2010年01月08日

【動画】オーケンMAD特集その5 武装錬金スペシャル!

 は〜い、オーケンMAD特集です!
 まったくアクセスを稼いでないこのシリーズですが(笑)、知ったことかー! と空気を読まずにツッ走る第5弾。

 今回は、私も大好きな作品、和月伸宏先生の傑作 『武装錬金』 とのMADであります。
 和月先生は知る人ぞ知る大槻ケンヂファンなのですが、これがまたあつらえたかのようにピッタリ!
 一挙に3本立てでお送りいたしま〜す。

 曲はそれぞれ、筋肉少女帯のアルバムより、『蜘蛛の糸』、『機械』、『銀輪部隊』 です。
 ではどーぞ!

※)ニコニコ動画の流れるコメントは、再生が始まってから現れる右下のフキダシボタンで消して視聴することができます。動画が重い時はそれでちょっと軽くなるかも?


 まずは、そのものドンピシャのものからいきましょう。
 武装錬金の数ある人気キャラの中でも随一の人気を誇る、パピヨン(蝶野攻爵)のまんまイメージソングと言ってもよいでしょう。
 というのも、作者・和月先生がこの曲を元にパピヨンを作ったと公言しているのです。
 ではどぞ。
 孤独な少年の叫びに涙せよ!


【ニコニコ動画】【MAD】蜘蛛の糸+パピヨン




 歌詞を引用しようかと思ったんですが、キリがない。
 そのくらいどこからどこまでもがパピヨンそのもの。
 孤独な少年の痛みが胸に突き刺さります。
 というか、この曲に共感して目頭がヤバスな人も少なくないのではないでしょうか。
 この曲は、オーケン先生が少年時代、まだネクラな肥満児で女の子としゃべれなかった孤独な時代そのままの自伝みたいなものなんだとか。
 リアルというかなんというか、響くものがありすぎです。
 しかし、この曲をCMソングとして起用した進研ゼミはいったい何を考えていたのだろうか(笑)。



 ということで、前期パピヨンの次は完結編パピヨン。
 パピヨンとカズキの物語クライマックスをどうぞ。

【ニコニコ動画】武装錬金 機械




 しかしこう観てゆくと、『蜘蛛の糸』 ではヒロインがカズキで、『機械』 では 「彼女」 がパピヨンで 「彼」 がカズキで……。
 つまりこの物語は、パピヨンとカズキの“愛の物語”だったと!?(爆)
 いや〜なんかそう言われて力いっぱい納得してしまいそうな自分がいますが(笑)。
 あ、私はあくまで斗貴子さん派でありますがね!
 しかし、パピヨンとカズキのハッピーエンドに涙している自分もいるのであります。
 一人、犠牲を買って月に消えたカズキの生存を、たった一人信じていたのは、ほかならぬパピヨン。
 斗貴子さんすら心が壊れそうになっているのに、パピヨンだけは信じぬいた。
 その強い思いは、究極の愛の領域です。
 ここ、アツ過ぎマス。



 そして、オマケは武装錬金における報われなかった男達に捧げる涙のテーマ、『銀輪部隊』! 
 ちょっと繰り返し部分が多いかもしれませんが、2:10 あたりから始まるオーケン先生の語りは、ぜひお聴きいただきたいアツさです。
 剛太に、惚れるぜ!

【ニコニコ動画】武装錬金 銀輪部隊



なんだ 泣いているのか?

いいかも知れねーなぁ、それも

だってさ、泣きながらでも走れるしなぁ


 私にとって、目からウロコの歌詞でしたね〜。
 そう、立ち止まってたって人生は走りすぎては行かない。
 走れ、走れ、走れ、走れ!
 泣いたっていいけど走れと。
 泣きながらでも走れるんだぜと。
 でも、立ち止まってたらいつまでたっても人生は先に進まないんだぜって、何か教えてくれた気がした歌でした。

銀輪!銀輪!マッハ!マッハ!


 なんと力強い歌でしょう!
 剛太の未来を、応援せずにはいられません!
 まぁでも、最後はフラグ立ってたんですけどね(笑)。



 このほかにも、武装錬金には大槻ケンヂ要素がいっぱい。
 「ルリヲヘッド」、「再殺部隊」、「五千百度の炎」、「ニアデスハピネス」、「アンダーグラウンドサーチライト」 とか、色んなワードがオーケン先生の歌や小説が発祥だと言われていますし、和月先生もポロポロとネタばらししちゃったりしてるとか。
 それくらいのオーケン・コアファンの和月先生のことですから、ひょっとするとこれらの動画はとっくにチェック済みで楽しんでたりするのかもしれませんね(笑)。



 しかし、オーケン世界のなんと胸に突き刺さることよ。
 鬱屈や、コンプレックス、自己嫌悪、対人恐怖など、ある種の精神世界に覚えのあるタイプには、いたたまれなくも惹き込まれてしまうものがあるのではないでしょうか。
 そしてまた、その暗闇のはるか彼方に、とても優しい希望、救いが示されているように思うのです。

 オーケン先生の歌詞は、抽象的で、一見狂気の沙汰、宗教チック、おふざけ、パロディばかりに見えますが、よく聴いていると、その奥底には複雑でいびつだけれども、とても優しい思いがあふれているように思うのです。



■関連動画
・【動画】オーケンMAD特集その4 感動巨編エウレカ・テレパシー
・【動画】オーケンMAD特集その3 オーケンの声をちょっと下げたら伊集院光になった!
・【動画】オーケンMAD特集その2 遊戯王MAD×2
・【動画】オーケンMAD特集その1 暴いておやりよメルバッキー







********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大槻ケンヂ MAD特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。