2009年07月07日

ONE PIECE(ワンピース)感想 第549話 “出撃の艦”

 週刊少年ジャンプ32号掲載分の感想です。

【コミック派ネタバレ注意!】




 表紙連載はフランキー最終話。
 フランキーの目の前には、なんとDr.ベガパンクの生家が!
 そういわれればたしかに最初から「天才が生まれた国」とか言われてましたっけね!
 おおー、これはフランキー、凄いパワーアップフラグが立ちましたよ〜。
 再会のその時、いったいどんな凄い改造を得て登場するのか、これは楽しみになってまいりました。
 

 さて場面はインペルダウン内部、レベル4の焦熱地獄。
 黒ひげ一味は雨のシリュウがもってきた解毒剤で復活。
 ……って、なにも対策練らずにあの自信満々さで毒くらってたんですか(笑)。
 いや〜これはビビッた。
 無謀と言うも愚かな猪突猛進ぶり。
 己の強運さに自信過剰というより、そのくらいで死ぬなら死んだほうがいいというムチャクチャな人生観のようです。
 なんとも破格のでかさの器だなぁ〜。
 ちょっと凄すぎて、凡人の私なんかにゃ凄さが認識しづらいほどです(笑)。
 うむ、とにかくとんでもないヤツだということは再認識しましたぞ。

 そして、雨のシリュウは黒ひげティーチの仲間になってしまいました。
 こうやってライバルチームが着々と勢力を伸ばすのを見るのって、なんかちょっとワクワクします。
 トラファルガー・ローの時もそうでしたが、ライバルがただの記号のようなライバルじゃなくって、それぞれが勢力を伸ばそうと野心にギラついているんだってのが好感もてちゃうんですかね。
 こういったところでも競争しているんだなぁというのを感じるんです。

 それと、これは勝手な私の推測なんですが、いつかルフィたちは黒ひげ達と本格的にぶつかり合うと思っているんです。
 ルフィと黒ひげの最初の出会いからして正反対の思考をすることが印象付けられていました。
 でも、目指すところは一緒。
 ならば、きっとどこかでぶつかり合わなければならない運命なのではないかと。
 ローやキッドはやはりライバルではあっても、ぶつかり合わなくてもいい、並走してゆく競争相手な気がします。
 それに対して、黒ひげだけはどうしても直接倒さなくてはいけない障壁なのではないかと思うのです。

 で、そうなると、ちょっと待ってよと。
 麦わらチーム9人に対して、黒ひげチームは5人(今回で6人)しかいないじゃないですか。
 ルフィは当然ティーチとタイマンとして、では、あとの組み合わせはどうなるのか。
 バージェスは格闘家だからサンジと対決。
 ヴァン・オーガーは狙撃手なんだから当然ウソップ。
 ドクQは医者対決でチョッパー。
 ラフィットはちょっと分かりにくいけど、キャラ位置的にロビンあたりが似合うんじゃないかな〜なんて勝手に考えたり。
 そう考えていくと、おいおい、麦わらチーム余っちゃうよと。
 黒ひげ一味は人数少なすぎじゃないかと。
 以前はそう思っていたのですが、このシリュウ加入でゾロにぴったりな相手がはまり込んだわけですよ。
 こうなってくると、今はまだ解放されていないレベル6の囚人たちも黒ひげ一味に入り、人数的に完成を見るのではないかと、そういう説が俄然説得力を持ってくるように思うのです。
 さて、黒ひげはいったい何を考えてインペルダウンに来たんでしょうね。


 場面変わってルフィたちの船。
 まずはイワさんたちがどうしてマゼランの毒から復活できたのかが説明されました。
 なるほど、イワさんがくらった毒は一種類だけだったんですか。
 ならばイワさんの能力を持ってすれば、あれだけ早い復帰も納得です。
 しかも寿命を縮め、さらに後に激しい後遺症も伴うというのであれば大いに納得できると言うものじゃないですか。
 どんな突飛な展開も、それに見合ったリスクをちゃんと描いてくれれば大概私なんかは納得しちゃいますよ(笑)。

