか。
 これがアゲハの新しい強さに結びつけばよいのですが。
 いろいろと来週が楽しみですね〜。


 しかし、夜雨夫妻、ともに暗黒面を引きずり出されてしまったこの戦い。
 アゲハも黒宮さんもどちらも手加減とは無縁な感じになっちゃいました。
 相手がまた容赦ない殺人鬼の悪役とあっては、結末はかなり残酷なことになってしまいそうですね〜。
 手綱役の祭先生がこの状態では、果たしてどうなってしまうのやら。
 ダークな不安をはらみつつ、バトルとしては異様なワクワクで盛り上がってきております。
 もう、とにかく黒宮さん劇場が楽しみだ!



 そして、二周年突破企画は、これまで登場した数々のPSIの人気投票でした〜。
 これまたサイレンらしくていいですね。

 個人的には、まぁ普通なんですけど 「暴王の月」「ネメシスQ」 になります。
 月バージョンのあのムチャクチャな動きがほんと大好きなんですよ。
 そして、いろいろと刺激的なSF思考実験をさせてくれるネメシスQは、まぁ言わずもがな。
 この漫画の面白さのベース部分ですもんね。

 ただ、実際自分でどれが欲しいかと問われたら……「ピーピング ラヴァー」 なんて言いませんよ?(笑)
 いや、スケベな事にも使用し放題だしカンニングとか、もっと凄いスパイ活動もし放題でしょうけど、根が小心者ですから、たぶん耐えられなくなりますから(笑)。
 それより私の場合、実生活ですごく便利そうな 「ホワイト・フーチ」 が欲しいですね〜。 
 これさえあれば、ごっちゃごちゃな自分の部屋から探している本がすぐ見つかりそうですから(笑)。
 ああでも、もちろん 「CURE」 もあったらいいですよね〜。

 ところで、コメントで通報を戴いたんですけど、投票番号 20 番「生命の樹“美”」 が間違っているっぽいですね。
 この絵の場面は、正しくは 「“王国(マルクト)”」 で、他人の生命力を吸い取ってる場面なんですよね。
 で、この直後に弥勒が再生しているコマがあって、正確にはそっちが 「“美(ティファレト)”」
 まぁ、今のところは二つでセットのコンボ技みたいなものですから、票的にはあまり問題ないですかね。
 ということで、通報してくださったけ〜わいさん、ありがとうございました〜。

 つか、今気づいたんですけど、祭先生が自衛隊をふっ飛ばしたあの技は 「気合バースト」 って言うんですね。
 すごいまんまでちょっと吹いたですよ(笑)。



 ということで、無事迎えることができた二周年突破記念。
 とにもかくにも岩代先生、おめでとうございます!
 これからも、ガンガン頑張って私達を楽しませてください!
 応援してまーす!



■PSYREN‐サイレン‐の謎
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その08 「灰化する死」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その07 「薄明るいサイレン世界の夜」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その06 「タツオの放浪期間」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その05 「現在と未来の同調性」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その04 「ゲーム主催者」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その03 「ニセ刑事の正体」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その02 「電話の声」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その01 「噂の発生源」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 【序文】


■関連記事
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.102 “毒蛾””
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.101 “ウイルス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.100 “研究所へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.99 “後悔”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.98 “グリゴリの生存者”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.97 “小惑星ウロボロス”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.96 “生命の王”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.95 “日輪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.94 “二人の実験体”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.93 “友達1号”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.92 “まじん”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.91 “理子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.90 “はるかぜ学園”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.89 “雨宮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.88 “父と子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.87 “家族”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.86 “それぞれの空”
・【動画ネタ】ジャンプ漫画『PSYREN』の絶品パロディ特集
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.85 “失踪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.84 “飛龍”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.83 “無感情”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.82 “記憶”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.81 “対面”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.80 “微笑”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.79 “左手”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.78 “檻(ケージ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.77 “円”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.76 “家(ホーム)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.75 “生ける島”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.74 “脳獣(ブレインビースト)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.73 “偽帝”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.72 “夢喰島へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.71 “SOS”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.70 “転生の日B”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.69 “転生の日A”
・ジャンプ感想別室 PSYREN(サイレン) CALL.67 “根(ルート)”
・PSYREN(サイレン)感想 CALL.66 “戦士” 第1回キャラクター人気投票結果発表!
・コミック感想 PSYREN‐サイレン‐ Vol.6 “突入作戦(フレイム)”
 


********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
********************************************************
posted by BOSS at 22:06| Comment(7) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ゛美゛ってありましたか・・・(^-^;

あと゛王国゛でした、なんかでしゃばってすいません
Posted by け〜わい at 2010年01月27日 00:33
 「国⇒王国」
 訂正しておきました〜。
 私ももうちょっとよく確認しておけばよかったですw
 こちらこそ、いらぬお手数取らせちゃいました。すいません^^;
Posted by BOSS at 2010年01月27日 00:52
 トンファーは横に突き出した部分を握るのが基本形ですが、それにこだわるとトンファーを使いこなす事にはなりません。
 状況に応じて持ち替える事でさまざまな使い方が可能です。下記URLの動画を参考に。

http://www.youtube.com/watch?v=gnF74snKp94&feature=PlayList&p=D3A0883C8465F387&index=0&playnext=1

 ・・・いやまぁあの持ち方は特に意味はないと思うので、『トンファーを単なる鈍器として使う』という狂気表現だとは思いますけどね?w 肩を撃たれた左手で殴ってるとか、精神が肉体を凌駕してるし!
Posted by DISK at 2010年01月27日 21:49
はじめまして。いつも感想楽しく読ませて頂いてます。

パーティー帽は、殺した後に遊坂がわざわざ被せたのではないかと思います(笑)
遊坂の異常性の強調かと。
Posted by 千年 at 2010年01月27日 22:18
めだかの宗像を見た後なので、
「みんなを殺さなきゃいけなかった理由は
特にありません」
の後には「だから殺しました」
と来るようにしか見えない。
・・・いや、実際そうなのかも知れませんけど^^;
Posted by KEY at 2010年01月29日 14:34
サイレンネタバレスレッドで拾った。
カラーコラです。
tp://deai-tv.com/up/src/up29574.jpg
Posted by の_の at 2010年01月30日 20:39
>DISK

 いや〜凄いですな〜。
 華麗なトンファーさばきに見惚れてしまった(笑)。

>『トンファーを単なる鈍器として使う』という狂気表現
>肩を撃たれた左手で殴ってるとか、精神が肉体を凌駕してるし!

 まったくもってその通りですな!
 雨宮さんは次々違う魅力を見せてくれてホント飽きません(笑)。


>千年さん
>パーティー帽は、殺した後に遊坂がわざわざ被せたのではないかと

 あ〜なるほど〜。
 それはありえますね!
 あれだけではとてもわかりにくいよな〜と思ったのですが、それが一番ありえそうですね〜。


>KEYさん

 なるほど、そこで宗像とつながりましたか(笑)。
 たしかに動機としては同じようなニオイがしますね〜。


>の_の さん

 吹いた。
 コラ職人はやっぱ凄いですな!
 そしてヒリューくん愛されすぎ!(笑)
Posted by BOSS at 2010年01月30日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。