2009年06月24日

ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.75 “生ける島”

 サイレン、週刊少年ジャンプ30号掲載分の感想です。

【コミック派ネタバレ注意!】



 まずは漫画の前にこれまでの展開をまとめた特集記事でおさらい。

1 明かされた世界崩壊の真実!!
2 ネメシスQの主からのSOS!!
3 Qの命を脅かす者…その名は碓氷!!


 って、やっぱ濃いなぁ今度の4thゲームは。
 この前にドルキ&シャイナ戦があって、感動の子供たちとの再会もあって、その前段としては空港での悪戦苦闘もあったわけですし。
 いったい今回はどれだけドラマを詰め込むつもりなんでしょうか。


 さて、脳獣を一蹴したアゲハたちはそのまま急いで夢喰島へ。
 おいおい、せっかくだから倒したヤツらの脳を雨宮さんがトランスで覗いたり、ちゃんと情報収集しろよ〜とか思うのですが、実際はそれをやってたら今回は先に碓氷たちが島についてて、アゲハたちがつく頃にはネメシスQの本体が殺されていたかもしれなかったわけですね。
 気絶した敵をひろってこの岩の小船に積み込むだけのタイムラグでも、どうなるかはわからないタイミングでしたものね。
 しかし、それは単に結果オーライというヤツですから、次からはちゃんと情報収集したほうがいいと思うんですぜ〜。
 TRPG やってると、つくづくそういうのは毎回思うんだ。
 早く出発しようよ〜とせかすせっかちなプレイヤーにひっぱられて出て行くと、大概なにか重要な情報が抜け落ちてるものなんだ(笑)。


 それはさておき、なんと夢喰島の周辺は、太陽の光が差し込む暖かい世界となっておりました。
 地球を覆いつくしている謎の物体に数箇所穴が開き、ここだけ昔のように木々が生い茂り、生物たちが生き残る別天地となっていたわけです。
 そのなかに、空間にポカリとあいている謎の亀裂。
 どうやらネメシスQは島ごと PSI でカモフラージュするため、外からは見えない光子力バリアー的なものを張っていた様子です。
 いろいろとやれる便利なヤツなんですね〜。
 それともこれは、別の PSI 使いの仕業でしょうか。


 入ってみると、そこはなんとうっそうと生い茂る森!
 輝くような森は、まるでこの世の天国です。
 これはいったいどういうことなんでしょう。
 あの大破壊の後で、ネメシスQの主がせっせと森を復活させたのか。
 それにしては植物の成長が8年やそこらの程度ではないですよね。
 ということは、あの転生の日のなかで、この森は運良く生き延びることができたということなのでしょうか。
 だとすると、世界中にこういうところはけっこうあるのかもしれませんね。

 その森の中に、ポツリとたたずむちっちゃなネメシスQ(笑)。
 なんだこいつは。
 あきらかにいつものネメシスQとは違うデザインで、個体としてまったく別モノなのでしょう。
 バケツと花束をかかえて、猫をつれて、森番でもしているのでしょうか。
 ネメシスQは複数いたのか〜とちょっと驚きです。
 まぁ、そのぶんこの子はオツムも弱めで 『ダメQ』 なんて、どこのオバQだみたいなアダ名をさっそくつけられちゃってますが(笑)。
 最後にたどりついたのは、地下への入り口。
 この奥にどうやら本体が待っているようです。
 どんな人物が待っているのか、いよいよご対面かと思うとわくわくしてきますね〜。
 あ、もしかして親子だったりして。
 母親が本来のネメシスQの主で、その子供がこのダメQの本体だったりして。
 他にもカムフラージュ役の人がいたり、意外と小さなコロニーを形成しているのかもしれませんね。
 まぁまず1人だろうとは思いますが、そういう可能性もなくはないかなぁと。


 さて一方、碓氷が呼び出した次なる刺客、億号と大河が登場。
 あれ、先週は太河だったのに大河でいいの?
 どちらも先週までの脳獣とはレベルが違うのが一目瞭然。
 今度が本命なのでしょう。
 というかこのままレギュラーになってもおかしくないキャラの濃さ。

 億号は飲んだくれ親父系の渋みがなんともいえず、碓氷のこともどこか馬鹿にしている風があって面白い。
 何かこの漫画、急にオヤジ率が上がりましたね(笑)。
 能力はバーストで“オルガゥス”という名のライオン召喚。
 これはドラゴンを召喚しようとしているヒリューくんの完成形といったところでしょうか。
 ライオンというよりは、サソリのようなシッポからしてマンティコアですかね。
 ちょっとガイキングっぽくってこの顔好きだ(笑)。

 もうひとり、大河(もしくは太河)は“光輪”と書いてチャクラムと読む、どうやら遠隔バースト攻撃役のようです。
 しかし、片足で立つ立ち姿といい、キョンシーっぽい顔が思わせる中国人っぽさといい、こいつってもしかして、シャオくんの血縁者かなにか?
 いや、でも今シャオくんはお留守番ですからね。
 それはないかな〜。
 一応碓氷にはワイズを倒すという目的で賛同して協力しているようですが、ちょっと不信感は持っているような描写でしたね。
 これはもしかして、味方になってくれることもあるのかも。

 しかしこういう気円斬系能力はマテリアルハイも平気でぶった切りそうですね〜。
 さすがの子供達も苦戦させられそうです。
 でも、それがかえってアゲハのヒントになったりして。
 今度は“暴王の円盤”だーッつったりして。
 あ、でもそれじゃ、ナルトの螺旋手裏剣とまるかぶりか(笑)。



■PSYREN‐サイレン‐の謎
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その08 「灰化する死」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その07 「薄明るいサイレン世界の夜」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その06 「タツオの放浪期間」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その05 「現在と未来の同調性」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その04 「ゲーム主催者」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その03 「ニセ刑事の正体」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その02 「電話の声」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 その01 「噂の発生源」
・PSYREN‐サイレン‐の謎 【序文】


■関連記事
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.74 “脳獣(ブレインビースト)”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.73 “偽帝”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.72 “夢喰島へ”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.71 “SOS”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.70 “転生の日B”
・ジャンプ感想別室 PSYREN‐サイレン‐ CALL.69 “転生の日A”
・ジャンプ感想別室 PSYREN(サイレン) CALL.67 “根(ルート)”
・PSYREN(サイレン)感想 CALL.66 “戦士” 第1回キャラクター人気投票結果発表!
・コミック感想 PSYREN ―サイレン― Vol.5 “幻視(ヴィジョンズ)”
・コミック感想 PSYREN 4 “暴王の月”
・コミック感想 PSYREN 3
・コミック感想 PSYREN 2
・コミック感想 PSYREN 1



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
********************************************************
posted by BOSS at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。