 そして、イナズマはここでリタイアですか。
 便利なヤツでしたが、たしかに身体に無茶をしてまでこれ以上付き合わせる理由もあんまりないですしね。
 うむ、ご苦労様でした。
 できたらわかれる前にその男なんだか女なんだか時々変わっちゃう体の不思議も教えてちょーだいね。


 ジンベエ、ルフィに感謝。
 そんな言葉も、遠慮や照れではなく、自然にてらいもなにもなしに受け流せるルフィの器はやっぱりでっかいですね。
 かっこええのです。
 そのルフィを見て、ジンベエが思い起こすのはアーロンの事。

(今回の事以前に……
 お前さんにゃあ感謝と謝罪の気持ちがあるが…)


 おおー、ジンベエさん、アーロンとルフィの件をちゃんと知ってましたか。
 たしか、ジンベエさんが王下七武海に入るのと交換条件でイーストブルーにアーロンを解き放ったという話でしたよね。
 その時はジンベエも極悪人なんだろうなと軽く考えていたのですが、このジンベエさんの仁義に熱い性格を見るにつけ、そのへん違和感を感じていたのでした。
 このセリフは、やはりなって感じですよ。
 なにやらジンベエさんとアーロンの過去には、ちょっと複雑ないきさつがあったようですね〜。
 そのへんが語られる時は来るのでしょうか。

 
 さて、今週のメインイベント、海軍からの電伝虫が着信。

「お前ら 芋洗って待ってろ!!!」

 なんて素敵すぎる笑いどころもありましたが、それはさておき、なんと一気にバギーの株が急上昇!!
 “海賊王”ゴール・D・ロジャーの船のクルーであった事、“四皇”赤髪のシャンクスの兄弟分であったことがバレ、とたんに伝説クラスの扱いです(笑)。
 そりゃたしかに海軍も首謀者扱いしたっておかしくないですって。
 周りが大騒ぎになったところで、ルフィが“冥王”レイリーの名前を出した事でさらに信憑性まで加わって、バギー不本意ながらも一気に大人気。
 いや〜これは面白い。
 確かに気づかなかったけど、バギーって物凄い経歴の持ち主なんですよね〜。
 それを今までまったく利用もせず、むしろ隠してきたとは奥ゆかしい……わけじゃないのか(笑)。
 ただ注目されるのがイヤな姑息さだったわけですね(笑)。
 それもまたバギーらしい。

 しかしこの盛り上がりでバギーも野心がメラメラ燃えてきちゃったようです。
 言われて見れば、まわりのザコッぽい人たちだってみんなバギーよりも懸賞金が高いヤツらばかり。
 彼らを操り、なんかの拍子にうまい事いけば、ひょんな拍子にひょんひょんと凄いことになったっていいんじゃないのかと?(笑)
 バギー船長すっかりその気です(笑)。


 そしてここで、ついにバギーの本領発揮!
 そう、彼の才能ってのは、こういうアジテーションなんですよね〜。
 荒くれ者どもの心を掴むノリの良さ、きっぷの良さ(そういう演技ね)、見た目の派手さ、男心をくすぐる弁のふるい方、すべての面で一番優れているのがバギーです。
 そこはルフィじゃないんですよ。
 「芋洗って待ってろ」 じゃなく、「首を磨いて現れる!!」 なんです(今週のこの対比は意図的でしょうね)。
 ましてや、影のボスタイプのクロコダイルでもない。
 職人肌のジンベエさんでもない。
 イワンコフではエキセントリック過ぎる。
 そう、バギーでなければこの役はつとまらない。
 今週は、このメンバーの適材適所の本当の美しさを見た気がしました。
 いや〜まったくよくできたメンバーですよ。


 さて、あと3時間と迫ったエース処刑。
 ついにエースは処刑場へと引き立てられてゆきました。
 来週は残念ながら休載のようですが、その次は、もしかしてエースとルフィの回想ストーリーでしょうかね?
 それとも、一気にマリンフォードの大決戦へと物語はシフトしてゆくのでしょうか。
 ここからどんな展開が待っているのか、妄想いっぱいふくらませて2週間待つ事にいたします!(笑)



■関連記事
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube ワンピース×英雄【アーロン篇】
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!!



