2009年12月23日

週刊少年ジャンプ2010年03・04合併号感想 後編

 さてジャンプ感想後半戦。




 後半の感想は、

・サイレン
・銀魂
・【スペシャル企画】連載陣4コマ詰合せ
・彼方
・【読切】宇宙のSPARROW
・【Xmas企画】いぬまるコラボ祭
・リリエン

 の7本でお送りいたします。


PSYREN−サイレン−

 別エントリーにて。
 明日アップ予定。



銀魂

 コロッケが森進一蹴った〜〜ッ!
 いや、意味わっかんねーから!(笑)

 というわけで、期せずして誰がほんとのサンタか決定戦が勃発。
 ああ、なんかこういうことあるかもしれない。
 いや、ここまでの事はさすがにないとして、サプライズのサンタがバッティングって、妙にリアルにありそうな設定ですよね。
 んなことあったら子供心的に悲劇だわ〜。
 立派なトラウマですって(笑)。

 しかしさっちゃんエロイな〜オイ!



WJ連載陣番外編!!
年末年始スペシャル4コマ漫画詰め合わせ!!


 連載陣による4コマ合戦。
 こういうのって作家さんたちにとってはけっこう緊張感あるでしょうね〜。

 個人的には、雨宮サンタ でオーブラボー!なわけですが(笑)、つららも意味不明なカワイさがあってよしよしと。

 そして喜界島さんのサンタがクリティカルな破壊力なのでありますが、個人的にはミニスカサンタ服のほうが好みでありまッス。<聞いてねぇよ!

 あと、ワンピはメリーで来たか!
 それは反則だ(笑)。

 ところで、リリエンタールは今週の銀魂本編とかぶっちゃいましたね(泣)。

 そして最後のページにはおまけ企画として、ジャンプの主役たちにアンケート。
 お年玉もらえるとしたら何が欲しい?って質問なんですが、一護の 「3学期」 があまりにも……泣ける(笑)。



新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ

 あ〜見事に痛々しい空間が出来てきましたね〜。
 やっぱり麻生先生の漫画は脇役がいっぱい出てきてからが本番なんですね。
 個人的には チョコボール⇒向井 の流れで笑っちゃったんですが、でもコレどこの世代ターゲットだよと(笑)。

 ドタバタのあげく、グループ名は 「SPLEEN」 に決定。
 意味は……「新しい風」 なんてカッコイイものじゃなく、ちゃんと調べてみたら 「奇行」「脾臓」 って(笑)。
 まぁピッタリじゃないですか。



【読切】宇宙のSPARROW

 『バレーボール使い郷田豪』高橋一郎先生による新作読切。
 おー、なんか久しぶりですね〜。
 最初はまったく気づかず、新人さんの漫画かと思って読んでしまいました。
 失礼いたしました。

 冒頭は、ちょっと語り口がギクシャクしてるかなとも思ったのですが、読んでみればけっこう面白いですね。
 特に、ちょっと変わっているからといって“つまはじき”にしてしまう、一つのイジメの形に突っ込んでいったあたり、これはちょっとリアルでいいなと。
 そういえば、ギャグなのか説教ものなのか曖昧なあたりはバレ使にもありましたっけ。
 これが高橋先生の一貫したスタイルなのかもですね。
 また、電波系の女の子もかわいくってグッド。
 高橋先生はやはり女の子がとても魅力的です。

 しかし、冒頭あたりのギクシャクさは、けっこう目立ってたんじゃないかな〜と思うんですよね。
 棒読みっぽい説明台詞や、展開のために用意された主人公のとってつけ気味の行動などなど。
 このあたり、高橋先生もひさびさのジャンプ掲載で勘が戻ってなかったんですかね。



いぬまるだしっ クリスマスSP大コラボ祭!!

