2009年10月13日

ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.90 “はるかぜ学園”

 週刊少年ジャンプ46号収録分の感想です。

【コミック派ネタバレ注意!】



 感動の嵐だったアゲハ&雨宮さんはひとまずお休み。
 うん、すこし、ゆっくりしてておくれ。
 今週は、チーム影虎のはるかぜ学園探索ターン。
 先週、園長先生っぽく見えたのは、実は学園経営者のただの知り合いでした。
 経営者はじめ、10年以上ここで働いていた職員は、ことごとく行方不明という異常事態が発覚。
 どうやら天戯弥勒は徹底的に自分の過去を消去し始めたようです。

 どうせ世界を破壊しちゃうんだから別に今更消さなくってもいいんじゃない?とも思えるのですが、計画にはアリの這い出る隙間もないように、念には念を入れて警戒しているのでしょうね。
 特に、犬居の弟という居心地のいい仮住まいをなくし、アゲハたちに顔がバレちゃってる身としては余計でしょう。
 計画が大詰めに迫れば迫るほど慎重に完璧に。
 でも、ちょっと偏執狂的なところを感じちゃいます。

 しかし、

「あんたら記者かなんかかい」

 って、ランはともかく、顔中傷だらけの男をつかまえて記者かなんかって(笑)。
 おじさんどんな目をしとるのよと(笑)。


 そして、先週用務員なのかと思ったジュナスさん、これはボランティアとして潜り込んだことが判明。
 そりゃそうか。
 ジュナスさんと用務員さんって、ものすごいギャップですもんね(笑)。

 ジュナスさんの任務は、邪魔者の排除は二次的目的で、メインは“創造主(クリエイター)”の獲得。
 で、そのクリエイターというのが、例の 「うーにー」 ことカプリコと。

 庭でお絵かきする、5歳くらいのカプリコを発見するラン。
 描いている絵は 『無数の目玉』 とか、『火と黒いバラ』 とか、なにやら普通じゃない感じ。
 なんなんでしょうね、この子は。
 なんか、善も悪もない、子供独特の無垢ゆえの怖さを感じます。

 純真な子供は、時として無邪気に虫を殺すことがあるんですよね。
 羽をむしったり、ふみつぶしてみたり。
 それは、悪意や嫌悪がさせることではなく、無垢ゆえに善悪の観念がなく、慈悲とか想像力が欠如しているからさせる事だと思うのですが。
 子供は親に、「虫さんも命がある」「いじめたりしたらかわいそうなのよ」「痛い痛いって言ってるわよ」 などと教えられて、初めてそういうことを学ぶのでしょう。
 なんか、このカプリコには、そういうことを一切教えてもらわなかった子供の、無垢さ、無邪気さの負の側面を感じてしまいますね〜。
 いやまぁ、まだちょこっと描かれただけなのでなんとも言えませんが。


 カプリコの歌に合わせるように、絵から飛び出たバラに驚くラン。
 なるほど、カプリコは無から有を作り出せる、まさに“創造主”だったわけですか。
 これは凄まじい能力だ。
 天戯弥勒が欲しがるのもうなずけます。
 この子さえいれば、世界を破壊した後で、思う存分世界を作り直せますもんね。
 カプリコの能力は、禁人種タヴーの創造や研究、維持だと思ってたのですが、これは予想以上に重要なポストだったようですね。
 言ってみれば、ドルキさんのように、強ければ誰でもいいようなポストではないということで(笑)。
 星将の四と五の間には、けっして越えられない壁があったようです。


 ふむ、ただ、今のところはまだ弥勒側に組み込まれているわけではないようで、つまり、影虎さんたちがカプリコを守りきることで、弥勒の計画が思いっきり崩れることでしょうか?
 むむむむむ、ほほう。
 そういう線もあるのでしょうか。
 それとも、いとも簡単にカプリコは弥勒側にさらわれてしまうのか。


 そしてやはり、恐るべき強さを見せてくれたジュナス。
 ランの体を、これはナイフが完全に貫通してるんですか?
 うっへぇー。
 しかし、ランもなかなか。
 すかさず“トリック・ルーム”で次の攻撃を防ぐ対応力。
 おお、これってトリックルームのワープ能力でナイフをどこかに飛ばしたってことですか?
 移動能力を防御にも使うとは、なかなか賢い。
 こういう技巧派バトルっぽいのがさりげなく出てくると楽しくなりますね〜。
 あ、それとも単に壁にして守っただけだったりして。


 さぁ、ついに残忍な牙をあらわにしたジュナス。
 一般人を瞬殺し、その魔の手がランとカプリコに迫ります。
 これはヤバイ。
 ランひとりじゃ勝てるわけもない。
 影虎さんとハルヒコはこの事態に気づくことができるのでしょうか?

 情報収集の面でも、今回影虎さんは失敗の線が濃厚ですよね〜。
 書類もアルバムももう全て処分されたあとということは、影虎さんが何かを掴むためには、もうあとこのジュナスから聞き出すか、あるいは何か持ち物でも手に入れて、それを碓氷にでも読み取らせるしかないと思うんですよね。
 ジュナスから聞き出すことがちょっと無理っぽいようなので、ここは碓氷に期待でしょうか。
 雨宮さんの記憶を消した罪は重い(ムキー!)し、同じようなことを他のドリフトにもやってることを考えたら許せるはずもないのですが、でもこういう調査モノになってくると力を借りたくなってきます。
 あれは実に便利な能力です。
 それこそ、ラスボスによって真っ先に消されたアバッキオのように(笑)。
 


■引用四コマ
・鋼鉄の街
 現在では更新が停滞気味ですが、ジョジョファンおすすめ超おもしろ四コマが多数掲載されています!