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
********************************************************
posted by BOSS at 22:06| Comment(4) | TrackBack(2) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそもバギーの「斬撃無効」ってかなり凄いんですよね。
覇気には弱いけど、基本ダズやロー系の能力者たちにとっては天敵ですから。

攻撃力さえ改善できれは化けるかも?
Posted by 地方民 at 2009年07月08日 00:14
>できたらわかれる前にその男なんだか女なんだか時々変わっちゃう体の不思議も教えてちょーだいね。

それはイワンコフさんの能力では?
Posted by 匿名 at 2009年07月08日 15:33
こんばんは。来週休載は痛いですが。
今週はバギーのかっこよさに全部もってかれた感じですね。

『白ひげの首を獲る』とか言ってるのに
ジンベエから危険視すらされていなく
てむしろ関心されてるのがバギーらしい(笑)

これでエース救出してしまったらどれだけ
懸賞金が跳ね上がることやら。
「親友のエースを助けるためにルフィと
共に海軍本部に乗り込んだ」という間違った
ニュースが世間に流されるんですね。
わかります。このニュースを聞いたバギー
一味はどんなカオをするのか見物です。
Posted by かな2 at 2009年07月08日 19:39
>地方民さん

 たしかにダズ・ボーネスには負けないですね!
 勝てもしないのが問題ですが(笑)。
 私的にはバギーには、弱いままで、ノリと勢いと運だけでこのままノシ上がっちゃって欲しいって思っちゃうんですが、でもな〜、なんかどこかで大きくつまずいちゃいそうな予感もヒシヒシと(笑)。


>匿名さん

 ども、はじめまして。
 ええ、間違いなくイワさんの能力だと思うんですけど、でも、なんでルフィとボンちゃんを助けた時は男の格好で、ボンちゃんが意識を取り戻した時は女で、脱出を開始してからはまた男なんて、めまぐるしく変わっていたんでしょう。
 まわりにもそういうヤツがいっぱいいたのなら気にならない、「ああ、そういう意味でもとことんアナーキーなヤツらなのね」 で済むんですが、妙にイナズマだけ印象づけられていたのが気になったんですね。
 そこには、なんらかの理由があるんじゃないのかな?って。
 もしかして、外出する時は男、カマーズランドにいる時は女っていうポリシーだったんですかね。

 ところで匿名さん。
 もし実名が匿名さんとおっしゃるとか、固定ハンドルとして匿名という名前でずっとご使用なのでしたらまことに失礼ですが、当ブログでは名前ナシでの書き込みはご遠慮させていただいております。
 今後カキコいただけるときには何かあなたらしいお名前をつけてくださいね。

 また、そういった説明がコメント入力欄になかったのでお分かりいただけなかったのだと思いますので、どうやったらそういう説明文を入れられるか、ちょっと試してみたいと思っております。


>かな2さん

 ものすっごい棚からボタモチ的幸運で、たまったまエースを助け出す最後の切り札になっちゃうとか、白ひげを倒した刀を拾っちゃうとか、そういう感じで大英雄に祭り上げられちゃう流れを期待していたりします(笑)。
 バギー一味の反応も楽しみですね〜。
 彼らは船長がロジャー海賊団だったことや、シャンクスの兄弟分だったことは知ってたんですかね?
 なんか知らないような気がしちゃうんですよね〜。
Posted by BOSS at 2009年07月12日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ONE PIECE 549話「出撃の艦」
Excerpt: ONE PIECE 549話「出撃の艦」の感想
Weblog: ワルキューレBlog
Tracked: 2009-07-08 10:38

ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード2目覚める勇者
Excerpt: ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード2目覚める勇者の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード2目覚める勇者」へ!
Weblog: ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード2目覚める勇者
Tracked: 2009-07-11 08:29
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。