 大石先生がネームを切り、諸先生に漫画を描いてもらうコラボ企画。
 これはいい企画だ。

 まずは大石先生ととても仲のいい岩代先生の PSYREN から。
 「出版的にタブー」 などとうまいコト言う雨宮さんとか、雨宮さんのナマ足責めからとうとう 「ナマ宮さん」 命名などなど、怒涛の暴走っぷりに爆笑。
 内容も、未来世界やタブーなどなど、サイレンのことをよくわかってる!って感じで、どちらの漫画もネタとしてとても美味しい理想的なコラボでした。
 シリアスなサイレンとギャグないぬまるの奇妙なマッチング、素晴らしい。
 しかし、マジでなんだ最後のは(笑)。

 二番手は黒子のバスケ。
 藤巻先生が書いたいぬまるくんが妙にかわいいこと。
 つか、たまこ先生が普通に美人さんだ(笑)。
 今回たまこ先生がなにげに得してない?

 三番手はあねどきっ。
 「しつこいリミテッド」「はだか100%」 って大石先生冒険したな〜(笑)。
 しかし、河下先生が描くといぬまるくんのおしりがリアルすぎてマズイ感満点ですなっ。
 つか、河下先生に前のほうも描いて欲しいと思った。<変態だーッ!

 そしてトドメにバクマン。
 ギャグマンガを描こうと追い詰められた亜城木コンビがいぬまるだしっを描き始めてしまうという……なんという自虐っぷり(笑)。
 どこまで自分の漫画をこき下ろすんですか大石先生!
 しかし、四コマのほうでも登場してましたが、編集長のキャラは便利すぎですなッ!
 ほんとオチとして優秀すぎます。
 そして、たまこ先生の名前って猫からとってたんですね〜。
 今まで全然気づかなかったですわ。



賢い犬リリエンタール

 回想のてつこがほがらかで天真爛漫そうでなんとも可愛いこと。
 今とはまったく別人ですね〜。
 これ、読切でも元はこんな感じでしたが、リリエンタールが原因で“鉄拳てつこ”になっちゃったんですよね(笑)。
 で、いったい何が原因で今のようになってしまったのかと思えば……

 かぶと虫幼虫の踊り食い

 って!
 それはたしかに小学生にはショッキング(笑)。
 サバイバル生活では貴重なタンパク源でしょうし、かなり美味という話も聞きますが、さすがに相手が小学生ではね〜。
 好きな女の子が喜ぶから幼虫をあげたら、目の前でバリバリ食われた日にゃあ、トラウマ直行ですわな(笑)。

 でも、この漫画でどんなダークな話になるのかと思いきや、ちゃんとソフトな仕上がりになってたのはとても安心しました。
 リリエンタールでひどくジメジメドロドロしたような話は読みたくないですから。
 この程度のカルチャーショックなら、まだまだ修復可能ですもんね。
 てつこのことが好きっぽい男の子が、今後もキーマンになってくれないですかね。

 しかし、「変わってる」「あの子は変」 というネタで高橋先生の読切とかぶってしまうとは、ちょっとこれは悪夢ですね〜。
 4コマでも銀魂とかぶっちゃいましたし、葦原先生ちょっと星回り悪すぎ(涙)。
 初詣でお払いしてもらって来たほうがいいですよ〜ぅ。



まとめて

 年末年始を挟む増刊号とあって、今週は企画でいっぱい。
 かなり楽しめました。
 カレンダーは、なにげに各漫画で起こった出来事の日付がわかったりして、これは資料としても一級品かもしれませんね〜。
 個人的にはサイレンの重要事件の日付が知りたかったんですが、それはなかったか。
 残念。

 さて、ということで今年のジャンプ感想はこれにておしまいです。
 まぁ、あとサイレン感想もありますが、本編はお次は来年ということになりますね。

 次の新年号では、お待ちかねのハンター復活もありますし、矢吹先生の読切やらいぬまるのコラボやらと、これまたお楽しみがいっぱい。
 いや〜待ち遠しいわ〜。

 来年もまた、楽しいジャンプライフの一年になるといいですね。
 では、ちょいと気が早いかもですが、今年も一年、皆様お世話になりました。
 来年もまたまた、当ブログをよろしくお願いいたしまッス!



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
********************************************************


posted by BOSS at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。