■PSYREN‐サイレン‐の謎
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その08 「灰化する死」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その07 「薄明るいサイレン世界の夜」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その06 「タツオの放浪期間」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その05 「現在と未来の同調性」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その04 「ゲーム主催者」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その03 「ニセ刑事の正体」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その02 「電話の声」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その01 「噂の発生源」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 【序文】


■関連記事
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.89 “雨宮”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.88 “父と子”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.87 “家族”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.86 “それぞれの空”
・【動画ネタ】ジャンプ漫画『PSYREN』の絶品パロディ特集
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.85 “失踪”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.84 “飛龍”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.83 “無感情”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.82 “記憶”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.81 “対面”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.80 “微笑”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.79 “左手”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.78 “檻(ケージ)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.77 “円”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.76 “家(ホーム)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.75 “生ける島”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.74 “脳獣(ブレインビースト)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.73 “偽帝”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.72 “夢喰島へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.71 “SOS”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.70 “転生の日B”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.69 “転生の日A”
・ジャンプ感想別室 PSYREN(サイレン) CALL.67 “根(ルート)”
・PSYREN(サイレン)感想 CALL.66 “戦士” 第1回キャラクター人気投票結果発表!
・コミック感想 PSYREN‐サイレン‐ Vol.6 “突入作戦(フレイム)”
 


********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
********************************************************
posted by BOSS at 22:16| Comment(5) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>計画が大詰めに迫れば迫るほど慎重に完璧に。
アゲハたちを見逃していたり良く分からないキャラですよね……
まぁ、弥勒が犯人っぽいのはミスリードって可能性も無きにしも非ずですが。
10年以上前ってことから弥勒に関係のある人たちを消したってことは確定かもしれません。

>おお、これってトリックルームのワープ能力でナイフをどこかに飛ばしたってことですか?
単に遮蔽物として使用しただけではないでしょうか?
影虎さんが壊していたので質量はあっても耐久力は微量でしょうけど。

それにしてもジュナスはドルキさんのことを笑えませんねw
短気すぎるというか何というか。

あと、今月は約束の涙が落ちてくる月です。
作中とは1年のずれが生じていますが・・・
実際どこかに小隕石が落ちたら面白そうですね。
さらには8巻発売日が近い・・・
早く神回を単行本で読みたいです。
Posted by ライン at 2009年10月13日 22:35
10年の時が開いているとはいえ、普通の孤児院にネメシスQ主・弥勒の双子と、カプリコという二組のサイキッカーがいて、あまつさえ、それが弥勒にとって重要な能力を持ってた、というのは、ちょっと偶然にしては出来すぎですね。

「はるかぜ学園」は、グリゴリ傘下の施設で、元々PSIの素質を持った子供達を集めていたのかもしれません。
そして、ある程度成長したら、ネメシスQ主がさせられたようなカードテストなどを行い、グリゴリ本部のお眼鏡に適った子が実験体として連れて行かれる、というシステムなんでしょうかね。

弥勒が「『俺の』記録の隠蔽」と言っていたので、他の星将は「はるかぜ学園」出身ではなさそうですが。

しかし、これでグリゴリ01〜05が星将ということは無さそうですね。何人かはそうかもしれませんが。
アゲハ達がグリゴリを辿るときに、グリゴリ所属のサイキッカーなども出るかもしれませんね。
Posted by キンカク at 2009年10月13日 23:24
>ラインさん

 確かに、そういえば犬居の別荘ではアゲハたちを見逃したんでしたっけね(笑)。
 それを考えると天戯弥勒のやってることも矛盾してきちゃうのか。
 あるいは、実は弥勒はアゲハたちを殺そうとしても殺せなかったというのはどうでしょう。
 調子に乗ってゲブラーをド派手にやっちゃって、もうPSIの残量がなかったとか(笑)。
 いや、まぁそれはさすがにないか〜。

>単に遮蔽物として使用しただけではないでしょうか?

 たぶん私もそう思うんですが、弾かれたナイフが見当たらなかったので、その可能性もあるのかな?と。

 挑発に乗りやすくブチキレやすいドルキさんに対して、ジュナスさんは根っからの殺人狂っぽいですね。

 おお、そろそろ隕石が墜落してくるのか。
 気をつけねば(笑)。


>キンカクさん

 私もあれは偶然じゃなく必然だと思います。
 おっしゃるとおり、はるかぜ学園そのものがグリゴリの下部組織か、あるいは園長が個人的に繋がりがあったりしたと考えたほうが自然と思われますよね。

>グリゴリ01〜05

 そのへんはたぶん失敗作とか、そこまでの能力が出なかったとか、そういう人たちなんじゃないかなぁ〜と思ってます。
 あ、でもそのうち、弥勒の弱点を知る人、見たいな感じで出てくる可能性はあるかもしれませんね。

 あと、そうですね。
 グリゴリを探れば当然グリゴリを守るサイキッカーも出てくることもありそう。
 でも、そこまで話を広げちゃうとストーリーが散漫になっちゃいますかね?
Posted by BOSS at 2009年10月18日 12:30
>弾かれたナイフが見当たらなかったので
最初からナイフは投げていませんよ。
PSIで作った刃?的なものを飛ばしているのだと思います。
ナイフは媒介なだけな気が。
DVDの時も無意味に刀を使っていましたし。
Posted by ライン at 2009年10月18日 15:55
 ああ、これ指か。
 “トキュ”ってランの体を貫く前、ナイフが飛んでいるように見えたんですが、これ、柄の部分に見える白い三本のラインが指なんですね。
 なるほど、じゃあナイフの刃からPSIの波動だけ飛ばしていたってことみたいですね。
 たしかに、そんなに何本もナイフを持ち歩いていたら邪魔ですし、あきらかに逮捕されますしね(笑)。
Posted by BOSS at 2009年10月18日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。